なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

まいける(休業、FBに友リクを)

男性 - 東京都 (1966年生まれ)

化学調味料などの食品添加物や、残留農薬や、遺伝子組み換え食品。そういうものをなるべく摂取したくないという食生活を続けて15年が経ちました。しかしながら、私が読者だった頃のRDBでは、化調がどうのこうの、と書いてくださる方は皆無に近い状況でした。私がRDBに投稿するようになった動機は、まさにそこにあります。この先も、その点にはなるべく言及していくつもりです。

平均点 79.293点
最終レビュー日 2018年8月31日
1,379 597 8 8,489
レビュー 店舗 スキ いいね

「スタミナ大蒜カレー (つけ麺 細)  1100円」@MENYA 食い味の道有楽の写真昨日は、右京さんとツー・ショット、
友達が少ないもん同士でらーめん行脚をしてきました(苦笑)。

1軒目は、2週間前にスッポンのらーめんをいただいたこちらを再訪です。
お昼の11時半の開店直後の到着で、先客1、後客4。
<真夏の一杯>と冠されて限定の扱いで提供されていた
表題のメニューの、トッピングなしのスタンダード版の食券を購入です。
冷たいウーロン茶のサービス、ありがとうございます!

店先に<傾奇者使用>の木札がかかっていて、
券売機の上には菅野製麺所の麺箱が置いてあります。
どっちのかな?と思いながらいただいた麺は、
適度に固めの締め加減による中細ストレート。
夏場の食べやすさを考慮して太麺が避けられた、と想像できます。

つけ椀のカレーの方は、意外にもドロドロと粘度の高いタイプでした。
辛みは適度で、褐色の色とともに欧風カレーを彷彿させる味覚。
ホロホロの繊維状まで煮込まれた肉や人参が入っているので、
欧風カレーを家庭料理調に仕上げたような味わいになっています。

家に帰ってから先達諸氏のレビューを拝読すると、
豚骨スープを使ったカレー、という表記がありました。
欧風カレーには牛スープのフォンドヴォーが使われますから、
らーめん屋さんらしいその応用だったのだと思われます。

ニンニクチップは、けっこうたっぷり。
注文の時に量を聞かれたのですが、多めにしたらどんなだったのでしょう?
辛みも残されたニンニクで、2週前のスッポンに続いて
滋養強壮を授かりました。

中盤を過ぎて少しカレーが重たく感じられましたので、
卓上ポットに装備の<鶏ガラスープ>を足してみると、これがバッチリ。
レンゲに取ってそのままいただいても美味しいスープで、
粘度がほどけてゆるくなったカレーの味にグンと深みが加わりました。
もっと早く使えばよかった~、と思いつつ完食フィニッシュです。

外食でいただくカレーは、正直、もう少し洗練されたタイプが、より好みです。
らーめんでいえば、吉祥寺の「Cafe Montana」さんや
武蔵小山の「麺や 一途」さん。
http://ramendb.supleks.jp/review/873073.html
http://ramendb.supleks.jp/review/909632.html

とは言うものの、立て続けに2回うかがったおかげで、
お店の在り方はわかるようになった気がします。
一風変わったメニューや高価な食材を
大衆的な空気と値段のもとで食せるお店なのでしょう。
らーめんは大衆料理ですもんね。

そんなことを思いました。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「活 国産鼈 甲純拉麺 (ガメラ:手か足1本入) 2500円」@MENYA 食い味の道有楽の写真昨日は、完全予約制の貸切営業という、らーめん店では
生まれて初めての贅沢な体験をさせていただきました。

幹事を務めてくださったNORTHさん、
車で連れて行ってくださった右京(終了)さん、
本当にありがとうございました。
大感謝です。
RDBレビュワーのみなさんともお会いできて、本当に楽しかったなあ。

場所は初訪になる北柏の「どうらく」さん。
みなさんのレビューで壮絶な創作麺の数々を拝見していたお店です。

結論から先にお伝えしますと、らーめんを食べているという感覚はあまりなく、
スッポンがメインの寄せ鍋をいただいている、という味覚でした。
とてもクリアで滋味の深いスッポンのダシを、
白菜や大根、及び料理酒から来ていると思われる甘みが取り囲む作り。
ちょっと甘みが強めではありますが、一方で
丼の中央のスッポンの肉はツルプリで、コラーゲンな感覚が満載です。

後から同席のみなさんにうかがったところ、
4人分につき1匹1万円のスッポンが割り当てられたそうです。
え? となるとコレ、スッポン代だけで2500円?
他のパーツはサービスで原価割れってことですか?
いや~、常連のみなさんからの支持の高さを痛感するエピソードですよ。

私の採点は、80点以上がみなさんにもオススメしたいメニューです。
このスッポンはかなりお値段が張りますから、
みなさんにオススメとまでは思わないので上記のような採点にしました。

しかしながら、お店を出た後の40分は身体の中をスッポンのダシが駆け巡り、
質の高いスッポンをいただいた様子は十分に理解できました。
2500円でスッポンをいただける機会なんて、まずないですもんね。

あと、ご主人は無化調と言われていましたが、使われている醤油と料理酒は
化調が添加されたものでしたので、厳密には無化調ではないかも。

あ~、こういう余計なことを書いちゃうから、オレは友達が少ないんだよなあ…。
わかってはいるのですが、すみません。
今は無添加の調味料に執着されるらーめん店も少なくないので、ご容赦を。

トッピングの中では、筍が仕込まれた大きな鶏のつみれが美味しかったです。
次回はぜひ、同席のみなさんが誰も食べたことがないという
基本の<ラーメン>700円をいただいてみたいですね。
1杯につき鶏ガラ1羽分って、一体どんなスープなんでしょう!

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 2件

「特製つけそば (並)  1100円」@中華蕎麦 とみ田の写真一昨日は、大変遅まきながら松戸の本丸を初訪してきました。

いちばんグッときたのは、接客とサービスの素晴らしさですねえ。
普段の私の評点に照らし合わせると、つけ麺だけなら80点でもいいのですが。
でも、とても気持ち良く食事をすることができたので、
ここはプラス5点が必要です。

朝の9時34分の到着で、11時半のご案内、その5分前に集合、を告げられました。

やっぱり、食券を買って時間指定の集合制、のシステムがとても合理的です。
並んで待つのも味のうち、という季節は20年前に通り過ぎてしまった私には
本当にありがたいシステムですよ。
案内された時刻と実際の入店にほとんどズレがない点もスゴイと思います。

店頭で時間指定をされる係の方も、店内ホール担当の方も、
言葉遣いから何から接客の教育が徹底されています。
連れは<つけそば・小>でも食べ切れなかったので、
ダメモトで残した麺の持ち帰りをお願いしてみたのですが、快諾してくださいました。
「季節柄、早めにお召し上がりください」のひと言を添えて。

「とみ田」さんの<つけそば>と<中華そば>は、
4年くらい前に冷凍のお取り寄せで3度、経験があります。
あまりにドロドロでしつこいスープだったので、
3度目には「これはもう食べられない」という気持ちになりました。

その時の記憶と、今回の<特製つけそば>は、つけダレも麺も印象が違います。
つけダレは濃厚ではありますが、しつこい、という味覚は抱きません。
また、麺に全粒粉が使われている点も、かつてのお取り寄せと違います。

いろいろと調べてみますと、麺に全粒粉を使うようになったのは2012年から、
肩ロースの真空調理ローストポークを出すようになったのは2014年から、だそうです。
つけ麺とらーめんがより美味しくなるよう、研究が重ねられている模様です。

強い咀嚼を必要とするストロングな極太麺。
後味に残るスモークの風味が良好な肩ロースのチャーシュー。
熱々なのに黄身が流れ出る作りなのがとっても不思議な味玉。
この3点が特に印象に残りました。

また、カット・チャーシュー、刻み葱、おろし柚子の全部入り
でお願いしたスープ割り(ホール担当の方は「ノーマルで」と厨房にコール)は、
煮干しのダシと柚子で意外にもあっさりな味覚。
しっかり完食してフィニッシュできました。

やっぱり、百聞は一見に如かず、ですね。
つけ麺は予想していたより美味しかったですし、お店の空気はとっても良好。
帰り際のご主人の笑顔も頭から離れません(笑)。
いろんな意味で、らーめん界のディズニーランド、と言えるお店ではないでしょうか。

次回はあまり間をあけず、
今度は<中華そば>をいってみようかな~、なんて思っています。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

2012年版を最後に石神秀幸さんのらーめん本が出なくなって
しまいましたが、その最後の2年分で“名店の殿堂入り”を
されていた「美春」さんを初訪してきました。

一昨日の昼の11時30分の到着で、常時1組から3組の店内待ち。
この日は5人でうかがって小上がりのテーブルに着席です。

<味噌>が9種、<醤油>が8種、<塩>が4種、<つけ>が10種、
<汁なし>が2種に、限定が3種と、メニューが本当に豊富なんですね。
札幌の西山製麺のアンテナ・ショップ的なお店。
石神さんの本で紹介されていた表題のメニューを注文してみました。

正統派の札幌らーめんを標榜されているお店だけあって、
本当にそういう味噌らーめんになっています。
濃いベージュ色のスープで、表面のラードは思っていたより薄め。
味噌の味も濃すぎることなく、豚骨と魚ダシが合わさった
ベースのスープをしっかりと感じることができます。

少し変わった節系の味覚がありましたので、きっとそれが
<特選味噌>の特徴である鮭節の風味なのでしょう。
化調は使われているとしてもほんの少し程度だと思います。

ちぢれの入った中細の麺は、薄い卵色をしていて意外と柔らかめ。
量はたっぷりで、170グラムはあるんじゃないでしょうか。
最初に啜った時にカン水の匂いを感じるあたりがクラシカルです。

トッピングは、正統煮豚の肩ロースのチャーシュー、
固茹での味玉半分、メンマ、モヤシ、コーン、海苔、刻み葱。
諸兄のレビュー写真はチャーシューがバラ・ロールですので、
消費増税時の値上げと同時に改良されたのかも知れませんね。

中盤になって少し、味噌ダレが甘い方面に重たく感じられて
きましたから、卓上の一味でリフレッシュしつつ、しっかり完食。
遅まきながらの初訪を満足のうちに終了することができました。

こちらはテーブル席がメインですし、味は確かですし、
家族連れには本当に嬉しいお店ですね。
ほとんどのメニューが820円なので、ロケーションを考えると
もう少しだけお安いとさらに嬉しい、という感じです。

ようやく初めて北松戸の地を踏みましたから、本丸の松戸のお店が
いよいよ近づいてきたのかなあ、楽しみだなあ、
と思う日曜日のお昼になったのでした。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件