なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

junjun

レベル1
平均点 65.000点
最終レビュー日 2019年6月22日
3 1 3 0
レビュー 店舗 スキ いいね

「淡麗鶏そばチャーシュー 1000円」@鶏そば うえ原の写真2019年6月21日訪問

淡麗鶏そばチャーシューを頂く。因みに前回は淡麗鶏そば。低温調理チャーシューは好きではないのだが、思うところあってチャーシューを追加してみた。
以下評価。

【麺】
低下水率、全粒粉入りの細麺ストレート。
パツンとした独特の食感。コシ、スープの絡みともに良好。扱いも良い。

【スープ】
まずはスープをひとくち。かなり塩分濃度が下がっている。鶏清湯の旨味、香りがしっかり感じられる。鶏油の量も減っているようだ。これは塩分濃度を下げたのに合わせて油を減らしたのだろう。
麺はスープをよく持ち上げるので、この塩分濃度でも麺を食べさせるだけの味を出している。
スープも最後まで美味しく頂いた。
惜しむらくは、その温度。
やはりぬるい。ノーマルの淡麗鶏そばでは適温だったのだが、チャーシュー入りでは温く感じられた。これは相対的に熱容量の小さな朝顔型の丼に冷たいチャーシューを入れたことに起因するものだろう。
開店当初、チャーシューを炙っていたのはスープの温度管理の意図もあったのかもしれない。

【チャーシュー他】
トッピングは鶏チャーシュー3枚、豚肩ロースチャーシュー3枚、ネギとミョウガ。
チャーシューに関しては従来通り。低温調理チャーシューが好きな方は追加すれば良いと思う。

以上、欠点を論ったレビューとなってしまったが、開店からここまでで着実に味を向上させてきている点には注目している。
丁寧な仕事、気持ちの良い接客、総じてレベルの高いお店である。
今後も継続的なブラッシュアップが期待できると予想する。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「淡麗鶏そば 800円」@鶏そば うえ原の写真おおよそ10日ぶりの訪問。
今回は淡麗鶏そばをいただく。
以下評価。

【麺】
前回頂いた芳醇鶏そばと同じ加水率低めの細麺ストレート。パツンとした独特の食感。コシ、スープの絡みともに良好。最後までのびることなく頂ける。

【スープ】
スープは以前よりも塩味が穏やかになった気がする(それでもかなり塩っぱいのだが…)。他のレビューでは濃口か薄口かを選べるとのことだったが、今回は特に訊かれなかった。試行錯誤中なのだろう。
塩分が抑えられたことでスープの味がより感じられるようになっている。臭みはなく鶏の旨味が引き出されている。脂の旨味に頼らない良品。個人的にはもう少し塩分を抑えても良いと思う。

【チャーシュー他】
トッピングでは、スナップエンドウが無くなったこととチャーシューが炙り無しになったのが大きな変更点。炙りを止めたことで焦げた匂いが無くなったのは個人的にはプラス材料。低温調理のチャーシューは随分とレア感が増して、やや水っぽい仕上がり(ジューシーと表現する人もいるようだが)。肩ロースを使用しているため筋っぽさが強く食感はあまり良くはない。豚肉の臭みは無く肉質は良さそうだが、それを活かしきれていないのが残念。

前回より美味しくなったと感じた。塩分が抑えられたことが主因なのだが。
店舗は清潔感があり、接客は丁寧で気持ち良く食事できる。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件
60

「芳醇鶏そば」@鶏そば うえ原の写真芳醇鶏そばをいただく。
以下評価。
【麺】
麺は全粒粉入りの中細ストレート。コシ、スープの絡みともに良好。茹で加減、湯切り等、扱いも良く、美味しい麺である。全粒粉の効果は不明。

【スープ】
スープは醤油味の鶏清湯に煮干し油を浮かべたもの。
香味油の香りが強く、カエシもかなり強い。これらの味にスープが負けている印象。細麺でスープの絡みが良いので、ここまで味を濃くする必要はないと感じる。

【チャーシュー他】
チャーシューはハーブの香りが効いていて、洋風のローストポークのよう。煮豚ではないので歯応えはしっかり。単品では美味しく頂けるが、ラーメンの具材としては香りが邪魔をする。炙った香りも折角のスープを壊してしまっている。

色々やりたいことを全部詰め込みました的なラーメン。
色々拘ってはいるのだろうけど、統一感のない一杯になってしまっている。
今後の伸びしろに期待。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件