なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ももも

男性

自分のページにお越しいただきありがとうございます。

平均点 83.070点
最終レビュー日 2019年4月18日
2,547 995 1 28,042
レビュー 店舗 スキ いいね

「豚骨中華そば(680円)+チャーシュー100円」@らーめん志恩の写真4月14日(日)12時15分頃訪問。先客1人。後客1人。

この日は新店のイトちゃんへ伺い、削刀麺のお店へ。
裏手の駐車場にボロ車を止めて、入店しようと思うと、中から人が。
ここから入ればいいんだと。思っていた矢先、何やらドアに鍵をかけています。
今日は休止。との声をかけていただき、見事に振られました。
そこからほど近い、未訪の志恩さんへ。

入って左手の券売機で食券を購入します。
二郎系の一杯が一押しのお店ですが、悩んだ挙句、中華そばを。
提供などはセルフサービスになるようで、提供口からまず食券を渡します。
中華そばはお好みはないので、そのままオーダー完了です。
店主様お一人での切り盛りの様でした。
程なくすると声がかかり、提供口から受け取ってきます。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455054983-14393065360.html

動物系は豚が中心の濃厚系のタイプ。
おそらく、二郎系とベーススープは一緒に思われます。
ガツンとしたスープに、結構多めの節粉も載せられています。
後半はその節粉を融合させると、一気に魚介感が加わりますね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455054983-14393065363.html

中細麺は加水率やや低めのストレート系。
茹で加減やや固めで、理想的な仕上がり。
濃厚スープにやや押され気味ですが、なかなかおいしい麺ですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱、節粉、板海苔。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455054983-14393065364.html

安定の煮豚ですが、増した分でしょうか、可也分厚かったです。
これは、いつか肉祭りにもいいかも知れません。

メンマは平たい普通のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455054983-14393065368.html

前述のとおり、節粉は途中から変化させるといいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455054983-14393065371.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455054983-14393065373.html


濃厚豚骨ベースに節粉を効かせた、美味しい中華そばでした。
セルフサービスは、最初戸惑いましたが、一度体験したのでOK。
是非次回はガッツリ系を試してみたいと思います。

なお、こちらでは鍋持参で持ち帰りも対応してくれているようです。
花見シーズンは終わりましたが、チューリップでも眺めながら、
外でみんなで分け合って啜るのも乙かもしれませんね。

今年食べたチャーシュー365枚/96杯
今年食べた唐揚げ 31個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「正油まぜそば(プレオープン500円)」@まぜそば専門店 イトちゃんの写真4月14日(日)11時10分頃訪問。すぐに満席。

この日はプレオープン中のこちらへ。
かすみがうらマラソンが行われていることをしらずに向かいました。
その影響か?お店周辺のコイパもほぼ満車状態。
でも、空いているところがあったので、ボロ車をピットイン。
オープン直後には着きませんでしたが、あっという間に満席に。

券売機らしき姿も見えましたが、この日は券売機はなく口頭注文、後会計でした。
先に醤油、味噌、担々から選んでくださいと声がかかります。
オーソドックスな醤油でお願いしました。
オーナー、店長さん、ホールスタッフの女性らしき3人での切り盛りです。
程なくしてご対麺となりました。


まずは具材のチェックから。

ほぐしチャーシュー、ミンチ、味玉、ザーサイ、木耳、刻み玉葱、水菜、海苔。

肉系はほぐしにミンチと入っているのがいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455041945-14393015943.html

味玉はしっかり気味のものが半分。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455041945-14393015951.html

ザーサイは珍しいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455041945-14393015946.html

さらに木耳とコリコリの食感を楽しむことが出来ます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455041945-14393015948.html

玉葱や水菜は彩もいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455041945-14393015949.html

海苔ものって具沢山な感じです。


では早速混ぜ混ぜして。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455041945-14393015952.html

中太麺は加水率中くらいのストレート系。
色白系の麺は、独特な食感を兼ね備えたタイプですね。
まぜそばとして、なかなかあう感じの麺ですね。
麺量は200g前後。

タレは醤油ベースで、ややペッパーっぽい刺激もあります。
全体的に液量は少なめで、混ぜた後の色も薄いので、???
と思いましたが、いい塩梅の味付け加減でした。

途中で別添のスープを飲んでみます。

鶏ガラっぽいすっきり系のスープですね。
お口直しにもいいですし、後半自分は麺にかけてみました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455041945-14393015953.html

汁そば風にしてもいいですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12455041945-14393015955.html


麺が特徴的なベーシック寄りの醤油まぜそばでした。
プレオープンのサービスワンコインはありがたいですね。
ちなみに、1Fはカウンター6席ですが、2Fにも席があるようで、
ご家族連れの方は、2Fへ案内されていました、席数等は不明です。
通常営業後のデフォルト価格は800円で、汁なし系としてはややお値段が。
具沢山でボリューム感もありますが、何か「これ」といった特徴が欲しいかも。
まだオープンしたばかりですので、今後の展開に期待したいと思います。

今年食べたチャーシュー363枚/95杯
今年食べた唐揚げ 31個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューめん(830円)+替え玉2玉」@活龍 期間限定麺処 みつきの写真4月12日(金)20時頃訪問。先客7人くらい。後客3人。

この日は活龍ラーメンセンターでまずは甲殻堂さんへ。
その後、みつきさんをのぞいてみると、外待ちは解消されていました。
せっかくですので、どんな感じか、いただいていることに。
入店して左手の券売機で食券を購入します。
悩んだ挙句、チャーシューの一杯をいただくことにしました。

カウンター席で店員さんへ食券を渡します。
麺の好みを聞かれたので、かためでお願いしました。
麺上げは女性店員さんと、ホールの男性店員さんの2人での切り盛りでした。
あっという間にご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454594852-14391937843.html

動物系は豚骨のしっかりと白濁したタイプ。
濃厚でとろんと仕上げてくれていますね。
以前いただいたものと変わらず、流石といった感じです。
スープ自体の総量は少なめになっていますね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454594852-14391937847.html

極細麺は加水率低めのストレート系。
茹で加減固めで、こりっとした噛み応えのこれぞ博多ラーメン。
麺量は110g前後でしょうか。

具材はチャーシュー、きくらげ、刻み葱、板海苔。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454594852-14391937854.html

大ぶりで厚みもありありがたいのですが、ちょっと冷たい感じ。
アツアツとまでは言いませんが、もう少し冷たさをとってくれると。

きくらげは千切りにされていて、こりこりでいいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454594852-14391937857.html

多めの青ネギと、板海苔は必殺海苔巻麺でいただきました。

そして替え玉を1つ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454594852-14391937864.html

卓上の返しを少し回しかけてからスープへ投入します。
少しスープをなじませてからいただきます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454594852-14391937870.html

そして2玉目
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454594852-14391937874.html

替え玉になってからスープはほとんど飲んでいませんが、減っていきます。

変化を求めて、卓上の紅ショウガを載せてみます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454594852-14391937879.html

さっぱりといいですね。


連食でしたので、2玉にて打ち止め。完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454594852-14391937884.html


バリ龍さんの一杯、復活を待ち望んでいた人も多かったのでは。
しかも替え玉無料サービスとは太っ腹ですよね。
ちなみに先輩方の通り、追加スープも100円でできるようです。
自身のある方は、是非13玉以上を目指して頑張ってください。
自分ももう一回くらいはお邪魔したいと思います。

今年食べたチャーシュー362枚/94杯
今年食べた唐揚げ 31個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 5件

「雲丹のつけめん中盛(1020円)+チャーシュー200円」@活龍 海老蟹専門 甲殻堂の写真4月12日(金)19時半頃訪問。先客3人。後客多数。

この日は活龍ラーメンセンターで麺活を。
お目当てはみつきさんで復活した「バリ龍」さんの替え玉無料サービス。
大分前ですが、現在休業中の「天地」さんで営業していた頃にはチャレンジ企画が。
一回目のチャレンジでは、若干余力を残して、替え玉11玉を記録。
その後、2回目のチャレンジでは、思うように記録を伸ばせず、「替え玉12玉でギブ。」
そんな思い出を思い出しながら、向かってみました。
無事に到着するも、外待ちに列が出来ています。
接続して士気を高めても良かったのですが、空いていた甲殻堂さんへ予定変更です。

入口のハイテク券売機で食券を購入します。
未食の雲丹をいただくことにしました。
男性2人体制で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは麺を一本。 
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454541681-14391792082.html

太麺は加水率高めの平打ち系のストレート。
こちらの麺は、活龍さんのつけ麺の麺とはまた異なる仕様ですね。
きれいに整列されているあたりは共通しています。
純粋な小麦の味わいをダイレクトにいただける感じですね。
麺量は中盛りにしたので400gです。


では早速つけ汁につけて。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454541681-14391792086.html

動物系は鶏の白湯が主体でしょうか。
粘性があり、麺にしっかりと絡みついてくれますね。
そして雲丹の風味がぶわっと広がってきますね。
石焼の器に入っていて、暫くの間はグツグツ煮立っているのもいいですね。
濃厚なので、ちょっと後半は変化が欲しくなる感じです。

麺リフトアップの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454541681-14391792091.html

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱。

デフォルトのチャーシューはつけ汁の中に。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454541681-14391792094.html

豚バラのサイコロ状のタイプで、ごろっと入っている感じです。

そして増した分は豚のロースタイプでしょうか。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454541681-14391792098.html

柔らか食感ですが、味付けはちょっと控えめですね。
つけ汁にちょん漬けでいただくといい感じです。

しっかりと絡めながらいただくと、ほとんどつけ汁は残りませんでした。
最後はダイレクトに蓮華ですくって完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454541681-14391792101.html


雲丹をふんだんに使った濃厚系の鶏白湯つけ麺でした。
麺が美味しいですし、大盛りまで同料金なのもいいですね。
ただ、料金は何段階かで値上げされて、現在は1Kをちょっと超える感じ。
高級食材ですので、この辺りは仕方ないでしょうかね。
濃厚で独特の風味があるので、少し食べ手の好みはありそうですね。

今年食べたチャーシュー359枚/93杯
今年食べた唐揚げ 31個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 6件

「担ジ(850円)+チャーシュー2枚300円+ヒデチキ150円」@麺や 豚八の写真4月11日(木)20時ちょっと前に訪問。

この日は鶏々さんで鶏清湯を頂き、もう一軒行ってみることに。
お店の前の駐車場にボロ車を止めます。
最初、前進で止めましたが、出やすいようにバックで止めなおします。
店内へ入ると、すぐ右手にある券売機で食券を購入します。

担ジと書かれたボタンを発見。
担々麺が提供されていることは知っていましたので、察しました。
早速頂いてみることにしました。
チャーシューのボタンとヒデチキのボタンは共通のようです。
軽く小連打をかまして、カウンター席へ。

野菜やニンニクなどお好みを聞かれましたので、普通でお願いしました。
また、縮れ麺と平打ち麺で選べるので、平打ち麺をお願いしました。
店主さんお1人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454324187-14391217663.html

普通コールでもしっかりとした標高がありますね。
連食ですので、ちょっとプレッシャーが。


少し野菜から食べ進んで、まずはスープを。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454324187-14391217670.html

ベーススープはデフォルトと一緒でしょうか。
豚スープと坦々の胡麻の風味がいい感じに融合していますね。
辛さもいい感じで、辛すぎず、美味しくいただける感じです。
特に後半の方がしっかりとうまみを感じる仕上がり。
野菜少なめにして、早めの天地返しが良さそうですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454324187-14391217675.html

太麺は加水率高めの平打ち系のストレート。
茹で加減良く、少しパスタにも近いような感じの麺です。
適度にスープを吸って、ツルモチな処もいいですね。
麺量はデフォルトで250g。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454324187-14391217680.html

具材はミンチ、もやし、キャベツ、ニンニクと増したチャーシュー、ヒデチキ。

チャーシューは豚のバラロールタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454324187-14391217693.html

柔らかく仕上げられており、しっかり加温されているところもポイントです。
1枚150円で増せるのは嬉しいですね。

そして初体験のヒデチキ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454324187-14391217707.html

カリッと揚げられていていいですね。
今回は、唐揚げ3個分にカウントさせていただきます。

ミンチは野菜の上に乗せられています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454324187-14391217710.html

そしてもやしがまた美味しいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454324187-14391217716.html

後半は卓上の「山椒」で味変を試みて見ます。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454324187-14391217722.html

おすすめのとおり、この変化はいいですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454324187-14391217732.html


二郎系と担々麺が融合した、美味しい一杯でした。
4月上旬は、新入生歓迎会が多く、混雑ぶりにも波があるとか。
周辺には二郎系のお店が増えましたが、メニューが充実していて
二郎系以外の担々麺や中華そばもあるようですし、
ガッツリ以外にも対応していますので、重宝するお店ですね。
次回は中華そばを頂いてみたいと思います。

追伸 (店主様ツイートより)
4月14日より、麺量250→200gに変更。大盛が100円から無料に。

今年食べたチャーシュー355枚/92杯
今年食べた唐揚げ 31個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 3件

「鶏清湯中華そば・塩(650円)+鶏チャーシュー100円」@鶏々 TORIDORIの写真4月11日(木)19時過ぎに訪問。先客中待ち2人へ接続。

この日は久々に鶏々さんへ行ってみることに。
駐車場がいっぱいで、何度かあきらめたことがありましたが、
今回はちょうど空きもあり、無事にピットインです。
券売機はなく、中の待ち椅子で待つように言われ待機します。
すぐに食べ終わった方と入れ替わりで、カウンター席へ案内されました。

メニューを見て、未食の表題メニューをオーダーします。
店主さんと助手さんと女性店員さんの3人で切り盛りされていました。
提供待ちが多めでしたが、汁そばの方は速攻のオペレーション。
意外と待たずしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454065437-14390487980.html

動物系は鶏の清湯系のタイプ。
クリアな仕上がりで、上品に仕上げられていますね。
濃厚系が好きな人には、ちょっとあっさりに感じてしまうかもです。
でも、このじんわり系が好きな人には堪りませんね。
癒し系の一杯です。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454065437-14390487986.html

中細麺は加水率やや高めの少しうねりのあるタイプ。
茹で加減程よく、汎用性の高そうな感じの麺ですね。
麺量は150g前後。

具材はチャーシュー、メンマ、刻み葱、小松菜。

チャーシューは鶏の低温系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454065437-14390487992.html

程よくペッパーも聞いていて、いい仕上がりですね。
デフォルトの枚数がわかりませんが、増してもらうと5枚で出てきました。

メンマは穂先タイプですね。

小松菜は食感良く、彩も映えますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454065437-14390488002.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12454065437-14390488008.html


上品ですっきりと美味しい鶏清湯でした。
価格を抑えてくれているところも魅力のひとつですね。
ご家族連れや女性グループのお客様も多く、人気ですね。
次回はつけ麺を頂いてみたいと思います。

今年食べたチャーシュー353枚/91杯
今年食べた唐揚げ 28個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「特製千夏っちゃんラーメン(1026円)」@Good Day Ramen 千夏8の写真4月7日(日)13時過ぎに訪問。先客10人くらい。

この日は山武市のコジマルさんへ突撃し、お次は山武郡の千夏さんへ。
こちらはこのエリアで名店だった「二升屋」さんの移転リニューアルのようです。
スーパーの一角にある感じで、駐車場も広々していますね。
入店すると、券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制でした。
メニューを確認し、表題メニューをお願いしました。
お冷はセルフで、入口付近の左手に設置されてますね。
店主さんらしき方をはじめ、男女4人で切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453654521-14389463910.html

動物系は豚が中心と思われるタイプ。
香味野菜なども一緒に炊かれている感じでしょうか。
結構ニンニクとペッパーが効いていますね。
何系と表していいのか良くわかりませんが、可也特徴的なスープです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453654521-14389463913.html

中細麺は加水率中くらいのストレート系。
茹で加減程よく、色々なスープにも合いそうな麺ですね。
丼が小さいせいか、結構麺量があるようにも感じました。
体感的には160g前後です。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、刻み玉ねぎ。

チャーシューは軽く炙りの入った豚バラタイプと
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453654521-14389463916.html

デフォルトの豚バラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453654521-14389463924.html

特製やチャーシュー増しだと、炙り豚が乗るようですね。

味玉は黄身が結構黄色い(レモンイエロー)系のタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453654521-14389463927.html

状態はゼリー状で安定の仕上がりですね。

特徴的なスープには、ざく切りの玉ねぎが多めに乗っていました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453654521-14389463931.html

ボイルもやしも軽く一掴み程度のっていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453654521-14389463933.html


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453654521-14389463935.html


コジマルさんの二郎系からの連食でしたので、本来の特徴を
全面に受け止めることが出来なかったかも知れませんが、
個性的で印象に残る一杯ですね。
移転前からの濃厚系のつけ麺もあるようですので、また機会があれば。

今年食べたチャーシュー348枚/90杯
今年食べた唐揚げ 28個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(780円)+大盛100円」@ら~めんコジマル 東金店の写真4月7日(日)12時過ぎに訪問。先客満席で少し外待ち。

この日はコジマルさんの2号店がオープンしたとのことで、突撃しました。
調べてみると、家から53km位で行けることが判明。
そう考えると、水戸へ行くのとあまり変わりありません。
本店までは、75kmくらいあるので、3分の2の距離で行けます。
お店の前の通りも広々としているので、右折待ちしていても、迷惑かからなそう。

そして広々とした駐車場は、到着時に2~3台分空いていていい感じですね。
入店し、左手の券売機で食券を購入します。
女性店員さんから声がかかり、満席なので、少し外で待つように促されました。
然程待たずしてテーブル席へ案内されました。
ちなみにハイテク券売機で、ニンニクの量や野菜の量も指定できます。
残念だったのは、チャーシューボタンが×印だったこと。トホホです。
着席後は程なくしてご対麺となりました。


まずは標高のチェックから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453432410-14388932145.html

大きい丼ですので、穏やかな標高ですね。
デフォルトかわかりませんが、増した分の野菜は別皿で提供されました。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453432410-14388932164.html


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453432410-14388932150.html

動物系は豚が中心の乳化系のタイプ。
カエシはちばから醤油を使用とのことで、ほぼちばからさんと同じテイスト。
スープの塩梅も結構ちばからさんに似ている感じですね。
ヘビーな印象の美味しいスープです。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453432410-14388932156.html

太麺は加水率やや高めの平打ち系のタイプ。
自然なうねりを伴い、これぞ二郎系といった感じの麺ですね。
茹で加減もよく、程よくスープを吸ってくれていますね。
麺量は大盛りで420gとの事です。

天地返しの様子。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453432410-14388932159.html

具材はチャーシュー、もやし、キャベツ、ニンニク。

チャーシューは豚のバラタイプ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453432410-14388932161.html

適度な噛み応えを残した感じの仕上がりでした。
出来れば増したかったです。

野菜は固すぎずクタ過ぎず、いい感じの茹で加減。
増した分の別皿提供は、そのままいただくもよし、
丼側へ追加してもよいですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453432410-14388932167.html


本店もいいですが、仕上りを変えてきた2号店の一杯もいいですね。
食べ終えてから気が付きましたが、小島総店主さんも厨房に。
軽くご挨拶を交わしてお店を後にしました。
確かに行ってみて思いましたが、周りにはラーメン店が多いですね。
色々選べるのは食べ手にとってもうれしいですね。

遅くなりましたが、改めまして開店おめでとうございます。

今年食べたチャーシュー342枚/89杯
今年食べた唐揚げ 28個


ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜそば(850円)+鶏チャー250円+ライス150円」@麺屋 縁 YUKARIの写真4月5日(金)19時半頃訪問。後客2人。

この日はララガーデンに醤油を買いに行ったのですが、そのお店は19時で閉店。
その隣の大きなスーパーものぞきましたが、売っていませんでした。
また出直すとして、近くの縁さんへ久々の訪問です。
何度か伺ったのですが、火曜日はお休みのことが多そうですね。
店舗情報は不定休となっており、最近はあまりツイッターも情報がないようです。
この日は営業していたので寄ってみることにしました。

駐車場側の裏口から入店し、右手の券売機で食券を購入します。
未食の台湾まぜそばをお願いしました。
以前と変わらず、女性店主さんがお一人で切り盛りされています。
ほどくしてご対麺となりました。

まずは具材のチェックから。

台湾ミンチ、卵黄、韮、刻み葱、魚粉、刻みのり、ニンニク。

ミンチは中央に乗ることが多いのですが、中央は卵黄。
ミンチは端によっていますね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453197943-14388361705.html

多めのニラや
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453197943-14388361713.html

魚粉にニンニクといった定番アイテムも。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453197943-14388361714.html

ネギに海苔も定番ですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453197943-14388361717.html

早速まぜまぜして。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453197943-14388361723.html

中太麺は加水率高めのストレート系。
茹で加減よく、もちっとした食感の麺ですね。
ピリッと刺激的な辛さもあって、食べやすい台湾混ぜそばといった感じ。
安定感はありますが、もう少し特徴といいますか、突き抜け感が欲しいかも。

追加した鶏チャーシューはややしっかり気味の加熱加減。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453197943-14388361726.html

大ぶりで、薄めにスライスしてくれていますので、食べやすいですね。

追い飯はついていない様でしたので、ライスの食券を追加します。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453197943-14388361727.html

サービスでしょうか、ミンチを載せて提供してくださいました。


早速まぜまぜして。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453197943-14388361732.html

普通サイズのライスだと、ちょっと量が多いですね。
でも、ミンチを足してもらえたので、何とかタレが行き渡ります。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12453197943-14388361736.html


食べやすいオーソドックスな台湾まぜそばでした。
出来ればニンニクは生の刻みタイプがよく、プチサイズでいいので
追い飯はつけてほしいですね。
後できれば、SNSで営業情報や限定情報も流していただけると。

今年食べたチャーシュー341枚/88杯
今年食べた唐揚げ 28個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「担々麺(853円)+唐揚げ518円」@爆裂石焼らーめん 一兆 つくば並木店の写真4月3日(水)20時過ぎに訪問。先客8人くらい。後客6人。

この日は松辰さんで美味しい豚骨白湯をいただき、帰路へ。
でも、なんだか唐揚げが食べたくなり、気が付けばハンドルを切っていました。
ゆきむらさん系列のこちらのお店なら、きっと間違いなく唐揚げもあるはず。
ボロ車を止めて入店します。
券売機はなくメニューを見て口頭注文、後会計制です。

アツアツの石焼の器の一杯が売りのお店ですが、悩んだ挙句、
普通の提供の担担麺をいただくことに。
そして、お目当ての唐揚げも。
一瞬、中華ソース掛けに間違えられそうになりましたが、無事オーダー。
店長さんらしき方に、3人くらいのメンバーで切り盛りされていました。
程なくしてご対麺となりました。


早速スープから。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12452973580-14387793285.html

表層にはいい感じにラー油が浮いていますね。
ゴマベースのスープは、初動だとちょっとインパクトが薄く感じましたが
未来味噌が融合すると、深みが増していきますね。
穴あき蓮華もつけてくれているところがいいですね。


続いて麺を。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12452973580-14387793290.html

中細麺は加水率やや高めのすこしうねりを伴うタイプ。
茹で加減程よく、非常に汎用性の高そうな麺ですね。
麺量は150g前後。

具材は肉味噌、青梗菜、刻み葱。

肉味噌はうまみがあり、スープによくなじませるといいですね。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12452973580-14387793295.html

青梗菜も食べやすいサイズにカットされており、多めに入っています。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12452973580-14387793301.html

そして待望の唐揚げ。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12452973580-14387793320.html

しっかりと揚げられており、大ぶりで食べ応えもありますね。
マヨネーズも鉄板ですし、レモンもフレッシュでいいですね。


美味しくいただき完食です。
 ↓
https://ameblo.jp/iba-tiba-momoyan-ramen/image-12452973580-14387793333.html


オーソドックスな担担麺は肉味噌が融合する後半にアップしますね。
唐揚げも堪能出来ましたし、平日の夜ですが、食べ過ぎてしまいました。
外税なところはあまり得意ではありませんが、いざという時に助かるお店。
夏はどうだったか忘れましたが、石焼のアツアツの一杯は、真冬の寒い日に
またお邪魔したいと思います。

今年食べたチャーシュー338枚/87杯
今年食べた唐揚げ 28個


ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件