なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

saima

男性 - 神奈川県

祝・令和元年!身体を労わり、健康的な麺活に努めます(^^)d             今月は新規店舗と豚星の我流台湾混蕎麦を中心に攻める予定。            …冷やしの本番は来月からw

平均点 88.632点
最終レビュー日 2019年6月18日
1,836 674 35 4,312
レビュー 店舗 スキ いいね

「まぜそば(麺少なめ[250g]・ニンニク・辛揚げ・ガリマヨ)」@鷹の目 蒲田店の写真【訪問日:6月14日】

映画鑑賞後、小腹を満たすべく
一駅隣の蒲田まで移動。
東口の課題店を覗いたところ、混み合いそうな様子につき
頭を切り替え、西口の課題だった此方にスイッチ。
到着後、直ぐに席について表題メニューを麺少なめで頼みます。

野菜の盛りに気圧されつつ、その山を一定量胃に収めてから混ぜ作業開始。
ニンニク・ガリマヨは、余所での経験則同様の働きでしたが
ジャンク感を増す上で辛揚げが大きく貢献し、箸が止まらずw
程良い辛さの下に食べ進め、次は埋まっていた厚切りのチャーシューを頂くと
増しボタンを押したくなる美味さで、合間に挟む一品として上々でしたね~(^_^)v
野菜の盛り具合に平打ち状の太麺250gと、相応のボリュームもあって
最後は、卓上アイテムの助けを借りつつ辛うじて完食(笑)
どうもご馳走様です!
次回は、有料トッピングを何かしら用いた同メニューを試してみようと思います。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(麺硬め・味濃いめ)+海苔・木耳・特上チャーシュー」@厚木家の写真【訪問日:6月7日】

先週からご当地系が続いた反動か、やたら家系が啜りたくなり
雨の中、此方までドライブ。
アイドルタイムらしからぬ混雑ぶりに驚きつつ
本日は、いつもの調整に加えて特上チャーシューを付けて臨みます。

先ず目立つのは、初めて頼んだ特上チャーシューの厚みと大きさ(笑)
箸で解れる柔らかさを確認しつつ、一口頬張ってみると
デフォとは趣の違う肉の旨味が効いたタイプで、¥200の値段設定も納得ですね~。
二口目をグッと我慢し、続いては恒例のスープチェックに入ると
豚骨が前面に出た味わいで、自分好みな上ブレ回d(>_< )
麺に海苔に木耳に、息つく暇も無く箸が進み
今回はそこに特上チャーシューが合間に入る分、満足感も一入!
ニンニクをたんまり投下し、食べ進める毎に
心が四国から神奈川へ帰ってくるのを感じつつ、完食としましたw
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 12件

「支那そば 肉玉子入(小)+チャーシュー2枚・大盛りねぎ」@支那そば 王王軒 本店の写真【訪問日:5月29日】

須崎を後に、高知から北上。
その後、192号線を直走る事数時間…。
徳島らーめんが食べたい!をスローガンに
営業時間スレスレの此方で二杯目を頂いて来ました。
オーダーは肉の日らしく、表題メニューにチャーシュー追加し
更に、箸休めに葱を併せて付けて臨みます。

厨房体制の厚さからか、此処でも然程待たずに着丼。
肉に塗れた絵面に満足しつつ、早速頂くと
噂に聞いていた通り、豚骨が前面に効いた濃厚な味わい。
若干柔めながら、中太麺との絡みは良く
バラ肉の存在も手伝い、箸が止まりませんね~w
また、別途足したチャーシューも、サイズ・肉質の何れに見ても申し分無く
一切れ¥100の価格設定はご納得d(>_< )
濃厚なスープと肉祭り状態にあって、胃が凭れるリスクは
増したネギに助けられ、最後はスープを余さず飲み干し完食としました。
どうもご馳走様です!!
次の遠征機会、此処だけは再訪確定!と太鼓判を押せる美味い一杯でした。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
80

「台湾マンモス+ネギ」@泪橋の写真【訪問日:5月24日】

遠征前最後の慣らし運転…と行きたかったところ

生憎の不首尾に終わり、断念。

近場から行先を考えた末、名前が興味をそそった表題メニュー目当てに

電車にて、此方へやって来ました。

営業終了間際ともあって空いていた為、そう待たずに着丼。

溢れんばかりのスープに気を付けつつ、先ずは野菜の山から取り掛かり

間も無く麺に達すると、二郎系にしては珍しい中太タイプ。

遠い昔の新橋時代は思い出せませんが、程良い辛さの台湾ミンチが良い味を出している分

どうしても、麺は当たり負けしてる感が否めませんね~(ーー;)

頭を切り替え、以降はニンニク&ネギをお供に

スープをメインに据え、レンゲで挽肉をサルベージ。

最後は、ド汗を伴いつつ完食としましたw

どうもご馳走様です。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん(ニンニク増し・アブラ・紅生姜)+うずら卵」@ラーメン二郎 湘南藤沢店の写真【訪問日:5月13日】

車の目途が立ちそうに無い為、本日は諦めて地元で麺活。
代打を考えるのも億劫につき、令和初!二郎と題し
此方で頂く事にしましたw
昼のピーク過ぎで空いていた反面、肉増しが売切れと
ままならないものを感じつつ、表題通りにオーダーを伝えます。

紅生姜の回に当たっただけでも…と切換え、ニンニクアブラをコール。
天地返して麺から頂くと、前回少し不満が残った茹で加減は良い方に転じ
スープの吸い付きに見ても上々(^_^)v
ヤサイをそのままで頼んだ分、麺のボリュームに当たり負けしそうになるも
今回はアブラ→ニンニク→紅生姜による味変のお蔭で無事乗り切り、完食としました。
どうもご馳走様です!
次は、時期的にそろそろ始まるであろうつけ麺狙いで来ようと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 40件

「ラーメン(麺硬め・味濃いめ)」@壱六家 横浜店の写真【訪問日:5月12日】

五反田を後に、電車にウトウト揺られながら
次は横浜にて途中下車。
横濱丿貫をチラリ偵察後、此方で二杯目を頂いて来ました。
一杯目と被る為、今回は海苔その他トッピングは付けず
家系恒例の調整だけ伝え、出来上がりを待ちます。

そして着丼後。
総本山での実食から間も無い分、麺食感の違いはどうしても気になりますが
対するスープは、何ら引けを感じさせない塩梅d(>_< )
評判が良かった大森店を畳んでの移転との事で、その意気込みが強く感じられる味わいですね~。
一頻り基本部分を頂いてからは、お約束のニンニクを投下し
奥行きの増した作りを堪能。
〆のお酢も頗る合い、サッパリめに化けたスープを適度に楽しみつつ完食としました。
どうもご馳走様です!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(麺硬め・味濃いめ)+海苔・木耳・白玉」@家系総本山 吉村家の写真【訪問日:5月8日】

平成最後の月に食べ損ねた反動からか
猛烈に家系気分が高まり、ハンドルを握り横浜へ。
年号変更初の家系は、総本山の此方で頂いて来ましたw
幸運にも昼の波が引きかけていた為、外待ちから時間を取らず入店。
オーダーはいつも通りの布陣で臨みます。

そして着丼後。
具沢山なトッピングをかき分け、先ずは麺・スープから啜ると
豚骨・醤油、双方均衡の取れた味わいで上ブレ回を引き当てた気分ですね~(笑)
序盤は良く合う海苔巻スタイル中心に頂き、人心地ついてからは
卓上の行者ニンニクを投下し、旨味が増したスープを堪能。
終盤にかけてのラーメン酢も手伝い、麺・トッピングを粗方平らげた後もレンゲが止まらず
ほぼ飲み干す手前まで頂き、完食としました。
どうもご馳走様です!!

春先に見かけた記事では、現住所での営業は当座継続との事。
常態化した大行列が将来どうなるのか、その時を楽しみに待とうと思います…。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 18件

「豚入り(ヤサイ少なめ・ニンニク)+汁無し・粉チーズ」@ラーメン二郎 湘南藤沢店の写真【訪問日:4月21日】

車が使えず出そびれた為、本日は予定を前倒し

平成最後の二郎をスローガンに此方を訪問。

14時の時点で外待ち多数につき、一時間後に出直したところ

ある程度先客が捌けてきたのを確認し接続。

節目の一杯ともあって、オーダーは汁無し・チーズ・豚増しと

麺量そのままにチャレンジですw

厨房の体制に特段の変化が無い事にホッとする内、着丼。

卵黄・ニンニク・粉チーズを巻き込み、盛大に天地返しを行ってから頂くと

狙い通り、カルボ風にキマった味わいで満足感も一入d(>_< )

空かさず振りかけた胡椒もアクセントになり、箸が止まりませんね~。

豚は小ぶり加減が気になったものの、食感・旨味においては問題無しの一品。

対して麺は柔らかめ?で、もう少し力強さが感じられる塩梅が良かったなと僅かに減点…。

オペレーションの都合上、麺硬めコールが出来なくなったのが悔やまれるところですが

そこは、新しい年号に切り替わってからの今後に期待したいと思います。

どうもご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 40件

「ラーメン(麺硬め・味濃いめ)+海苔・ネギチャーシュー」@杉田家の写真【訪問日:3月27日】

出足の鈍さが祟り、当初予定していた店は断念。
二杯目へのアクセスと通し営業の条件から
丁度一致した此方で代わりに頂く事にしました。
空いているであろう目論見が当たり、着くなり直ぐに席へつき
表題メニューをいつも通りの調整で頼みます。

そして着丼後。
いの一番、スープから啜ってみると
自分好みな豚骨が前面に効いた塩梅で、幸先良い滑り出しw
硬め指定の麺も抜かりなく、各トッピングを挟んで箸が止まりませんね~。
一頻り元の味わいを堪能後は、大さじ一杯の行者ニンニクを投下し味変。
次が無ければ飲み干したであろう、ブーストがかかったスープを
ギリギリまで楽しみ、完食としました(^_^)v
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 12件

「小 少なめ(ニンニク抜き・アブラ・ヤサイ)」@ラーメン 登良治郎の写真【訪問日:3月23日】

旗の台を後に、暫し次の行先を検討。
都心回りか、ギリギリまで迷いましたが
ガッツリめな一杯欲しさに、今年初の此方へやって来ましたw
杯数が相当出た後らしく、豚増し版売切という状況下
今回は、小の少なめボタンをプッシュ。
明日も仕事につき、ニンニクは涙を呑んで我慢です(T-T )

ヤサイ・アブラをコールし、程無く着丼。
先ずは小高いヤサイの山から頂くと、茹で加減絶妙なシャキシャキ食感で上々な滑り出し。
ある程度サルベージしやすくなってきたところで、麺を啜り始めましたが
カネシの効いたスープを吸いつけ、此方も良い塩梅に仕上がってますね~。
また、普段はコールしないアブラも旨味を底上げる点で活き、ニンニク不在をフォロー。
チャーシューは一切れながら、安定した美味さに変わりなく
総じて、ニンニクとボリュームの二点を欠いても尚、満足のいく一杯でした。
どうもご馳走様です!

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 10件