なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

saima

男性 - 神奈川県

平均点 88.679点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,930 694 36 4,544
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけめん(大)」@中華蕎麦うゑずの写真【訪問日:9月7日】

週末休みの本日は、先日のプチ遠征時に購入した

此方のつけ麺を啜りながら晩酌w

盛付けは一向に上手くならないものの、麺・スープの同時準備は

だいぶ板に付いてきた様で、そつなく準備完了。

四日ぶりの実食でしたが、店で提供される一杯を想起させる美味さで

箸は元より、お酒も止まりません(笑)

途中、用意しようと思えば辛味くらいは足せそうでしたが、次は数か月先と鑑み

ヘタな味変は挟まず、そのままの仕様を堪能し完食。

何気に節目のキリ番回でしたが、それが此方のお取り寄せで良かったですね。

どうもご馳走様でした!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 23件

「得勢つけめん」@自家製中華そば 勢得の写真【訪問日:9月6日】

本社会議から職場への戻り道中。
どこで腹拵えしたものか悩んだ末、新鮮なアイデアに恵まれず
ルート上にある此方を目指す事に。
昼只中の混雑が心配でしたが、奇跡的に空きが残っていた為
空かさず入店し、表題メニューを頼みます。

店主一人、いつもと変わらない手際にて着丼。
海老油の効いた味わいはブレず、太麺との絡みに見ても抜群の一言w
麺・スープが圧倒的な存在感を放つ作りですが、得勢トッピングも確り寄り添い
海苔・味玉・ほぐしチャーシュー等、どれも合間の繋ぎ役として良い仕事をしてますね~。
連日の濃いめ尽くしな麺活続きながら、その美味さにバテる事無く食べ進め
〆はスープ割を頼まずに完食。
どうもご馳走様でした!!
暑さ続きでつけ麺回が続いていますが、次こそはラーメン回としたいですね…(^_^;)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 18件
100

「つけめん(大)」@中華蕎麦うゑずの写真【訪問日:9月3日】

プチ遠征二日目。
昇仙峡を往復運動後、腹拵えに此方を訪問。
13時半着にて店先からの待ちと、珍しく幸先良く
トントン拍子に列も進み、大汗をかく前に入店w
この暑さにつき、オーダーは迷わずつけ麺を選びます。

座ってからは、普段通りのペースにて着丼。
綺麗に盛りつけられた麺皿から、ワシッと纏めて取って頂くと
重量感のある太麺の受け皿に相応しい、豚魚が濃厚に効いた味わい(^_^)v
腹を減らして臨んだ事もあり、その美味さは一入で
大盛の長丁場らしからぬピッチで箸が止まりませんね~。
麺・スープに目が行きがちなところ、チャーシューを中心とした各トッピングも
合間に挟む一品として良い仕事に徹しており、終始、濃厚仕様に胃凭れせず
スープ割抜きにて完食。
人手不足の深刻さが連日ツイートされていますが、それをおくびにも出さない
いつもながらの満足度の高い一杯でした。
どうもご馳走様です!!
帰宅後のお土産版を挟み、次は年末前に訪問予定ですが
お店にとって、良い体制になっている事を願います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件

「【夏季限定】冷やし中華」@麺恋処 いそじの写真【訪問日:8月20日】

大井町を後に、腹こなしに大崎まで歩き
そこから山手線に乗り込み、代々木へ。
次のお目当ては、此方の冷や中ですw
並盛と中盛の間を取った260gが頼めるとの事で
今回は、連食に御誂え向きなその麺量で臨みました。

この日も厨房の連携は揺るがなく、席についてからは
そう待たずに、出来上がりが完成。
麺の上にかかる豚魚ジュレを中心に、叉焼・半玉・海苔・野菜諸々等
出で立ちは変わらず、その味わいも酸味控えめで豚魚が程良く効いたいつも通りの作り。
重要要件であるヒンヤリ感も申し分無く、移動中の暑さで削られた体力が
見る見る内に回復していく様ですね~(^_^)v
去年同様に大葉・辛子が活躍したお蔭で、豚魚ならではの重たさが胃に来ず
終始、清涼感に浸った状態にて完食。
どうもご馳走様でした!!
次は、二年ものブランクを生んでしまったつけ麺を頂きに来ます(笑)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 13件

「特製つけめん(中)」@つけめん 玉の写真【訪問日:8月18日】

夏バテの倦怠感に抗えず、当初予定は断念。
近場でガッツリ頂ける一杯…という条件から
本日は此方へやって来ました。
オーダーは、インドとも悩んだものの
近々、余所で食べる予定もあったので表題メニューを注文。

先ず先ずの手際で程無く着丼。
ウェーブのかかった喉越し良い太麺に、高濃度の豚魚スープと
基本的な部分については、言う事無しの美味さw
鰹節がかかるバージョンになってから、あまり回数を重ねてませんが
違和感無く、チャーシュー・メンマ・ネギ・味玉・海苔と併せて
中盛ボリュームを盛り上げてくれますね~。
反面、この暑さにあって開けっ放しの扉は居心地的にマイナスで減点対象…(-"-;)
台風で荒れていた去年の7月末訪問はノーカンとして
夏真っ只中に来るのは、考えものかも知れません。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 12件

「チャーシューつけ(中盛・冷や盛り)」@めん屋 もとすけの写真【訪問日:7月31日】

予定していた遠乗りは、気分が上向かず断念。
代わりに、課題だった此方を目指して
厚木市内までやって来ました。
昼営業のみで売切れ終了という、中々のハードルながら
幸い、本日は空振る事無く入店し、表題メニューを頼みます。

程良く炙られたチャーシューを横目に、先ずは麺・スープから頂くと
平塚店を髣髴とさせる、甘味が前面に効いた味わい。
コシの強い太麺も頗る馴染むもので、箸が止まりませんね~d(>_< )
人心地ついてからは、楽しみに取っておいたチャーシューを頂きましたが
これも変わらぬ絶品で、増しにして大正解w
見た目以上に濃厚さが際立つ為、〆はスープ割を挟んで完食としました。
どうもご馳走様です!!
ボリューム的には、もう一段階上げても楽にいけそうなので
次回は、麺大盛で臨もうと思います。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「もりチャーシュー」@喰我の写真【訪問日:7月24日】

梅雨明け間近を思わせる暑さを浴びながらの帰り道。
冷やしよりも、つけ麺気分が勝った為
つけめん 玉を目指したものの、生憎の行列…(ノД`)
流石に、この暑さで外待ちは気乗りせず
直ぐ近所の此方へ緊急避難する事にしました。

表題メニューをオーダー後、ぼちぼちのペースにて着丼。
早速啜ってみると、中太麺の食感は比較的食べ慣れた横濱店と変わらないものの
スープは本場とは異なり、酸味控えめな豚魚寄り。
都内で色々食べ歩いた時代、自称・出身者店の幾つかで
この様なタイプに当たる事が偶にありましたが、のれん会所属では初めてかも知れません。
ともあれ、本場に寄せた作りなら兎も角、またおま系では前述店に負けているので
早々に、卓上のニンニク等の力を借り味変。
チャーシューの美味さに、辛うじて救いを感じながら完食としました。
どうもご馳走様です。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん」@自家製中華そば 勢得の写真【訪問日:7月10日】

急遽の社用からの帰り道。
泊まり明けの疲れもあり、遠回り気分が上向かず
会社から比較的近い此方で腹拵えする事に。
時間的に外待ちが心配だったものの、幸いにして
食べ終わった先客が出て来た為、ほぼノータイムで入店。
徐々に増してきた暑さを受け、今回もつけめんで臨みます。

いつもながらのスピード感溢れる手際で着丼。
ほんのり甘味を伴う、海老油の効いたスープの味わいは勿論
浸けて頂く太麺の喉越し加減、何れも安定した美味さですね~。
半分程食べ進めてからは、此処では珍しく辛味を麺・スープに夫々投下。
スープが濃厚過ぎる分、辛さの主張は微々たるものながら
その程良い味変が丁度良く、ジワジワと疲れが癒えていく様(笑)
麺を平らげた後は割を挟まず、そのままスープを飲み干し完食としました。
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 18件
95

「得中華そば(中盛)」@麺恋処 いそじの写真【訪問日:6月10日】

午後イチスタートの研修前に、此方で腹拵え。
ご無沙汰しているつけ麺も考えましたが
梅雨冷のシチュエーションとあって、今回は表題メニューを選択。
開店直後に出遅れてしまった為、多少の待ち時間を経て
出来上がりを受け取ります。

暖を取るべく、先ずはスープから頂くと
粘度こそ控えめながら、魚介の旨味が前面に効いた味わい。
コシの強い太麺の受け皿として弱い印象は無く、両者で確り噛み合ってますね~。
麺・スープを一頻り堪能してからは、味玉・チャーシュー・海苔・メンマ等
中盛のボリュームを各トッピングがフォロー。
プラス¥200のお得感を改めて有り難く思いつつ、完食としました。
どうもご馳走様です!!
次は、暑い夏を乗り切るべく冷や中狙いで来ます!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 13件

「つけチャーシュー」@くり山の写真【訪問日:5月15日】

明日の早出を前に、都内回り気分になれず
本日は、帰り道の此方を今年初訪問。
開店前を狙った事もあり、定刻と共に入店し
表題メニューを頼みます。

席についてからは然程待たずに着丼。
粘度こそ控えめなスープですが、豚魚の旨味は確り表れており
コシが強めな太麺の受け皿にピッタリ(^_^)v
チャーシューのホロホロ食感も寄り添い、箸が止まりませんね~。
半分程頂いてからは、卓上の魚粉を振りかけ濃度を調整し
更に、円やかさな味わいから刺激を求めて黒七味を投下。
舌にピリッとくる細やかな辛味と濃厚さを増したスープに満足しつつ
割を挟まず、完食としました。
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 14件