なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

わた

男性 - 東京都 (2006年生まれ)

①47都道府県は制覇したので、第二弾・カレーラーメンと二郎系で目指しています。⇒カレーは制覇!②百名城制覇しました。今二巡目しています(城郭検定2級)③47都道府県温泉制覇しましたので、オール5温泉制覇目指しています。九州八十八湯制覇(第709代泉人)2012年全県制覇、2013年全日制覇

平均点 80.225点
最終レビュー日 2019年9月23日
2,805 2,208 0 2,537
レビュー 店舗 スキ いいね

「辛そば(並)(750円)(ニンニク)」@Golden Five Noodleの写真ラーメンマシンガンの2号店

【訪問時期】2015年7月11日(土)18:18入店、先客2名、後客4名。
【動  機】立ち読みした地元誌に載っていたので。
【訪問回数】初訪
【注  文】辛そば(並)(750円)(ニンニク)。
【評  価】秋田二郎系の雄ラーメンマシンガンの2号店のようです。テンキー式の自販機で番号を選んで購入します。
[ スープ ] 微乳化豚骨醤油ベースのスープにラー油や唐辛子等の辛味を加えた二郎系辛ラーメン。結構赤いですが、見た目ほど辛くはなかったです。ニンニクは刻みでパンチが効いています。
[ 麺  ] 太ストレート麺、硬めな茹で加減。二郎系は硬い麺という先入観があるのかインスパイアな店では硬いところが多いが(実際の二郎は違う)、ここはその中でもかなり硬い部類に入ります。ワシワシというかバキバキゴワゴワした麺で凄く食べ応えがあります。まあ、ちょっと硬すぎですが。でも、スープとの絡みは悪くないですね。麺量250g位。
[ 具 材 ]ラーメンマシンガンの2号店なので、野菜はノーマルで多め、多い人は少なめを申請。シャキシャキして味もつけてあり美味しいです。豚は厚めのチャーシュー1枚。軟らかく美味しいです。
【 総 評 】
美味しかったです。
ちょっと麺が硬すぎる感じもあったが、ラーメンマシンガンの2号店らしくパンチのあるスープが良かったですね。
レビューはまだまだ伸びてないので伸びてほしいですね。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「南蛮らーめんセット(830円)」@ラーメンショップ105 中仙店の写真※謎のラーショ105

【訪問時期】2015年7月11日(土)17:15入店、先客0名、後客3名。
【動  機】中華そば 弥太郎の後、自称温泉マニアとしては是が非でも入っておきたかった石塚旅館と乳頭温泉の蟹場温泉に入り、当初は稲庭うどんの本店に行こうと思っていたが、間に合わないので角館店へ。でもこちらはお土産専用だったようで、その後南下している途中にたまたまみつけたので「ラーショを愛する会」会員として責務だと思い、寄ってみました。
【訪問回数】初訪
【注  文】南蛮らーめんセット(830円)。
【評  価】セットはミニチャーハンで。それにしてもラーメンメニューが豊富です。普通のから台湾ラーメンまであります。そうこうしているうちにラーメン登場です。
[ スープ ] 微乳化豚骨醤油。背脂もラードもなくかなりあっさりしています。塩分濃度は控えめですが、ケミカルな旨味は強めでパンチはそこそこあり、まあ、悪くはないですね。
[ 麺  ] 中太と書いてあったが、見た感じ中縮れ麺で茹で加減良好。ちょっと加水高めな感じでもちもちした感じもあり、悪くはないです。麺量150g位。
[ 具 材 ] 南蛮はいわゆるネギのことで、ネギはラーショらしい和え系。ゴマ油と調味料で和えられて、こま切れチャーシューも少々。わっかのネギはいらないので、和えネギはもう少し欲しいですね。そのネギの上に何故か刻み海苔、脇にメンマとわかめ。ワカメはラーショらしいです。
[ その他 ] セットなのでミニチャーハンとキムチの漬物がつきます。チャーハンはそっちで。
【 総 評 】
まあ、悪くはなかったです。
北は「Aji-Q」から南は「あとひき」までいろんなラーショチェーンに行っているつもりでしたが、こちらラーメンショップ105系列は初訪でした。Aji-Q派生だと思っていましたが、どうなんでしょう。謎多きラーショの更なる謎のひとつです。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば大盛 (850円)油ぽく」@ケンちゃんラーメン 秋田店の写真※これで本当にケンチャン制覇!

【訪問時期】2015年5月6日(水)12:30入店、待ち4名、後客多数。12:35着席。
【動  機】去年の10月に新店のケンちゃんラーメン 三川店に行ってケンチャン制覇したと思っていたら、こちらが落っこちていました。ケンちゃんラーメン 三川店にも花束がなかったと思うので、二郎でいう京成大久保店みたいな立位置でしょうか?悔しいので寄ってみました。
【訪問回数】初訪
【注  文】中華そば大盛 (850円)油ぽくで。
【評  価】
[ スープ ] うどんの出汁っぽいニボ系スープにラードと背脂でコクをプラス。塩梅は良好で美味しいですね。
[ 麺  ] ケンチャンらしい手打ち太麺の極縮れ麺。ちょっと軟らかめな茹で加減。ビロビロ部分がスープの持ち上げを良くしてくれていますね。ちょっとワシワシした感じで、なかなか美味しいです。大盛なので麺量は300gはあるかな?
[ 具 材 ] モモ肉チャーシュー4枚ほど、細かいメンマ、海苔、身入りの背脂、ネギ。
チャーシューはちょっと硬めですが、食感がいいですね。コリコリメンマも食感がいいです。
【 総 評 】
美味しかったです。未レビューは多数ですが、山形に8軒、秋田に2軒あるケンチャンを再度制覇出来ました。広島在住で行きにくいのによくやったと自分を褒めたいと思います。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン(600円)」@丸竹食堂の写真※十文字ラーメンの代表的お店
(今さらレビュー)

【訪問時期】2008年11月3日(月)14:47入店、先客4名、後客3名。初訪です。
【動  機】竹駒の後、藤三旅館で温泉に入り、秋田の温泉に入る前にチラッと。
【注  文】チャーシューメン(600円)。
 
14:54ラーメン登場。
【 スープ 】透明な綺麗なスープで塩っぽいですが、一応醤油らしい。油分はほとんどなく、更に動物系も使ってなく、メインは焼干しベースの超あっさり味。焼き干しらしいが香ばしさはそんなになく、昆布で取ったかのようなクリアで濃厚な出汁が出ています。
塩分濃度も控えめですが、不足感はなく、美味しいスープです。十文字3店はこれで訪問完了ですがこちらのスープが一番好きかも。

【  麺  】かん水を使ってなさそうな極細縮れ麺。手打ち麺だそう。茹で過ぎな感じはないが麺の食感は乏しく、啜ってそのまま飲み込んでいく感じです。ボソボソした食感ですが、スープの持ち上げがよくなかなか美味しくいただけます。

【 具材 】モモチャーシュー5枚、脂分はほとんどない感じ。肉の弾力と染み込んだスープとの一体を楽しむ感じでしょうか。メンマのかわりにタケノコ?でしょうか。食感がとぼしくよくわかりませんでした。定番のお麩はスープが染み込んで美味しかったです。
その他海苔、ネギ、かまぼこ。

【 総評 】あっさりしながらもまとまりがよく、美味しい1杯でした。CPも良く、更にカロリー塩分控えめで美味しいとなれば文句はありません。こういう店にヘビロテ出来る環境にあればなぁ。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(並)(680円)」@末廣ラーメン本舗 秋田山王本店の写真2009年9月26日(土)訪問。

(写真は卓上のネギを入れた後です)
朝ラーを食べにこちらへ。
高田馬場店には行ったことがあるが、本店は初です。

6:30入店、先客1名、後客1名。
券売機で「中華そば(並)(680円)」を購入。
厨房では店員1名で切り盛り。焼きめしを食べたかったがこの時間はやってませんでした。

6:38ラーメン登場。
スープはほんの少し乳化した動物系主体のスープで、魚介は使ってない感じです。
醤油の色が濃く、見た目しょっぱそうでしたがちょっと角が立った感じだけで、豚骨がまろやかにしてくれます。
コクのあるスープにちょっと甘しょっぱい感じのスープがいいですね。
表面にはラード膜があるが、そんなコッテリ感はないですね。
生姜もちょっと効いている感じでスッキリした味わいです。

麺は低加水の中細ストレート麺で、修業先と似た印象。
ちょっと硬めの茹で加減。プツンとした食感で、スープとの絡みは良好。

具にはたっぷりのスライスチャーシュー、卓上にある白ねぎは入れ放題。
チャーシューは麺と絡めていただけます。
ネギは九条ネギの方がいいが、入れ放題なのは嬉しいです。濃いめのスープの中和材的存在ですね。

6:47完飲完食。
思ったよりコッテリしてなく、朝からも問題なく食べられるラーメンでしした。
そう言えば本家でも朝ラーしたなあ。
この味は朝ラー向きなのかもしれませんね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「みそらーめん(750円)」@佐藤中華そば楼 by ねぎぼうずの写真2009年9月25日(金)訪問。

十八番で食べて、その後十八番出身で土日祝休みで昼のみ営業と敷居の高いこちらへ。
14:03入店、先客6名、後客4名。
お店は出来たばかりのようでシンプルで清潔な感じです。
なんか味噌がオススメと何処かで書いてあったので、券売機で「みそらーめん(750円)」を購入。
厨房では店主と奥様で切り盛りしていました。

14:13らーめん登場。
やっぱりこっちにもレモンが入っています(笑)
スープは味噌ですが、そんな濃厚でなく素材の感じがわかるものです。
鶏ガラベースのスープにレモンとナッツが複雑に絡むのは一緒ですね。
こちらは胡麻風味が強いのがちょっと違うところでしょうか?
味噌とスープの旨味が見事に調和しているのは凄いですね~

麺はこちらは現代っぽい感じの中細の平打ちストレート麺で、ちょっと硬めでプリっとした食感。
スープとの調和も取れていて美味しいですね。

具にはチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、胡麻、レモン、ナッツ。
チャーシューはバラ肉のもの2枚で大きめ。軟らかく美味しいですね。
メンマはちょっと軟らかめでした。
先ほどと同じく調子こいてナッツをバリボリやっていると「苦っ!」かなり苦いところを食べてしいました。その後水やスープで消そうとしたんですがなかなか消えませんでした。

14:23完飲完食。
先ほどと同じくレモンとナッツの不思議なハーモニー味噌版を味わえたんですが、ナッツの苦味は余計でした。でも、こちらも大満足の一杯でした。

こういう味は他でもやってくんないかなあと思った1杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン(大)(630円)」@十八番の写真2009年9月25日(金)訪問。

昨夜は蔵王温泉に泊まり、朝移動してこちらへ。
今回は平日休みも取っていたので、水土日祝・お盆・年末年始休みで昼間営業のみという超ハードルの高いお店です。
ちょっと民家風でわかりにくいところにありますが、ナビを駆使してやってきました。
12:18入店、待ち5名ほど。
でも、お座敷に空きがあったので勝手に座って厨房に注文を。
「醤油ラーメン(大)(630円)、わたです」と注文したものと名前を告げます。
席に戻って待ちます。卓上には酢、WP、ラー油、割り箸とあったがラー油は前の客がいなくなったら無くなっていた。マイラーのようです。
12:33「わたさ~ん」と呼ばれて取りに行きます。ちょっと恥ずかしいですね。
では、いただきます。
スープは鶏ガラメインの味わいだが、その後にここの特徴的な味わいのナッツとレモンのハーモニー的な味わいでスッキリした感じに。
醤油もそんなきつくなく、角も丸い感じです。油分も弱めであっさり不思議な味わい。
今までに体験したことのない味ですが、結構好みです。

麺は細縮れ麺。
十文字系のようにボソっとした感じで、茹で加減は軟らかめ。
もうちょっと硬めの方がいいが、このスープとの相性は悪くないです。

具にはチャーシュー、メンマ、刻みネギ、海苔、レモン、ナッツ。
チャーシューは炙った感じだが、存在感は無かった。
メンマも小さくてコリコリしたタイプだがやっぱり存在感無し。
やっぱりレモンとナッツがインパクト大!ネギはレモンと合うのか存在感がありました。

12:41完飲完食。最後はナッツをコリっと食べて完食。
本当に今までに食べたことのない味わいで何か思い出してまた食べたくなってきました。
時間を作って再訪したいですね~

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「大盛中華」@清吉そばや 御門支店の写真2007年11月18日(日)訪問。
由利本荘市にある早朝からやっているそばやです。
超らナビで見て前から気になっていたので、行ってみました。
営業時間が5:00〜14:00という凄い時間帯の営業で、9:02に着きましたが、「準備中」の文字が。
中休みを取っているようです。まさか、朝9時に着いて中休みに合うとは!
しかたがないので、近くの同じく早朝から営業している日帰り温泉施設によって再びこちらにやってきました。
店はかなり古い感じです。今にも壊れそうな感じです。
11:13入店。店内ほぼ満席で、後からもお客さんがひっきりなし。地元の方で賑わっているようです。カウンターが空いていたので、カウンターに座りました。
いろんなメニューがあるようですが、とりあえず「大盛中華」(520円)を注文。
厨房には店主と思われる方と女性の補助の方4人ほど。てんてこ舞いで動いていました。
11:22ラーメンがきました。
見た目はまんまそば屋のラーメンといった感じです。
では、スープから。
スープはそば屋のラーメンらしく、鶏ガラベースのスープで、表面の少々ラード。基本あっさりした味わいです。
山形県で食べた手打ち 水車生そばの鳥中華と似た感じです。
昔ながらの中華そばといった感じがあります。

麺は中位の縮れ麺で、ちょっぴり軟らかめの食感。
こちらもいかにも昔からの中華そばといった感じです。
このスープにはこの麺といった感じです。

具材はチャーシューの変わりに鶏肉の味付けたもの、メンマ、ねぎ。
この鶏肉がなかなかいい。鶏肉に濃いめの味付があいます。
メニューにはないが別皿で頼む人もいるとか。

11:28完飲完食。
地元の方に昔から愛されているラーメン。
まわりに新しい味の新しいラーメン屋が出来てもこの味は変わらないでしょうね。
古いながらも新鮮なラーメンでした。
また、この近くに来たら寄りたいですね〜

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
90

「ラーメン大盛」@長寿軒の写真2007年7月16日(月)訪問。
この日は新潟で大きな地震があり、自分もこのサイトで激励のメールやコメントをいただきましたが、しかし、自分は秋田へ逃避行しておりました(災害に遭われた方にはこころよりお見舞い申し上げます)。
 いつものように自遊人の源泉パスポートで湯沢市にある大湯温泉・阿部旅館と泥湯温泉・奥山旅館に行ってから、前から寄って行こうと思っていたこちらへ。
 13:02入店。待ち5名。こんな地方の一都市ですが、行列が出来ております。しばらく待って13:07席につくことが出来ました。
 ここはメニューにはラーメン(500円)とラーメン大盛(650円)しか基本的にはないので、ラーメン大盛(650円)の方を注文。
 13:11ラーメンがきました。この辺にしては珍しく見た目結構こってりしています。

 スープから。スープは豚骨ベースのようで、軽く乳化しています。タレが甘く仕上げてあり、この甘い感じもいいですね。ちょっぴり角ふじのスープっぽさもあります。焦がした感じも少々あり、とっても香ばしいです。表面にはラードっぽい膜もあるが、全然油っぽくなくスープはマイルドで美味しいです。

 麺は中位の太さのストレート麺で、硬さも丁度いいです。加水も中位で、麺はプリプリした食感があり、コシもしっかりあります。スープとの絡み具合もいい感じです。

 具にはチャーシュー2枚、小さめのメンマ、ネギ、海苔、そしてこの辺のラーメンに多い麩。チャーシューは甘い感じのタレで煮られたようでいい感じ。メンマは味薄目。麩は煮干し系のスープより、このこってりなスープの方が合っているのでは?って思えるほど絶妙でした。

 13:19スープも完飲で完食しました。
こってり系でしたが、まとまりもよく、非常に美味しいです。北東北なんて煮干し系ばっかりだと思っていましたが、こういう豚骨系もいけました。
近くに来たら是非再訪したい店です!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「三角中華そば(中)」@名代三角そばやの写真2007年6月23日(土)訪問。
自家製麺 伊藤で食べてその後後生掛温泉、蒸の湯と東北の温泉を堪能し、次は十文字++++だってことで横手市十文字町の十文字ラーメンへ。マルタマは2年前自家製麺 伊藤の場所がわからなくて代わりに寄ったことがあるので、携帯サイト「超らナビ」で☆8つのこちらを目指しました。しかし、秋田は広い。鹿角で燃料を入れて十文字にセットすると150km近く!千葉からだと群馬に行ける距離です。時間に間に合うように人には言えない速度でひたすら南下しました。
なんとか時間内に到着しました。
18:55入店。先客2名。意外に空いていました。
三角中華そば(中)(750円)を注文。
19:01ラーメンがきました。

スープはあっさり系です。陸奥湾産のイワシの焼干しをベースにしているとか。スープをすするとほんわり旨味が広がります。魚ダシがしっかり効いていますね。レモンが入っているのか、後味に酸味があり、口の中をスッキリさせてくれます。スープには油分もほとんどなく、本当のあっさり系です。

麺はかなり軟らかめ。極細の縮れ麺です。チキンラーメンの麺かと思う食感。無かんすい手打ち麺です。いつもなら嫌う麺ですが、このあっさりしたスープにはとってもあっています。スープと麺の絡みがとってもいい。まあ、もうちょっと太くて硬めの麺でも食べてみたい気持ちはありますが・・

具はモモ肉のチャーシュー、メンマ、海苔、ナルト、そして十文字ラーメンの特徴の巨大な麩。チャーシューは4枚入っており、こちらも脂分少なめ。味も薄目です。ちょっとぱさつく感じもあります。メンマは巨大なものが10本。軟らかめで美味しいメンマです。
具は思ったよりボリューム満点。

19:08あっさり系のスープも全部飲んで完食しました。あっさりながらも旨味たっぷりのスープ。こういうのもいいですね。十文字ラーメンも堪能させてもらいました。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件