なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

わた

レベル56
男性 - 東京都 (2006年生まれ)

①47都道府県は制覇したので、第二弾・カレーラーメンと二郎系で目指しています。⇒カレーは制覇!②百名城制覇しました。今二巡目しています(城郭検定2級)③47都道府県温泉制覇しましたので、オール5温泉制覇目指しています。九州八十八湯制覇(第709代泉人)2012年全県制覇、2013年全日制覇

平均点 80.272点
最終レビュー日 2019年11月14日
2,894 2,282 0 2,759
レビュー 店舗 スキ いいね

「潮麺 真髄(730円)+燻玉(100円→無料(ラー本のクーポン)」@らぁめん道場 黒帯の写真2009年11月1日(日)訪問。

らーめん てらの後、定山渓温泉に寄ってちょっと時間を潰しながらこちらへ。
ラー本に載っていた味噌カレーラーメンが美味そうだったので寄ってみました。

17:25入店、先客1名、後客5名。
目的通り味噌カレーを注文すると、「すみません、味噌カレーは平日だけのメニューなんですよ」ガーン!!ちょっと意気消沈したが、気を取り直して「潮麺 真髄(730円)」ラー本のクーポンで「燻玉(100円→無料)」を注文。

厨房は奥にあってみえないので雑誌を読みながら待ちました。

17:36ラーメン登場。
なかなか綺麗なビジュアルです。
別皿で柚子、山葵、梅(梅肉)が提供されます。
スープは動物系を使っていなくサラっとしたあっさり系ですが、コクの不足は感じないですね。
魚介系の旨味の出たスープですが、それが上品にまとまっており、高級なお吸い物みたいな感じです。
塩角も丸く、なかなか美味しいです。

麺は中細の縮れ麺で、茹で加減は良好。
もちもちした食感で、スープとの絡みも良好です。

具にはチャーシュー、メンマ、水菜、ネギ、揚げネギ、味玉・燻玉、糸唐辛子、麩みたいなやつ、油揚げを焼いたようなヤツ。
チャーシューはバラロール系2枚、味わいはしっかりしています。
燻玉はゼリー状で香りのいいものです。
他の具も見た目・味わいにいい効果を与えています。

上記味変ツールもなかなか面白い。
どれも風味の変化と味わいのアクセントをもたらしていました。

17:45完飲完食。
あっさりながらコクも十分で上品さもあり美味しいラーメンでした。
カレーが食べられなかったのは残念でしたが、こちらも十分満足できました。
メニューをみると平日限定に面白いメニューがいっぱい。
なんとか平日に来てみたいですね~

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「極太にんにく醤油チャーシュー(1,030円)(ニンニク)+味付玉」@らーめん てらの写真2009年11月1日(日)訪問。

小樽に行こうと思ったが、ちょっと疲れてきたので札幌観光。
時計台に寄った後、こちらへ。
12:24到着、待ち2名。後客多数。
待っている間にメニューを聞かれたので、「極太にんにく醤油チャーシュー(1,030円)」「味付玉子(100円→ラ本クーポンで無料)」を注文。にんにくは普通で。ほとんどの方が極太メニューの注文でした。
ちょっと時間がかかって12:46着席。
厨房では店主と助手の方の3名で切り盛り。茹で時間10分かかるとあってまだテーブルに届いてない人が多いですね~

12:53ラーメン登場。
二郎インスパイアだと思っているとがっかりする山です(涙)
野菜はまあシャキシャキ。キャベツ2割程度ですが、全体的に量は少ないです。
濃いめのスープにさらして食べると美味しいですね。

麺は太縮れ麺で、茹で加減は良好です。
小林製麺製だそう。表面はつるんとしており、食感はワシワシしています。
物量的には250g位。
濃いめのスープとの絡みは良好です。

スープはライト系・あっさり目の豚骨ベース。粘度はほとんどなくサラサラ。
最後フライパンで炙って提供しており、香ばしいスープです。
塩加減はちょっと立ち気味で、太めの麺を食べるには丁度いいです。
ニンニクの刻みは小さめ&量少なめで、多め注文でも良かったかもしれません。
まあまあ、ピリっとした辛さが出ておりパンチも効いていました。

チャーシューはロース系。まわりが香ばしい味わいで軽くトロンとしており美味しいものです。でも、+230円ほどの量はない気がしたのでデフォでもいいかもしれません。
味玉はちょっと冷たいですが、ゼリー状で美味しいものでした。

13:02完食、スープはちょっと残し。
二郎インスパイアだと思うと値段や量にがっかりしそうでしたが、オリジナルなものだと思えば美味しい1杯でした。
昔のら・けいこに似た感じも少々感じました。
まあ、札幌でも(低山ですが)登山系メニューを注文出来て満足でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「あらとんつけ麺(700円)+あら盛(180円)」@あら焚き豚骨 あらとん 本店の写真2009年11月1日(日)訪問。

前から気になっていたこちらへ朝飯を食べにきました。
お店は地下鉄の駅からちょっと歩いた市場の中にありました。
8:57到着、待ち8名。その後も続々。
9:00オープン。券売機で「あらとんつけ麺(700円)」「あら盛(180円)」を購入。
麺は「ひや」でお願いしました。

お店はかなり蒸し暑いですね。北海道特有か暖房が強いです。
厨房ではお馴染みの掛け声で湯切りをしています。

9:24つけめん登場。
まず、麺を。
武蔵系お馴染みのカネジン食品の中太縮れ麺で、茹で加減〆加減とも良好。
風味のいい麺で、しっかりコシがありもちプリっとした食感で美味しいですね。
量もあら盛注文なので450gはありそうです。

つけ汁はあらを使用したというもの。
動物系のコクの上にあらの旨味が主張したもので予想通りかなり美味しいですね。
アラはローストされているようで、臭みもなく香ばしさが出ておりいい風味。
アラ&ロースト系の苦味と動物系&カエシの甘味が複雑にからんでいます。
軽くトロミがあり、麺をつけてもこの旨さは変わらないですね。

具にはチャーシュー、メンマ、ネギ。
チャーシューはロース系のもの1枚。軟らかジューシーな味わいで美味しい。
メンマは軟らかい食感。
ネギはスープのいいアクセントでした。

最後はスープ割を。動物系出汁でマイルドにあり、アラの旨味の詰まったスープを堪能出来ました。
9:39完飲完食。
噂通りの美味しさでした。
この場所ならではの新鮮なアラの味わいが堪能出来ました。
札幌に来たらまた寄りたい店の一軒ですね。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん(850円)」@すみれ 札幌中の島本店の写真2009年10月31日(土)訪問。

魂麺で食べた後、札幌の有名店でも食べようと考えた末こちらへ。
お店はメインの通りからちょっと脇に入ったところにありました。
19:57入店、先客10名ほど。
行列しているかと思いましたが、結構空いていました。
カウンターに案内され、「味噌らーめん(850円)」を注文。
「すみれ」は池袋と川崎で食べたことがありまして、その時は普通盛で900円は高いなあと思っていましたが、本店でもそんな変わらないんですね。

店員さんは非常に沢山いましたが、教育が行き届いているようで接客はビシっとしていました。

20:00ラーメン登場。
お馴染み「すみれ」のビジュアルです。具が少ないですね。
スープはラードかなり厚めの濃厚な味噌。スープベースは動物系メインのよう。
食べ始めは気をつけていましたが、やっぱりやけどしました(笑)
ラードが厚めのせいか、最初は味わいが薄く感じましたが、ラードが馴染むにつれかなり美味しくなってきました。
旨味、コクとも申し分なし。

麺は中太縮れ麺で、茹で加減は良好。
お馴染み森住製麺の熟成感のある黄色い札幌系の麺で、もちもちプリっとした食感がいいですね。スープとの絡みは最初悪く感じたが、だんだん良くなってきました。

具にはチャーシュー、メンマ、もやし、ネギ。
チャーシューは細かく切られたもの。味わいは悪くないが量は少なめ。
メンマはまあまあ。
もやしは炒められてクタっとしたもの。
ネギももう少し欲しいです。
全体的に具はかなり少なめですね。

20:07完飲完食。
最初の食べ始めは何だかなあと思いましたが、途中からはかなり美味しく食べることが出来ました。
後半の味わいはさすが本店というものでした。すみれの本店で食べられたというのも大満足でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「室蘭カレーらーめん(690円)+半麺(-100円)+ランチセット」@とんこつらーめん じぇんとる麺の写真2009年10月31日(土)訪問。

味の大王 総本店の後、室蘭で地球岬に行くついでにやっぱり室蘭でもカレーラーメンを食べようと味の大王 室蘭本店の次に評判のいいこちらへ。
13:57入店、先客4名。
「室蘭カレーらーめん(690円)」「半麺(-100円)」「ランチセット(200円)」を注文。
因みにランチセットは半ライス、餃子3個、サラダ、つけものです。

14:02ラーメン登場。
先ほどの味の大王 総本店と似たビジュアルです。
スープは先ほどと同じ豚骨スープで作ったカレーのよう。こちらもスープ系カレーです。
粘度・辛さは先ほど先ほどより強めですが、それでもそんなに辛くはないですね。
半麺なので、スープはかなり多いです。

麺はこちらも札幌系の中太縮れ麺で、こちらもちょっと硬めの茹で加減。
熟成感のあるもちもちの麺で、カレーとの絡みはもちろん良好。
西山製麺の麺箱があったのでこちらの麺かもしれません。

具も先ほどと似たもの。
チャーシュー、わかめ、ネギにメンマ。
チャーシューはバラロール1枚。こちらも薄味。
メンマは小さめで存在感は弱いです。

ランチセットの餃子は普通の焼き餃子。
サラダはポテトサラダ。
ライスは定番でカレーライスにして食べました。
こちらのカレーもライスと良く合います。

14:10完食。
スープ(カレー)が多かったので、ちょっと残しました。
室蘭のカレーはやはり味の大王 総本店がルーツだということが良くわかりました。
室蘭でもカレーが食べられて満足して店を出ました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「元祖カレーラーメン(750円)+ライス小(110円)+ウトナイエ」@味の大王 総本店の写真2009年10月31日(土)訪問。

ちょっと北海道に行きたくなって、丸駒温泉旅館に行った後に寄りました。
11:46入店、先客20名ほど。
さすがは北海道、駐車場も店舗も広いですね~
カウンターに座り、「元祖カレーラーメン(750円)」、「ライス小(110円)」、力を入れてますと書いてあった「ウトナイエビ餃子(360円)」を注文。

元祖カレーラーメンとあるので、カレーラーメンの元祖を調べてみました。
カレーラーメンの元祖は室蘭にあり、味の大王 室蘭本店という噂もありますが、こちらは味の大王 総本店の暖簾分け店で、味の大王 室蘭本店が室蘭にカレーラーメンを広めたみたいです。
ただ、味の大王 総本店は昭和40年創業で北海道では元祖っぽいですが、千葉の実之和食堂は昭和28年創業で当時からカレーラーメンがあったようです。
しかし、古いところは更にあり、三条カレーラーメンで最近盛り上がっている三条市の[shop:12670]は昭和初期創業でその頃からカレーラーメンがあったようです。
ただ、それぞれ独立してスタートしていますし、更に知られていない古い店があるかもしれませんね。

11:59ラーメン登場。
定番のカレーラーメンといった感じです。
スープは豚骨メインにしたスープ系カレーで、結構トロミがあります。
カレーは辛さは甘口~中辛といった感じで、そんなに辛くはないですが、熟成感があり、また多種のスパイスを使っているようで風味がいいですね~
塩気も丁度よく、このままライスにかけて食べられそうなカレーです。

麺は中太縮れ麺で、硬め注文なのでちょっと硬めの茹で加減。
札幌系の黄色い熟成感のある麺で、トロミのあるスープとの絡みは良好。

具にはチャーシュー、もやし、わかめ、ネギとシンプル。
チャーシューはバラロールでよくある味わい。
もやしはシャキシャキでした。

カレーはそんなに辛くないので、途中で卓上のスパイスを投入。
ピリっと味が引き締まりました。
最後はスープをライスにかけてカレーライスとして堪能。
こちらもいけました。

ついでに餃子を。
餃子は鉄板に載って登場。
熱々ですが、中の肉汁はそんなにないですね。
海老の風味のいい餃子でした。

12:06完飲完食。
カレーラーメンらしさ満点の美味しいものでした。
北海道の元祖を食べられて大満足でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件