なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

わた

レベル56
男性 - 東京都 (2006年生まれ)

①47都道府県は制覇したので、第二弾・カレーラーメンと二郎系で目指しています。⇒カレーは制覇!②百名城制覇しました。今二巡目しています(城郭検定2級)③47都道府県温泉制覇しましたので、オール5温泉制覇目指しています。九州八十八湯制覇(第709代泉人)2012年全県制覇、2013年全日制覇

平均点 80.272点
最終レビュー日 2019年11月14日
2,894 2,282 0 2,759
レビュー 店舗 スキ いいね

「ネギラーメン700円」@ラーメンショップ 北上店の写真※岩手631ラーショ

2019年10月21日(月)8:55入店、先客2名、後客4名。
2回目の訪問。
岩手に多い631ラーショ。

券売機でネギラーメン700円を購入。
夫婦で切り盛り。
ラーメン登場。
スープはほぼ乳化していない旨味強めの豚骨醤油。
背脂もなくあっさりしていますが、朝からには丁度いい感じです。
麺は◯あの箱に入っているが、おそらく地元の製麺所製。加水高めの中細縮れ麺であっさりスープに良く合いますね。麺量150g位。
具には和えネギ、チャーシュー、小松菜、海苔。
ネギは岩手には多いクタ系で和え方は定番。中には細切れチャーシューもたっぷり。他にスライスされたモモチャーシュー2枚入り。
ワカメはタッパーに入っていて入れ放題?

美味しかったです。
ライスも食べたかったが後を考えて我慢。
やっぱり椿の方がテンション上がるなぁ。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「塩ワンタン麺(750円)、半ライス(100円)」@中華そば 弥太郎の写真※正統派中華そば

【訪問時期】2015年7月11日(土)11:35入店、満席でしたがすぐに座れました、後客多数。
【動  機】白龍の後、中河らーめんこじろう 526 盛岡店に行ったが、とともに臨時休業(9月に両方行きましたが)。なので、考えてこちらへ。
【訪問回数】初訪
【注  文】塩ワンタン麺(750円)、半ライス(100円)。
【評  価】正統派な1杯ですね。
[ スープ ] 鶏ガラベースに煮干し等の魚介を合わせた鶏ガラ魚介系。表面には鶏油でコクと甘味をプラス。基本東北に多い魚介強めの出汁で塩分濃度は若干高めですが、あっさり美味しいスープです。
[ 麺  ] 自家製という細ストレート麺茹で加減良好。加水若干低めのもちプリな麺で風味も良く美味しいですね。スープとの絡みも良好です。麺量150g位でしょうか。
[ 具 材 ] チャーシュー、メンマ、ワンタン、ネギ。チャーシューはバラ系の巻いてあるやつ1枚、軟らかくホロホロ崩れていきます。ワンタンはしっかりめの皮に肉の具沢山なやつ4個。こちらも美味しいです。メンマも軟らかいタイプ。
【 総 評 】
美味しかったです。
魚介系のスープと麺のバランスがよく、最後まで飽きずに食べられました。
機会があったら醤油も食べてみたいですね。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らーめん豚増し(800円)ニンニク野菜ちょい多め脂多め」@らーめんこじろう 526 盛岡店の写真※526系制覇!

【訪問時期】2015年9月5日(土)11:57入店、先客2名、後客5名。
【動  機】中河の後、目的のひとつのこちらへ。
【訪問回数】初訪
【注  文】醤油らーめん豚増し(800円)ニンニク野菜ちょい多め脂多め
【評  価】麺はいくらでも増せるみたいです。すり鉢2個完備してありました。今回は朝から4杯目だったので、普通で。
[ スープ ] 微乳化豚骨醤油。カエシも控えめですね。脂増しで油も増えていたのでカラメもやっといた方が良かった感じです。ニンニクは刻みでソコソコパンチが出ておりました。
[ 麺  ] オーション系の太平ストレート、茹で加減良好。二郎より若干細めの526標準的な太さ。ワシワシした食感でらしさは十分。普通で300g位あり、ちょっと後半きつかったです。
[ 具 材 ] ちょっと脂身多めのバラ肉チャーシュー5枚ほど。脂身がきつかったです。野菜はちょい増しではこの程度の山。ちょっと茹で過多な感じでしたが、食べやすかったですね。
【 総 評 】
ちょっと朝から4杯目でこれだったので、後半きつかったです。でもなんとか完食。脂増しの時はカラメ注文鉄則のようです。
麺は申告すればいくらでも増やせそうなので麺マシの達人のプリティさん、いかがですか?
※これで再度526系制覇です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
90

「中華そば(600円)」@中河の写真※岩手の名店

【訪問時期】2015年9月5日(土)11:16入店、ほぼ満席で丁度空いた席に座りました。後客多数で待ちが出来ていました。
【動  機】2009年に訪問して再訪の機会を伺っていましたが、早じまいと臨休にやられて3連敗中でした。ようやくやっていました。
【訪問回数】2回目
【注  文】中華そば(600円)。前来た時は500円でしたが、時代の流れと増税のせいでしょうか。
メニューは本当にこれのみ。広島の陽気も中華そばのみですが、硬めとかニンニクありとかできます。が、こちらは硬めもチャーシュー増しもありません。
【評  価】写真撮影は禁止ですのでそのまま食べていきます。
[ スープ ] 鶏ベースに魚介を効かせたあっさりスープ。油系はほとんどないですね。鶏は下支え程度で魚介の旨味がたっぷりと出ていますね。塩梅もちょうどよく、あっさり中華そばの見本のようなものです。
[ 麺  ] 細めで軽く縮れた麺、ちょっと硬めな茹で加減で丁度いい感じです。パキパキ感もあり卵麺のような感じ。スープとのバランスも相性も良好で美味しいですね。麺量は大盛がない分多めなのか170~180g程度な印象。
[ 具 材 ] チャーシュー、メンマ、海苔、ネギ。チャーシューはモモ肉のものが2枚。単体ではパサっとしているが、スープとの馴染みはいい。メンマは中程度の太さのものが5本、こちらも中華そばの具としてのバランスがいいですね。ネギはこのスープとの相性がいいですね、ネギ増しがあれば増したい位でした。
【 総 評 】
あっさり中華そばの代表みたいな感じでとっても美味しかったです。連食でなければもう1杯食べたいところでした。
※写真撮影禁止がないならもっと点数があがるかな?
※写真は昔撮ったやつです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン(650円),ライス(100円)」@ラーメンショップ 石鳥谷店の写真※岩手でもラーショ

【訪問時期】2015年9月5日(土)10:12入店、先客3名。
【動  機】折角ここまで来たので何処かでラーショでもと思いこちらへ。
【訪問回数】初訪
【注  文】ネギラーメン(650円)(券売機)、ライス(100円)(現金)
【評  価】女性店主?一人で黙々と作業をこなしています。
[ スープ ] ライトな豚骨醤油。カエシも魔法の粉度も弱め、もう少しパンチが欲しいかな~。背脂も少々でコッテリ度も弱め。早々とおろしニンニクとラージャンのお世話に。
[ 麺  ] (有)一山製麺の中細縮れ麺、軟らかめな茹で加減。ちょっと軟らか過ぎですね。加水ちょっと高めの麺で、まあ、スープとの相性は悪くはないかな~。麺量もラーショ一般より少なめな130gな感じ。
[ 具 材 ] ネギは白髪風ネギでチャーシューとも和えられています。胡麻油と秘伝のタレで和えられていますが、魔法度はちょっと弱め。チャーシューは他にロース系1枚、ちょっと出がらしっぽい感じのパサパサなチャーシュー、ネギ2枚。
【 総 評 】
ちょっとライトな感じで、もう少しパンチがあればという印象でした。
麺ももう少し硬めな茹で加減だと良かったんですが。
まあ、ラーショにもいろいろあるということで。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン麺(860円)」@手打中華 とら屋の写真※とら系最北端

【訪問時期】2015年5月7日(木)12:30入店、先客12名、後客4名。
【動  機】昨日青森の不老ふ死温泉に泊まったので、次の移動先に向かう前に昼食。
【訪問回数】2回目
【注  文】ワンタン麺(860円)
【評  価】とら系らしいビジュアルですね。
[ スープ ] 鶏豚の動物系ベースに鶏油を効かせたとら系の味。油の効果で甘味も出ています。醤油は生醤油っぽいとら的な味わいで美味ですね~
[ 麺  ] お馴染みの手打ちっぽい中太平打ちビロビロ麺、茹で加減良好。とら系でもやわやわに茹でるところもあるが、こちらは食感もしっかり残しており手打ち麺を楽しめます。ビロビロがスープを拾って美味しいですね。手打ちなので加水高めでつるもちな感じも楽しめます。麺量は180gだそう。
[ 具 材 ] 焼豚+煮込を行ったチャーシュー3枚、メンマ、ほうれん草、なると、味玉、そしてワンタン。チャーシューは焼豚っぽい調理をえているので、香りがいいです。モモ肉なのでちょいパサめですが、美味しいです。味玉もいい半熟加減。ワンタンは5個、ツルっとした食感と喉ごしがいいですね。
【 総 評 】
やっぱり美味しいですね。とら系らしさ満載で美味しかったです。
ただ、この場所柄だともうちょっと安くてもいいかなって気はします。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
90

「中華そば大盛(450円)」@竹駒の写真※本物のレトロ
(今さらレビュー)

【訪問時期】2008年11月3日(月)11:45入店、先客7名。おばあさん一人で切り盛り。もちろん初訪です。
【動  機】マンニラの後、藤三旅館で温泉に入る前にもう一杯ってことでこちらに。
【注  文】中華そば大盛(450円)。ノーマルだと350円という幸楽苑もビックリの価格設定。
 
12:06ラーメン登場。
【 スープ 】豚骨メインの動物系に煮干しを効かせた味わい。臭みを取るためか生姜やニンニクの風味が微妙に香ります。カエシは弱めですが過不足感はなく、全体的なまとまりは申し分ありません。これが老舗のなせる技なんでしょうか?非常に美味しいスープです。

【  麺  】中細縮れ麺。ちょっと硬めの茹で加減。スープと絡みも申し分なし。薪で茹でている効果からか食べ進めてもだれる感じはなくいつまでもシャキっとしたままでした。

【 具材 】モモチャーシュー2枚、脂分は少なめで味も薄めですが、スープを壊さないようにしているんじゃないかと思えてくる。メンマも薄味で薄くスライスしてあり、適度な食感を楽しめます。ネギは多め、海苔1枚。

【 総評 】白胡椒が似合う1杯。味はもちろんだが、雰囲気も最高に素晴らしいものでした。薪の焼ける感じ、パキパキとした音、時間が止まったような空間で食べられる最高の一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「満州ニララーメン(醤油)(530円)、半ライス(100円)」@さかえや本店の写真※プチご当地ラーメン
(今さらレビュー)

【訪問時期】2008年11月3日(月)11:05入店、ほぼ満席。ドーム状の変わった建物で、中には何故か鉄道模型が動いています。もちろん初訪です。
【動  機】夏油温泉に寄った後、近場で捜してこちらに決めた。
【注  文】満州ニララーメン(醤油)(530円)、半ライス(100円)。店員さんは「マンニラ醤油~」とのたまっていました。
 
11:15ラーメン登場。
【 スープ 】鶏ガラベースっぽいが出汁感が弱くよくわかりません。ラー油の辛さ先行の味に生姜やニンニクがほどほどに効いた感じです。辛さ的には中本の蒙古タンメンよりちょいと辛い位。全体的なバランスはいい感じです。

【  麺  】中細縮れ麺。茹で加減はちょっと硬めで、バキバキした感じもあります。スープを啜る度ボソボソ感が味わえます。ちょっとインスタントラーメンみたいな感じです。
でもスープとのバランスは悪くないです。

【 具材 】ブタコマ少々とたっぷりのニラ、ゴマ少々、ニンニクの芽?に紅生姜。
ラー油というより紅生姜の色がスープをグロテスクな色にしています。グロテスクなマンニラって?

【 総評 】出るときには10人以上の待ちが出来ていました。人気ぶりは凄いがその要因が何処にあるかよく判りませんでした。まあ、ニラ入りの辛いのが食べたくなったらマンニラよりニャンニャンかな~

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
92

「チャーシュー麺」@たらふくの写真節目の採点になるので、食べた数件飛ばしてこちらを。

2007年9月22日(土)訪問。
いやあ〜、岩手は広い。午前中数件寄って午後盛岡の名店中河に向かいましたが、時間に間に合わず終了。なので、以前から気になっていたこちらを目指しました。
盛岡から宮古まで約100km。もちろん高速道路もなく下道をひたすら走りました。
盛岡から約二時間、なんとか着きました。
しかし、宮古って街は漁村のような所かと思っていましたが、以外と開けています。
付近は宮古の中心街のようでホテルなどのある表通りから路地を一本入った所に店はありました。蕎麦屋のような店構えです。一応暖簾には中華そばと書いてあります。店の前の駐車場に車を停めて店へ。
19:07入店。先客5名、後客1名。
空いているテーブル席へ案内されました。
中華そばって逝きたいところですが、前のブラックトマトさんのレビューにあったチャーシュー麺が気になっていたので、
「あのう、チャーシュー麺ってありますか」女将さん、「じゃあ、100円増しで」ってことで裏メニューのチャーシュー麺(580円)を注文しました。通常の中華そばは480円です。

店内はテーブルのみ4つでカウンターはありません。間がかなり空いており、ガランとした印象です。店の奥には客待ち用の椅子が5個ほど並んでいます。
厨房では若御主人ともう一方、接客はその奥さんだと思われる女将さんが行っていました。

19:16ラーメンが来ました。
小さめの丼に麺、スープが並々と入っています。
まず、スープから。レンゲがないのでそのまま丼に喰らいつきます。煮干し香る上品な魚介系のスープです。煮干しのエグミなどはきちんと処理されており、優しい味わいで大変美味しいです。
ここに来る前にスーパー煮干しのスープを飲んでいたのと、こちらのあまりにも淡麗な味わいに最初は昆布系のスープか?と思ったほど。もちろんコクはしっかりと出ています。

麺は中細・ちょっと平べったいボソボソした縮れ麺。一瞬チキンラーメンの麺ぽさを感じました。
こちらの麺は自家製麺のようです。スープの持ち上げはかなり良く、あっさりコクのあるスープにマッチしています。まあ、名前の「たらふく」ほどたらふくは入っていませんが、なかなかいい味わいです。

具にはチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。
チャーシューは小ぶりながら味のしっかり染みたモモ肉のモノ8枚。ジューシーな味わいです。メンマはコリコリ。海苔は三角。

麺もスープもあっという間に食べきってしまいました。
19:22完飲完食。
体に染みいる優しい味わいのスープがいいですね。ラーメンキング2世さんがプッシュするのもわかる気がします。
本当、もう一杯逝きたい気分です。
宮古は遠いですが、また来たいですね!

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件