なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

長野せーは

男性 - 長野県

    都合により、暫くの間RDBをお休みします<(_ _)>      

平均点 72.133点
最終レビュー日 2012年10月28日
800 654 2 1,366
レビュー 店舗 スキ いいね

「さくらつけ麺+ランチセット=570円」@いんすたんとラーメン すみれの写真中々珍しいお店を見つけました。「いんすたんとラーメン・すみれ」さんです。
一軒家を改造した様な佇まいで、人ん家に上がり込むような。
ちょっと狭いですがアットホームで落ち着く雰囲気、そして落ち着いている犬が居ますw

こちらはその名の通り、インスタントラーメンの専門店で、
棚にはインスタントラーメンがびっしりと並んでいます。
御主人の話によるとその種類なんと190種類以上。全国から取り寄せているらしく、
北海道のラーメンから沖縄のラーメンまで、ほとんどが見たこともないようなものばかり。
つけ麺も数種類ありますね。あまりに種類が多過ぎて何を食べようかかなり迷います。

「なんか珍しくて美味しいやつありますか?」と御主人に聞くと、最近入ったのが沖縄のラーメン。
あとは北海道のラーメンも人気らしいです。パッケージを見ても、正直あまりピ~ンと来なかったので、またしばし悩み、
さんざん迷った結果、何となく表題のつけ麺を抜き取りました。

ちなみに、ラーメンはお持ち帰りとお食事のどちらかで、お食事の場合は値段が定価の倍くらいに跳ね上がります。
折角なので、食べますけど。あと、それに+120円でライス・ギョーザ・漬物・コーヒーが付く「ランチセット」に出来るので、
それでお願いしました。

それから約10分程で着丼です。見るからにらしい物。だけどつけ汁は熱々。土鍋を小さくしたような容器に入っており、
これはつけ汁が冷めにくくなるようにという、御主人のこだわりらしいです。では、いただきます。

まず麺。至って細く縮れていて、乾麺・フライ麺のそれっぽいですね。まさにインスタント。水でシメられていますが、
更なる弾力や更なるコシの強さは分からないw いや、冷たくなっただけみたいな印象を自分は持ちました。
味わい自体は許容範囲ですが、柔目の茹で加減で麺が切れやすいのが難点ですね。

続いてつけ汁。さっぱりとしたシャバ醤油です。酸味、辛味などは特になく、シンプルで食べやすい味わい。
出来上がった収まり感を表してます。つけだれというより、ラーメンのスープを別々に盛ったという感じかな。

具材は基本なし。だけどお店でお食事だと付いてくるようで、チャーシュー、メンマ、ねぎなどが盛られてやってきました。
チャーシューは自家製で国産豚を使用しているとの事です。ネギは明らかな手切り。メンマは正体不明。
あと餃子。失礼ながらこのお店の形態を考えると、餃子は冷凍っぽい。実際の見た目も味わいをそれらしいかも。
間違ってたら御免なさい<(_ _)>

食べ終えて。究極の可も無く不可もなく、ある意味完成されているような実感・・・という表現でいいのかな(笑) 
普通のラーメンの基準だと結構厳しいものがありますが、まあ悪くは・・・うん、悪くはないですよね。
ヘタな物よりかは帰ってよいかもしれません。
実際インスタントですからね~。期待はしておりませんでしたが、その通りのままの代物でしたw
なのでちょっと珍しそうなのを狙ったつもりでしたが、まったく普通でしたよ^^; 「さくら」の意味も謎のままだしw
でもインスタントラーメンを食べたのはかな~り久しぶりでしたね。なんか懐かしい~。
ていうか、インスタントのレビューはRDBでありなのかなあ?(笑)

う~ん、固定概念があるので点数のつけ方が難しいですが、今回は普通の60点とします。

終わり^^

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「焼肉らうめん780円+半ライス50円+味玉(クーポン)」@けん軒の写真24時間営業のこのお店。
訪れたのは平日夜遅めだったのですが、お客さんで賑わってました。

ラーメンは、こってりとあっさり醤油、味噌、塩、つけ麺が有ります。
選んだ表題はあっさり醤油のカテゴリー。
らーめんを注文すると、半ライスが安くなるので一緒に頼みました。
約7分程で着丼。

ラーメンは中々に具沢山ですね。
焼肉というのは、肉と野菜を一緒に炒めてタレで味付けされた物で、それが乗ってます。他はコーン、刻みネギ、刻み海苔、クーポン味玉。
味玉はデフォで半分乗っているんですかね? 結果、1.5個になりました(笑) では、いただきます。

スープは清湯系醤油で基本はあっさり。ですが、動物系のそれを丁寧に炊き出したと思われるコクが、それなりに及んでます。
コレに、上の具の焼肉のタレの味わい・炒め油が合わさり、甘味とコッテリさがネガさなく加わっている印象です。
少し濃いめに感じられる味わいで、甘じょっぱさが前に出て、それでいて旨味のある味わいに仕上がっていて美味いです。
言わばご飯に合う味付け具合ですね。

麺は低加水の細麺ストレート。プツッ、パツッとした歯切れの良さでコシも中々。というか、このコシの表われ方は特筆。
またアブラが絡み、濃い甘じょっぱさの味わいが、麺と共にそれなりに乗ってきます。相性は悪くはないですね。
でもこういう炒め乗っかり系で、合わせてあるのが低加水は珍しいかも。
自分の知る限り、定番だと黄色がかった細麺縮れが多いものですから。なので新鮮ではあったかな。

焼肉炒め。その野菜類は、人参、玉葱、ニラ。しっかりと炒めてあるので、中まで味が染みわたってます。イイ意味で甘しょっぱさの隙なし。
量もそれなりに入っているので、食べ応えもまずまずかな。肉はブタバラ。コレは正直あまり印象には残らなかったですね^^;
味玉は程よい味付けで、甘くてトロリ。コーンの甘味は嫌みがなかったです。刻み海苔の風味も薬味的に合います。
一応具材の全ては、きちんと収まってました。

総じては、肉の印象が薄い焼肉炒めが乗った、清湯醤油ラーメン。元のラーも炒めも、割かしなしっかりさがあって中々でした。
ある意味ご飯が進むラーメンでしたね。焼肉のタレの甘じょっぱさが印象的な一杯でしたよ。全体的なバランスも最後までよく。
一つ思ったのは、この焼肉らうめんは「こってり」でも結構合いそうだなあと。いやむしろそっちの方がインパクト出るかも。

因みに、店名がついた「けん軒らーめん」というのは豚とピーマンの細切りの炒めたチンジャオロース的なのが乗ってるらしい。
あと、「ちびっこめん」というお子様ラーメンが驚愕の100円。というメニューが他にもあった構成のお店なんです。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「信州・匠の中華そば700円+匠大社盛り300円」@第2回信州ラーメン合戦 諏訪・匠の陣の写真ホントは訪れる予定ではなかったのですが、偶々諏訪に居たので訪れました。
10月26日訪問。時間は夕方です。

オリジナルのラーメンを出していたのは気むずかし家さんだけだったので、
こちらのお店の表題に落ち着きました。イベントなのでトッピングも豪華にw
半端な時間帯だったのかお客さんはあまり居なく、閑散としてました。

スープは鶏の丸みと魚介の旨さが効いたジンワリ系。
両者、程よく合わさった確かな旨さの効き及びが舌に響き、
その伝わってくる和風出汁加減の実感さがなんとも美味い。良い意味でシンプルな様にも一見感じますが、
食べ進めるとその奥の深さが分かる広がりを見せますよ。それで多目に浮いていたと感じた鶏油の相乗効果もバツグンで、
コクがあらわになってる出来上がり。この浮き油やカエシの程良い主張を含めて、全てにおいてバランスが取れていましたね。

麺は中細ストレート。全粒粉が練り込んであり、その風味は拘りを感じさせるものです。
結構しなやかな麺で、シコさが上手なんです。加水は高目かなあ。そしてダレないような印象。

具材はそれこそ沢山。まずチャーシューは鶏と豚の二種類が三枚づつ。豚は柔らかいと噛めるが共存した逸品。
燻製のような薫り高い味わいがあります。鶏はしっとり。香辛料で仕上げられていて締まってます。
海苔はデカい。これはインパクトを目論んだ結果がこの大きさになったと思われ。
三つ葉が入ってますが、これは和風感を助長しますね。九条ネギの食感自体は見事。
味玉は1.5個。メンマ・ナルト。チコリに、紫のかいわれ?。あとは飾り的な食える花?。
どうせなら具沢山の複雑化にするのではなく、少なくてもド~ンとインパクトがある物が乗ってるのが自分は好きですね。
このイベントでゆいが 総本店さんが唐揚げを売っていたので、それを買って乗せれば良かったかなw

まあ、イベントとしてのインパクトさは大分大人しかったラーメンですが、味わいは結構深い物があったと思います。
でもこのイベントに出展されてるラーメンは、各お店でいつでも食べれるものばかりなので、ちょっと足が向きづらい部分はありましたね。

御馳走様でした。

※匠大社盛りとは、とろとろ味玉、ネギ増し、でかのり、チャーシュー、全て入って300円と、表記。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油豆乳つけ麺 780円」@麺屋 風月の写真覆面のお店にフラれたので、急遽こちらに。
なんか久しぶりです。店主さんがお一人で頑張っておられます。
しっかし、お目当てのお店にフラれると、どうしようもなく悩みますw

さて、スープはシャバってます。鶏ガラスープと魚粉と豆乳で仕上げたとの表記。
思ったほどの豆乳は押してきませんね。というか然程位。あくまで縁の下という感じで、
そのミルキー的な控えめなマイルドさがコクとしてつけ汁を確かに支えてます。
カエシの醤油感は、程良い角加減が汁のらしさを語っている効き方をしている訳でして。
塩梅的には物足りなさはないですね。むしろ、この角さが豆乳の深さと上手く織りなっているよう。
また魚粉によるサポートもバッチリで、ハッキリとした魚介の主張が足りない部分をカバーしてるかのような旨さが出来上がってます。
それでいて意外とコッテリかな。だけど、後味にクドさはないですよ。全体を通してみてもバランスはイイですね。

でもやっぱり一番の特徴は麺ですね。自家製麺で石臼挽きだとか。全粒粉と言われてるそれは、中細縮れでエッジの立っている代物。
ザラボソな舌触りで小麦の甘さが兎に角に表れており、それなりのモチさとコシの弾力さが混同するかなりの秀逸ぶりな麺なんです。
実際香る風味があって中々ウマしなんですよ。かなりの個性を大分発揮してる物じゃないかと思います。
絡み的にはちょっとイマイチですかね。見た目はお蕎麦っぽいですが、蕎麦粉は入ってないと書いてありました。

具材は写真の全て。つけ汁自体にはネギのみが投入されてます。メンマは、見た目はそのままな細い筍。
その甘さ的が押すジャクシャク感はとっても美味い。よい強度があるというか、すごくしなやかに曲がります。

そしてスープ割りはせずに、そのまま飲み干しました。

案外しっかりと纏まったつけ麺でしたよ。豆乳のクセが邪魔をするかなあと最初思ってましたが、
蓋をあけると見事と言える合わさり方でした。まあ、麺が印象的でしたね~。最後に、あのマスクにはいつの日かリベンジします(笑)

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「チャーシューメン800円+ワンタン150円」@支那家 味しろの写真ちょっと古いですが、未投稿レビュが埋もれてたのでアップします。8月の頭頃の実食。

今回は「味しろ」さん。気づけば数年ぶりの訪店です。
平日の夕方5時半頃の訪店で先客2名。店内はカウンター席とテーブル席で、
わりと広々とした感じ。それでいて結構キレイですね。
御夫婦で営んでいるみたいです。

さて、メニューは主にラーメン中心。ラーメンは醤油味または味噌味。
夏季限定で冷たいスープの塩ラーメンもありました。今回注文したのは表題のコレ。
メニューにはトッピングという表記はありませんでしたが、ワンタンのトッピングをお願いしてみた所、潔くやって頂きました。
ワガママに答えてくれて感謝です^^

それから5分程で着丼。おほ~、チャーシューメン+ワンタンで、具材はまさにギッシリです。美味しそうですね~。
では、いただきます。

スープはスッキリとした味わいで、いい意味のベタさ加減。動物系のコクがフンワリと効き、
魚介系のその旨さが優しくほんのりとサポートしてます。
カエシは角が立ってなく、口当たりが良い丸い印象。しょっぱさよりも甘さ的要素が結構押してくる感じですね。
味に物足りなさはなく、滋味さがまずまずにあるのでレンゲの進みがグイグイと。

麺は中細くらいの縮れ麺で結構柔らかめの茹で加減です。そしてツルッとした啜り心地。モチ感の中庸さを含め、
親しみの持てる麺です。しっくりとした相性の良さですよ。

具材はチャーシュー5枚、メンマ、ホウレン草、白髪ネギ、そしてトッピングしたワンタン5ヶです。
チャーシューはホロホロでかなり柔らかいですね。しっかりとした味付けですが、わりと甘目さが立つので、
そんなにしょっぱくはありません。食べやすさのある美味しいチャーシューです。
ワンタン。皮はチュルンとした舌触りでワンタンらしさがモロありますね。中の餡は控えめの味付けで、スープを壊しません。
というか、やっぱりな程に合ってます。これも結構グッドですね~。言わずと知れた馴染み感でした。
あと、白髪ネギも良い感じにさっぱり感を演出し、他の具材もそれなりのお勤めさ。

総じては、昔懐かしい感じであっさりと優しい味わい・・・っていうその言葉がピタリと当てはまるような醤油ラーメンでした。
それでいて意外に奥深さがあり、ふとした時にまた食べたくなるような一杯ですね。

御馳走様でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「【限定】 深化~究極の中華そば~ 1000円」@麒麟児の写真ミッションを遂行すべく、この日の為にスケジュールを調整して臨みました。
11時半開店。なのでタカをくくって10時45分店着。すると行列が既に30人以上います・・・。

さて、10月10日。この日は麒麟児さんの一大イベントと称し、
この日のみの3つのラーメンを提供しておられます。

「深化~究極の中華そば~(40食限定)」 「ヤバ鶏~超高濃度鶏肉白湯~(5食限定)」
「濃厚ホタテそば~濃厚鶏白湯と濃厚ホタテ~(10食限定)」

いずれも大台に突入してるものばかりなのですが、なんでも原価率が100%なんだそうです。
それに一人で二丁・三丁食いがアリとの事でしたので、お店に着いた時は内心ひやひやでした(笑)

丼が到着したのは、並んでから約二時間弱。

早速スープを一口。ウマ~~。
最初のスープは透き通った清湯で、鶏のふくよかなふっくらさがコクとして凝縮され、
うっ!、なにこれ!?と思う程のかなりの美味しさの効き及びを見せてます。
得も言われぬウマさが広がりを見せ、じわっと、じんわりと、確かなインパクトさで、着実に伝わってくるのが舌に覚えますよ。
また、昆布が底に一枚ペロンと入っているので、その旨味成分もあるなんともなウマさが構築されてる具合。
さらに浮き油のコクも手伝って、隙なしの美味しさが炸裂しています。あっさりとスッキリいけるので、飲む手がやまない状態。
カエシの塩梅も上手く丁度イイので。

そして丼の底、昆布の下にホタテをペーストにした様な固形物が沈んでおります。
後半、これを溶かすと白湯に様変わりし、変化します。そのホタテと思われる旨さがフワッとし、
スープの厚を幅広げて一杯で二度楽しめる装いを如何なく発揮しておりますよ。しかも上手くて美味しくて中々の驚き。

麺は加水低めと思う、ややウェーブのストレート。ちょっと柔目な茹で加減ですが、そのしなやかさがスープをモロに受け止めてます。
プツりと切れる歯切れに、風味も香る、相性の良い麺です。

具はチャーシュー、ネギ、味玉半、揚げゴボウ片、そして「松茸」~~~!!。特筆は何と言ってもチャーシューと松茸。
チャーシューは低温調理。しっとりな柔らかさで適度な噛み応え。噛むと肉の味が驚く程じゅわ~~。
とてもジューシューで、アブラが乗ってるのが分かる逸品。肉の味の味わいがあるチャーシューでウマ~。
厚さもそれなりにあるので、食べ応えがあります。あまりの超秀逸なウマいに追加したいw

松茸は、フライパンでコロコロと転がしてました。その香りの強さが全体の味を壊すんじゃないかとちょっと不安げでしたが、
実際はそれ程でもなく、むしろ程イイ具合にその香りの旨さがスープにとってよい影響を及ぼしている印象。
その松茸風味が、全体を支配することなく、またネガくなくにスープの美味しさをある程度膨らましている感じです。
いや、あるからこその全体のウマさです。松茸自体の味わいは、もはや説明いらないでしょう。その香りは言わずと知れた一級品。
やっぱり流石の代物だなあ~と。

ネギはやや大きめに斜めカットされており、その風味の立ち方がなんたる合わさりようです。大きめな切り口が功を奏し、活かさてます。
ゴボウの揚げた風味もよいアクセント。若干でありながらも、欠かす事の出来ない程の存在感。底を上げてますよ。
味玉はトロリ仕立て。 

総じては、鶏の深さ・旨さが存分で、しかも二層式と言う驚きを兼ね備えていた一杯。あっさりで、ある意味濃厚なラーメンでしたね。
単純でありながら単純ではない、その名の通りの深いがあって、尚且つちゃんとした完成の仕上がりでした。
それでいて原価も掛かっているだけあって、それなりの納得さがありましたよ。松茸も入っていましたしね。
大台でも、気にならない程の美味しさがあった実感です。いやあ、何日も震えて待った甲斐がありましたよ。
かなりの、いやビックリする位のレベルの高さで、大袈裟に言えば感動に近い感覚すら覚えました。
実際、醤油ラーメンで90点を超える物に出会うのはこの先滅多にないと思ってましたが、
このラーメンを食べてみて見事にやられましたよ。きっと醤油がたまらなく好きなら、限りなく100点にする所です。
驚きと美味さの狭間で、あっという間に完食してしまいました。

「ウマかった!!」

でも、こういう普段食べれないようなラーメンを提供する催しをやって頂くと、ラーメンを食べる者にとっては楽しみが増えます。
某雑誌の方、他の店主さん、どうですか?

それにしても、一杯1000円のラーメンを食べに並ぶなんて、皆さんラーメンがお好きなんですね~。まあ人の事言えませんがww
今回は一杯だけしか頂けませんでしたが、でも正直二丁食いしたかったな~。なんでも朝9時頃から並んでた人が居たとか。しかも三人も。
う~ん、負けたあ。完全に(笑)

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 4件

「燕黒らあめん680円+岩のり100円+玉ネギ100円」@煮干しらあめん 燕黒の写真10/5(金)午後、初訪問。
燕三条系インスパイアのこのお店。
なんか最近、らあめん 寸八 総本店さんグループから独立したらしいですね。

最初目に付くのは、トッピングした岩のり。バッサリ盛られており、見栄えがとっても素敵~w
他の具材は、その岩のりの下に隠れるようにあります。チャーシュー2枚、メンマ、刻み玉葱。
この岩のりと玉葱微塵はデフォでも入ってる模様。そして背脂がチャッチャと積もってます。
因みに、背脂の量を選べるかはメニューに書いてありません。
ですがお願いすれば増減してくれるとは思います。(根拠なしw)

さて、スープは基本割りとあっさり。いや、あっさりか。出汁は背ガラとか~と仰っており、
そのコクが「だけど的」に及んでいて旨さはあります。そこに煮干しが効いている訳なんですが、その効きは案外ライトでじんわりと。
また背脂。それなりにドサですが、ネガくなくてですね、程良いコッテリ感とコクをよく足してます。
舌に残るアブラ感と醤油っ気が上手く合わさってますよ。なものですから、カエシの主張はぼやけなく、丁度イイ塩梅です。

麺は乱切りと言う。基本は太いのですが、手打ちのようなマチマチさがあります。何より秀逸だなあと感じたのはモチ加減。
これは超モチモチでして、噛んでて楽しさみたいのがあります。その食感や弾力の上手さが美味い。
それに小麦のよい風味をモグモグと味わますよ。そしてツルッとなので、喉越しの良さもありますね~。
オマケに捻じれているので、スープの絡み方もそれなり。増した岩のりが絡む絡む。

具のチャーシューは小ぶりなものが二枚。バラですね。味付けはしっかりで、美味さはまずまず。
刻み玉葱は辛くなく、もっともな風味が上手く合わさってますよ。増したものですから、最後までシャクを楽しめます。加えて余りましたw
さあ岩のり。この磯風味は背脂のラーメンによく合います。その相性は秀逸ですよ。
それでいてある程度経つと、スープの醤油っ気を吸って美味い。メンマはコリッと単純です。

総じては、煮干しが及んだ背脂醤油ラーメン。下地のあっさりと背脂のこってりが程よく共存し、麺の力強さが印象に残った一杯です。
煮干しの効きに関しては、それほどのパンチはなかったように思えます。煮干しのそれはそれとなく無難に収まってました。
まあ、もっと煮干しの押しがあれば、尚面白くなると個人的には思いましたね。

でもいつか本場に行って、燕三条を心おきなく頂いてみたいな~^^

御馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「特煮干750円+きまのせ150円」@きまはち商店の写真10/2(火) 夕方、初訪問。

こちらは豚骨が名高いお店で、その2号店です。店内はらしさが匂ってます。

メニュー構成が本店と基本似たような仕組みだったので、
足が自ずと遠のいていましたが、なにやら独自があるようなので訪れました。
なので、今回頼んだのが表題なんです。それにしても、お店は結構賑わっておりますね。
因みに、通し営業が出来なくなったとの事。

スープはサラリとしてますが、豚骨と思う動物の旨さがグッと効き及んでいるようなコクがあります。
そしてそれを凌駕するかの様に、煮干しのパンチがブワッと暴れ、舌に刺さり得る素直さを発揮。
ネガ味のないエグさが「ニボ」の底力や旨味をあらわにし、滋味深さを全開に表現してます。
まさに「ど」と言える、確かなインパクト。これは結構レベルの高いと感じられるニボです。

それでいてそれなりのコッテリなアブラ浮き。アブラの大事さを実感できる、合わさりウマさがあります。

塩分濃度はかなり高くてしょっぱい位。言わば醤油感のキレが丸ごと鋭く、かなりカドが立つような仕上がりでしてですね、
ある意味醤油を楽しめるような、そんな感覚なんです。記憶に残るような、飲んでてクワ~っとなった濃さ。
煮干しの塩分も手伝ったのか、かなりハッキリなクッキリさの輪郭。まあ、このカエシの主張は確固たる暴れん坊ですよ。

麺は中太位で、黄色がかって見えるよじれ。このよじれさがスープをそれなりに絡ませます。食感的にはモチっとしており、
またゴワリめなコシがある茹で加減が、なんとも食べ応えがありますよ。風味もよく、スープの濃さに対して真っ向勝負してます。

トッピングの「きまのせ」とは、チャーシュー2枚、味玉、海苔1枚。デフォは、チャーシュー1枚、メンマ、海苔3枚、ネギと思われます。
デフォチャーはバラロール。デカくて厚みがあり、ほろりと柔らかでトロ甘な旨さ。なんともバラの味わいが表れてます。
トッピングチャー共々美味~。メンマの太さは中庸で、そのゴキュッとしたコリ感が箸休め。
ネギの風味は相性流石。このラーメンには、もっとネギクサいのがあっても問題ないと言えるそれ。
味玉はトロリで、しっかりな甘さだったと思う。

総じては、煮干しの効いたサラな豚骨醤油という印象のラーメン。煮干しの風味がかなりガッツリ、
下地も麺もそれ相応な頑張りがあります。実直に美味いと言える一杯でした。
ただ、しょっぱい。このしょっぱさは、自分には結構手ごわかったですね^^;
煮干しのインパクトもさることながら、この醤油っ気が一番実感できたので、カテゴリーは「醤油」に。

あと、メニューには「まぜそば」がありました。きまはちさんの「まぜそば」ってどんなだろう。また狙いたいと思いますw

御馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「【秋限定】 二代目秋刀魚中華蕎麦750円+味玉(クーポン)」@ゆいが 総本店の写真夜です。結構久しぶりとなる総本店。秋限定のメニューがあったのでお願いです。

約8分程で着丼。
丼ぶりからは、魚介の香りが強く香ってきますね~。ブワッと。では、いただきます。

スープは少し濁った装いでサラッとした粘度。だけど深い味わいがあり、
魚介の滋味さがまんべんなく活かされてます。
印象はまさにそれで、秋刀魚出汁による風味や香りがネガさなく凄いガツンさで広がります。
まあ魚の旨さが前面です。

それでいて苦味やエグミなんかはなく、意外とあっさり上手に纏まっている仕組みなので、言わばどことなく気品さがあるスープでした。
それに、カエシの塩梅も丁度よい程度でしょっぱさはありません。

麺は黄色がかった細い縮れ麺。モソッ?とした食感で、コシも中々に表現。縮れの良さでスープの持ち上げもまずまず。
しかし、スープの押しに対して一応受け止めてはいますが、負けている様な印象でした。若干ちょっと弱いかな~。

具材はチャーシュー2枚、メンマ、山菜、大根おろし、そしてクーポンの味玉です。
チャーシューは表面を炙ってあり、程良い香ばしさと柔らかさで中々美味い。ゆいがさんらしい肉です。
メンマはちょっと太めのサイズでコリコリ。こちらもらしい。味玉は中までタレの味が染みわたる仕上がりで、甘くてトロリン。
山菜と大根おろしは意外とよく合います。さっぱりとした感じがあらわに出ていました。特に大根おろしは、
魚の素直さを和らげるに効果的な存在感でした。これ、見た目はもみじおろしっぽいですね。辛味はないので、この赤いの人参なのかな?

総じては、秋刀魚の魚介さがかなりガツンと押してくる中華蕎麦でした。旨味やコクが確かに効き及び、
一方で意外にもあっさりとした一杯でしたね~。大根おろしが何気にさっぱり感を助長してました。秋刀魚スープと大根おろし、
案外相性は良かったですね。それに、秋刀魚や山菜で秋の限定と言うに及ぶ一杯になっていたと思います。
それなりにインパクトがある具合に出来上がってましたよ。

だけどこの秋刀魚出汁は、秋刀魚と言われなきゃ自分には分からなかったです(笑)

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 5件

「中華そば 700円」@ふくや 妻科店の写真まさに中華そば。イメージの中の昔ながらで、実際も昔ながら・・・と思う。

鶏ガラメインの鶏豚動物出汁と思われ、後味スッキリしながらも、
またあっさりしながらも旨さがあるんです。
油浮きもピッタリなさじで、スープの旨さを助長しています。
それでいて、どことなくほんのりな甘さを感じる味わい。あと胡椒が織り交ざってるようで、
ほんのちょっとなんですがその香料がアクセントで引き締め効果です。


スープは醤油色が色濃いのですが、しょっぱくはないです。むしろ塩梅加減は自分には丁度いい。
カエシのコクと申しましょうか、その角がない醤油っ気の旨さが何気に絶妙さの表われ方をしており、
見事と言える主張ですよ。
このお店は50年の歴史があるらしいのですが、(道中にある電柱の看板に書かれている)
このカエシが出す味わいにはそれが滲んでるような印象かな。深さがあるんですよ。

麺は黄色い細縮れ。モチパツでコシがある茹で加減。しかも醤油がイイ感じに麺に沁みているように見えます。
麺自体にも味わいがあるような風味で、相性は当然な程によい。

具はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔。チャーシューはバラで三枚。厚さはそれ程ではありません。噛み応えあがある柔らかさで、
脂身のトロさが美味い。それこそ丁度いい味付けで、このラーメンにはこのチャーシューがまさにイイと感じます。
メンマは甘さ寄りな味付け。ネギの役割りは下支え。海苔は食べる頃には溶けてました(笑) だけどその香りはマッチしている。

総じては、奇をてらってない、なんてコタァない一杯なんですが、なんてコタァあった一杯でもあり、それなりに舌に響きました。
オールドウェーブだけど、古さは感じない美味しさがありましたね。
あと何年か経って食べると、また違う本質の美味しさを感じられるような出来でした。まあ、躊躇のない醤油ラーメンでしたよ。

最近特に、じんわりとした醤油ラーメンって美味いな~と感じます。と言うかこのラーメン、しみじみ食うと余計美味い。
最新も好きだけど、こういうのもアリですね~。なので、いつかまた「帰り」たいです^^

御馳走様でした。

追伸。
伺ったのは平日の15時前だったのですが、ぞろぞろと色んな層のお客さんが来られてました。幅は広かったです。
あとこちら券売機制です。食券を厨房のカウンターに差し出す仕組み。呼ばれたらラーメンを取りに行きます。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件