なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

長野せーは

男性 - 長野県

    都合により、暫くの間RDBをお休みします<(_ _)>      

平均点 72.133点
最終レビュー日 2012年10月28日
800 654 2 1,366
レビュー 店舗 スキ いいね

「道三・大盛+味玉(クーポン) 850円」@麺将 武士の写真今回は「道三」を頂きました。これは味噌ラーメンです。
このお店では、ラーメンに武将の名前が付いてます。左近に幸村など。
金曜日の夜で、結構混んでいました。約10分程で着丼。

スープは少しだけトロミを帯びたような感じで濃度はわりと高く、
円やかなる豚骨の旨味やコクが詰まっているような実感です。中々にその旨さが膨らみ、
舌に響きますよ。味噌の風味はマイルドな感じで、程良いくらいに効いています。
だけどしっかりさがありますね。豚骨との兼ね合いがイイです。

また、油浮きが結構多いので何気にコッテリしてます。ですがネガさはなくてでして、
そのアブラ感でさえも、旨さに転換していると言った出来栄えな纏まりなんです。
そして、すでに投入されていたブラックペッパーの荒味も微かに効いていて良いアクセント。
そこにほんのりとした甘さと、香ばしさのような風味もあり、コレらが何となくにスープの美味しさを底上げしている印象でした。
食べている途中で気が付いたのですが、スープの底には炒めた挽肉や玉葱が沈んでおりました。
この炒めによって、香ばしさが表われていたのかな。

麺は中太くらいの平打ちっぽいストレート。加水高めと思われるツルツルとした喉越しで、啜り易さの楽しさがあります。
コシがよい茹で加減や、それなりの小麦の風味、弾力のモチッと塩梅が美味い。スープの乗り方も悪くはないです。

具材はチャーシュー、味玉(1.5個)、メンマ、海苔、ねぎ。
チャーシューはバラで、わりと大きめ。柔らかくジューシーで、豚の旨さの所以が味わえます。うん、美味~。
味玉はどこまでいってもトロリで、デフォで半個乗ってる模様。メンマはコリコリ。無難な感じですね。

総じては、マイルドでコクがあり、しっかりとした旨さが表れていた豚骨味噌ラーメンでした。
味噌の合わさり方のバランスが良かったです。それでいて元スープも、深味があるような仕上がりでしたね。
まあ、全てが織りまう美味しさがよく表現されていた具合だったと思います。
全体的な量はちょっと少な目ですが、個人的には味は確かだなあと思うので、たまに行きたくなるお店ですよ^^

御馳走様でした。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「極味噌つけめん(野菜大盛り) 850円」@極味噌らぅめん 吟屋の写真牛骨を炊き込み、味噌をあしらったラーメンがウリのお店。
今回頼んだのはつけ麺です。
味噌ラーメン類とつけ麺類に限っては、野菜大盛りが無料との事。
ふ~ん、つけ麺に野菜入ってるんだ~。という訳で野菜大盛りをお願いしました。

つけ汁の器は、小さな土鍋みたいなもの。
で、着丼時はボコボコに沸騰しています(笑)「熱いので器には触らないで下さい」と曰く。
続いて麺到着。チャーシュー、メンマ、野菜(もやしと人参)が乗っています。
野菜大盛りでの注文でしたが、そんなに言う程は多くはないですね。むしろ、大盛り?w

スープは「国産の牛骨を24時間炊き込んだ牛骨スープ」と表記。
粘度はシャバ~ですが、意外としっかり炊き出されているような感覚のぎっしりめな美味しさがあり、
特有の甘さ的なコクと、旨味的な厚さが味噌の風味と上手く相まってます。昔訪れた時より、大分良くなってると感じた牛骨出汁のそれ。
味噌の立ち方は割かしはっきりなんですが、濃いけど丁度イイといった具合でして。
まあ、そのままでもすんなりな濃さが表されていて、中々に味噌深い味を味わう事が出来ます。
ピリッと効いている辣油の辛味がよいアクセント。

また、つけ汁の中にはコーンとネギも入っていてコレが結構相性いい。
味噌・コーンは、完全なる鉄板の域に達しているような感じですかね~。
具のチャーシューは写真の一枚で、そこそこに柔らかく適度な味付け。中庸かな。
メンマのコリコリ感は際立つ楽しさがあります。もやしはクタシャキ。所謂普通。どれもとりわけ美味しいです。

麺は黄色がかった中太くらいの縮れのある平打ち麺。多加水で頗るツルツルモチの食感。喉越し、そして弾力さが美味い。
それでいてシメ具合もしっかりで、コシがちゃんとしてました。また縮れているので、それなりに味噌が乗ってきます。
小麦と味噌の相性がいいと感じられた麺でしたね。

スープ割りはせず、そのまま飲みこんで終わり。

総じては、牛骨のそれなりの厚さがしっかりな、ピリ辛風味の味噌つけ麺。麺やつけ汁のレベルは高い位置にあると感じられました。
全体的にもバランスが良くて、難なくいけましたよ。だけど、量の食べ応え的にはちょっと物足りないくらいでしたかね~。
麺大盛りにすれば良かったかなあと、若干の後悔w  あと、器のお蔭でつけ汁が最後まで暖かさを保っていたのは好印象でした。
つけ麺の宿命に立ち向かって克服していましたねぇ、この器は。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

「海老味噌チャーシューめん 1000円」@海老味噌らーめん ヌプチェの写真10/3(水)夜、初訪問。

なぜか夜営業のみのお店。俺らラーメン ちょもらんまさんの2号店です。

麺類は海老味噌1本。デフォラー、チャーシュー、大盛りといったなんたるシンプルさです。
2番目に高い表題をお願い~。

スープは、海老の甲殻旨さがネガさなく表現されており、
程良い具合にジワっとその旨さが広がりを見せます。
かなり突出してるという訳ではありませんが、その確実な美味しさは実感できる仕上がりですね。変なエグさは無いので、飲みやすい。
味噌の立ち方も丁度よくてですね、味噌自体の旨さや甘さ的もしっくりあるような感じかな。
海老と味噌の風味が相まって、まさにと言える海老味噌スープです。海老の香味油もあるので、海老の隙なしな感じでもあります。
それに、ピリッとした辛味が後から感覚であり、まとめ的。
それでいて舌に僅かなザラ感が残るような。これは海老に由来するものなのかな?

そして、にわかに微量な檸檬のような酸味成分がふと及び、やって来ます。この酸味は時折広がり、全体を締めています。
レモングラスという香辛料が入ってるとの事。

麺は細めな縮れ。ボソッとするモチ感、つまりはモソっとしてるような食感でパツッとする歯切れです。
まずまずなコシ加減のある茹で方でして、中々相性良く収まってますよ。

具は、チャーシュー6枚、白髪ネギ、青ネギ、海苔。
チャーシューはバラロール。ペラでなく、かと言って分厚くでもなく、まあまあな厚さ。トロホロな造りで、豚の甘さが良く出来た秀逸さ。
スープに浸して食べると、更なる力を存分に味わえます。これが6枚あるので、食べ応えも良くてです。
むむ~、このチャーシュー中々~。
白髪ネギのシャキはアクセントになってます。海老を上手くさっぱりとさせ、全体の噛み合いを助けてます。
海苔は絶対な磯。うん、具材構成はシンプルですが、逆にストレートな合わさり方をしていて良かったかな。それぞれが上手い。

総じては、ピリッとした僅かな辛味と、微か~な酸味、程良い海老の香り味が味噌の風味とよく織りなっていた一杯でした。
全ての要素が相乗効果で味わいを作っていましたね。個性はありますが、全然頂きやすく纏まってたと思います。
まあ海老が確かに十分に効いてる訳なんですが、でも欲を言えば、もっともっと海老ガツンでも個人的には良かったかな~。
あと値段の事。5656 (活動超停滞中)さんもレビュで仰ってましたが、もうちょっと何とかなりませんかねw

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 ガツンイズム 850円」@気むずかし家の写真移転後初訪問でした。

長野県の地方情報紙でラーメン特集をやっており、このメニューを見つけました。
なんでもせたが屋 本店さんとのコラボとの事です。

このラーメンの特徴は、何と言っても「ハンバーグ」が乗ってる事でしょうかね。
デミで仕込んであり、生クリームも掛かるという洋風さ。
あと、炒めた野菜類と卵黄、刻みニンニクが鎮座しております。

スープを啜ると、味噌のしっかりなマイルドさが丁度よく舌に触ります。濃い訳ではない味噌の深味がそれなりに響く感じかな。
ベースは鶏白湯で、粘度的には割りとサラリとしてますが、鶏の円やかさは言うに及ばずな効き方。
まあ鶏の香りは味噌によって押されている印象なんですが、鶏のふっくらさと味噌の風味が上手い事織りなっている仕上がりですね。
実際旨味や甘さ的があり、真摯に美味いです。口にその旨さが残りますよ。しかもスープが中々熱め。

麺は太めでモチッとした食感でつるりとしています。弾力・喉越しがよく、風味がそれなりにある麺で、具やスープの個性にも負けてません。
そしてややウェーブかかっており、幾らかはそのおかげでスープを拾います。

ハンバーグは、大きさも厚さもハンバーグ。しつこくない肉の旨味があって、フワッとしてます。
単体でも案外イケる出来栄えで、食べ応えがある代物です。
デミが掛かる訳ですが、このデミはそれなりに深く、それでいて思ったほどスープの邪魔をしません。
むしろ、混ざった部分はデミと味噌がコラボしてます。洋風さを感じ立て、生クリームのコクがさらに旨さを引き立てている実感。

野菜はモヤシ、キャベツ、赤黄のパプリカ、ニラ。挽肉と一緒に炒めてますね。食感はどれも中庸なシャキが表れてます。
それにしても、やっぱり味噌ラーメンに野菜って合いますね~。味噌・野菜の相性は格別ですよ。
また、卵黄を崩せばマイルドが広がり、デミやスープとの兼ね合いも良いです。卵黄が乗るのは、パフォーマンス的にも良いですね。
それから辛いニンニクがもの凄いパワーを発揮してます。このパンチは確固たるもので、全体の旨さを増幅させてます。

総じては、見た目的にも艶やかな鶏白湯の味噌。まさにガツン!と響くようなラーメンで、ある意味ジャンク。
だけど案外よく纏まってました。特にハンバーグがやっぱりな存在感がありましたね~。塚田さんらしい豪快な一杯でした。
こういうのは結構好きなんです^^ 

御馳走様でした。

このラーメンは、一日20杯限定との事で、10月31日までの提供。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「武士味噌ちゃーしゅー 980円」@らーめん天聖の写真味噌ラーメンがウリの「天聖」さんに伺いました。何気に初訪問。
店内は少し和風な感じで、キレイで落ち着いた雰囲気です。

メニューは熟成味噌らーめんという基本のヤツが筆頭にあり、
他に中華そば、塩らーめん、つけ麺、定食、おつまみ等で種類はそれなりに豊富。
気になったのは、1日20食限定の「武士味噌らーめん」というの。
基本の熟成味噌と何が違うのか尋ねると、この武士味噌には鰹節が入っているとの事です。
あ~、節と武士をかけてる訳ね~。
で、コレにチャーシューが足された「武士味噌ちゃーしゅー」を注文しました。

着丼約5分です。ちょっと大きめの丼ぶりに入っていて、中々食べ応えがありそうです。では、いただきます。

スープは動物系のコクがあって、少しコッテリとしてます。塩梅的には結構濃いめの味わいで味噌の主張が結構なんです。
そこへ鰹節の風味がガツンと押し寄せてくるのが実感です。どちらかと言えば、節が強いかな。
まあ、味噌と鰹節を合わせたっていう感じがハッキリ出てます。粉とかが入っているのでしょうかね。
そして背脂がちょっと浮いてるのですが、この背脂の甘さは全体を円くし、尚且つコッテリさを演出してます。
また、振り掛かる胡麻のサポートは結構よくて、ゴマの風味が濃い味噌の中でもキチンとしている感じです。

麺は中細の縮れ麺。舌触りツルやかで、モチっとした食感で中々よいです。スープとの絡みもそれなり。
麺自体はまずまずなんですが、味噌の濃い風味の方が印象に残ります。

具材はチャーシュー3枚、味玉(半分)、メンマ、白髪ネギ。チャーシューの大きさは普通くらいで、厚みはそこそこ。
表面が炙ってあって適度な香ばしさが活かされてます。それでいて肉は柔らかめで、味付けも程良い具合といった出来栄え。
味玉はトロッとしていて、由来の甘さがマッチ。メンマは極太でピリっとした辛味に包まれてます。
食感は簡単に噛み切れるくらいのしなやか繊維で、コリコリ感もちゃんと感じられます。
白髪ネギのさっぱりとした風味は、このスープにおいて一層爽やかで、アクセントを出してますね。

総じては、鰹節の効いた濃い味の味噌ラーメンというそのままな表現がしっくりきます。
特徴はまさに鰹節の深みと味噌のダイレクトさで、中々インパクトがあるラーメンに仕上がってましたね。
だけど濃い味であるが故の一本調子さや、魚介の素直さによって、逆に後半は若干の飽きっぽさが一方でありました。
でも、全体的には悪くはないんです。中でもチャーシューの炙り良さは目を引きましたよ。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん(並)+おにぎり=950円」@ごはん処 食堂ミサ あらい道の駅店の写真先月の事です。新潟に行きました。
食堂 ニューミサさんに伺うも、まさかのフラれ。
そこから近い「本店」という選択肢もありましたが、何とな~くこっちに。

店内は広々としてキレイな感じ。到着したのはお昼の12時頃で結構混んでいて賑わっており、
後からもコンスタントに入って来ます。
メニューはらーめん・定食・一品物などで、その種類は結構豊富。セット物もあります。
今回は味噌らーめん(並)とおにぎりのセットを注文しました。

ってか、単品で二つ別々に頼んでも同じ値段なんです。普通、セットって単品で頼むよりかは安くなってない?w
因みに、味噌ラーメンの並は800円です。

約8分程で着丼。らーめんの丼ぶりは何気にデッカい。食べ応えはありそうですよ。
具材はもやしと玉葱のみのシンプルな構成です。では、いただきます。

スープはシャバっとした白味噌ベース。口当たりはマイルドな実感で、白味噌由来と思われる甘さ的味わいの主張が何気にくる印象です。
味噌の立ち方は、角が丸い感じの加減。言わば優しい味噌の風味なんですよ。まあ飲みやすさがありますね。
そして動物系の旨さがまずまず、油浮きもまずまずで、合わさってまろやかなコクがあります。

それからニンニクの風味が仄かに香り、味噌スープの底味をしっかりとさせてますよ。
またよく見ると、微かに辛味が入っているようですね。だけど辛さはほとんど感じません。隠し味的な下支えでしょうか。
まあ、どこか秀でた部分のあるようなインパクトのある味わいではありませんが、じんわりとした旨味が広がるようなスープかな。

麺は細い縮れ麺で、ややツルっとした舌触り。結構柔らかめの茹で加減ですが、
この柔らかさがこのスープには結構合っていて、馴染んでます。食べやすいという形をよく発揮してますよ。
それにスープの味が思いのほか絡みます。麺量も結構多く入っている印象て、並盛りでも十分な食べ応えがありました。

野菜は結構クタッとするくらいまで煮込まれておりますが、ネガさのない柔々さです。味噌がよく染みていますよ。
割合的には玉ねぎの方が多いので、玉葱本来の甘いも前に出てきます。この甘さはスープにも影響していると思われ。
野菜自体の相性はそれなりでイイのですが、でもやっぱり肉っ気が欲しい所でもあります。
よくよく見たら少量の挽き肉も入っている様ですが、あまりにも微量すぎるため、存在感は希薄でした。
具材はシンプルな装いを表してたので、何かトッピングすれば良かったかな?と、ふと思いました。

総じては、麺が柔らかい、具も柔らかい、味噌も柔らかい、優しいとはまさにこの事で、和めた味噌ラーメンでしたね~。
ホッコリとした気分になった一杯でした。特に記憶に残ったのは、やっぱり白味噌のやんわりさと玉葱が及んだ甘味です。

それでいてこの味噌ラーメンには、一緒に頼んだおにぎりが結構よく合いますねぇ。
おにぎり自体も大きくて食べ応えが相応にありましたよ。  御馳走様でした。

二軒目に続く。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「スーパーレッド(大盛り)850円+味玉(タイムサービス)」@凌駕IDEAの写真またもや凌駕IDEAさんへ。
以前からのそういえば的な課題であった「スーパーレッド」目的に行ってきました。
辛さが得意でない方にはおススメできませんとの表記があるこの表題。
なぜこれかと言うと、辛さがそんなには苦手では無い事、好奇心、といった具合です。
平日夜6時半で、先客後客多数。結構混んでおりました。

このラーメンは初なので、一応どのくらい辛いのか店員さんに聞いてみると、
「痛いくらいに辛いです」との存分に分かり易い説明。
あと辛さを和らげるための割りスープが、頼めば一杯目無料でお願いできるとの事。

こちらのお店では平日の夜5時30分から7時までタイムサービスを行っており、トッピングが一品サービスになるので、
味玉をトッピングしてもらいました。そして麺大盛りが無料なので大盛りでお願い。
着丼は5分で、もう見るからに真っ赤っ赤なスープですね~。その名に恥じない色をしてます。
ホントに食べられるのかなあ?と少々不安になってきますよw では早速いただきます。

スープは辛い。とにかく辛い。とことん辛い。この辛さは想像以上で、まさに色んなトコから火を噴くような辛さ。
辛すぎて味噌の風味ももはや分からない位のかなりの強力な刺激です^^;
一口、二口啜る度に「ブフォ!!」っとかなり咽っ返ります。だけど元がイイんでしょうね~、美味さがあるんですよ。
旨味やコクが確かにしっかりあり、「物凄く辛いけどウマイ、ウマイけど物凄く辛い」という印象でした。

濃度的には少しドロッとしたドロけ加減。
この濃度故に麺や具材にスープの辛味がこれでもかってくらいに絡み、より辛さを隙なく感じます。
それでいて油浮きが結構でコッテリ。このアブラマイルド感で中和されると思いきや、いやあ全然。
ちょっと食べ始めたところでもう汗が尋常じゃないくらいに体中から噴き出してきますよ。そうポタポタと。
唯一の失敗はタオルを車の中に忘れまして。持ってくりゃ良かったな~と、それはもうかなり後悔(笑)

麺は多加水めな太い縮れ麺。持ち上げるとスープによって真っ赤に染まっています。唐辛子成分がこびり付いてますね。
食感はプリッとしていてモチモチとした歯応え。よい弾力もあってツルッと響く感じの舌触りで中々美味い。
スープが絡むので麺自体もかなりの辛さになっていますが、本来の小麦の風味も残っているような味わいでした。

具材はチャーシュー、もやし、トッピング味玉。チャーシューは角ばった分厚い形状の物が4つゴロッと。
味付けは控えめで柔らかい口当たり。分厚いのでスープの味が中までは浸透せず、
肉の旨味がしっかりと味わえる美味しさを発揮してます。もやしのシャキッとした食感は無くてはならない相性の良さ。
味玉も甘さが引き立つ仕上がりで、もやし共々かなりよい箸休め&助け舟となってます。

さて、辛いと思いつつも意外と箸の進みは良かったのですが、3分の1程食べた所で口がヒリヒリと痛くなり、
限界を感じたのでスープ割りをお願いしました。やってきたのは背脂が浮いている、そこそこの量の味噌スープ。
一口飲んでみると、まろやかな甘味があり、味噌の風味が程よく効いていて確実にウマい。
この割りスープを半分ほどラーメンに投入した訳なんですが、まだ全然辛いです。だけどが幾らかは和らいで食べやすくなりました。
そして今度は、残ったもう半分の割りスープに麺を投入してみると、程良い辛さの辛味噌つけ麺風になってこれはこれでウマかったです。
まあ、そんなこんなでなんとか固形物は完食。スープは流石に残しました。

総じては、今まで食べた事がないくらいの辛さのラーメンで、絶句するほどのインパクトのあるパンチをかましてました。
まさに刺す様な痛辛の旨味噌ラーメンでしたよ。店員さんの言っていた「痛いくらいに辛いです」という表現がまさにピッタリ。
最後はもうに口びるはヒリヒリヒーハー!!!ですww
一方で、この状態で飲む水ってこんなにウマかったっけ?っと実感できましたよ(笑)

自分にとっての許容レベルを遥かに超えてはいましたが、だけど意外と美味いんですよね~。
辛い中にもしっかりとした旨さはあったと思います。このラーメンは辛さが得意な人には是非お勧めです。あと汗を掻きたい人も(笑)
これはクセになる味・・・・・じゃあないですね。食べた後、暫くの間かつてない程に胃が熱くなり、相当きました^^;
ちなみにさらに刺激が欲しい方は2辛~10辛までの辛味プラスをできるらしい。
でもこれ以上の刺激はハッキリ言って悶絶です。自分には恐ろしくてとてもとても(笑)

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 8件
このレビューは移転前のものです。

「【限定】 トマトの冷やし和え麺(大盛り) 850円」@凌駕IDEAの写真以前とある雑誌に、肉味噌に八丁味噌を使用と書いたあったっけなあ。
具材は、その肉味噌、卵黄、刻みネギに刻みニラ、トマト、フライドガーリック。
大盛りが無料なのでお願いし、着丼までは10分でした。
あ、注文の際ニラの確認が入ります。

さて、肉味噌は挽肉仕様のコクが効いていて旨味があり、甘辛な出来栄え。
言わば甘さ寄りが目立つ仕上がりなんです。
ですがこの甘さの主張は、ネガさや違和感ない表現。
まぜまぜしながら頂くと、その肉味噌のイイ甘さや程度のよい味噌っ気が広がります。
それでゴマ油がほんのりと追いかけてくるような姿勢かな。また、後引く「ピリッ」とした辛味がよい塩梅で効いており、
中々に味わいをまとめてますよ。味噌の味と辛味の舌触りが相性イイんですよね~。

そこに、ニラの風味とネギのシャキ感がなんたる合わさり力の旨さを発揮。フライドガーリックもアクセントになってます。
卵黄はもはや説明不要でしょう。あとトマトは小さめなカット。だけどその存在はまさにという夏らしさを感じます。
トマトの酸味が辛味と相まることによって、なんだか素材の甘味がより際立って感じますよ。そして何気に量多目。

麺はスリットというか、縦線が入っている全粒粉な逸品。太くて縮れてます。
モチッとしていて、またゴワツキさが表われた固さ。キチンとシメてあるのでコシはより確かですね。
噛んでてその歯応えの強さが麺食ってる!と実感出来ます。
この麺は、以前凌駕ZEROさんで食べた「冷やしのまぜそば」と同じ麺かな?
でもこのスリットが入った麺って、二つの麺を合わせて一本にしたような。確証はありませんが、この麺を見ていたらふと思いました。

総じては、甘辛い味噌味の肉味噌がしっかりと美味さを示していた和え麺でした。全体の一体感の纏まりもよく。
器冷え冷え、麺のシメもしっかり、そして辛味とニラの共演、肉味噌のそれなりさ。夏にはいい仕上がり具合の一杯と感じます。
因みに、今現在提供されてるかは分かりません。食したのは9月の初め頃です。

伺ったのは平日のお昼時なんですが、常に満席をキープしてるような状態でした。
この間、東京に進出した凌駕さん。流石の人気であります。 御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 8件

「海老香味ラーメン 850円」@麺や 蒼 AOIの写真【茨城遠征編その4】

アオイさんへ。平日開店10分後のお昼に伺いました。席が幾つか空いていましたが、
あれよあれよと言う間に埋まっていき、待ちが発生しておりました。
しかも自分がお店を出るまで途切れなく。人気店ですねぇ。

さて、大盛りと普通盛りが同額でしたが今回は普通で。着丼まではおおよそ10分。
愛すべき不格好さの丼ぶりからは、エビの匂いが立ち込めます。ん~、いい匂い!


具材は、チャーシュー1枚、メンマ、白髪ネギ、もやし、玉葱微塵、揚げた?小えび、魚粉が浮かべられ、海老油があるといった造り。

スープは豚骨といった動物の旨味・コクがキチンとしていてウマ~。クドさのない円やかな味わいがしっかりと効き及び、
結構に濃厚な具合なんです。ドロンとした舌触りで、スープがマッタリと口内に響き渡りますよ。
また、浮かんだ魚粉を徐々に溶かすと、確固たる魚感アクセントに包まれます。魚感の深さが加わる事によって、逆に飽きさせない。
そこに海老油の風味がしっかりと活かされた香りを放ち、そのネガ味のない旨味がジワ~と広がり、
このスープの美味しさを幾重にも膨らましてます。揚げた?小えびも、全体の海老感を引き上げてますよ。
一方、味噌の立ち方はマイルドめ。だけど味噌の味がしないわけではありません。隠れがちではありますが、
優しくもその風味的さがそれなりにあるので、味噌感の物足りなさは感じなかったというのが実感です。
このおっとりした感じは「白」でしょうかね。まあ豚骨が押してくる印象ですが、スープは上手く織りなってますよ。

麺はやや縮れで平打ちのぶっとい麺。モチモチムッチリとしていて、コシもあります。いい感じの弾力さがまた素敵。
風味も麺のそれで、絡み的にもスープが確かに持ち上がってきます。うん、中々美味い麺ですよ。

具のチャーシューは肩かな? フワッと柔らかい仕立てでありながら、抜けてなくて美味い。
それから、野菜類の其々のシャキの食感は相性秀逸なんです。
もやしやネギは、まさになくてはならない程。この重くない重量感あるスープに、存在を誇示するような役割りをこなしてます。
玉葱微塵も然りで、これは甘い面がよく出ている風味。メンマの味わいは間違いないですね。

総じては、ドロけた濃厚海老味噌豚骨のらーめんで、かなりのグッとした力強さがあると体感できた一杯。
スープも麺も海老もどれもが個々の美味さを発揮しながら、
それでいてよい意味でしっかりと収まった旨さを醸すこの仕上がり具合は凄いですよ。どっぷりとその美味しさに浸れました。
見た目もウマそうでしたし、かなりのハイレベルさだと思います。実際ウマイし実際好み。そして完食完飲。
というか、つくばに来て良かったと思わせる珠玉のそれでしたね~^^ 次に訪れる機会があれば、限定とかを食べてみたいです。

そうそう、最初の一口目に啜ったスープはヌルかったんです。だけど麺を引っ張り出してから、全体が熱くなるという妙でした。

御馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「みそラーメン 750円」@おらほの写真今回は 「おらほ」 さんへ。白馬のらーめん 謙美さんの斜め向かい側にあるお店です。
国道から見えるのは、字が読めない程にかなり古びた感じの看板が目立ちます。
なので、てっきりもうやっておられないものばかりだと思ってましたが、
「只今営業中」の文字が見えたので飛び込みで入ってみました。
お店の中もかなり年季の感じる造りで、御主人お一人でやっておられるみたいですね。
平日お昼の12時半頃で先客1、後客0でした。

メニューはラーメン6種、ごはん、餃子、酒とビールのみで種類は少ないです。
表の看板には「長崎チャンポン」、テーブル上には味噌ラーメンの説明書きが書かれています。
いまいちウリの物が分からなかったので、オススメは何ですか?と聞くと、
「全部あっさりしてますからね~。ねぎいためラーメンがこの中ではコッテリしている方です。」と。
いや、あっさりかコッテリかじゃなくて(笑) まあ無難そうなのを選んで味噌にしました。


卓上にあった味噌ラーメンの説明書き
1.麺は自家製です。
2.自家製チャーシューがたくさんのっています。
3.特製味噌を溶いてお好みの濃さにしてめしあがりください。


約10分後着丼。見た目・・・エラく変わってますね。味噌がスープとは別になっています。
あ~、「お好みの濃さにして」ってのはこういう事か~。なんかある意味斬新! では、いただきます。

まず下地のスープ。味付けはしてありませんね。一応出汁感が効いてるような感じですが、薄めというか旨味的要素がかなり大人しいです。
兎に角味気ないスープという印象なので、早速塩梅を確かめながら少しずつ味噌を溶きます。
その味わいは、なんか味噌汁っぽい感じになりますね。御主人が仰っていた通り、あっさりとした感じに収まってます。
個人的には、ちょっと物足りなさ感が拭えないかな~。なので、卓上にあったラー油をチョチョイとかけて食べました。
ちなみに、味噌は濃い味なので、半分くらいで丁度いい位になりました。

その味噌自体は、独特な味わいを醸す物で結構個性が強いですね。なんか上手く表せませんが、とにかくクセがある風味を放ってます。
また、中にゴマが織り交ぜてあるのが確認出来ますが、その存在は希薄です。

麺は細い縮れ麺で、記述によると自家製との事です。白っぽい色をしてますね。
茹で加減はかなり柔々な感じで、さらに味噌を溶いたりしている間にもちょっとずつ、そしてちょっとずつ伸びてるような。
それに、スープがシャバっとしてるので、縮れながらも絡みはそんなに良くはないですね。

具材はチャーシュー4枚と野菜。
チャーシューはももっぽい部位で、肉の本来の旨味は抜け気味。ちょっと硬いですね。味付けは濃い目。
野菜はキャベツ、もやし、玉ねぎ、青菜などが入っており、シャキシャキめな食感がそれなりに表れてました。

総じては、味噌とスープが別になっていて、食べ手に塩梅を委ねるという一風変わったスタイルの味噌ラーメン。
中々に面白い試みではありましたが、別にする意味は果してあったのだろうか?と、心なしか感じました。
どうせなら、下地に別の味があって味噌で味の変化を楽しめ、結果2度楽しめるようなスタイルなら結構良かったんじゃないかなあ。
全体的にも、もう3押しくらいあって良かったかもと、感じた一杯でした^^;

御馳走様でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件