なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

長野せーは

男性 - 長野県

    都合により、暫くの間RDBをお休みします<(_ _)>      

平均点 72.133点
最終レビュー日 2012年10月28日
800 654 2 1,366
レビュー 店舗 スキ いいね

「Wスープラーメン(塩)+大盛り+ちゃーしゅー、結果1050円」@梅の家 総本店の写真何気にこの店舗は初訪問でした。
こちらのお店、基本のラーは竹岡式なんです。うん、これはまた次に。

気になったのは、肉・ヤサイ・ニンニクが無料で増せる「二郎系」と言うラーメン。
だけどこれは以前に軽井沢のお店で食べたなあと思い出し、また方向転換。

壁のみに貼ってあった、「Wスープラーメン」の大盛りを頂きました。
塩か正油のどちらかを選べるので今回は塩を選択。
ついでに“ちゃーしゅー”もトッピングしました。
持っていたクーポンを使用し、総額から100円引き~w 約5分程で着丼です。

スープは豚骨と白湯を合体させたというもの。Wスープという事は別炊きなんでしょう。
少しのトロミを帯びており、結構濃厚な旨味加減があります。
鶏のふっくらさと、豚の荒めなコクが上手く共存してるかのような旨さが出ている合わさり具合。
軽やかな厚さがあるという感じかなあ。芳醇と言えるような深いそれがあります。
まあ、鶏白湯っぽくもあり、豚骨っぽくもあるどっちつかずな仕上がりなのですが、動物のうま味・甘い的は確かに及んでいる実感です。
それに適度なコッテリ感でして、一方でクドさとか動物臭みはないので意外と飲みやすいです。

カエシの主張は丁度良いくらいの塩梅で、ショッパ過ぎず薄すぎず。
塩ダレの程良いそれなりのシャープ感がスープの美味しさをさらに印象付けます。

麺は三刀麺。三つの違う太さの麺が合わさって三刀麺と言うらしい。実際は縮れ細麺の割合が高く、
その中に太い平打ち縮れ麺が混じっている形。スルスルとイケる細麺の良さと、太麺のモチッとした弾力さが融合し、
食感の違いが幾らかは楽しめますね。コシもそれなりにある茹で加減で、スープとの絡みもまずまずに良かったです。

具材はチャーシュー、味玉、メンマ、刻み玉葱、ねぎ、海苔。印象に残るのは、梅の家さんと言えば的なチャーシューと刻み玉葱。
チャーシューはバラ。ホロホロでかなり柔らかく、箸でつまんだだけで崩れてしまうくらい。味付けも程良く肉が活きてます。
刻み玉葱はシャリシャリとした食感で、玉葱独特のちょっと辛い風味が、円やかなスープに何気にきりっとさのアクセントをもたらしてます。
何にでもよく合うような不思議さのある玉葱微塵の美味しさでした。あと、味玉はトロ。メンマはコリッとした良い歯応え。

総じては、鶏のまろやかさと豚骨の強さが上手く合わさっていた、濃厚コク深くて旨味が詰まっていた実感のスープ。
麺や具材もそれなりに申し分なくてですね、大盛にしたので食べ応えの面でも満足できました。
正直、Wスープでどちらの良さも薄くなるかなあと思ってましたが、蓋をあけると意外とそうでもなく、
両者が歩んだしっかりとした美味しさに出来上がってましたね。それに接客も丁寧でお店の雰囲気も良かったので、
また行きたくなるお店です^^ でも、このお店の「二郎系」というラーメンの肉増しが無料なのは改めて凄いと思う。

御馳走様でした。

Wスープラーメン850円+大盛り100円+ちゃーしゅー200円ークーポン100円=1050円

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 タンメンS62 780円+味玉(クーポン)」@New old style ゆいが 三郷店の写真ゆいがさん系列では、最近限定ばっかw
今回も限定の「タンメンS62」を注文。なんだか久し振りのタンメンです。
クーポンを使用し、味玉をつけてもらいました。

約7分で着丼。
乗っかってるのはバラ肉と野菜(もやし、キャベツ、玉葱、人参、ねぎ)を炒めたもので、
割かしどっさりめに盛られてます。そして味玉がゴロン。
人参は飾り包丁で紅葉の形に切られていて趣がありますね。では、いただきます。

スープは見た目濁り気味。出汁感の方はそこそこに効いていて、口に含むとあっさりとした塩味がやって来ます。
だけどその塩っ気はちょっと薄味。優しい味わいの下地スープといった印象に出来上がっております。

野菜類はサッと炒めてあるサマで、火はちゃんと通っていて熱々ながらも野菜のシャキっとした食感は保たれています。
また、炒め油が適度に滲んだ広がりを見せており、全体の味にコクや円やかさを与えてます。
野菜の優しさ共々その脂分がじんわりとスープに馴染み込んでる実感で、タンメンならではの味わいを楽しめる装いがあります。
肉も少量ながら、確かな存在感を誇り気味ですよ。言わばタンメンの肉のそれ。これ以上でもなく、以下もなく。
味玉はトロっとしており、かなり薄めの味付け。浸けて間もない物なのか、白身真っ白でした。

麺は黄色がかった細い縮れ麺。モチパツといった歯応えなんですが、印象的には中庸さがクッキリ出た麺ですね。
コシの方はまあまあかな。そして縮れているのでそれなりな絡み。スープ、特に油分が上手によく絡み、
麺に浸透している様な感じで、中々の相性の良さでした。

後半はちょっと味にメリハリが欲しくなったので、卓上にあった無料の辛子高菜を投入。
思ったよりピリッとした辛さと、高菜由来のコリコリとした食感が良いアクセントになり、中々のマッチング。
そして完食~。

総じては、まさしく定番なタンメンです。どこか懐かしく、食べ慣れたような味わいで、素直な美味しさがあります。
それ故に普通であって、普通に美味い。そんな感じでしたね~。でも欲を言えばもう少し塩っ気が欲しかったかなあ。
まあ昭和62年がどこまで再現出来てるかは不明です。ですが今も昔も、イイ意味でタンメンはタンメンです^^

でも、これから寒くなってくると、タンメンの優しさや温かさが身に染みてきますよ(笑)

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】シンプルなる鶏と魚介の調べ850円+味玉(クーポン)」@信濃神麺 烈士洵名 長野店の写真先ほどの気むずかし家さんに次いで連食です。
こちらは九段 斑鳩さんとのコラボなんですってね。

器はステンレス?で、スープの見た目は驚く様に澄んでます。
鶏がベースと思われ、そのふくよかさや魚介の滋味さがバランス良くてですね、
あっさりしながらも旨味が確かという造りなんです。
それでいて浮かんだ鶏油がコクを広げており、まさにじんわりと美味しさが染みわたる形です。

塩っ気もそれとわかる確かな効き加減。ショッパイと言うのではなく、絶妙と言える主張さで、
塩のある意味円やかな旨味が効き及んでます。上手く塩を味わう事が出来るスープでもあります。

麺はエッジの効いた細麺ストレート。なんか淡い蕎麦っぽい色艶をしてます。
よくよく見ると全粒粉が練り込まれてますね。それなりの風味がある美味しい麺です。食感的にはザラサクといった感じでしょうか。
また、茹で加減はしなやかです。スープに対して穏やかさがあります。

具材は鶏チャーシューとネギとトッピン味玉。チャーシューは二種類で、ももと鴨。
どちらもしっとりした柔らかさで、それぞれの旨さが存分で美味い。ももに到ってはプリっとしてる感じです。
あと、チャーシューにはドライニンニクが乗ってました。このチップは味わいの幅を広げるという魂胆ですかね。
ネギは切り方が違うのが三種類です。輪切りと千切りとザクっと切った物。及ぼす食感はそんなに大したことはありませんが、
ホントの薬味感が表だってます。味玉はトロ~リで。

総じては、塩のしっかりさや鶏魚介の旨さが効いた塩ラーメンでした。あっさりと上品に、っていう感じでもありましたね。
シンプルではあるんですが、奥が深まっていて美味しさの物足りなさは案外ありませんでした。
中々にキチンとした、バランスが目覚しい一杯でしたね~。

このラーメンは、スープや麺を楽しむ為に具材をあえてシンプルにしてるらしいです。まあCPはそんなに高くないと感じますが、
それでも全体のレベルやバランスは高いと実感できました。でも楽しんだ上で具材をガッツリいきたいと、自分は欲張りたいですね。

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 3件

「煮干蕎麦(塩)730円+チャーシュー増し1枚100円」@喜乃壺の写真【茨城遠征編その8】

喜乃壺さんへ。煮干中華ソバ イチカワさんからの連食です。
平日、お昼時を過ぎた頃合いで駐車場はほぼ満車。店内には待ちがあり、後客もコンスタント。

さて、あっさりした表題をセレクトし、中太、細麺から細麺を。
そしてチャーシューを一枚トッピングです。通常、チャーシューは4種類の中から一つ選べます。
なのでトッピング追加分を合わせ2種類選べたので、低温調理と炭焼きをお願いしました。
食券を渡してから着丼までは8分。

具材はチャーシュー、メンマ、2種のネギ、海苔。スープは澄んでおり、麺は加水低い。

スープを早速啜ると、煮干しの旨さ・滋味さがジンワ~リと広がります。エグミや雑味のないその旨味が、
流石のコクとなり得て舌を触り、美味さが口に残る感覚なんです。下地の鶏ベースと思われる動物のふくよかさもキチンとしいる印象で、
厚みがそれなりにありますね。それに浮かんだアブラっ気があっさりの中でコク味を助長しているので、
全体的にも余す事のない味わいに仕上がってます。
あとカエシの塩もボヤケてなく、かといって角が立つわけでもなく、丁度よい上手い効き具合です。
この塩梅は、スープの美味しさを深く引き立てている印象でしたよ。

麺は細いストレートで、ポキポキとしたコキリ感が秀逸な歯応え。かなりなしっかりした麺で、風味もそれなりにあるという状態。
スープとの相性は当然で、啜ってて楽しさがありますよ。それでいて、最後までダレませんでした。素晴らしき良好な逸麺なんです。

具のチャーシューは全部で4枚。どちらも肩ロースでしょうかね。
低温はレア状が浮き彫りで、噛むと肉の旨さがジュワっと響き、かな~りの秀逸な出来栄え。言わばこの低温、「絶品」です。
炭焼きの方も良く出来ていて、加えてイイ香ばしさがあります。まあ共にしっとり、共に厚め。何よりウマい。
食べ応えも中々良かったチャーシュー達です。メンマは甘目な味付け。ネギは活きている。海苔。

総じては、「塩はゴマカシがきかない」、その上で美味しいと素直に感じられた一杯でした。
煮干しの旨味の良さが確かに実感できましたよ。まあシンプルなようで奥行きがあり、また端正。染みる美味しさとはまさにこの事です。
スープもチャーシューも麺も兎に角なハイレベルさでした。濃厚系が続いていただけに、一層響きましたよ^^

御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「【夏季限定】 冷やし極み塩らーめん 780円」@炒飯専門店 ちゃーはんやの写真このお店はチャーハン専門店です。なのでラインナップはチャーハンを主にしてます。
色々なアレンジの炒め系と餡かけ系、セットもありますね。
麺類はスープ代わりと言っても過言ではない、ミニ塩ラーメンのみ。
炒飯にこの塩ラーメンでも頼もうかな~と思ってた所、表題があったのでお願いしました。
着丼までは10分。
具材は、生ハム、半茹玉子、ネギ、水菜、柚子片、糸唐辛子がハラリ、
粒ゴマが振り掛かる構成です。

スープは透き通っていてアブラ浮きが無く、非常にスッキリとした後味で優しさが溢れます。
だけどホタテや昆布といったお出汁がちゃんと効いていて、その旨さがじんわりと響いて来ます。
聞けば、出汁は主に魚介系で動物系は豚をちょっとだけとの事。
また、塩の塩梅は円やかめで、そんなに主張する感じではなく、全体の旨さをしっかりとサポートしてる加減です。
そこに柚子の風味がほんの~りと効き、後味感を幾らかさらにスッキリとさせています。まあこれと言って違和感はない柚子です。
そして幾らか僅かの辛味(唐辛子かな?)が入っていて、ごく若干のアクセントを加えてます。

麺は中細で、やや縮れの黄色がかった麺。食感はシコシコでツルっとした舌触り。パツッとするような歯切れがイイですね。

具の生ハムはかなり薄い。それでいて独自の塩気が立ちます。だけどこのハムのショッパさ加減は、これまた良いアクセント。
多めな水菜のシャキシャキシャキもまた然り。
粒ゴマの噛んだ時に広がるゴマ風味は、全体の味を飽きさせない役割り。茹で玉子はまんまです。よいトコは、スープの味を壊しません。

総じては、バランス良好のあっさりと頂ける冷やしラーメン。塩の丁度良さ、スープの滋味さをじっくり味わえました。
それなりに美味しかったのですが、ただ量が少ない! それ程高さがなく、直系15センチくらいの丼なので、
個人的印象ではミニラーメンサイズなんです。到底これ一杯だけではお腹は満たされせんでした^^;
これは炒飯と一緒に頼むべきだったかなと、思う量でしたね。まあ、CPはイマイチ良くなかったです。
それとシメ方もちょっと緩めでした。

御馳走様でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「【夏季限定】 葱塩冷やし中華 750円」@麺肴 ひづきの写真今回は、気になっていた限定の表題を頂くことに。
平日お昼時で先客12、後客2。着丼までは7分でした。

さて、冷やし中華にしては、スープは思ったよりかは結構多めというのが実感です。
そして、かな~り透き通ったスープ。
また、ネギがタワーになって盛り付けられており、見た目ド~ンです。
具材構成はネギ、パプリカ、水菜、ゴロ茹で蛸3個、炙りゴロチャー2ヶ、鶏ムネ3塊、
ほぐしホタテ等。そこにゴマや、ブラックペッパーが振り掛かる造り。

スープを含むと、柑橘系が織り交ざってるかのような梅っぽい酸味がフワ~っと口の中を包み込みます。
この酸味はネガさのないパンチ力で、かなりのさっぱり感をもたらしてますよ。
それでいて、ブラックペッパーのアクセントが塩ダレと相まってキレさを助長し、かなりのクッキリとした輪郭の味わいになってます。
それからゴマ油のほんのりな香りが後から追いかけてきますね。その香りが絶妙な感覚で残ります。

まあ、あっさりとしてますが、ゴマ油ではない油浮きがあるので、あっさりの中にもコッテリがあるという仕組みなんです。
良い具合に相まって、飽きさせないバランスを保っており、後味に残る控えめなアブラ感が、
あっさりにありがちな物足りなさを補ってます。また、ほんの僅かな魚介が下地を支えている様な感じなので、
スープには旨味やコクがそれなりにしっかりとある印象です。

麺は角ばった細いストレートな麺。ツルツルでイイ弾力があり、ブッチリ切れる歯切れが素敵ですね。啜り甲斐もあります。
あと、この麺は冷え冷えにシメられているので、スープの冷たい仕立てと重なり、まさに夏にはピッタリの冷たさが表現されてました。
素晴らしき涼感ですね。

具のゴロ蛸は、活かされる塩梅の味付けで、クニュッとした歯触りや、キュッとするような歯応えが光ります。
炙りチャーシューのその炙り臭さも、スープや全体に対して何とも言えぬマッチ感。鶏ムネも、しっぽりと柔らかくて美味い。
水菜やネギ、パプリカのシャキッとしたアクセントは、完全なる美味しさの底上げで、
この一杯においてその食感は夏らしさを増幅させます。その一方で、ほぐしホタテの存在感は控えめでした。

全体的にもインパクトのある一杯で、業が光る仕上がりでした。ひづきさんらしい奥深さがありましたね~。

御馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 7件

「塩ラーメン 500円」@うどん・めし処 和の写真今回は 「和(なごみ)」 さんへ。
岡谷市の住宅街にあるお店で、食堂系居酒屋という感じです。
平日午後5時半頃の訪店で、先客4名程。店内は和風な造りで落ち着いた雰囲気を醸し、
どうやら御夫婦で切り盛りされているみたいですね。

さて、メニューはそば、うどん、ラーメン、定食など。値段は全体的に結構安めの設定ですね。
ラーメン類は醤油、塩、野菜ラーメンの3つのみ。それと夏季限定で冷やし中華もありました。
今回注文したのは塩ラーメン。約15分程で着丼。

少し小さ目の丼ぶりで、澄んだ色のスープ。具材は鶏チャーシュー3枚、ワカメ、ねぎといったシンプルな構成です。
そして一緒に付いてきたもの。唐辛子かと思ったら胡椒でした。では、いただきます。

スープはスッキリとした味わいの飲みやすいスープ。塩の塩梅は丁度よくて、しょっぱくない程度の輪郭さを感じます。
出汁感もそれなりにあり、鶏ガラ主体の旨味やコクがじんわりと口に広がりますね。
油浮きもそこそこで、相乗効果的に旨さをそれなりにサポート。
言わば塩ラーメンの王道的な味わいで、シンプルな美味しさがあって何だか和みますね~。
それから途中で一緒に付いてきた胡椒を投入。入れた方がイイか、そのままの味わいがイイかはまあ人其々ですが、
中々に良いアクセントで結構合いますよ。

麺は細い縮れ麺。ちょっと茹で過ぎかな?と思う位に柔々な印象です。でもまあ、コレはコレでなんか合ってますね。
スルスルと啜りやすく、優しい感じが伝わってきます。というか、こういった食堂系の柔らかさには意外と慣れました(笑)

具材の鶏チャーシューはしっとり&柔らかな仕上がりです。味付けも適度で、鶏の旨さを実感できて中々ウマいです。
ですが小っちゃいので、量的な食べ応えはそんなになかったかな~。
ワカメはバッチリの相性の良さ。良い脇役って感じです。何よりクタクタではなく、しっかりとした瑞々しさがあるのは秀逸に値します。
塩ラーメにおいて、こういう新鮮なワカメは流石の底力を発揮しております。ネギのシャキ感もイイですね。

総じて、シンプルで優しい感じでありながらも、しっかりめな旨さがありました。
塩ラーメンってしみじみする美味しさというイメージが一方でありますが、この一杯もそれなりに沁みました。まずまずな一杯でしたね~。
まあ、全体的にそんなに多くないので、これだけではお腹は満たされませんでしたが、
ワンコインというパフォーマンスならば文句はつけられないですね。因みにうどんやそばも安いです。

御馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「日替わり麺定食 700円」@食事処 みつよしの写真今回は池田町にある 「みつよし」 さんにお伺い。食堂です、コチラ。
平日、夜6時頃で先客0の後客1名でした。
お店は和風感漂う造りでなんか趣がありますね。店内も静かで落ち着いた雰囲気。
ラジオから流れる音だけが響き渡っていて、ある意味風情~。

さて、メニューはらーめん、そば、定食などの所謂食堂系メニューで、セット物も結構あります。
そして「日替わり麺定食」ってのがあり、
「今日のらーめん」と小鉢・揚げギョーザ・漬物・半ライスが付いて700円との事。
迷わずコレに決めました^^

それから10分程して着丼です。
訪れた日のらーめんは 「炒め野菜のタンメン」 、揚げギョーザは2本、小鉢はレンコンの和えた物でした。
700円という値段にしては、まずまずに申し分ない構成なのではないでしょうか。では、いただきます。

スープは茶色く濁っており、見た目は味噌っぽい感じの色合い。聞いたら塩味だと仰ってました。
まあ、確かに味は塩味なんですが、しょっぱさ的には結構控えめ。というか薄味なので、塩のキレ感はあまり感じません。
一方で、出汁感などの旨味的な要素等もちょっと大人しいかな~。
ある意味優しい味わいで、あっさりとして飲みやすい口当たりですが、物足りなさも若干。

麺は細い縮れ麺で、柔々の茹で加減。食堂系のお店でよく巡り逢う軟さ。
コシとか弾力さはあまり前に出てくる感じではありませんが、この優しさ溢れる噛み応えは、スープにも結構合っていて、
懐かしさが感じられます。ツルッとした啜り心地が意外と悪くはないかも。

具材は豚肉、キャベツ、もやし、人参、玉ねぎ、水菜、椎茸、ねぎなど。
野菜類は炒めてあるわりには、その滲み出るアブラ感は少なく、結構さっぱりとした味わいを醸した仕上がりです。
それでいてシャキシャキとした食感はそれなりに活きていて、素材の美味しさがよく出ているといった印象。
肉もまずまずに量が入っていると思いました。

一緒に付いてきた揚げギョーザ。普通の餃子の大きさよりもやや大きめで、皮はカリッとしていて、
そしてモチッとした食感も併せ持っている逸品。餡は意外とギッシリ詰まっていて、肉々しいジューシーさがあり、
キャベツやニラの食感もいささかながら良い仕事ぶりで、ニンニクやニラのクセのある風味も程よく効いています。
それに味付けはしっかりめで、何も付けずに食べられ、またメシが進む塩梅でした。
小鉢のレンコンは辛子マヨネーズで和えてあり、ツン!とした刺激が結構押してきます。

ラーメンの出来栄えは、そこそこといった感じの一杯でしたね。でもラーメン自体の量は普通にあり、
餃子等全てを完食すると中々のボリュームがあるので、コレで700円は結構安いかなとも思えます。
中でも、特に良かったのは揚げギョーザですね。ある意味ラーメンよりも印象に残りましたw

御馳走様でした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「日替わりランチA 500円」@花華の写真平日、お昼の12時過ぎに伺いました。先客多数で結構賑わっており、
後からもお客さんがコンスタントに入って来る人気店ですね。

さて、こちらのウリはお昼の日替わり定食の様で、
店頭の看板にそのメニューの内容が書いてあります。
日替わり定食はAとBの2種類あり、
Aはラーメンのセット、Bは定食と書かれていました。
そしてそのお値段はなんと 「500円」 という驚きの価格です。
他のお客さんも日替わりが目当てなのか、大多数の方が日替わりを食べていました。

今回頼んだのは 「Aランチ」 、約7分程で着丼しました。
訪れた日のメニューは、肉野菜タンメン、ポークカレーカツ、ライス、サラダのセット。それに漬物も付いています。
見た目、ラーメン自体も量があるので、この内容で500円は確かにお得感があります。人気があるのも頷けますよ。
では、いただきます。

スープはすっきりとした味わいの塩味。動物系と野菜の旨味がそこそこに効いていて、まずまずコクがあります。
塩梅的にも丁度よく、塩のキレを感じつつもしょっぱく感じないという仕上がり具合。グイグイとレンゲが進みやすい味わいです。

麺は細い縮れ麺で柔らかめの茹で加減。スープの持ち上げが良く、野菜とも上手く絡みます。

具材は肉と野菜。
野菜は軽く焦げ目が付くくらいに炒めてあり、クタ感とシャキ感が共存し、食感の異なる歯応えの妙を楽しめるとともに、
尚且つ炒め油が上手く馴染み、コクや味わいが広がりを見せます。また肉野菜との表記でしたが、肉はちょっとしか入っていません。
でもその存在感は一応ありました。少量でもやはり入っているのといないのでは、全然印象が違ってきますね。
うん、もっと入ってれば尚良いかな~w

一方ポークカレーカツ。名前からしてカレー味のとんかつかな?と思ってましたが、実際普通のカレーコロッケみたいな代物でした。
まあご飯の良いおかずとしては申し分ないです。
あと漬物がなんか異様にウマかった。コリコリな食感で丁度良い塩加減。これは最高の出来栄えと思える程の漬物でしたね。

でも、これでワンコインとは本当に安いですね。感心ですよ。ワンコインでそれなり以上の物を求める人にはおススメです。
ラーメンの量も普通の一杯分くらいの量はあったので、十分にお腹も満たされます。
ちなみに麺類にはすべてサラダが付いてきます。まあ接客も丁寧で良い雰囲気のお店でしたので、普段使い出来るお店かと。
いつか、また足を延ばしてみたいです。

御馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「からあげBセット 900円」@摩天楼の写真こちらは夜6時頃の訪店。すごく久しぶりの 「摩天楼」 さん。
少し分かりにくい場所にあるわりには、意外とお客さんが入って来てました。

メニューはラーメンを筆頭に焼きそば、ご飯物、スープ、一品物などがズラ~っとあり、
セット物もあります。今回は結構お腹が空いていたのでセットものを頼む事に決め、
からあげBセット(塩ラーメン・からあげ・ライス・サラダ)をチョイスしました。
ちなみにセットは、チャーハンかからあげの二つ、
選べるラーメンはそれぞれに 「醤油・塩・味噌」 です。

それから10数分経って着丼。中々豪華で立派な定食になっていますね。では、早速いただきます。

まあラーメンはまずまず。単品でも、セット物の一品としての脇役と捉えても単純に美味しいです。
詳しくは下の方に書きました(笑)
からあげは4つあり、食べ終えたあとは、それなりのボリュームがあったと思える程の量。
外側カラで中はジューシー。噛むといい鶏のいいアブラ感を味わえます。それなりな旨さに仕上がっており、鶏の味わいが広がります。
それに、濃いめの味付けでいいおかずになりました。これは 「もも」 でしょうかね。
やっぱり唐揚げは、ムネよりも 「もも」 が個人的には美味いと思います。そしてサラダや奴っこがいい箸休め。
全体的にも、まさに定食感覚で頂けました。さしづめここに置けるラーメンの位置は、汁物感覚ですね。
まあ、セットで900円は高いのか安いのか微妙な所ですが、味や量的にはそれなりに満足出来きました。
それに、家族連れにも向いてる構成だし、また色んな層に受け入れられやすい味わいは、流石といった感じですね。

御馳走様でした。※点数は、個人的によるラーメン自体の評価です。




          ~塩ラーメン~

スープはあっさりとして飲みやすい口当たり。それでいて意外と確かな動物系のコクがありますね。
また、塩のキレがハッキリとしていて意外と濃いめに感じますが、しょっぱい訳ではなく、塩梅的には丁度いい。
全体的にもシンプルなようでもありますが、奥深さもあるような味わいで、中々上手く纏まっていました。

麺は細い縮れ麺のツルシコタイプ。啜りやすく、コシもまあまあです。中華料理屋さんでのお馴染みの麺と言った所かな。
まあ中庸な麺で特に目立った点はありませんが、スープとの相性は中々。

具材はチャーシュー、メンマ、ワカメ、ねぎ。チャーシューは柔らかく、メンマはちゃんとコリッとした食感。
味付けは共に程よく、スープの味を壊さない程度にいい支え役になってました。
ワカメやネギも相性は良かった。というか、全てが無難に収まっており、逆に印象に残りづらい具達でもありました。

まあ、オーソドックスな感じの 「塩」 で、インパクト的にはそこまで強くないラーメンでしたが、
全体的なバランスが良く、幅広い層の方に受け入れやすいような味でした。悪くは無いですよ。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件