なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ユープー

このサイトの利用方法が決まりました。全都道府県のラーメン屋を最低一軒以上レポートします。誓います。

平均点 74.000点
最終レビュー日 2007年7月29日
14 14 0 8
レビュー 店舗 スキ いいね

ガチンコラーメン道出身らしいです。
店の外にデカデカとアピールしてあります。
ただ、昔のことすぎてさっぱり思い出せません。

そんなこんなで、頼んだのは近江塩鶏麺(650円)。
なんだか長い名前のメニューがたくさんあります。

運ばれてきたラーメンは鶏のいい香りします。
麺は細麺。すっきりおいしいです。
スープも鶏のうまみがよく出ていて凄くおいしい。
ただ、ぬるい。人生で、1度もスープがぬるくて不満を持ったことがない私がぬるいと感じました。不満の残るぬるさです。

具はいっぱい。梅とねぎを和えたもの。揚げねぎ、チャーシュー2種類、乾燥ノリ、味玉半分、メンマが1本。えぇ!メンマ1本って。
鶏の首肉のチャーシューがうまかったです。

スープはうまみを生かすためにわざとぬるいのかも知れませんが、それにしてもぬるかったです。
麺、スープ、具といい構成だと思うだけに残念です!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

オシャレな、でもにおいのない、
そんないわゆるニュータウンの中にあります。

11時半頃入店。先客なし。オシャレな店内。カウンターのみの座席。
沖縄の命の塩を使っていることを盛んにアピールしています。
頼んだのは潮らーめん(650円)。

小なべでスープを温めています。
ご主人と思われる人の調理も丁寧で凄く期待してしまいます。


運ばれてきたラーメンは凄くきれいなスープ。
じんわりと染み渡る味。
しかし飲みすすめていくうちにうまみが強くなる。
鶏や昆布のうまみを感じます。
とてもおいしいスープです。昔の鏡花みたいな味です。

麺は太く、もっちりしている。
佐野の麺に少し似ている。
スープとよく合っていてうまい。

具はチャーシュー、メンマ、のり、ねぎ、桜海老、わかめ。
わかめは意外と好相性。桜海老が潮っぽさを加速させています。


うまい塩ラーメンでした。
よくまとまっていて好きな味です。
ただ、もっと店独自の癖があってもいいかも。
優等生なラーメンという感じはあります。
うまいけど食べる回数は少ない、そんな店かもしれません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
63

店の外のダストから凄い強めのとんこつ臭がします。
らーめん大好きな自分でも少し戸惑います。
並んでいると聞いていていたのですが、金曜日19時で店内はがらがら。

頼んだのは中華そば(500円)。
薄いチャーシュー2枚にメンマ、ねぎ、そして麩。

細ストレート麺は少しやわらかめ。悪くないです。

そしてスープ。舌触りはわりと濃厚だが、味はうすい。
とんこつの濃厚なうまみは弱く、むしろたれの味が強い。
においほど味が濃くなく少しがっかり。
和歌山らーめん独特な臭みはあり。
においはうまそうなんだが、
口に入れるとなんだか味がぼやけてる。そんな印象のスープです。

具に関しては、チャーシューが薄いこと、
麩がわりとうまかった以外は普通。

和歌山らーめんにはもともと良い印象はなかったのですが、
それは残念ながら変わりませんでした。
もっと濃厚なスープを期待していたんですが…。
もっとうまい和歌山らーめんはあるんでしょうか?

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

なんだかいろんなメニューがあって悩みます。
その中でもこの店の一番の定番メニュー?である特濃魚介豚骨ラーメン(ハード)を注文。650円です。

出てきたラーメンはすごいの一言です。
おばちゃんのキャラもすごいけど…。

もうらーめんていうかカルボナーラみたいです。
豚骨も魚介もホントに濃い。
ただ、なんだかすっぱい。嫌な酸味がします。
この酸味でらーめん台無しです。

うーん。もったいない。
ただもう1度行ってみたいと思う不思議な魅力のある店でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

看板も、名前を証明するものもなにもありません。
ここが『すずき』と確信できずに入店。
中に入っても『すずき』とわかるものは何もない。

確信が持てず、らーめん(250円)を注文。
安っ!
間違いなくここは『すずき』だっ!

味はいたって普通。
昔ながらの東京の中華そばといった感じ。
昔の東京の中華そばは食べたことはないけど。
チャーシューがうまい。
スープもじんわりと染み渡る感じで、
思わず全部飲んでしまいました。
でもこの値段でこの味はすごいな〜。

とにかくほっとします。
らーめん好きは1度は行ったほうがいい店かもしれません。

※値段は点数には考慮していません。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

カウンター、テーブル、そして座敷がたくさん。
家族で来れる店って感じでいいです!

頼んだのはお勧めだというラーメン(550円)。
ねぎラーメンはお薦めされませんでした。

スープは琥珀色。
鳥と魚介の風味と、これでもかといった強めの科調のうまみ。
ちょっとしょっぱいのが気になる。
そして、麺がうまい!
平打ちでかなり水分が多く、ピロピロとしている。
しかしコシもしっかりとある。これはうまい。
スープののりもすごくいい。

佐野系のラーメンは麺がうまい。
だから他がまあまあでも許せてしまう。そんな印象でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

店のちょっと手前から甘辛いい匂いがします。
否応無しに期待してしまいます。

頼んだのは肉そば。850円。先払いでした。

出てきたラーメンは透明に近い琥珀色のスープにこれでもかと言うほどチャーシューが!麺が見えません。
スープはかなりしょっぱい。とんこつのうまみ、そしてなにより化学調味料によるうまみ。でも、悪くない。しょっぱさと化調で後引きます。
麺はモチモチの太縮れ。平打ちっぽくもある。うまい。スープに合う。
具は、チャーシューとメンマ。このたくさん入ったチャーシューがとにかくうまい!脂身がありとろけるタイプ。13枚も入っていたが、もっと食いたいと思うぐらいうまい。

流行の味でもないし、洗練されているわけでもない。でもうまい。東京にはないこれぞご当地らーめんのよさといったものを感じれました。
何十年も人を惹きつけ続ける意味がわかります。

朝からこのらーめんが食べれる喜多方は良いなと思いました。
(のどは凄い渇いたけど…)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ラー博にも出展していた千草の支店です。
駅ビルにあるらーめん屋だったのであまり期待していなかったのですが…。

期待しなくよかったです。はい。

注文したのはらーめん。
スープは鶏のみからとった出汁。見た目は琥珀色。香りは醤油・鶏の香り。飲んでみるとしょっぱい。鶏のうまみがどうとかそんなことより、とにかくしょっぱいです。鶏のうまみもそんなには出てないです。
麺はかんすいの少ない感じの触感。そして長い。長い。
具は鶏チャーシュー、メンマ、ねぎ。普通です。

トータルはとにかくしょっぱい。東北のらーめん全般に言えることだけど何でこんなにしょっぱい店が多いのだろう。寒いから仕方ないのかな…。
駅の中なので、忙しい時にちょこっと食うにはらーめん好きにはいいかも。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

今日は新潟に行ってきました。
新潟5大ラーメン?のひとつである濃い味噌ラーメンを、
評判の高いこの店に食べに行きました。

この味噌ラーメンの一番の特徴はなんと言っても、とにかく濃いこと。そして割りスープで薄めながら食べるということです。どうやったらこんな進化の仕方をするんだろう?新潟のラーメンは凄いです。

食べた感想としては、
スープはものすごく濃い味噌。しょっぱくもなく、油が多いわけでもなく、出汁が濃いわけでもなく、とにかく味噌が濃い。漬け汁並の濃さです。
麺は極太。断面は正方形。もちもちの触感。スープが濃くて麺の香りはいまいちわからなかったです。
具は大きなチャーシューとキャベツともやし。味はどれも普通。
割りスープは薄いとんこつです。白濁は弱く、清湯に近いぐらいの感じ。

普通にうまいです。というか、かなりうまいです。最初っから漬け汁に浸ってるつけ麺という感じ。名づけるなら『つか麺』か。

ひとつ残念なのは、割りスープを入れないほうがうまいということ。割りスープでもっと変化したら楽しいのにな〜と思いました。思っただけさ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件