なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うが

神奈川県

2019年もぼちぼちラーメン食べていきます。メインエリアは横浜。次いで川崎、たまに東京。余裕があれば遠征にも行きたいとは思っています。現在コメ返しなどが滞っております。申し訳ありません。頂いたコメントは全て読ませていただいています。生活スタイルが落ち着いたらだんだん復活していきたいです。

平均点 82.717点
最終レビュー日 2019年6月20日
1,015 343 0 4,381
レビュー 店舗 スキ いいね

「【季節限定】冷やし醤油そば 700円」@吉田食堂の写真こちらの冷やしメニューをレビュー。

非常にローカルな立地なんですが、
非常に賑わっているこちら。満席も普通にあります。
地元民はもちろん、目の前の大型パチンコ店の客も
腹ごなしにこちらを当てにしているようです。
この店の食事を目当てにパチンコ店を選んでいる層もいそう!(笑)


「冷やし醤油そば」
価格が比較的リーズナブルなのが良いですね。


【スープ】
節系が主体であろう魚介系と鶏系で伸ばしているであろうというようなスープ。
カエシの味が主体で出汁感はあまり感じられないタイプ。冷やしメニューですが温度帯は
キンキンではなく冷蔵庫くらいの感じ。旨味と油分を固まらせない温度辺りに留めてあります。

【麺】
四角ったい麺帯の中細ストレート。直近の訪問でも違和感を感じたのですが、この店は菅野麺だったと
記憶しているのですが、この麺はやはり明らかに菅野麺ではないと思うのですが・・・
ボソッとした食感と呑みこみ時の粉っぽい感じ・後味の悪さはやっぱりカネジンみたいな感じ。
この前の印象と同じでした。麺変えちゃったんでしょうかね~?? 前のほうがずっと良かった。
菅野麺が素晴らしく良かった、とは決して思わないのですが、その代替えにこれはないんじゃない?

【全体】
う~ん・・・ 全体の形としては、「汗をかかずに、満足度のベクトルを変えずに頂ける中華そば」
みたいな雰囲気は分かるし、完成度的にもこなれてきている感じも分かるのですが、
どうしてもこの麺だけはいただけない。 単純に麺が美味しくないです。 
全体が美味しく頂けただけに、麺によるマイナスが非常に残念。  あくまで個人的好みですが。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

「【限定】冷やしジャージャー麺 950円」@ロ麺ズの写真はいはい、冷やし冷やし。

こちらの定番季節メニュー。
世の中的にはまだまだ珍しい
冷やしのジャージャー麺です。


「冷やしジャージャー麺」
しかも汁のある一杯で、ラーメンとしての体を張っているのです。
毎年レビューしているので今年は簡単に。


昨年のレビュー↓↓↓ 例年と大きく変わっているところはありません。
https://kanagawa-ramendb.supleks.jp/review/1152573.html


【全体】
スープはこれまたお馴染みのG麺7の冷やし塩らーめんのスープと同じような感じ。
温度帯はきっちりと涼やかに。そしてとろりと粘度があるのも特徴です。
麺は北海道産のツルキチとキタホナミを合わせた中細麺。つるりと滑らかな麺肌でスルスル入ります。

全体としては冷やしラーメンとしての要素が主で、そこにジャージャー要素を加えたハイブリット型。
温度や薬味などによる清涼感が初夏に嬉しい一杯。ジメジメした日におススメです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

「【限定】紅葉おろしの白醤油つけ麺 1100円」@ラーメン星印の写真もうすぐ終了の限定つけ麺。

つけ麺限定が続いているこちら。
こちらはレギュラーにつけ麺がないので、
貴重な機会とも言えます。


「紅葉おろしの白醤油つけ麺」
提供期間はあと僅かなようなのでお早めに。



【つけ汁&小皿】
鶏油が綺麗なシャバ系つけ汁。白醤油の塩味がしっかりと決まっていて薄ぼやけはなし。
シャープな全体像だけど旨味の層もきっちり。オイル分は多めでコク不足も感じず。具は汁丼の中。
味変(?)用の紅葉おろし、岩海苔、しらすは全体のタッチを壊さないのに非常に効果的に作用。
ただ、岩海苔は磯臭さが乗りすぎてしまう気がしたので、散らばさないように工夫した方がいいかも。

【麺丼】
昆布水に浸された中細ストレート。昆布水はヌメドロしたものではなくさらりとナチュラルな粘度。
これくらいの方が圧倒的に自分好み。最終的に昆布の味しかしなくなるやつよりもずっと好き。
麺も盛り付けが上手なためか持ち上げ易く、するすると食べやすくて素晴らしい。

【全体】
欠点らしい欠点が見当たらない端正な出来のつけ麺。昆布水系苦手な私でも納得の出来栄え。
レビューを書いてたらもう一度食べたくなってしまった・・・(笑)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 35件

「鶏そば(醤油)900円」@麺LABOひろの写真ほんとは別メニューを求めて伺ったのですが・・・

訪問した日はお目当ては提供なし。ガッカリ。
仕方ないので未食だった醤油を。
お目当てはまた機会をうかがって食べに行きましょう。


「鶏そば(醤油)」




【スープ】
鶏油の浮いた鶏がメインの端麗スープ。ど真ん中にネオいスープですが、数あるコレ系の中では
だいぶ淡い仕立てでクリアな形のスープだと思います。アクセントとして山椒や柚子皮、別皿で岩海苔が
あったりしますが、特に岩海苔は全く別の味になってしまうので、個人的には要らない要素です。

【麺】
京都棣鄂の中細ストレート。ここの麺は個人的に好きですね。
三河屋とか菅野に比べるとコンディションキープ力が高いと思います。

【具】
低温調理系チャーシュー、三つ葉、薬味ネギ、柚子皮、三つ葉、実山椒など。
低温調理系がイマイチ得意ではない私でも、ここのは別格。これ系の最高ランクです。

【全体】
問題なく美味しい。問題なくつまんない。 ただただそれだけ。
間違いなく美味しいことは美味しいのですが、いい加減そろそろこういう路線は食傷気味ですね。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 3件

「チャーシュー麺 900円」@麺や 太華 横浜橋店の写真これもだいぶ前に食べた時のレビュー・・・

戸塚にある有名店の支店。
尾道系の一杯がウリの店です。
本店は好きでよく通っていたのですが
ある頃からなよっちくなってしまって
ここ最近は足が向いていません。


「チャーシュー麺」


【スープ】
醤油がはっきりと効いた動物系スープ。背脂が入りますがどちらかというとコクは薄め。
カエシの効いたタイプではあるけど、昔の太華はもっとしょっぱめでパンチが効いていて
背脂多めでコクがあった。あの頃と比べるとかなり関東人向けに味が調整されている印象。

【具】
チャーシューはたくさん。チャーシュー麺オーダーすると自動的にネギも増されます。
この仕様も戸塚店と同じ。チャーシューは肉々しいタイプでややパサ。好みが分かれるタイプ。

【全体】
やはり顕著に関東仕様に味が収まってしまっている。本店でもいつ頃からかそう感じるようになったが
この支店ではさらに分かりやすく、コンパクトにマイルドに収まってしまっているのが残念。
やはり大華はしょっぱくて背油も多めでワイルドでなければつまらないと思います。
こちらの支店で、味濃いめとか脂多めとかコールができるのかは不明。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 850円」@ラーメン 登良治郎の写真蓄積レビュー解消シリーズ。

溜まりに溜まっているレビューを
簡単レビューで消化していきます。
こちらの未食シリーズ。


「つけ麺」


【麺丼】
白っぽい自家製の太麺。胡麻と刻み海苔もあしらわれていて和風に寄っています。

【つけ汁】
やや塩気の効いたたっぷりの汁に野菜と豚。ニンニクはコールで。
シャバ系の汁でライトな口当たり。汁麺を食べる時の印象とはまた違う感じですね。
豚はこの日は下ブレ。野菜は量が多くて食べきるのが大変でした。

【全体】
暑い日に嬉しいつけメニュー。rei様レビューの味噌つけも美味しそうですね~。
その日の気分や気候によってオーダーを選べるのが嬉しいですね。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 10件

「担々麺 黄 780円」@四川麻辣火鍋 天府の写真こちらに訪問! ・・・なんですが

いろんな種類の担々麺が頂けるこちら。
今更ながら初訪なんですが、
期待値を大きく下回る一杯に出会ってしまいました。


「担々麺 黄」
黄色は+カレー風味です。



【スープ&具】
粘度ほぼなしのシャバ系胡麻ベース。サラサラした口当たりでコクが全くなく
濃厚系の担々麺が好きな私にとってはかなり物足りない内容。刺激も全然ありません。
カレーフレーバーもなんだかただ単にカレー粉を振っただけのようなお粗末な内容。
具の肉味噌も量・味ともに結構不満の残る内容で、褒め掬う部分があまり見当たらない・・・

【麺】
中細~中太くらいのいわゆる中華麺。少しやわ目の茹で加減。

【全体】
下ブレにしてもこれはちょっとイマイチな内容でしたね~。どこか手抜きを感じるのが嫌でした。
もうしばらくしてよっぽど気が乗れば他色も食べてみようとは思いますが、
若干、再訪意欲が遠のくようなガッカリの一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鯛湾麺 850円」@Noodle Kitchen GUNNERSの写真こちらの新レギュラーシリーズ。

鯛系もレギュラー入りしているこちら。
鯛白湯を流用したこんな面白いメニューも。
台湾に鯛を使用して鯛湾ラーメンです(笑)


「鯛湾麺」
券売機は「台湾ラーメン」になっていますが
メニュー名的にはこちらのほうが面白いので
表看板の表記を採用。



【スープ&具】
臭みの少ない鯛白湯がベース。オイル分やや多めでコクのあるタイプ。
そこにラー油と台湾ミンチで辛味付け。具は他に刻み系のものがゴロゴロと。
少し前の同メニューレビューで見るよりも具の彩りがアップしているように感じますね。

【麺】
中細のストレート麺。鯛白湯との相性が良いですね。啜り具合もまずまずです。

【全体】
うん。面白い一杯で個性的でした。台湾要素は完全再現ではなく、あくまで鯛白湯主体。
辛味×鯛白湯の相性の是非はあえて申し上げませんが、食べての興味心をそそる店の打ち出す個性と
各パーツの仕事の丁寧さに好印象を抱いた一杯でした。
この店がこういった形で進化していくとなると、さらにこの地域を盛り上げる要因店になりますね。
今後もさらに楽しませてくれそうな優良店です。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 3件

「【限定】バッカラとハンガリー産フォアグラのまぜそば1000円」@麺や 魁星の写真こちらの月替わり限定。

今回の限定メニューは混ぜそば。
バッカラとは鱈の塩漬けの干物。
マニアックなものとフォアグラを軸に
構成されたメニューです。


「バッカラとハンガリー産フォアグラのまぜそば」
味変アイテムはお馴染みトリュフオイル。今回はお好みで
レモン汁かバルサミコ酢にも変更ができるようです。



【タレ&具】
タレはしっかりと輪郭のある塩梅加減。具にはそれぞれ刻みで鶏チャー、パプリカ、水菜、青ネギ、
アーリーレッドなど。そして中心部にメインの2パーツが。
この一杯はワッと混ぜてしまったほうが美味しく頂ける系です。

【麺】
中太のモッチリ滑らか麺。自家製でしょうかね。美味しい内容です。
タレとの馴染みも悪くないですね。

【全体】
なかなか美味しい一杯でしたね。後半のトリュフオイルと全体も喧嘩せずに収まっていました。
ただ、ほんのちょっとだけ塩気が強すぎるのが唯一気になりましたね。薄ぼやけるよりはマシですが。
しかしながら、こちららしさの詰まったナイスメニュー。他味変アイテムverも気になる・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「【限定】ソルビーラーメン 900円」@ハイパーファットンの写真※このメニューはすでに終わっています※

だいぶ前に食べたメニューですが
レビュードロップを忘れていました。
まぁまたそのうちリリースされるでしょう。
なのでその時のために参考までに。


「ソルビーラーメン」


【スープ】
白濁としたスープはトロリとした動物系超特化。メニュー名にある通り、牛の雰囲気が目立ちます。
そこにBPとかなり突っ込んだ塩分。ジャンクさは極まりなく強く、さすが塩をメニュー名に置く仕立て。
さすがにかなりしょっぱいですが、野菜マシなどのオーダーを前提に考えるとこの辺りのバランスは
ある程度納得のいくところかな?といった感じです。
マシ申請客層が薄く感じないようにといった、専門店にのみ許される塩分濃度ですね。

【全体】
旨いんです。「限定はこうあるべき!」と思わせる仕立てになっているんです。
良いとは思うんですけど、それでもやはり塩分オーバー感が勝ってしまいます。
男性にはウケそうな塩梅ですが、ちょっと私には強すぎましたね。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 5件