なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うが

神奈川県

2019年もぼちぼちラーメン食べていきます。メインエリアは横浜。次いで川崎、たまに東京。余裕があれば遠征にも行きたいとは思っています。現在コメ返しなどが滞っております。申し訳ありません。頂いたコメントは全て読ませていただいています。生活スタイルが落ち着いたらだんだん復活していきたいです。

平均点 82.721点
最終レビュー日 2019年6月19日
1,014 343 0 4,378
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】IPPUDO Q2 1600円」@一風堂 関内店の写真それなりにイロモノも攻めます。

さすがにチョコレートまではいかないけれど
企画モノや限定モノなどは興味があります。
何やら一風堂で珍しい限定があるとのことで。

「IPPUDO Q2」
1日20食(昼・夜各10食づつ)
企画概要などは公式HPに載っています。


【具】
汁なしスタイルで提供される丼には野菜や果物がたっぷり。
いちご、りんご、ベリー、グレープフルーツなどの果物にブロッコリーやパクチーなどの野菜。
さらにコーンフレーク、クリームチーズにチョコレートソース。そしてベーコンにチーズ。
チョコレート入ってるやん(笑)

【麺】
麺は平打ちのパスタっぽい麺にあらかじめタレを和えてある。タレは甘くないっすよ(笑)
麺量は少なめで食事として当てにする量はない。具の量とのバランスが逆転している形。

【追いスープ】
追いスープとしてリザーブされるはカレー豚骨スープ。塩梅は弱くマイルドなスープ。
ちょっとぼやけた印象で、もっと塩気があった方がコントラストになって面白かっただろうに。

【全体】
抜群のインパクトはあるけど、これは麺料理というカテゴリーには自分的には入らない。
具の役割割合が高くてまさにパフェといった感じ。麺はその中の一つの具といったところ。
メニューコンセプト通りのジャンルブレイク力には富んでるとは思います。

県内では提供店は関内のみ。さあ、イロモノ好きよ。関内に走るがいい。14日までだ。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】冷やしトマト麺 850円」@自家製麺SHINの写真この店の3年目の夏トマトメニュー。
一日15食程度、7月20日までの提供とのこと。
今年も楽しみにしてましたー!

「冷やしトマト麺」




【スープ&ソース】
鶏ガラと鰹出汁に塩味。その上にトマトソース。そして鰹ジュレ、香味はガーリックオイル。
基本的なベクトルはこれまでのまま。昨年から導入のジュレも健在。これがこの一杯のキモ!
鰹とトマトがほんとに不思議にマッチ!イタリアン+和の見事なバランス。
塩分調節もきつ過ぎない程度にしっかり効かせてあってラーメン屋の冷やしメニューとして
しっかりと満足感と清涼感を両立させている。トマト一辺倒ではない滋味深さがあります。

【麺】
レギュラーラーメンの麺と同じものだけど、氷水で締めることにより凄まじいコシと
新しい食感を生み出します。ラーメンメニューとは全く違う顔を見せます。
マジでこの麺だけで埋められる満足度はかなり大きい!

【具】
ベビーリーフたちはもちろん清涼感を運んでくれて最高のアイテム。
注目の揚げチキンは昨年より更にペッパーが効いていてこれが最高に旨いんです。
揚げたてのチキンと冷たいスープの温と冷のコントラストが楽しいです。
レマーンは後半に絞って爽やかさを更にプラスして味変できます。

【全体】
うん。やはり完成度の高い冷やしトマト。きっちりと今年も満足ですね~!!
チキンのペッパーの効きが昨年よりも鮮烈なためか更に満足度が高かったです!
悲しいのは提供期間の短さ(泣)この夏中ずっと食べたい一杯です。
このメニューにときめかない女子はおそらくいないでしょう(笑) もちろん男子にもおススメ!
トマトメニューファンに多く食べてほしいと思う逸品です。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 65件

「【期間限定】蒙古タンメンバーガー 650円」@ロッテリア 京急神奈川新町店の写真ネタレビュー。ロッテリアの企画物。
3年目第3弾となるラーメンバーガーシリーズ。
今年は中本とのコラボ。ネタ本位で食べてみました。


「蒙古タンメンバーガー」


【バーガー】
パティの代わりに焼いた麺を整形して挟んであり、麻婆豆腐のようなソースがかかっている。
バンズにはマヨなどが塗ってある。バーガー自体には中本らしい辛さはほとんど感じない。
一般の方が普通に食べられるようなバランスに仕上げられている印象。

【スープ】
案外本当に中本ライクなピリ辛味噌スープ。辛さは全然さほどでもないので安心して頂ける塩梅。
野菜も入っていてキクラゲまでしっかり入っているのが感心。バンズを浸して食べてみると
これが何だか知らんが合ったりする(笑)

【全体】
意外にイケるw そしてバーガーとスープが妙な相性。
1年目の武蔵は全く記憶にないが、昨年の大勝軒コラボがあまり良い評判を聞かなかったので
今年のやつも全く期待してなかったけど、これはまずまずイイのでは?
お持ち帰りにして自宅で辛みを足して楽しんでみるのも一興かな? (私はやらないけどw)
これのためにわざわざロッテリアに行くこともないが、近くに店舗がある方は話のネタの材料として
一度食べてみるのも面白いかもしれませんよ。ま、でも650円払うなら普通にラーメン食べるよね(笑)

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】らぁめん屋の冷し中華 900円」@自家製麺 麺屋 利八の写真川崎の注目新店が早くも限定をリリースしています。
トマト系の限定もあり惹かれるのですが、
冷やし中華を頂こうと決めていたので、こちらをオーダー。

「らぁめん屋の冷し中華」
結構強気な値段設定ですね。場所代がそれなりに乗っているのでしょうか。


【麺】
レギュラーで使われているものと同じ極太麺を冷水で締めてあります。
ラーメンメニューで頂いた時よりも随分印象が良いです。
やはりこちらの麺は、一度締めてから頂いた方が美味しいような気がします。
強い弾力とハリ感、卵麺らしさも十分楽しめます。噛みしめるのが大変!(笑)
ここまで太い麺で正統派冷やし中華というのも珍しいですね。

【具】
キュウリ、トマト、材木メンマ、煮卵、もやし、チャーシュー一枚そのまま。レモンスライス。
奇をてらった所のないラインナップ。キュウリやトマトは大ぶりに切ってあります。
チャーシューはグランドメニューと同じもので炙ってから配されています。
このメニューにおいては、炙りが功を奏してますね。柔らかい仕上がりで上々です。
ラーメンメニューで際立っていたメンマは、何故かこの一杯の中では凡庸に感じた。

【タレ】
醤油ベースの酸味があるタイプ。オーソドックスですが、酸味は酢から来るものでは
ないような印象。レモンを絞った果汁とかで付けてあるのかもしれません。
甘味はあまり感じず、ややビターな酸味が表に出ている印象です。

【全体】
タレの僅かな苦味が全体の纏りをチグハグにしているような気がしました。
麺の良さだけが際立っています。具には少なくとももうひと工夫欲しいなあ。
900円という価格を考えるともう一つ満足感が足りないように思います。
サラっと食べたいオフィサーにはいいかもしれないけど、ラオタは物足りなさを感じるのでは?


とはいえ、オープン間もなく限定にも取り掛かり、それを店主お一人で回しているのだから
頭が下がりますね。注文、会計、鮮やかな厨房捌き、機敏な動きで全てを一人でこなす。
この店主只者ではないですね。(なかなかイケメンだし!w)
今後更にポテンシャルを生かした独創的なメニューに期待します。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 12件