なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うが

神奈川県

2019年もぼちぼちラーメン食べていきます。メインエリアは横浜。次いで川崎、たまに東京。余裕があれば遠征にも行きたいとは思っています。基本、横浜エリアのレビューをしていきたいと思っています。

平均点 82.693点
最終レビュー日 2019年10月15日
1,132 394 0 4,887
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン少なめ 750円」@MEN YARD FIGHTの写真話題の新店、横浜に!

登戸系といえば伝わりやすいのでしょうか。
蓮爾やゼンゼンの流れを汲む新店。
私は蓮爾らは未食なので比較できませんが
どんな感じなのか食べに行ってみました。




「ラーメン少なめ」


【スープ】
非乳化の液体油多め、化調多め、やや酸味も感じるくらいの感じ、カエシの効きはそれなり。
ボディの強さは申し分なく物足りなさは全くなし。でも下品すぎず状態良く仕上げられています。
この感じでスープの仕立てが安定するならば、六角橋エリアのインスパ店は気が気じゃないかも。
大学生の動きの流れが反町に寄ってしまうかもしれません。

【麺】
アイデンティティであろう極太のゴワゴワうどん麺。ガッチリどころの騒ぎではない密度の濃い
個性的な麺。この麺の感じを受け入れられるかどうかで店の評価が変わりそう。
麺量は少なめで270gとのこと。ちなみに私はこの麺は全く好みではありません。

【具】
豚は柔らかく肉質も味付けも良く上々。今回は脂身が多い部分だったけど、脂身もとろける甘味で
臭みもなくなかなか上手な仕立て。野菜の量はノーコールで普通かちょい少ないくらい。

【全体】
横浜に突如現れた蓮爾色。このテイストがこの地に根付くのか。非常に興味深いところ。
とりあえずスタートダッシュは成功のようで、次々と押し寄せる客入りを見るに
こういう系が全く不毛だった反町エリアの客層には興味津々のようですね。
麺に拒否反応さえ示さなければ多くの虜が発生する可能性がありますね。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「廣島らぁめん(並) 800円」@ナルトもメンマもないけれど。の写真メニューリニューアルのこちら。

関内セルテ6階のラーメン横丁の一店。
なんとこちらが今までのメニューを全て廃止し
ご当地ラーメンを看板メニューにするという
衝撃のリニューアルを遂げました。
今までのメニューもとても美味しかったのでビックリですが
新看板メニューはどんな感じなんでしょうか。




「廣島らぁめん」
恥ずかしながら小鳥系と言われる「広島ラーメン」というジャンルは聞いたことがなく
広島と言えば汁なし担々麺か辛いつけ麺をご当地メニューとして思い出す私です。

【スープ】
豚骨をメインに鶏系、そして裏に香味野菜の風味(チャーシューの味付けからの風味かも)。
ペったりしたとろみもちょいと感じるんだけど、全体の飲み口はサラッと軽め。醤油はやや甘め。
博多豚骨と家系豚骨醤油の真ん中あたりの感じか。カロリーは高そう。

【麺&具】
中細のストレート麺。滑らかでポックリした麺で美味しいです。製麺所は京都ていがくなのかな?
具は煮豚系チャーシューにもやし、青ネギ。もやしの量はちょい多め。嵩増し感あり。
もやしの量と麺のバランスがちょいチグハグしていることだけが気になりました。

【全体】
コッテリしてるけどしつこくなく、後惹く美味しさで非常に魅力的な一杯だと思いました。
ただ、このマイナーご当地系一杯に一本化してどれだけの注目度・集客力が見込めるか。
家系豚骨醤油に食べ飽きてる横浜で熱烈なリピーターが増えるのかどうか。という感じでしょうか。
うまくリピーターがついてくれるといいのですが。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 15件

「特製塩そば 1050円」@中華そば 笑歩の写真こちらの新メニューを。

綱島は森中跡の人気店。
休日のピークタイムはすごい行列です。
このたび塩メニューがはじまったということで
ようやくありつくことができました。



「特製塩そば」


【スープ】
淡い端麗系の塩スープ。塩味に尖りがなく円やかな塩使い。出汁は何かを突出させないバランス型。
全体的にとっかかりがなくあっさりとした仕立て。塩だと旨味量の少なさが目立ってしまうような。
一口頂いただけでわかる怪しげのなさは嬉しいとこではありますが。

【麺】
自家製の中細ストレート麺。練り物入りですがパサつきやガサつきはなく滑らか。
風味も豊かで特筆ものの麺です。正直、この麺がなければ何てことない一杯になってしまいそう。

【具】
特製オーダーでチャーシュー、メンマ、刻みタマネギ、白ネギ、味玉、海苔、白胡麻、鷹の爪など。
スープのシンプルさに対して具のアクションは大きめ。色んなファクターを配していますね。
特に刻みタマネギはかなりアクセントを与える働きをしていますね。

【全体】
うーん、、、  醤油の方が好きかな?(笑)
とても美味しいんだけど淡々としすぎててピンとくる取っ掛かりが無さすぎるかな~という気が。
塩メニューとしての攻めっ気が欲しいかな~といった食後感でした。塩って難しい。
しかし、この店の完璧なホスピタリティや食への安心感などはさすがの一言。素晴らしいお店です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「【限定】稲妻 1150円」@流星軒の写真この店の新限定。

「川の先の上」とのコラボ第一弾とのことですが
G麺グループとのコラボということで
今までの限定メニューと特に変わりはありません。
ただし、このメニューはかなり特異な内容ですよ~!


「稲妻」
潔いメニュー名ですね。お値段高く感じるかもしれませんが
実内容は「ワンタンメン」メニューなので、相場的にはそこまで高くないんです。


【スープ】
ベースのスープはこの店の支那そばメニューと差異はないように感じる魚介系を立たせたひと昔風味。
仕掛けはオイル。花椒をフルに効かせたオイルが全体を覆い香りと痺れを演出。
食の展開すべてをこのシビれがリードしていく展開です。辛さのない中で魚介の風味と立ち向かう痺れ。
担々麺などで世に溢れている花椒ですが、こういったオールドスタイルのスープとの取り合わせは
私ははじめて頂きました。しかもシビレという特徴をきっちりと主役に打ち出しています。
ピリピリと舌に残る刺激はまさに「稲妻」 かなり突っ切った仕立てになっていますね。
これはシビ耐性のない人が食べちゃダメなやつです。

【麺】
「川の先の上」製麺の中細ストレート。少し柔めの茹で加減でしょうか?
麺自体の美味しさ、滑らかさ、トータルパッケージの安定感がありますね。

【具】
チャーシューに特製ワンタン、春菊、刻みタマネギ、海苔、スダチなど。
この店の限定ワンタンはいつもスペシャリティーな内容になっていますが、今回のは異端児な作り。
味付けに豆板醤などの中華系調味料が入っているような独特の辛味酸味などが配されている珍しい作り。

【全体】
いやぁ、これはかなり攻めたメニューですよ!こんなに尖った一杯をこの店で頂いたのははじめて。
かなり評価の割れる一杯だと思いますので、間違っても初訪でこのメニューをオーダーするようなことは
してはいけません。この店へのイメージがおかしなことになってしまいます。(笑)
食後はしばらく舌がピリピリ。シビマニアにぜひ食べてみてほしい一杯です。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 30件

「【限定】担々麺 900円」@らぁ麺 はやし田 横浜店の写真こちらで限定メニューですって。

横浜にも進出してきたはやし田グループ。
季節限定メニューが投入されました。
その名も「担々麺」!! (笑)
あまり期待値を上げないで食べに行きましょう。。。


「担々麺」
プライスはやや強気の設定。



【スープ】
サラッとした胡麻系スープ。濃厚さはなく胡麻の風味は弱め。辛さはやや中辛といったところで
花椒の痺れはあまり感じずミックススパイスを使っているような印象の風味。
全体的に収めるところに収めたファミレス風な仕立てという印象。

【麺】
細ストレート麺。博多豚骨よりも一回り太いかどうかといった麺で、ややおやつ感覚。
茹で加減はしっかりと把握されている様子で美味しい状態でリザーブされました。
食事の当てにするにはやや心もとない麺チョイスといった感じでしょうか。

【具】
肉味噌にナッツ、白髪ねぎ。肉味噌は五香粉的な中国系ミックススパイスが使われているような感じ。
葱の切りなどには非常に細かい仕事を感じるのですが、全体的に何も目立つような特徴あるものはなく
平凡かそれ以下の印象しか無いものをただ定石通りに並べただけという感じ。ナッツは完全にお飾り。

【全体】
限・・・ 定? 季節限定メニューにしても特別感と季節感が無さ過ぎてポカーンとしてしまうし
この内容ならファミレスでもワンチャン食べられるんじゃね?といった感じ。
味としては破綻はしてないが、ラーメン屋の限定メニューとしては弱すぎる一杯。

接客も丁寧だしオペも安定してるし、店のスタッフ力はなかなか良いものがあると思うんだけど、
出される一杯の内容がくだらなすぎる。グループ全体の創作力に欠ける印象がありますね。
せっかく良さそうな人材がたくさんいるのだから店舗スタッフオリジナルの限定メニューなども
コンペなどで採用してみたらいいのではないかと思いました。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 4件

「【限定】海苔そば 1050円」@ラーメン星印の写真こちらの新限定はこちら。

本当に色々なメニューに取組んでいるこちら。
創作力は神奈川区内でも現在1位じゃないでしょうか。
今回も魅力的な限定が出てきたのでレビュー。
ほんとにどんなジャンルを作っても上手なこちらです。


「海苔そば」
提供期間は不明なのでお早めに。



【スープ】
アニマルオフで仕上げた白醤油スープ。動物系不使用でも旨味の層は分厚く、鶏油でコク深く、
全体には生姜の香りを纏わせ、海苔の風味と混然として旨味風味のハーモニー層を構成。
抜けには煮干しの香り。さすが非常に上手な組み立てになっていますし、技術が円熟味を帯びています。
全体的に我の強い目立つ材料が多いのに、どれかが突出して悪目立ちするのではなく、
タッグを組ませている仕立てです。巧いとしか言いようがありませんね。

【麺】
中細ストレート麺。麺の風味がスープに負けることなく存在しています。
海苔を絡ませて頂くとこれは至福の時ですよ。

【具】
大量の海苔の下にチャーシュー、薬味ネギ、メンマという構成です。
例によってメンマには仕事がしてありアクセントに。柔らかいチャーシューも絶品。

【全体】
材料と仕立てだけを見ると思いっきり和風に寄っているのかと思いきや、きちんとラーメンとして
成立させているバランス感覚が素晴らしいですね。鶏油と生姜の働きが大きいのかな。
非常に秀逸な出来の一杯、ご主人はどんどん腕を上げてまさに職人の域といった感じですね。
店と店主の円熟味を感じた一杯でもありました。素晴らしく美味しかったです。

あの・・・ カレー系はいつやってくださるのでしょうか?(笑) できればまとまった期間で…(笑)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 38件

「パーコーごま麺 1000円」@ごま麺 鉢と棒の写真都立大学駅の衣替え店に。

「あの小宮」が衣替えしてこのテナントに。
運営元は変わりませんので単なるジャンル替えです。
プチブームになっている胡麻系の特化店ですね。
個人的には店名が嫌い(笑)
こういう屋号ばっかりだよね、近年。


「パーコーごま麺」
辛いメニューのようです。別メニューで「担々麺」もあり、
やや混乱しますがメインラインのごま麺をパーコー付きで。



【スープ】
見た目濃厚、ベースはサラッとした胡麻スープ。見た目ほどの粘度はなく食べやすい内容。
練り胡麻というよりはすり胡麻のニュアンスが強い。胡麻の風味はそれなり。
花椒がなかなか効いていて辛さよりもシビレが勝っています。辛さはピリ辛程度。

【麺】
麺は固めの茹で加減のうねりのある太麺。ややゴワつきがありモッソリしている。
個性的ではありますがもうちょっと滑らかに食べたいところですかねぇ。

【具】
肉味噌にニラやネギ、辣油に揚げたてのパーコー。パーコーはカレー風味の薄い豚肉。
肉味噌は小エビなどがしっかり入っていて本格的な担々肉味噌。ちゃんと仕事されてるなぁ。
ニラやネギなどをスープ全体を頂くとなんだか神田鬼金棒みたいな雰囲気に。

【全体】
頂いた内容はほぼほぼ所謂担々麺。こうなってくると別メニューにある「担々麺」の内容が気になる。
胡麻を使用しないで仕立ててあるメニューなのかもしれないし、でも他の方のレビューを見ると
あんまり変わらないような気がするんだけどなぁ~??よくわからんメニュー構成だ。

ちなみにランチタイムの半ライス無料や辛シビの調整などは自己申告制で店からは聞いてくれない。
この日のスタッフだけかもしれないけど、せめて辛シビのレベル確認くらいはしてほしいもんだ。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「かつらの中華そば 800円」@豚骨清湯・自家製麺 かつらの写真黄金町駅近のこちら。

豚清湯がメインスープのこちらですが
魚介系を使用したメニューもあります。
以前限定で提供していたメニューが
好評のためレギュラー化された形です。


「中華そば」


【スープ】
ベースの豚清湯に鰹や煮干しなどを加えたバランス型スープ。完全にクラシカルな形に収まっています。
塩分は相応の入り方で端正な出来。出汁感は何かを突出させないバランス。

【麺】
自家製の中細ストレート麺。この麺は抜群に旨い。細さに対してしっかりとコシがあり
のど越しも素晴らしいです。

【具】
仕込み方の違うチャーシューが2種。ワンタン、材木メンマ、白髪ねぎ、三つ葉、半玉。
値段の割にかなり豪華な具乗りになっていてコスパ的にも納得感があります。
メンマはちょっとしょっぱすぎる気がします。

【全体】
オーソドックス、クラシカルなメニュー。豚骨が苦手な人には食べやすい内容になっていると思います。
形としてはどこにでもありそうな内容だけど、麺の美味しさと具の豪華さでポイント高し。
客入りもだんだんと良くなっている様子でこれからも期待のお店です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「しじみらーめん塩 900円」@麺や 空月の写真こちらの新ラインナップ。

なんと看板メニューだった鯛メニューが
材料供給が難しくなったとのことで廃止!
代替えのメインメニューとして
新しくしじみの清湯が始まったとのこと。
鯛メニューが素晴らしかっただけにかなりショックですが
とりあえず新メニューを頂いてみなくては!


「しじみらーめん塩」
塩か醤油で選ぶことができます。店の一押しは塩。


【スープ】
澄んだしじみ出汁。かなり上品に仕立てたスープですがしじみの旨味は十分あり。
塩気は強くなくバランス型。しじみ汁のような感じではなく、ラーメンスープとして作られています。

【麺】
黄色っぽい中太の微縮れ麺。ん?麺も変えたのかな?
少し柔めの茹で加減。ちょっと麺がチープに感じる気が・・・

【具】
鶏チャーシュー、殻付きのしじみ、青ネギ、豆苗、スダチ、糸唐辛子、海苔など。
あしらいの豆苗は土臭さが目立ってしまって私的には確実に要らないファクター。
柑橘の効果もちょっと十分に機能しているとは言えない気が。
スープと海苔の相性が良かったので、柑橘よりも海苔を増やしてほしい感じ。

【全体】
端正に美味しい出来ですが、鯛白湯などの華やかな旨味と比べるととにかく地味。
これを長い期間看板メニューにしていくのは無理があるかもしれません。
なんとか無理してでも鯛メニューを復活させるか、さらに新しいラインナップを考えるか、
応援してきた店なのでちょっと先行きが不安ですが、見守っていきたいと思います。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 6件

「ラーメン小+身入り 700円」@手打ち中華そば 酒田の写真最強ラーメン降臨。

ケンちゃんラーメンインスパイア。
好みで味の濃さや油量も調節可能。
今回は自分好みのコールを確立。
前レビューと内容はさほど変わらないので簡単レビューで。
過去レビュー↓↓↓
https://kanagawa-ramendb.supleks.jp/review/1188847.html

「ラーメン小+身入り」
身入りに味濃いめ、油少なめでオーダー。



【全体】
油少なめだからもたれにくく、でも身入りでコクも担保してちょうどいいボディー感。
味濃いめのオーダーなのでベースの煮干し感に負けない塩加減でエッジが効いています。
ピロピロの麺も存在感抜群。この日はチャーシューも非常に良い出来でした。

「身入り+味濃いめ+油少なめ」 これが私の最強オーダーですね。マジウマラーメン完成です。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 3件