なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うが

神奈川県

2019年もぼちぼちラーメン食べていきます。メインエリアは横浜。次いで川崎、たまに東京。余裕があれば遠征にも行きたいとは思っています。基本、横浜エリアのレビューをしていきたいと思っています。

平均点 82.680点
最終レビュー日 2019年10月20日
1,135 396 0 4,899
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺 850円」@らぁ麺 はやし田 横浜店の写真横浜に進出してきたはやし田。

大都市駅周辺をターゲットにして
規模を拡大しているはやし田グループ。
横浜にも店舗を構えました。
そつなくネオいやつを提供してくれています。


「つけ麺」
今回は鶏油味を求めてつけ麺を食べに行きました。


【つけ汁】
シャバの醤油味。鶏系の動物がメイン。塩梅強め。鶏油を前面に出したよくあるタイプのネオクラ味。
後半はややしょっぱさがきつく感じる。そつなく美味しいけど何も仕掛けがない形。

【麺&具】
平ったいツルモチの多加水麺。くっつきやすく麺帯が長いので引っ張り出しにくいけど
麺そのもののチョイスは悪い感じではなく、しっかりと満足できる内容になっている。

具は低温調理系の鶏豚それぞれチャーシュー、汁内に穂先メンマやネギなど。
やっぱりこの店のチャーシューの出来にはやや不満を感じます。

【全体】
ネオい。ただひたすらにネオい。個性などは1mmも感じない。際立った惹きもなし。
ただ、横浜駅周辺ではこういった一杯は意外にも提供店舗が少ないので、エリア的には希少。
昆布水などが使われていないのも私的にはありがたい。ただ、それ以上も以下も何もないメニュー。
色々と刺激を求めて訪問して・・・の客層には答えられない内容です。普段使いのみって感じ。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

「つけ麺(並) 800円」@自家製麺 然の写真武蔵小杉エリアの人気店。

このエリアで圧倒的な人気を誇るこちら。
ピークタイムは行列当たり前。
ずーーーーっと来ようと思っていたのですが
相当長い年月が過ぎ、やっとこさ訪問。


「つけ麺(並)」


【つけ汁&具】
つけ汁はありがちなドロドロ系ではなくシャバいサラッとしたトンギョ。オイル分が多いこともあり
どちらかというと動物感の方が強いような感じ。全体的に出汁感は希薄です。
汁内にはゴロっとした豚チャーシュー、材木系メンマ、薬味ネギ、海苔&魚粉は浮かべられている。
チャーシューは凄く脂身の多い部分ばかりでしたが味的にはそんなに悪くない気がしました。
問題はメンマで、かなり強い塩気で仕立ててありめっちゃしょっぱい。

【麺】
自家製の太麺。かなり固めの食感と茹で加減。もうちょいモッチリした食感のものが好みだけど
存在感はかなり立っていて主役はしっかりと麺にはなっている。シャバつけ汁の持ち上げや絡みは
正直ちょっとイマイチ。並なのに異様に多く見えるのは器の下に水切り下敷きが張られて
底上げされているため。食べる前は麺量間違えられたかと思いました(笑)

【全体】
シャバ系の汁に対する麺のパワーバランス、ここら辺をどう感じるかによって評価が分かれそうな一杯。
どちらかというとオールド寄りのつけ麺って感じですかね。これはこれで悪くありませんが
これを目当てに積極的に再訪するかと言われると、私的には微妙かな。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】冷やし赤味噌つけ麺 1000円」@川の先の上の写真こちらの限定冷やし第2弾。

定番の冷やし塩をリリースしていたこちらですが
このメニューに新しく切り替わっています。
珍しい冷やし味噌で、さらには赤味噌とのこと。
これは興味津々な冷やしですね~。


「冷やし赤味噌つけ麺」
提供期間は短めとのことなので狙っている方はお早めに。


【つけ汁&具】
塩梅強めの赤味噌冷やしつけ汁。甘味は抑えめで全体のバランスはしっかりと整えられています。
そこに玉ねぎオイルや野菜の風味などが混在としており、かなり個性的な汁になっていますね。
汁内にはたくさんの夏野菜やきのこがゴロゴロ入っており、これの前に提供されていた冷やし塩の時の
内容と共通と思われるメンツたちが。チャーシューと海苔は麺丼の方に。

【麺丼】
中細のストレート麺に平打ちの麺と、麺帯の違う麺をランダムに混在させた麺丼。
特徴のあるスタイルになっていて楽しさを見せてくれていますね~。
麺自体の美味しさは言うまでもなく。滑らかでのど越しも良いです。魚介水に浸かっています。

【全体】
珍しい味噌の冷やし、しかもつけ麺で赤味噌。特徴ある麺のスタイル、香味油の効果。
どこをとっても個性しか見られない内容。どこか郷土感も感じるような一杯ですね。
なかなか思い切ったメニュー開発力を見せて頂いたな~といった印象でした。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件
85

「つけ麺 830円」@六厘舎の写真東京駅ラーストでたまには。

並びが少なかったので食べてみました。
あんまりこういう店舗に無計画に突っ込んだりしない私。
自分でもちょっと驚きの行動でした(笑)
まぁ、たまにはこういう食事もしてみましょう。



「つけ麺」


【つけ汁】
粘度のあるつけ汁は豚骨よりも魚介よりも鶏が強いようなバランスの味で甘め。
この甘味が終始気になりはしたものの、どっしりとした動物系の旨味とザラツキのない魚介感が
なかなか好印象。昔の六厘舎のイメージとはかなり違う形だなぁと思いましたが
これはこれで良いじゃないかと思いました。でもやっぱり甘みが強すぎるかなぁ??

【麺】
モチモチの太麺。なかなか旨い。これといって弱点を感じさせない内容。
多少茹で置き感はあるものの、そんなに時間が経っているとは思わなかった。

【全体】
こういった商業施設での内容としてはけっこうレベルの高いものだと思いますし、
有名すぎる看板に泥が付くような内容では全くありません。かなり美味しく頂けました。
納得感をおざなりにしない、ちゃんと筋の通った内容を提供できてると思いました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】担々つけ麺 1150円」@ラーメン星印の写真1100レビューめはこちらで。

1000切り番からあっという間に感じた100レビュー。
まぁ、冷やしシーズンってことも手伝ってですかね。
さて、こちらの新限定つけ麺。
提供期間は短く、すぐにでも終わってしまいそうなので
狙っている方は早めの訪問をお勧めします。


「担々つけ麺」
黒胡麻verも食べたことがあります。



【麺丼】
ナンプラーで味付けされた豆乳スープに浸った麺。中細のストレート。砕きナッツも配されている。
麺量は1・5玉がデフォ。麺量減・増それぞれでもオーダーできます。

【つけ汁&具】
しっかり辛さと痺れの効いた芝麻醤ベースのつけ汁。非常に上手な作りです。
甘さはあまりなくキリッとした仕立て。汁内の肉味噌も上々の味わいです。
別皿の青菜は箸休めに。刻みアーリーレッドは途中から混ぜて。追加の山椒は痺れ好きの人は早めに。
麺丼の豆乳が進出してくるとまろやかさやコクもプラスされて食展開がマイルドになります。

【全体】
前々から言っているけど、やはりこの店は担々麺も上手。下手な専門店よりもしっかりした作り。
ナンプラーと豆乳という独自性も併せて個性を立たせているし全体のバランスも良し。美味しかった。
しっかし、この店の担々シリーズにはありつけるんだけど、カレーに巡り合えないなぁ・・・(笑)
いっつも予定が合わなくて一度も食べられていないんですよね~。次の限定はカレー系で!!(笑)

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 38件

「辛みそつけ麺 1000円」@らーめん 橋本の写真子安エリアの有望株。

地元民から人気を集めている印象のこちら。
前回醤油を頂いたので今度は味噌を、
と思っていたのですが方向転換で
辛みそのつけ麺を頂きました。

「辛みそつけ麺」
コールは特に聞かれなかったのですが
ニンニクはこのメニューには入らないのかな?


【つけ汁】
ピリ辛の背脂たっぷり辛味噌味。辛さは豆板醤などからと思われ、定番の方向性といった感じ。
見た目の赤さから想像するよりは辛さはほどほど。後半になってだんだん効いてくるくらい。

【麺&具】
うねりのある太麺。がっしりと存在感はありますがバサバサゴツゴツしていません。
具は別皿でチャーシューにもやし、白菜。チャーシューは明らかにサイズアップしています。

【全体】
独創的なウリはありませんがしっかり要素を満たしている一杯だと思いました。
けど、ニンニクがないのはちょっと拍子抜けかな~?また別メニューを食べに来ます。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】東京純豆腐 冷麺 1100円」@東京純豆腐 横浜ジョイナス店の写真こちらのテナントで冷やしメニュー。

横浜駅周辺の駅地下には冷やしがいっぱい。
ラーメン以外にも冷やしメニューが各店舗展開されています。
涼しい地下街を渡り歩いて冷やしメニュー制覇!


「東京純豆腐 冷麺」
スンドゥブ屋さんですが限定で麺メニューです。
冷麺なのでグレーかな?と思いましたが、
食べてみたらつけ麺色が強かったのでレビューします。


【麺丼】
冷麺らしく銀色の器に盛られた麺。白い細麺タイプでゴムゴム度はそこまで強くなく食べやすい。
スープは張られずにオイルが麺底に。冷麺というかビビン麺に近いスタイルですね。
具は鶏肉に辛ネギ、キュウリなどの野菜に韓国海苔など。具の味で麺を食べてもイケますね。

①つけ麺として
つけ汁は豆乳スープ。味付けは全く濃くないけど不足感は不思議となく、するっと食べられます。

②混ぜそばとして
ビビンたれを麺丼に混ぜていただいてビビン冷麺に。味の主軸がきっちりと決まって美味しい。
韓国海苔との相乗効果もバッチリです。この形態が一番美味しいですかね。

③汁麺として
豆乳スープを麺丼に入れて汁麺に。味がぼやけてしまうので量を調整したほうがいいです。
欲を言えば牛骨っぽい要素がほしいところですかね。

【全体】
ハズレない内容を並べているのでそれなりに美味しく頂けるのは当たり前なんだろうけど、
食展開が豊かで楽しいしキムチや明太子などの有料トッピングを追加すればまた違った
雰囲気を楽しむことができそう。なかなか良いメニューだったと思います。
8月中旬くらいまでの提供のようなので気になる方はお早めに。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】冷やしニボトロつけめん 900円」@TETSU 品川店の写真TETSUで限定冷やしメニュー。

今年のTETSUグループの冷やし限定はこれ。
煮干しつけ麺か~。なるほど。
煮干し耐性のついた今の私なら楽勝でしょう。


「冷やしニボトロつけめん」
煮干し濃度を弱~強で選べます。「超特濃」と
メニューポスターで煽っているけど
どうせたいしたことないと踏んで「強」でオーダー。



【麺丼】
平たい中太麺、微縮れあり。ここに具のもやしが大量に。肉は生姜焼きっぽいものがオン。
そして麺丼にはピリ辛挽肉餡掛けが。なんだかいろんな要素がゴタ混ぜ状態だなあ・・・
餡掛けは豆板醤系の複雑さのない味わいと辛味。そしてもやしが安っぽさを加速させます。

【つけ汁】
トロンとしたつけ汁は粘度こそ強いものの、思った通り煮干し感はそこまで強くない。
トロミは煮干しからではなく澱粉系だと思われ、本格的な煮干し感とは遠いもの。
加えて具のもやしから水分が移ってくるので、つけ汁の味はだんだんと弱まっていきます。

【全体】
色々言ってしまったけど、一応メニューコンセプト通りには作られた一杯だと思うし
チェーン店の限定としてはレベル高いほうじゃないかと思います。
ただし、もやしは要らないという点と、ちょっとチープな煮干し感と。
改善できる点はまだあるかなぁ、というのが食後の感想です。ごちそうさまでした。

あれ?これ品達で食べたはずだけど?みなとみらいだっけ?わかんなくなっちゃった。。。??
写真的にはみなとみらいっぽいんだけど???

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけそば 800円」@中華そば 笑歩の写真もり中跡の超人気店。

多賀野イズムを受け継ぐこちら。
常に行列ができる人気店です。
お向かいの麺や 空月もに
このエリアを盛り上げています。


「つけそば」


【麺】
自家製の中太麺、練り物入り。多加水っぽい麺だけど案外加水率は低めなパターンも多い。
コシもしっかり存在感強い麺ですが、下品なガシガシした感じはいっさいなし。美味しいです。

【つけ汁&具】
シャバ系の醤油スープ。たっぷりとした量です。ふんだんに薬味ネギが散らされているだけでなく
刻まれたチャーシューもたっぷり入っています。別皿で一枚肉チャーシューがあるので
コスパ低い感は全く感じません。むしろ利益を心配するくらい(笑)

【全体】
非常にクリーンな一杯を提供して頂きました。「日本人でよかった!」と思わせる出汁感と
食事としての確かな満足感が同席する内容。恍惚するような感覚はありませんでしたが
襟を正されるような感覚で美味しく頂きました。素晴らしいです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「濃厚つけ麺 920円」@松戸富田麺絆の写真超有名店の支店。簡単レビューで。

言わずと知れたとみ田の支店。
席数はかなりあり回転はまずまず早め。
それでも並びが絶えないのでさすがの人気です。


「濃厚つけ麺」


【全体】
一時代を築いたトンギョ味。粘度強めで薬味が多め。魚粉もそれなりに多いのですが
レベルの低い風味はあまり感じずさすがのレベルの高さかなとは思います。
ただ、汁のザラツキは否めないところで若干嫌味に感じてしまうところも見受けられます。
麺も他にはない感じでガシッと強くてモチモチの風味がある麺。これはなかなか。
具のチャーシューは個人的にはあんまり心に響かなかったですかね。

全体的にこういった出店店舗としてはレベルの高いほうだと思いますが、
細かい点でマイナスがちょいちょい見られるかな~?といった感じ。食べてみて感動はしなかったです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件