なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うが

神奈川県

2019年もぼちぼちラーメン食べていきます。メインエリアは横浜。次いで川崎、たまに東京。余裕があれば遠征にも行きたいとは思っています。現在コメ返しなどが滞っております。申し訳ありません。頂いたコメントは全て読ませていただいています。生活スタイルが落ち着いたらだんだん復活していきたいです。

平均点 82.722点
最終レビュー日 2019年6月25日
1,021 346 0 4,405
レビュー 店舗 スキ いいね

「冷やし豆乳担担担麺 800円」@らーめん 惠本将裕の写真冷やし遠征、中目黒編①。

こちらの冷やしメニューが気になっていたので
電車に揺られてみました。
最近、学芸大学にも支店がオープンしましたね。


「冷やし豆乳担担担麺」
デフォの担坦麺はたしか勝浦式のインスパイアですよね?


【スープ&具】
辣油の浮いた豆乳スープ。担々要素は勝浦式の肉味噌の風味。タマネギがポイントでしょうか。
痺れ要素は無く、辛さはピリ辛程度。豆乳のコクで満足度を底上げしてあります。
氷が入っており、食べ進むとどんどん温度が下がっていく形。単純な氷のように見えたので
味が薄ぼやけていくのかと危惧したけど、溶けていってもバランスが崩れることはありませんでした。

【麺】
中細~太くらいのストレート麺。ムッチリした食感で冷やしメニューに合ってますね。
滑らかさもありスルっと頂けちゃいます。

【全体】
創作力のある一杯で全体のバランスも良好。強い刺激やインパクトはありませんが
手堅く作られているし清涼感にも満足度にも不満を感じるところはありません。
なかなか良いメニューでしたね。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】バッカラとハンガリー産フォアグラのまぜそば1000円」@麺や 魁星の写真こちらの月替わり限定。

今回の限定メニューは混ぜそば。
バッカラとは鱈の塩漬けの干物。
マニアックなものとフォアグラを軸に
構成されたメニューです。


「バッカラとハンガリー産フォアグラのまぜそば」
味変アイテムはお馴染みトリュフオイル。今回はお好みで
レモン汁かバルサミコ酢にも変更ができるようです。



【タレ&具】
タレはしっかりと輪郭のある塩梅加減。具にはそれぞれ刻みで鶏チャー、パプリカ、水菜、青ネギ、
アーリーレッドなど。そして中心部にメインの2パーツが。
この一杯はワッと混ぜてしまったほうが美味しく頂ける系です。

【麺】
中太のモッチリ滑らか麺。自家製でしょうかね。美味しい内容です。
タレとの馴染みも悪くないですね。

【全体】
なかなか美味しい一杯でしたね。後半のトリュフオイルと全体も喧嘩せずに収まっていました。
ただ、ほんのちょっとだけ塩気が強すぎるのが唯一気になりましたね。薄ぼやけるよりはマシですが。
しかしながら、こちららしさの詰まったナイスメニュー。他味変アイテムverも気になる・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「塩+汁なし 850円+70円」@ラーメン 登良治郎の写真まだオーダーしたことのないやつを狙って。

塩味のラーメンは以前に食べたことがありますが
塩の汁なしも出来ることに気付いたので
今回はそれをオーダーしてみました。


「塩+汁なし」




【タレ&具】
塩ベースのタレは化調が効きまくってひねった味。スープで割らない分、ダイレクトに塩タレの味が
攻め込んできます。なんと表現すればいいのか分からないけど、
濃縮したサラダドレッシングのような味でしょうか?(苦しい表現・・・)
そのタレの中で具たちが非常に助けになって食を進めていきます。具はブタに野菜、フラオニ、卵黄。
ブタはやはり美味しい。自分の好きなタイプです。

【麺】
白っぽい太麺。自家製麺でしたっけ?汁ありで食べる時よりワシワシ感を強く感じ、存在感強めです。

【全体】
うーん・・・ 醤油の汁なしの方が完成度や収まりが数段高いと個人的には思います。
塩汁なしはこの店のハードユーザー向けメニューかな?
あまりこの店の塩味が得意ではないことが再確認できたので、また別のメニューを頂こうと思います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 10件

「シビ辛台湾混ぜそば 890円」@麺屋こころ 六角橋店の写真お! これイイじゃん!!

こころに対してずっと思っていた点、
「刺激増し」できればいいのにな~・・・
これをようやく叶えてくれるメニューを発見。


「シビ辛台湾混ぜそば」
激辛とシビ辛のどちらかをオーダーできます。
辛い物好きな方は「激辛」にチャレンジしてみては?


【全体】
基本的にはデフォの台湾混ぜそばの要素と同じ。だけどデフォよりもしっかりとシビ辛が増してあり
全体的にキリッと締まったバランスでパンチもあります。やっぱり台湾はこれくらい辛くなきゃ。
痺れ成分はタレに足してあるのか底のほうに溜まっている感じなのでしっかり混ぜるのが良いでしょう。

なかなか良いメニューだと思うのでメニューから外さないで残してほしいな~。
これくらいのチューニングが好きな人は絶対居るはず。またそのうちオーダーしたいです。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 10件

「【期間限定】さっくり鶏パイコーの汁なし花椒坦坦麺 749円」@バーミヤン みなとみらい店の写真ファミレスで期間限定メニュー。

一応こんなのも試してみています。
バーミヤンの東京グルメフェア。
各駅の有名店の看板メニューを模したメニューを
期間限定提供中です。


「さっくり鶏パイコーの汁なし花椒坦坦麺」
このメニューは神田駅のメニューとのこと。


【全体】
麺はバリバリのファミレスの中華麺。コシなし風味ありがち。
具のパイコーはただの唐揚げだけど揚げたてなのでまずまず頂けるが、何がダメってミンチ。
タレはゴマ系の味でこれもかなりファミレス味。花椒はさほど効いておらず肩透かし。
奇妙な温度帯も食を減退させます。

正直、イマイチ以下な内容でした。ファミレスで汁なしをオーダーしてはいけない。
スープがあれば少し欠点が目立たなくなっただろうに。
バーミヤンの汁あり担々麺はそんなに嫌いじゃないだけに残念でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】帆立のまぜそば 900円」@麺や 魁星の写真こちらの月間限定メニュー。

3月の限定メニューはこれ~。
1日限定10食という高いハードル。
昼の部の早い時間がおススメです。

「帆立のまぜそば」
デフォで付いてくるのは味変用のトリュフオイル。
有料で明太子トッピングなんてのもあります。



【タレ&具】
具材としてホタテは入っておらず出汁として全体の風味を作っている形です。
生クリームのような乳成分も入ってますが全体の味方向は自然体な塩梅であっさりめ。
具はパンチェッタにサイコロ鶏チャー、アスパラや刻みタマネギ、コーン、海苔、糸唐辛子など。
なんか刺さってるのはこの店の定番トリュフオイル。後半の味変用に使います。

【全体】
ん~、各パーツ毎は美味しいけど、なんだか帆立ベースの味と具の一つひとつを結びつける要因がなく
全体的には一体感に欠ける印象。これまでのメニューの中では少し完成度が低いと思いました。
ただ、どこにもない新味を目指そうとするようなスタンスはやはり感心。次の限定も楽しみです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

「【限定】真鯛とカラスミとパンチェッタのまぜそば 900円」@麺や 魁星の写真はい、こちらの限定混ぜそばですよ~。

いま横浜の注目店のひとつはこちら。
レギュラーメニューもトリュフオイルを使った一杯を提供し
じわじわと話題度を集めているこちら。
自分が初訪で汁麺を食べた時に感じた
「この店が汁なしやったらイケてそう!」という印象を
早くも味わうことができました。



「東京湾テンヤ釣り天然真鯛とカラスミと自家製パンチェッタのまぜそば」
長い長い長い!メニュー名長い!(笑) タイトルに入らないから!(笑)
数量限定なので昼営業で狙いましょう。



【タレ&具】
タレ・・・ と言うには心細いくらいの量の塩系?鯛の香りをメインにした味で前半を食わせます。
タレの量が少ないので心配になるのですが、いえいえ。きちんと計算されていますよ~。
塩気は鯛の風味とカラスミに任せて作為的な塩分量ではなく、とはいえ汁なしとして不十分な感じもなく
絶妙な塩梅を作っています。パサつきもないし上手な作りやな~。
そして別皿提供の「追いトリュフオイル」。食中で味変に自分で注射をします。
トリュフは魚介系を消すくらいの我の強さがあるので、味変に途中投入スタイルにしたのも正解。
作り手の思惑と食展開が非常に巧く噛み合ってる。

具は見た通りカラスミとパンチェッタ、ボイルキャベツ、海苔に卵焼きという布陣。
パンチェッタは肉っ気とコクを補ううえで重要なポジションを担っているし、地味に海苔も良い活躍。
トリュフ投入前の食展開もとても楽しくさせてくれてますよ~。

【麺】
食展開が楽しいのでちょっと影を潜めてる麺の存在感。ただただ食べ進んじゃいます。

【全体】
「色々盛り込みすぎ!」という評を逆手に取ったような楽しい一杯であっという間に完食。
この汁なしは良いですね~。レギュラーの汁なし系も作ってほしい感じですね~。
いやいやこの店、近隣の有力店に負けてない注目度高いお店ですよ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 7件

「【限定】牡蠣まぜそば 1050円」@自家製麺SHINの写真年末の食べ歩き旅。

横浜勢としてはもちろんここも外せません。
なんと来年からレギュラーラーメンをアゴ専門に
全面リニューアルするという。マジか。
来年の動向も目が離せないこちらですね。
アゴメニューももちろん絶品なのですが
この店の牡蠣系も実は隠れた名物鉄板系統なのです。


「牡蠣まぜそば」
ちなみにすでに提供は終わっています。

【タレ&具&麺】
塩ダレがそこに張ってあり、たっぷりの牡蠣ペーストと混ぜて食べるスタイル。汁なしにしたことで
今までの牡蠣シリーズに比べると濃厚な牡蠣の風味と旨味がダイレクトに全力で味わえる形で、
我々のような人種は別として、一般人にはもしかしたら濃すぎるかもと心配になるほど。
しかしそこは巧妙な構成のこちら。紫キャベツのコールスローが食休みになり、またすぐに濃厚な
牡蠣味を食べたくなるという繰り返し。そして終盤のレモンでの味変でもたれない食終盤。
プリップリの牡蠣の酒蒸しや鶏チャーシューも完璧な味で言うことなし。
レギュラーと同じ麺は相変わらずの腰と躍動感ある食感。

【全体】
元々は息子作の牡蠣汁そばから始まり、今やこの店の名物系統となった牡蠣。特にこの混ぜverは
気にいったなぁ~。丼の中で女将と息子のカラーが混在していて良いタッグを組んでいますよ~。
お世辞抜きに今年食べた汁なし系の中でダントツの1位。文句なし。
来年からの大胆メニュー構成変更がどうなっていくのか、見守っていきたいと思います。

さて、これにて私の今年のレビュー納めとさせていただきます。
今年は多忙だったためレビュードロップが安定せず、まだ溜まっているレビューがたくさん。
お世話になっているレビュアー様にコメントを頂いてもリコメントすることができず心苦しい限りです。
こんな私にいつもコメントをくださるレビュアーの皆様、レビューをご覧いただきました
RDBユーザーの皆様、本当にありがとうございました。
来年はなるべく復活していけるように頑張ります。 皆様、良いお年をお過ごしくださいませ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 65件

「パタン ファットンverスープ付き 900円」@ファットンの写真強烈なニンニクの刺激。

こちらの限定メニュー。提供があるときはTwitterで告知されます。
「パタン」とは、とある店の名物メニュー。オマージュ作品ですね。

「パタン ファットンver スープ付き」
汁なしスタイルの麺丼にスープがつくのがこちら流。



【麺丼】
すっぴんの平太麺にたっぷりのニンニク。かなり鮮烈なニンニク度。汁は完全になしで
オイルとタレのみ。とにかくニンニクの効きが強く、辛味も感じるほど。
本家は平皿だったと思うのですがこちらは丼でたっぷりとした麺量で提供。

【スープ】
乳化系のスープはデフォラーメンのスープと同じものかな?肉と野菜も入ってます。
私は始めからつけ汁として使ってしまい、麺丼のニンニクを少し洗って逆つけスタイルで頂きました。
最終的にどんどんニンニクが移って飲み進むのが難しいくらいに。

【全体】
すみません、ちょっと食べ方間違ってたっぽいです。。。最初から100%逆つけスタイルで
汁を使ってしまいましたが、よくよく見れば「スープ付き」というメニュー名。
これはたぶん汁なしのパタンの食合間にスープを飲んでくださいということですよね?
結果的には美味しく頂けたのですが、店側が意図した振り切り度合いの着地とは違う場所に
立ってしまったような気がします。ちょっと申し訳なかったな~!

序盤は麺丼のみを楽しみ、中盤はスープと具をはさみながら、終盤はミックスして混沌とした全てを。
という展開が理想的なんでしょうかね? もっと楽しみ方があったメニューなんだろうな~。。。
もう一回チャンスを頂きたいメニューです(笑)

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 4件

「【限定?】台湾混ぜそば 900円」@ほうきぼし 関内セルテ店の写真こちらの新メニュー。

ラーメン横丁宣伝本部長、うがです。
関内はセルテ6F、ラーメン横丁の一角。
関内にほうきぼしが出店してるの知ってますか皆さん?
汁なし坦々で超有名なほうきぼしですが
今回は台湾混ぜをリリースだそうです。

「台湾混ぜそば」
追い飯付きです。追い飯はスタートからリザーブ。


【タレ&具】
タレは醤油系なんだろうけど味の立ちはおっとりとしていてオイル分も少なめ。
辛さの効きもけっこう弱めで味の決め手は具に依存するパーセンテージが高い。
具はお決まりの台湾面子。見て分かる通り魚粉が多い。このため全体がパサついた感じに。

【麺】
丸ったい太麺。麺を傷つける細工はなし。本家でも最近はあまりやらないのでしょうか?

【全体】
魚粉が多くニラ海苔が少なくカエシの味が不明確、私の好みからはちょっと遠い着地の台湾混ぜ。
味の主軸が魚粉の風味になってしまうのはちょっと残念ですね~。せっかくの一杯がチープに。
魚粉を減らしてニラか海苔を多めにしてバランスを変えればもっと良くなりそう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件