なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うが

神奈川県

2019年もぼちぼちラーメン食べていきます。メインエリアは横浜。次いで川崎、たまに東京。余裕があれば遠征にも行きたいとは思っています。現在コメ返しなどが滞っております。申し訳ありません。頂いたコメントは全て読ませていただいています。生活スタイルが落ち着いたらだんだん復活していきたいです。

平均点 82.719点
最終レビュー日 2019年6月26日
1,022 346 0 4,408
レビュー 店舗 スキ いいね

「【期間限定】ピリ辛冷やしまぜ麺 900円」@ほうきぼし 関内セルテ店の写真こちらの冷やしメニュー、頂きます。

営業体制をリニューアルしているこちら。
夜営業も復活し、営業時間もしっかり確保。
メニュー体系も大きく整理しており
メインの汁なし担々はそのままに
辛くないメニューもグランド入りさせています。


「ピリ辛冷やしまぜ麺」


【タレ&具】
強い主張のないタレ、味の核はスパイス。デフォの汁なし担々と共通と思われる味風味。
塩気はしっかり入っているので物足りなさはなく、冷やしの清涼感を立たせた作りになっています。
具は担々ミンチにカットプチトマト、刻み紫玉ねぎ、サニーレタス、細切りチャーシューなど。
看板では「野菜たっぷり」とあったが、そこまで言うほどの野菜量はなし。
レマーンで途中から味変。既定路線通り清涼感も増して美味しくなります。

【麺】
多加水っぽい細麺。むっちりした食感。しっかりと水で締められていて冷やし仕様。

【全体】
何か強い味主張があるわけではなく、気負いのない冷やしメニューといった感じ。
印象に残りにくい一杯で、普段使いにはまずまず良さそうです。

メニューリニューアルで辛くないメニューも新しくラインナップされたので
そちらも試してみなくては。 次は貝塩を頂きに行きます。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「【限定】冷製 蟹とトウモロコシのそば 950円」@麺屋Mの写真こちらの冷やしメニューを。

この店は固定の限定メニューではなく
その日その週によって色々なメニューを展開しています。
その日にどんな限定メニューが提供されているかは
twitterで確認してください。


「冷製 蟹とトウモロコシのそば」
※常設メニューではありませんので参考までに。


【スープ&具】
蟹の風味がふんだんに抽出された冷製スープ。乳白した見た目とは裏腹にあっさりとした味わい。
粘度もなくシャバサラっとした軽い口当たりで冷やし仕様にはちょうどいいチューニング。
大量のコーンとともに頂くと雰囲気も一味変わり、なんとなく北海道な趣きに。
具は他にスライスオニオン、リーフ、鶏チャーなど。ちょっと驚いたのは鶏チャー。
これまでこの店で頂いてきた鶏チャーの塩梅とは違い、かなり強めの塩加減。普通に考えたら
ちょっと塩味オーバーな印象だけど、スープが穏やかな分この塩加減が絶妙にアクセントになっていて
一杯全体に凹凸がついて素晴らしい。この鶏チャー、採用です!(笑)

【麺】
自家製の縮れ細麺。独特の風味で仕立てられていて好みは分かれそうな感じ。
自家製麺ならではの個性が表れた麺になっています。

【全体】
以前に頂いた同系メニューの海老の方がインパクトは強い気がしましたが、サラッと頂く冷やしとしては
気負いがなくて良い一杯だと思いました。
この店は日替わり週替わりでいろんなメニューに取り組んでいるので客は飽きませんね。
今年もいろんな冷やしメニューを期待してますよ~!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 19件

「【限定】アイスニボプレッソ 850円」@弘明寺丿貫の写真簡単レビュー。こちらの冷やし系。

冷やしを食べる日々。
この店の冷やしも当然狙っています。
まずはこのメニューから。


「アイスニボプレッソ」
こちらの定番冷やしメニューです。


【全体】
濃厚で濃い口な煮干しスープ。冷蔵庫くらいの温度帯で「アイス」とまではいかないんだけど
汗をかかずに頂ける清涼感もしっかり確保。この煮干し濃度なのにエグ味を感じない仕立てなのが
非常に素晴らしいと思います。具はかけスタイル。肉系の具は乗りません。

とてもおススメの冷やし煮干し。提供日は不定期なのでtwitterで確認してください。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 20件

「【限定】冷やし担々麺 1000円」@新潟 三宝亭東京ラボ 中目黒店の写真冷やし遠征、中目黒編②。

ほんとは①の抱き合わせでデフォを食べようと
寄ってみたところ、店頭に冷やしメニューの看板が。
まさかの冷やし連食になってしまったこの日。
しかも連続担々麺かい!(笑)

※①レビュー↓↓↓
https://kanagawa-ramendb.supleks.jp/review/1241389.html

「冷やし担々麺」


【スープ】
XO醤を使っているようで、冷やしでも旨味を担保。方向的にはありがちな芝麻醤ベースの味なんだけど
しっかりと味わってみるときっちり手がかかっていることが分かります。
無化調とかそういう方向ではなく、お高め系の中華料理店の方向に伸びている味わいだと思います。
辛さ痺れはあまり強くなく、どんな層にも対応できるチューニング。足りない人は卓上アイテムで
カスタムできます。青山椒を追加で振るとさらにいい感じに。

【麺&具】
中細のストレート麺は自社製。一瞬、冷麺のようなゴムっとした雰囲気を感じたけれど
きっちりと汁に合った、風味もある麺でした。これといった不満点は特に出てこないレベル。
具は全体的に特筆もの。まずはラインナップが豊富で色とりどりのビジュアル。
絵面だけでなく、これだけ色々乗せても全体の形を崩すことがないのが素晴らしいです。
切り方や細さなど、それぞれの具への仕事が的確なのだと思います。

【全体】
キッチンの力を感じられるしっかりとした一杯。どこにでもあるテキトーな冷やし担々麺ではなく
しっかりとした調理や具の乗り方など、随所に丁寧さがうかがえる一杯でした。
この店、なかなか気に入った!再訪確実。 今度はグランドメニューを食べに来よう。
中目黒冷やし遠征、素晴らしい釣果でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【季節限定】冷やし醤油そば 700円」@吉田食堂の写真こちらの冷やしメニューをレビュー。

非常にローカルな立地なんですが、
非常に賑わっているこちら。満席も普通にあります。
地元民はもちろん、目の前の大型パチンコ店の客も
腹ごなしにこちらを当てにしているようです。
この店の食事を目当てにパチンコ店を選んでいる層もいそう!(笑)


「冷やし醤油そば」
価格が比較的リーズナブルなのが良いですね。


【スープ】
節系が主体であろう魚介系と鶏系で伸ばしているであろうというようなスープ。
カエシの味が主体で出汁感はあまり感じられないタイプ。冷やしメニューですが温度帯は
キンキンではなく冷蔵庫くらいの感じ。旨味と油分を固まらせない温度辺りに留めてあります。

【麺】
四角ったい麺帯の中細ストレート。直近の訪問でも違和感を感じたのですが、この店は菅野麺だったと
記憶しているのですが、この麺はやはり明らかに菅野麺ではないと思うのですが・・・
ボソッとした食感と呑みこみ時の粉っぽい感じ・後味の悪さはやっぱりカネジンみたいな感じ。
この前の印象と同じでした。麺変えちゃったんでしょうかね~?? 前のほうがずっと良かった。
菅野麺が素晴らしく良かった、とは決して思わないのですが、その代替えにこれはないんじゃない?

【全体】
う~ん・・・ 全体の形としては、「汗をかかずに、満足度のベクトルを変えずに頂ける中華そば」
みたいな雰囲気は分かるし、完成度的にもこなれてきている感じも分かるのですが、
どうしてもこの麺だけはいただけない。 単純に麺が美味しくないです。 
全体が美味しく頂けただけに、麺によるマイナスが非常に残念。  あくまで個人的好みですが。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 7件

「【限定】冷やしジャージャー麺 950円」@ロ麺ズの写真はいはい、冷やし冷やし。

こちらの定番季節メニュー。
世の中的にはまだまだ珍しい
冷やしのジャージャー麺です。


「冷やしジャージャー麺」
しかも汁のある一杯で、ラーメンとしての体を張っているのです。
毎年レビューしているので今年は簡単に。


昨年のレビュー↓↓↓ 例年と大きく変わっているところはありません。
https://kanagawa-ramendb.supleks.jp/review/1152573.html


【全体】
スープはこれまたお馴染みのG麺7の冷やし塩らーめんのスープと同じような感じ。
温度帯はきっちりと涼やかに。そしてとろりと粘度があるのも特徴です。
麺は北海道産のツルキチとキタホナミを合わせた中細麺。つるりと滑らかな麺肌でスルスル入ります。

全体としては冷やしラーメンとしての要素が主で、そこにジャージャー要素を加えたハイブリット型。
温度や薬味などによる清涼感が初夏に嬉しい一杯。ジメジメした日におススメです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 20件

「【限定】鳥取県産大山鳥の棒棒鶏冷麺サラダ風」@あかくろたんたんの写真担々麺専門店の冷やしメニュー。


「鳥取県産大山鳥の棒棒鶏冷麺サラダ風」
こちらの夏の定番冷やしメニュー。
担々麺ではありません(笑)
ここ何年も続けてリリースされているので
常連さんや地元民にはお馴染みの風物詩です。




【全体】
メインの蒸し鶏は凄まじく絶品というものではないけれど安定した出来といった感じ。
願わくばこの鶏に何かしらスパイシーな仕掛けが欲しいところかも。
ゴマだれの味わいもこれまた安定した定番の味わい。近隣の地元民に嬉しい普段使いの味。
辛みは山椒や辣油などをリザーブしてくれますのでお好みで足してみてください。
おススメは山椒をパラリ。自家製辣油は油が酸化したような独特の匂いが気になりました。
食事としてはやっぱり少なめの一杯なので、ライスメニューを足したり、もっと言えば看板メニューの
担々麺を一杯オーダーしてみたり、お酒などと共に頂くと丁度いいかもしれません。
一杯の着地点としては今年もしっかり無難にといった感じです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

「【限定】冷やしトマト担々麺(小) 850円」@自家製麺 てんかの写真こちらも早くも冷やし。

ちょっと久しぶりの訪問。この冷やし目当てです。
この日は女将さんの姿がなかったけど
お元気になさってるのかしら?
ちょっと心配になりつつもオーダー品を待ちます。

「冷やしトマト担々麺」
女性は小サイズしかオーダーできません。
「パクチーかレタスか」と聞かれます。私は当然パクチーで。


【麺&具】
トマトが主体のソースはバジルなどのハーブが効いていて一瞬イタリアン味かと思いきや、
肉味噌と混ぜると一気にてんかの担々麺に。中華系のスパイスが強く香り、
さらにはパクチーでアジアンテイストが強く打ち出されています。
でも刺激系はあまり強くなく、冷やしらしくあくまで爽やかな感じで軽やかに頂けます。

麺は平打ちっぽい中太麺。レギュラーの麺とはだいぶ違う麺でするすると頂けちゃいます。
途中、卓上のガーリックチップを散らすとさらにこの店らしさ倍増。

【全体】
文句なくこの店の味ですね。レギュラーと違って刺激成分が強くないので
どんな客層でも安心して頂ける爽やかなメニューです。素晴らしい冷やしメニューですね。
今シーズンの冷やし初め、なかなか良いスタートになりましたね~。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 13件

「【限定】冷やしパーコー担々麺 950円」@ハマカゼ拉麺店の写真こちらの季節限定メニュー。

8月も終盤ですがまだまだ暑いですね!
噂によると9月も例年より暑いんですってね。
まだまだ冷やし日和が続きますね・・・
横浜エリア中心にどんどん食べていきますよ~!

「冷やしパーコー担々麺」



【タレ&具】
タレはシャバのゴマ味。担々か?と聞かれると担々っぽさはかなり薄い。辛さもほとんど感じず。
具はきゅうり、もやし、温玉にパーコー。紅ショウガもあったかも??
パーコーをおかずに素冷やし中華を食べ進んでいくような構図。

【全体】
味的には完全に冷やし中華寄り。担々寄りではない。
担々としては刺激と肉味噌が足りなく、冷やし中華にしては酸味と錦糸卵が足りなく、
そしてどちらにも要らない温玉がある、という何とも中途半端な着地の一杯。
別に不味いというわけではないですが、コンセプト的にやや無理がある一杯かな~?という印象です。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

「【限定】カボスの冷やし中華 840円」@せたが屋 FC京急鶴見駅店の写真見えてる地雷かと思いきや・・・

こちらの季節限定メニュー。
だいたい冷中のタレに柑橘を使うと
変に苦味が出たり酸味の方向が合わなかったり
あまり成功例をみたことがない。

「カボスの冷やし中華」
カボスか~・・・ 大丈夫かね?


【全体】
麺・具ともに普通の冷やし中華のラインナップ。注目点はやはりタレの着地。
苦味の懸念があったが、案外すっきりした酸味で苦みもなく。かなり構えてたせいか、むしろ
「こんなもんか~」と肩透かし感さえあったほど。私的にはそんなに悪くないタレかな~という印象。
ただ、全体の酸味量はかなり強いので男性は苦手な人が多いだろうな。
そして、決して手放しで褒められるほど美味しいわけではないので、これくらいの評価が妥当かな?

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 3件