なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うが

神奈川県

2019年もぼちぼちラーメン食べていきます。メインエリアは横浜。次いで川崎、たまに東京。余裕があれば遠征にも行きたいとは思っています。現在コメ返しなどが滞っております。申し訳ありません。頂いたコメントは全て読ませていただいています。生活スタイルが落ち着いたらだんだん復活していきたいです。

平均点 82.717点
最終レビュー日 2019年6月20日
1,015 343 0 4,379
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーらーめん 880円」@ナルトもメンマもないけれど。の写真カレーも提供始まりました。

関内セルテ6階のラーメン横丁に移転のこちら。
オープン直後は塩・味噌のみの提供でしたが
カレーラインも解禁されました。
カレーは前店舗時にも提供されていたメニュー。

「カレーらーめん」



【スープ】
サラッとした粘度弱いカレースープ。一口目の印象はインパクト弱く塩梅も決まらない形かな?
の序盤でしたが、具として後乗せされているキーマ?ミートソース?を溶かしながら頂くと
次第にスパイスの風味が広がって全体に馴染んでいき、最終的に良い塩梅の味に収まっていく。
ピーマンの風味や色的に見分け辛いフラオニの効果なども食の変化に貢献し、飽きない食展開。
地味にしめじなどのキノコ類が旨味を作っているところも見逃してはいけないところ。

【麺】
レギュラーと同じであろう中細のストレート麺。開店祝いの華を見るに京都棣鄂の麺なんですね。
塩・味噌・カレー、それぞれ個性的な作りの中で、麺は流行のものをチョイスしているんですね。
なんかちょっと意外な気がしましたが、意味深な配置のようにも思えますね。

【全体】
収まりの良いカレーメニューですね。安定感と確かな造りで好感度が高かったです。
麺との折り合いはもうちょい改善点がありそうですが、現状でも問題なくカレーラーメンしてますね。
ピーマンの風味やキノコの存在など、私が作るカレーとかなり方向性が似ている箇所が多くて
個人的にすごく親近感溢れる一杯でした。個人的にはリピートありの好きなタイプ。ただ、
カレー系ってかなり個人の好みが分かれるからカレーにうるさい人がどう評するかは分かりません。

【業務連絡】
巡回中のatom氏(うるさい人)~!(笑) 食べに行ってみてくださ~い。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 11件

「【限定】マッサマンカレーめん 1000円」@自家製麺SHINの写真こちらの新しいカレーメニュー。

一日の提供数は15~20程度。
夜の部に残ることはほぼないでしょうから
実質昼の部の限定メニューって感じでしょうか。
提供期間はごく短いようです。

「マッサマンカレーめん」



【カレー】
マッサマンといえば近年ブームになっているタイカレーの一種。カップヌードルにもなりました。
辛さよりも甘味が特徴のジャガイモを使ったカレーですね。
この店では麺に合うようにスパイスアレンジを加えているようです。

【麺】
レギュラーと同じ自家製の中細麺。粘度のあるカレーにやや押されがちか?

【具】
鶏肉、じゃがいも、玉ねぎ、揚げナス、揚げポテト、分葱、ピーナッツ、ライムなど。
具がゴロゴロ入ったカレー。ピーナッツが入っているのもマッサマンの特徴。

【全体】
とても美味しいカレーでしたが、超個人的な好みですがじゃがいもの入るカレーは得意ではなく、
以前やったキーマカレーの方が自分の好みには合ってるかな?

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 65件

「【限定】キーマカリー混ぜそば 950円」@自家製麺SHINの写真キーマカレー再び。

前回リリースしたこの店初のカレーメニュー。
満を持して帰ってきました。
提供数は15~20食程度ということです。
この店の限定を狙っている客はかなりいるので
おそらく昼営業でほぼ消え去ってしまうでしょう。
食べたい方は午前営業を狙うしかありません。



「キーマカリー混ぜそば」
そろそろ終わっちゃう~! のかな?(笑)

【タレ&具】
ベースには鰹が張ってありきちんとこの店らしさを感じられます。闇雲に鰹を使ってるのではなく
きちんとカレーと鰹が結びつく要素であることを理解している感じで自信に溢れた内容です。
全開は脇役と評してしまったガーリックチップですが、きちんと食べてみるとニンニクの風味と食感と、
非常に効果的に一杯に作用していることに気がつきました。

カレー自体が美味しいことはいわずry  前回と味の根幹は変えていない印象だけれどスパイスの配合は
変えているという。正統派に旨い「カレー屋のキーマカレー」。挽肉がゴロゴロしてて満足感高し!
野菜のピクルスもすごく美味しくて箸休めに最適な効果。タマネギのピクルス美味しいねぇ~。

【麺】
レギュラーラーメンと同じ麺。この店の自家製麺のポテンシャルはもう知っています。

【全体】
素晴らしく旨い。スパイス感も前回より洗練している感じがするし麺に合うカレーですね~。
その分ライスとの相性はちょいダウンした気もしますが、そもそも麺に合わせる前提で
作っているカレーだと思うので、追い飯はおまけ要素くらいに思った方がいいですね。
ミニ揚げチキン(100円)と組み合わせると、もう無敵の食事になりますね!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 65件

「【限定】秋刀魚節のカレー南蛮(小) 850円」@自家製麺 てんかの写真こちらの新限定。

このエリアの辛いものはこの店の担当。
今回の限定メニューはカレー南蛮。
本当にいろんなメニューを放ってきますね~。
さて、どんな一杯に仕上がっているでしょう?


「秋刀魚節のカレー南蛮」


【スープ】
カレー南蛮というに相違ない魚介ベースのカレースープ。辛さはこの店にしてはおとなしめ。
きっちりと和に寄せた内容で違和感は全くありません。秋刀魚節もきっちり下支えしている感じで
魚介の風味がばっちりハマっています。出汁感優先といった感じで
この店らしいスパイス感はかなり抑え目。「カレー南蛮」としての形を優先させた感じですね。

【麺】
縮れた太麺。しなやかな自家製麺はコシがしっかりとあるのにふんわりとした柔らかく
ゴワつきは一切見当たらない秀逸な出来。汁なし担々麺で使っている麺とは違う麺ですかね。

【具】
たっぷりのネギ、小ネギ、たくさんの煮豚。豚は柔らかい仕上がりなものの脂身が非常に多く、
個人的にはちょっと食べ辛かったですね。

【全体】
合わないとはわかっていても何故か入れてしまう卓上のガーリップチップ。(笑)
やっぱりそんなに合わないんだけど、不思議とこの店の味になるという・・・(笑)

全体的につつがない仕上がりで、この店のメニューとしてはかなり異色なメニューといった感じ。
この店らしいジャンクさよりも端正な出汁の方が印象に残る一杯でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 13件

「カレーつけ麺(味玉付き) 750円」@NOODLES 蕾 RZの写真このエリアの未訪門店、どんどん消化しますよ~。

本当はゆず塩を食べるつもりだったのですが
店内に入った瞬間のカレーの芳しい薫りにやられて
急遽方向転換。

「カレーつけ麺」
割とリーズナブルな値段設定?麺は大盛り無料です。



【つけ汁】
スパイシーなカレー味のつけ汁。モッタリしておらず自然な粘度。カレー自体の完成度は高い。
カレーつけ汁としては、ここまでストレートに「カレー」なものは食べたことがない。
美味しいカレーライスのライスが麺に置き換えられた感じ。
ありがちな魚粉とか、澱粉質のドロドロとか、そういう要素がないのは嬉しいところ。

【麺】
多加水の中太ストレート麺。プニプニツルツルした麺で、つけ麺用の麺としてはソフトなタイプ。
カレーとの相性は微妙にパワーバランスが取れていない印象で、つけ汁に負けています。
汁がしっかりとしたカレーなので、低加水の全粒粉入り太麺、みたいな麺の方が合いそう。

【具】
具のほとんどは麺丼の上に乗っています。チャーシュー、ニンニクの芽、ミニトマト、白ネギ、海苔。
デフォで付いてる味玉は初めからカレーの中に入れられています。
ニンニクの芽とミニトマトはナイスな箸休めになります。他の具は普通。海苔はカレーにはいらないかな
750円なので文句は言えないけど、自分の好みで追加トッピングをしたほうが良さそう。
牛スジを頼めばよかったかなぁ?

【全体】
カレー自体はなかなか美味しいのですが、つけ麺の出来としてはなんかちょっと惜しいといった感じ。
麺とのマッチングを変えるだけでもっとレベルアップする気がします。
ちなみにatom様のレビューにあった温度の問題については、IHヒーターを配置することで
クリアしている模様。汁が余り気味になるので、有料のライスを追加するのがいいかな?

でも、ライスに合わせちゃうとこのメニューの存在価値自体が危ぶまれるかも(笑)
このカレーにはライスのほうが正直合うだろうなぁ・・・。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「がっつり大人の辛濃厚 カレー麺 990円」@丹行味素 北新横浜本店の写真移転!移転!移転!

北新横浜の奥地から駅前に移転してきました。
場所はエスポットという商業施設の真横。
お買い物と同時の利用客も多そうです。

「がっつり大人の辛濃厚 カレー麺」
食券制、出来上がり後はセルフで取りに行きます。
食後の食器返しもセルフで行うフードコート式。


【麺】
ストレートの太麺。茹で加減もやや固めでガッチリした食べ応え。
味の強いカレーソースともパワーバランスを拮抗させています。

【汁&具】
カレーはほぼソース状で汁分はなく、いわゆる「カレーラーメン」の姿ではなく混ぜそばライク。
カレーライスのライスがそのまま麺に変わったという感じ。カレーは香味野菜の香りもしっかり入った
しっかりとした作りでスパイシー。もったり系のカレーくらいの粘度あり。
カレーには柔らかく煮込んだ肉がゴロゴロ入っています。普通ならこれだけでお腹いっぱいになれます。
ここに生のカット玉ねぎ。これだけがちょっと苦手な要素でしたかね。

具は「がっつり」オーダーにしたため肉系具材がたくさん!自家製ベーコンに大きなから揚げ、
そしてゆで卵が付いてきます。ゆで卵はセルフで殻を割るスタイル。

【全体】
完全にメンズシフトのがっつり系メニュー。具増しオーダーにしたこともあってめちゃくちゃパワフル!
とにかく圧倒的な肉量!この着地はこの店にしかできない芸当ですね。
ここまで徹底してパワー傾倒されたら何も言うことなしといった感じです。ごちそうさまでした。

一杯の満足度は高かったのですが、それとは別に店舗のクリンネスには不満が。
レンゲなどの食器は洗い残しがあったり、テーブルは拭かれている様子はなし。うーむ。
新店舗になり客層もだいぶ変わりそうな気がするので、食空間のメンテナンスにはきっちり気を回して
ファミリー層でも安心して入れる人気店になってほしいな~と願っています。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】グリーンカレーら~めん 918円」@七志 とんこつ編 大倉山店の写真最近大倉山に入り浸っている私。
この店舗もなんだかんだで10年ぶりくらい。
オープン間もなくの頃伺った記憶があります。
特に好きなチェーンということでもないけれど
このメニューは一度試してみたかったんです。

「グリーンカレーら~めん」
上に乗る野菜をパクチーと水菜から選択できます。
苦手じゃなければもちろんパクチーをおススメします。


【スープ】
うん。マイルド系豚骨をベースにした、しっかりグリーンカレー味。ココナッツ風味は弱め。
辛さはそんなになく全体的に癖もなく、誰でも食べやすい塩梅に仕立てられています。
嫌みのない作りで分かりやすくラーメンスープにグリーンカレーを取り入れていますね。
有料の小ライスなどを付けてももちろん合うでしょう。味変用のレモンもナイス効果。

【麺】
中細の多加水麺。プリッとした食感。茹で上げの具合も良い感じです。
厨房の店員さんの手際の良さが内容にも反映されていますね。
この日のこの店舗の厨房メイン店員さんは、動きも柔軟で淀みもなく完璧な仕事ぶりでした。

【具】
ここがこのメニューのハイライトか?充実の具乗り。お野菜がたっぷりで素敵です。
グリルされたチキン、パプリカ、オクラ、ナス、スライスオニオン、シメジなど。
それぞれしっかりと下処理されていて、それぞれの機能がちゃんと発揮されています。
選択したパクチーももちろんバッチリです。それぞれの具の鮮度感もまずまず良いと思います。

【全体】
価格設定が高めだから当然と言えば当然だけど、具乗りがしっかりしていることと
きちんとコンセプト通りに作り上げられたメニューでなかなか良いじゃないですか。
チェーン店のメニューとしてはこれ以上望めないくらいにきちんと作られた商品だと思います。
提供期間は10月15日までとのこと(店舗によって違いがあるかも?)
あまりハードルを上げないでプラッと食べてみると思わぬ掘り出し物になるかも。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー台湾まぜそば 810円」@麺屋こころ 六角橋店の写真地元店舗でメニューコンプを目指す旅、第3弾。

カレーは本店でも食べたことがあるのですが
なかなか美味しかった印象なのでこちら店舗にも期待。


「カレー台湾まぜそば」



【麺】
茹で上がってからグリグリ押し付けて麺をわざと傷つけるのが本家式なのですが、
なんかだんたんと麺のリザーブ加減が変わってきているような気がする。
本店のクオリティとはずいぶん異なってしまっているなぁという印象。うーむ。。。

【タレ&具】
タレはカレー感が前面に出てますが、本来裏に回っているであろう魚粉感がちょっと強くて
ややげんなり。本店のカレーとはちょっと仕上がりが違いますねぇ・・・
具は台湾ミンチ、九条ネギ、魚粉、海苔、水菜、卵黄、タマネギのみじん切り、ニンニク。
若干ミンチの量が少なくなった気がしますが・・・

【全体】
うーーーーーーーーーん、 ちょっと微妙な内容だったかなあ!正直。
なんか細かい部分が妙に気になってしまいましたね~。学生街とは言えクオリティを保っていかないと
地には根付かないのでは?と不安になるような印象でした。頑張ってほしいところです。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 10件

「【限定】キーマカリーまぜそば 900円」@自家製麺SHINの写真こちらの新限定。期間は2週間とのこと!
こちらの店としては初のカレー系かな?
残り提供日はあとわずかです。
※6月6日、6月7日は臨時休業だそうです。
 6月10日、11日に振り替え提供するようです。

「キーマカリーまぜそば」
まあ大体分かりますけど、どうせ旨いんでしょ?(笑)
調理場・時間などの関係で1日MAX15食とのことです。


【タレ&具】
鰹出汁をベースにパプリカの香味油という構成。カレーと鰹はちゃんと結びつくファクター
なんですよね~。そしてふんだんなスパイス感しっかりしたキーマ。専門店も顔負けの内容です。
POPにあるように辛さ自体は控えめに作られているようで丼内のバランスを考えてきたのかな?
ヨーグルトも甘みが足してあってそれが全体を纏める役目を担っている感じですね。
箸休めのピクルスもしっかり美味しくて食間をリフレッシュさせてくれます。
ガーリックチップも良い働きをしていますがあくまで目立ちすぎず脇役に徹しているのも好感。

【麺】
レギュラーラーメンと同じ麺だそうですが、ほんとにそうかな?!
レギュラーラーメンの時とも同じ汁なしの新担担麺の時とも表情が違く見えます。
我の強いカレーと融合しつつも勝利しちゃっているような印象ですね~。
この麺、どこまでのポテンシャルを秘めているのかなあ??

【全体】
麺量200gと書いてあったので調子に乗って揚げチキンまで付けてしまいましたが
追い飯も含めてかなりのドッシリ感を楽しめましたね~。これで1000円ポッキリは高くない。
限定メニューとしてのサプライズ感より実満足度を取りに来たな~という印象。要素漏れがなくウマい!
これ系にありがちな「ギミックありき」ではなく「正統派に旨い」を突き詰めたような一杯でしたね~。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 65件

「特製サバカレーつけ麺 1000円」@つけ麺 一燈の写真今さらながら一燈系列の新店。
デフォのつけメニューを頂いてきました。


「特製サバカレーつけ麺」
1000円ぽっきりなのでオーダーしやすいですな。
ブランド力を考えれば1200円くらい取られるのかと思ってました。


【つけ汁】
ややトロリとしたカレー汁。思ったよりも粘度はないんですね。辛さは中程度といった感じですが
カレーのスパイシーさはしっかりと効いているので辛いもの好きにもしっかり対応できる内容ですね。
鯖の風味は程々といった感じでバランス重視といった印象。つけ汁中の具はネギ類、メンマなどが。

【麺&具】
麺はもちろん一燈麺。クオリティについて今さら語ることがあるでしょうか?(笑)
麺丼の具はチャーシュー、味玉、海苔。流石にチャーシューや味玉はしっかりとした出来。
海苔はこのカレーメニューには別にいらないかな?(笑)

【全体】
安心安定のカレー味。さすがにブランドの底力がありますね。しっかりとした満足度があっていいです。
他レギュラーメニューももちろん気になりますが、限定メニューももちろん気になるので
なんとか機会を見つけて駆けつけたいところですね~。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件