なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うが

神奈川県

2019年もぼちぼちラーメン食べていきます。メインエリアは横浜。次いで川崎、たまに東京。余裕があれば遠征にも行きたいとは思っています。現在コメ返しなどが滞っております。申し訳ありません。頂いたコメントは全て読ませていただいています。生活スタイルが落ち着いたらだんだん復活していきたいです。

平均点 82.717点
最終レビュー日 2019年6月20日
1,015 343 0 4,379
レビュー 店舗 スキ いいね

「【限定】濃厚鶏白湯ラーメン 780円」@濃厚煮干しそば 麺匠 濱星 関内店の写真※このメニューはすでに終了していると思います※

レビュー忘れシリーズ。
武一×濱星??という謎のコラボがあったのです。
結論から言うとどうでもいい内容だったので(爆)
レビューするのを忘れてました。
超簡単思い出レビューで。


「濃厚鶏白湯ラーメン」


【全体】
色は白濁しているけどそこまで濃度は高くなく、武一らしいスープ。ただそれだけ。
そもそもこのコラボ、なんか意味あったのかな??武一の支店は同じ関内エリアにあるし
これが食べたければそっちに行けばいいんじゃない?って感じでした。
強いて言うとチャーシューが武一よりも美味しい、ってだけ。非常につまんないコラボでした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 5件

「【限定】海老鶏白湯そばsio 950円」@えびそば えび助 そごう横浜店 第33回 宮城県の物産と観光展の写真横浜そごうの宮城物産展。

atomおじさまのレビューがすごく美味しそうだったので
お買い物ついでに行ってきました(ほんとはラ食がメインw)
こういう催事場で食事するのって昔は凄く苦手だったけど
RDBをやるようになってから慣れちゃった(笑)

「海老鶏白湯そばsio」
限定30食のメニューが残っていたのでそれを。
本当はおじさんの食べてたメニューがよかったんだけど
レビューのためにこのメニューにしました。
こういうのもRDBやり始めてから習慣になっちゃったよねw



【スープ】
海老の風味が十分に広がるスープは、鶏白湯はきちんと存在を感じるものの完全に下支えに徹していて
海老がしっかり主役を最後まで果たします。しっかりとした海老感がありながら滑らかで
ゴリゴリ強引に煮出した感じは一切ありません。丁寧さを感じるスープです。

【麺】
麺は中太の柔らかめ。モッチリした食感と滑らかな麺肌で非常にスープとも合っています。
麺はやはりきちんと茹でなければダメですよ。なんでもかんでも固めを要求して生煮えを食べる
現代の情勢には警鐘を促していきたいですね。

【具】
鶏団子にメンマ、薬味たちに海苔。この値段でチャーシューが乗らないのは割高感がありますね。
270円で3個増しの海老ワンタンも付けましたが、このワンタンが非常に秀逸な出来でした。

【全体】
物産展とは思えないレベルの一杯で非常に美味しかったです。来てよかったです。
うーん、でもやっぱりおっさんの食べてた濃厚が食べてみたかったな~。
またいつか機会があったら・・・

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「西京味噌薫る ミニ鶏白湯味噌ラーメン 670円」@RYUS NOODLE BARの写真簡単レビュー。

ラーメン博物館の逆輸入系。
味噌は第二主力メニュー。

「西京味噌薫る ミニ鶏白湯味噌ラーメン」


【全体】
やや甘めの白湯スープ。鶏の風味や粘度はやや薄め、コクもあまりなし。
味噌は白系で塩梅は弱め、味のメリハリがなくノッペリとした形。
麺や具に特筆はなく、白キクラゲだけが唯一誉められるところ。


散々出尽くした鶏白湯を今になってこのレベルで出されても何も感心するところはなく、
逆輸入出店の意義が不明すぎます。
やっぱりラー博のやりたいことがイマイチ分からないです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】トマトとバジルのつけ麺 980円」@ナルトもメンマもないけれど。の写真関内ラーメン横丁、宣伝本部長のうがです(笑)

関内駅の目の前、セルテの6階に
ラーメン店4店舗が集合しております。

今回はこちらの気まぐれ限定。
こちら最近は単発限定などが多く
常に情報をチェックしていないと
食べ逃してしまうことも。
twitterなどを細かくチェックですね。


「トマトとバジルのつけ麺」


【麺丼】
中太の微縮れ麺、麺丼にはトマトと魚介の出汁が張ってあります。麺だけを食べてみると
ペスカトーレのような風味。ブラぺがナイスなアクセント。
具は鳥豚2種チャーシュー、プチトマト、アスパラ、薬味ネギ。具は全て麺丼に乗っています。

【つけ汁】
白湯ベースにバジルソースのオイル分、しょっぱさはつけ麺の汁としては穏やかめ。
粘度はなくさらっとしたつけ汁ですが、麺にはしっとりと絡んでいく感じです。

【全体】
全体的に優しい春らしいメニューに仕上がってると思いました。
どちらかというと女性に嬉しい味わいかな?という印象でしたね。ごちそうさまでした。
レギュラーのカレーラーメンにとろ~りチーズトッピングも気になるところ。次回はそれかな?

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

「RYUS鶏白湯ラーメン(ミニ) 570円」@RYUS NOODLE BARの写真ラー博の新テナントを先上げ。

生臭いテナントが去り、代わりにこちらが。
逆輸入系の第5段テナント。
あまり好意的に受け入れられない逆輸入系。
今回もその風当りに立ち向かう形での出店。
メイン内容は鶏白湯。う~む・・・。。。

「RYUS鶏白湯ラーメン(ミニ)」


【スープ】
塩の鶏白湯は粘度ややありの塩分抑え目。薄ぼやけた鶏白湯はまるでお粥の汁のようで淡く頼りない。
胡麻多めの組み立てもファミレス風な仕立てといった感じで、専門店集結のテーマパークで強い主張を
示そうという意思などはまるで感じられない着地点。ほんとにこれでいいのかな~?ラー博よ。
鶏白湯って正直一時代前のブームで、現在は工夫を凝らした複合スープや、鶏単一で純度の高い
ものを目指したり、色んなタイプを日本全国各店提供しているのに、ここにきて専門テーマパークが
このスープを「逆輸入」のワードで売ろうというのは、ちょっと恥ずかしくありませんか?

【麺】
練り物入りの細麺。足の早さが際立つ。スピード感を維持して食べなくてはならない。
三河屋っぽい麺だな~と思っていたらほんとに三河屋製麺だったようで。

【具】
鶏チャーにレモンゼスト、きくらげ、白胡麻、メンマなど。
食感の彩に白いキクラゲが配されているのは好感。鶏チャーは味薄タイプで特筆なし。
レモンが思いのほか効果を発揮しなかったので残念。

【全体】
これといった特徴のない無難な鶏白湯。幅広い層が食べても不満がでにくいとは思うけど
やはり塩味フックの不足が私には気になる。味噌は太麺で味も強そうなので、味噌の方がいいかも。

てか、ラー博はいつまでこういう出店を続けるんだろう?

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏白湯(白) 800円」@麺者 雄の写真新天地での営業開始。

東神奈川のマイナー立地での営業を重ねてこちらへ移転。
以前のゆる~い雰囲気とはおそらくかなり違う環境でしょう。
安定まではやや時間がかかるでしょうがここが勝負どころ。
好きだった地元店なのでチェック要員・愛のムチレビューで。
開店直後だからって変に上げたって長期的には逆効果でしょうしね。

「鶏白湯(白)」
白だの黒だの分かりにくいメニュー名。相変わらず分かりにくい券売機。
普通に塩とか醤油とか明記すればいいのに。


【スープ】
白は鶏白湯「塩」。この店の看板メニューです。ちなみに黒は「醤油」、赤は辛いやつ。
スープのコンディションは良いように思いました。不足感なく鶏の出汁が出せていると思います。
移転前はもっと特徴のある独特の作りだったのですがオーソドックス寄りにしてきました。

【麺】
東神奈川店舗の麺から変わって白っぽい多加水っぽい中細~太麺。練り物は入っていない様子。
個性は置いておいてスープとの取り合わせや全体の調和を重んじての採用なのでしょう。
移転前よりも食べやすい内容になっていると思います。

【具】
チャーシュー、白髪ねぎ、青ネギ、半茹で卵など。前にあしらわれてたフラオニは消えましたね。
チャーシューは全店舗時より美味しくなってますね。ただ問題は卵。
味付けはない茹で卵状態なのですが、それは置いておいて、白身の肌がガサガサ。
自宅で殻剥きに失敗したあの卵状態のものを提供されてしまいました。
誰が仕込みをしたのかは知りませんが、こんなものは客に出していい商品ではありません。

【全体】
新しい環境でまだ慣れていないということもあるのでしょうが、色々と不備のある営業内容。
全ての小さいテーブルにセルフのお水ポットやコップを置いたりしてるのだが、
1人ずつでかいプレートで配膳するので明らかにスペース不足。配膳時はメチャクチャに。
プレート配膳に甘えてか、前客がはけてからテーブルを全く拭かずに次客を案内するフロアスタッフ。
キッチンとフロアの連携もまだまだ全然ダメですし、分かりにくい券売機やメニュー名も要改善。

とまあ、全店舗からのファンは色々心配になってしまうので、だんだんと改善していってほしいです。
新天地でもガンバレ~!幅広い方々に愛されるようなテナントになってほしいです。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件

「濃厚つけ麺 880円」@らー麺つけ麺 みやがわ 東白楽店の写真東白楽駅すぐそばの新店です。

オープンからなかなか繁盛している様子のこちら。
学生や地元シニアを巻き込んで
ちょっとしたホットスポットになっています。
ピークタイムは待ちも発生するような賑わい。
客への声かけなどが実っている気がしますね~。

「濃厚つけ麺」
前回はラーメンだったのでつけ麺オーダー。


【つけ汁】
粘度高めの鶏白湯ベース+野菜といったつけ汁。魚粉もあしらわれています。
具の岩海苔と魚粉の風味がなんとなくつまらなさを演出してしまっている気がしますが、
これらは私が苦手とする要素なので。他の方には親しみやすさを感じるかもしれません。

【麺&具】
平ための中太麺。パサつきも感じられず最後まで上手く汁を乗っけていきます。
ラーメン用の麺に比べてもこちらの方が断然好き。
具はチャーシュー、薬味ネギ、岩海苔、メンマ。麺丼は全体的にちょっと盛り付けが雑かな~?

【全体】
何か突出した特徴があるわけではないけれど取りこぼしのない出来栄えという感じで
問題なく楽しめる内容でしたね。思った通りの満足度は得られました。
盛り付けなど細部までこだわればもっと満足度は上がると思いますよ~!


え?引退??  (・_・)   誰それ、偉い人?  ジャニーズ??

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 3件

「鶏白湯 塩 760円」@麺場 鶏源 TORIGEN 黄金町店の写真近日、蒲田に支店がオープン。

先日食べた鶏白湯がイマイチだったので
味の確認にこちらに訪問。定点観測です。
カレーも辛いのもタンメンも食べたいんだけど
グッと我慢してレギュラーを堪能しましょう。

「鶏白湯 塩」



【スープ】
鶏の旨味を十分に引き出したスープで、混じり気を感じないクリアで、かつ濃厚な鶏白湯。
鶏ポタージュのようなコクはあるのに、他でよく見られるような不自然な粘度はなく
不必要な油は排除されているだろうから口当たりも食感も非常に綺麗。マジで絶品の鶏白湯。
塩分バランスはニュートラルで、この日の加減で言うともうちょい塩梅が強くても良かったかな?
体調や気分に合わせて「濃いめ」コールで調整してもらうとより美味しく頂けると思います。

【麺】
博多系より少し太いくらいの細ストレート。スープとの食べ合わせがイイですね。
替え玉(110円)もオーダーすることができます。

【具】
チャーシュー、青ネギ、アオサ。シンプルですが究極に旨いスープを盛り立てていてイイです。
チャーシューは醤油味が強すぎる気がするのですが、これくらいの塩梅のスープ相手だと
食中のアクセントになって映えるかもしれませんね。今回の気付きポイントでした。

【全体】
やはりこのエリアで本当に美味しい鶏白湯を食べようと思ったらこちらでしょう。
もうちょい綺麗でお洒落なテナントで頂けたら100点なのに(笑)

さて、こちら蒲田に支店を出店するということですが・・・。味クオリティを保てるでしょうか?
本店以上のクオリティを新天地で発揮してほしいと期待しています。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 9件

「味玉鶏白湯麺 850円」@超濃厚鶏白湯ラーメン専門店 自家製麺 鶏ふじの写真高級焼き肉店を間借りしていた店舗が
実店舗を構えてオープン。

間借り営業の時に行こうと思ってたのですが
水曜午前のみ営業ということでなかなか行けず。
以前、豚骨拉麺 酒場 福の軒があった場所で営業。
とりあえず鶏白湯好きとしては試してみましょう。

「味玉鶏白湯麺」


【スープ】
店名にある「超濃厚」ではない普通の鶏白湯。いわゆる家系の鶏置き換えスープです。
このエリアで鶏白湯で「超濃厚」を謳うのは麺場 鶏源 TORIGEN 黄金町店がある以上
ちょっと無理があるかと(笑) 鶏らーめん 極楽鳥よりは少し濃いめだとは思います。
何にせよ油分も多めでややくどさが目立ち、食べ進めるごとにキツくなっていきます。

【麺】
茹で上げかなり固めの四角っぽい中太麺。これは家系を意識したのかな?
麺自体が良いか悪いかは別として、全体の調和性はあまり取れていない印象ですね。
そしてデフォでこの茹で加減なら間違ってもかためオーダーはしてはいけません。

【具】
チャーシュー、メンマ、岩海苔、白ネギ、揚げネギ、味玉。 メンマは業務用。
気になったのは薬味系具材の全てがスープと合わない。含むたびいちいち邪魔な印象です。
特に白ネギと揚げネギは全くダメ。これなら刻みタマネギのほうがいい。

【全体】
スープ単体ならそこまで悪くない印象だけど、全体のバランスの悪さやなぜか漂うチープ感に苦悩。
フラッと使えて良いかもしれないが、風呂敷広げた店名やツイート内容からはだいぶ遠い内容。
ランチサービスがあり、近くのオフィサーには人気のよう。私は再訪ちょっと厳しいかな~?

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「熟成練り醤油らーめん+具だくさん 900円」@『   』(無銘)の写真ようやくこちらにも初訪。

BM長かったこちらですがようやく訪問。
言わずと知れた神田の有名店。
神田はBM店とっても多いのに
あんまり行く機会がないんですよね~。

「熟成練り醤油らーめん」
他にも気になるメニューはありますが
とりあえず看板のこちらから。


【スープ】
ややポッタリとしたベーススープは鶏白湯。すでにレビューに多くあるように洋風なテイスト。
スープの粘度は澱粉系由来といった感じで、このスープに真ん中の練り醤油を溶かしながら
変化させていくというスタイル。これを溶くと魚介の風味も加わり少し和風寄りの味わいに。

【麺】
平打ちっぽい中太麺。パスタっぽいと評されるのも頷ける麺。個人的にはあまりタイプの麺ではないが
店の個性も盛り込めているし、茹で加減が良かったのは高評価。

【具】
全部乗せでチャーシュー、キャベツ、海苔、辛ネギ、味玉、練り醤油など。
個人的にラーメンにキャベツが乗るのはそんなに好きではないが、結構合ってますね。
辛ネギはスープにも影響を大きく与える具材配置。個人的にこれは苦手な具材です。

【全体】
前情報通りの独特な一杯で美味しかったですね~。店主のバックボーンをきちんと反映した一杯。
ところどころ自分の好みと大きく離れているファクターもありつつ、
最終的な食後感はなかなかに満足できたので、さすがの有力店といったところでしょうか。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件