なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うが

神奈川県

2019年もぼちぼちラーメン食べていきます。メインエリアは横浜。次いで川崎、たまに東京。余裕があれば遠征にも行きたいとは思っています。基本、横浜エリアのレビューをしていきたいと思っています。

平均点 82.693点
最終レビュー日 2019年10月15日
1,132 394 0 4,887
レビュー 店舗 スキ いいね

「塩+バラチャーシュー+うずら+海苔 960円」@横濱家系ラーメン 勝鬨家の写真大人気の地球の中華そばの真隣に姿を現した家系の新店。
個人的には初訪の印象がなかなか良かったので
バリエーションメニューも気になっていました。
さっそく観測に行ってみました。


「塩ラーメン」
代表格としては「壱系」でよく目にする塩メニュー。


【スープ】
豚骨の旨味はそのままに醤油に比べて鋭くキレのある仕立て。食べ始めの印象はかなりイイですね。
鶏油の量や効かせ方もバランス良く、ベースの豚骨感も十分に出ています。
序盤に豚骨の旨味をなるべくそのままに堪能したい人にはこの塩オーダーは良いと思いました。
序盤は目を見張るものがありましたがやはり後半は塩分がキツイ。前半逃げ切りのメニューですかね。
まあ食中に減退しない強い塩加減が好きな方(主に男性?)には堪らないチューニングかと思います。

【麺】
大橋製麺多摩の特注麺。「この麺を使用する第一号店」というPOPあり。
茹で加減は今回は硬すぎることもなく丁度良いかなり好みの茹で加減でした。
店内混みあっている時以外は、意味不明な硬めコールは不要だと思います。

【具】
壱系を想像してうずらをプラスしてみたけど、まぁ結果的に違和感バリバリになってしまいました(笑)
やっぱりうずらはマイルド系のスープの方が合うようですね。海苔もやっぱり醤油の方が断然イイな~。
具とのマッチングの面では圧倒的に醤油に軍配が上がりますね。
バラシャーシューは1枚単位で追加できる微調整が効く嬉しいトッピングメニュー。

【全体】
多くの人が想像するであろう壱系塩メニューとは全く違う着地点のストロングタイプ!
壱系のようなマイルド系では叶わないシャープでキレのある一杯を楽しめました。美味しかった~。
こういったストロング豚骨塩って実はほとんど食べた経験がないかもしれないです。
む、まじでこの店、「伏兵現る」かもしれませんね。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件

「【春季限定】塩とんこつ 850円」@麺屋 黒琥〜KUROKO〜 東神奈川店の写真JR東神奈川駅と京急仲木戸駅の間にある
リーデンスフォートというビルの1階に店を構えます。
このビルには麺処 雄というお店も入ってます。
今回は季節限定メニューを頂きました。


「塩とんこつ」

【スープ】
白濁したサラサラ豚骨スープ。山頭火みたいなスープと言えば一番分かりやすく伝わるか?(笑)
若干既成感もあるけど整ったスープで嫌みはありません。その分惹きや個性は除外されてます。
塩メニューですが塩分は抑え目に設定されています。油分も割と控えめであっさりしてます。

【麺】
白っぽい中細ストレート麺。茹で加減は固め。ここらへんで少し個性を出してきてます。
悪い評価をするような内容ではないですね。おとなしめなスープに対して主張があります。

【具】
切り方の違うネギがたっぷり。そしてチャーシューに海苔に梅。うーむ・・・
ネギの鮮度は良く、一杯の中の効果はなかなか良いのだけど、その他の具が平凡すぎ・・・
チャーシューはペラいし海苔はこの一杯に特に必要性を感じないし・・・
これで850円というのはちょっと不満が出てくるレベルです。梅の効果も現在においては新鮮味もなく。

【全体】
そんなに悪くない一杯でしたが価格と満足度のバランスを考えるとどーかなー?
山頭火コピーのような一杯で個性がありません。うーむ・・・
個人的には超ひっさしぶりにこの手の一杯を食べたので逆に新鮮味がありましたが(笑)

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 4件
このレビューは移転前のものです。

「塩ラーメン+豚増し 700円+100円」@ラーメンいつきの写真ちょうどいい気候にもなってきて、そろそろこちらを
攻めようかなと思ってた矢先、新メニューが投下されたとのこと。
これは願ったり叶ったりですね~。ということで
一気に増えたメニューの一角、塩からいってみます。

「塩ラーメン+豚増し」



メニューが増えただけでなく、麺や麺量、料金形態など色々と変わったようで
店頭には細かい字で何やら説明のPOPが。でも全部把握するのは面倒なので(笑)
主要なところだけレビューと共に。

【スープ】
白ごまの入った塩スープは粘度が凄い。乳化タイプのベーススープは脂分もしっかり入り
豚骨だけではなくてモミジなどを配合しているかのよう。すごいトロミです。
塩味はきつくない塩梅で、かなりヘビーなスープなのに飲みやすい。ヤバいヤーツです(笑)
白ゴマの風味により、どこか「サッ〇ロ一番」の袋麺の味を思い出してしまう(笑)
そんな親しみやすさもあり、ヘビーなのにホッとするお味です。

コールで入れたニンニクの効きは、醤油に比べかなりダイレクトにきます。
これ、刺激的で、いいかも・・・(恍惚) 明日が心配です。。。www

【麺】
麺はオーダー麺に変えたといい、量は並250gから200gに変更。
大は300g。麺増しは大同料金で400gまで対応とのこと。

ご当地の菅野製麺のオーダー麺。以前の麺と比べると白っぽくて麺肌が若干ザラッとしています。
太さは以前とさほど変わらないが、平打ちストレートになり明らかにワシワシ感を付け加えている。
麺の変化によって、よりJ系としてのしっくり感には近づいたのかも。でも、
私は以前のツルモチ縮れ麺も好きだったので、どっちが良いかは食べ手によって意見が割れそう。

とまあ、麺の変化はさておき中々美味しい麺で、茹で加減は若干固め。固めコールは不要。

【具】
野菜はほとんどもやしで茹で加減はややシャキ。完璧に私好みの茹で加減です。
豚は以前とはちょっと違う印象。明らかにサイズダウンしているし部位が違う。
味付けや煮方は素晴らしいのだけど、以前のサイズイメージで伺ったため
なんかちょっとガッカリ感。。。 これなら豚ダブルでもよかったかな。
100円で2枚増しできるシステムなのでコンディションによって豚量を調節できるのがいいですね。

【全体】
かなりスープたくさん飲んでしまったけど大丈夫かな?(体重的な意味で)
きちんとジャンクだけれど暴力的ではないバランスの一杯で、安心して食べられるのが良いです。
この塩味気に行った。というか、味噌やカレーに大いに期待が持てると確信した内容。
しばらくは定期的にこの店ウォッチャーになりそうな私。あとは体重計との闘い・・・ 苦

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 7件

「塩らーめん」@すずき家の写真前回、チャーシュー麺が美味しかったので再訪。
今度は夜の部に来て見ました。

つけ麺も気になるけど今夜は塩で。

「塩らーめん」




【麺】
長多屋の中太。湯で加減は良く、マイルドスープの中にも存在感があります。
固めコールは必要ないのでは?

【スープ】
マイルドな豚骨。醤油のキレが無いのでベースそのままを味わえる感じ。
むーん、それはいいけど「塩」らしさは感じられない。際立った塩味はないし。
この感じだと醤油の劣化版ともとらえかねない。
この組み立てなら「あっさり豚骨」みたいなメニュー名のほうがしっくりくる。

【具】
チャーシュー1枚、海苔、ネギ、れん草、うずら1個。
デフォだとちょっと寂しく感じますね。
チャーシューがペラいのでチャーシュー麺オーダー推奨。
薬味ネギは切り方が雑で、かえってスープの邪魔をしているように感じました。

【全体】
醤油のほうが美味しい。

それよりも残念なのは、前回昼に伺った時の店の雰囲気とはちょっと違った点。
フロア担当はいなかったし、雑談の多いキッチンで「あれ?」な感想。
夜の部は昼とは違うスタンスなんですかね?

全てがちょっと期待とずれていた印象でした。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 4件