なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うが

神奈川県

2019年もぼちぼちラーメン食べていきます。メインエリアは横浜。次いで川崎、たまに東京。余裕があれば遠征にも行きたいとは思っています。基本、横浜エリアのレビューをしていきたいと思っています。

平均点 82.691点
最終レビュー日 2019年10月14日
1,131 393 0 4,883
レビュー 店舗 スキ いいね

「マル得みそ 760円」@おおぎやラーメン 吾妻原町店の写真旅行中にフラッと一杯。

狙いとしては「地方のローカルチェーン店
みたいな一杯を食べたい!」
ということで選んだのはこちら。
前情報なく外観と雰囲気で店を選んだのだけど、
結果的に狙い通りの店だったようです。

「マル得みそ」
調べてみると、北関東にかなり店舗数があるチェーンなんですね。

【スープ】
看板は味噌のようで。頂いてみるとど真ん中な味噌味。もっと田舎味噌的な味を期待したけど
かなり普通なスタイルでした。粘度はなくシャバ、塩梅もキツくなくオイルも適量といった感じ。
さすがに特長が無さすぎてラヲタ的視点では満足とはいかない内容かと思いますが、
一般的に見れば欠点の少ない安心して頂ける内容ではないかと思います。

【麺】
黄色っぽい中太麺。縮れあり。茹で加減はしっかりしていて固さもちょうど良く、
キッチンスタッフの腕も良さそう。

【具】
もやしに青ネギ、コーンに半玉、挽き肉にチャーシュー、海苔などのラインナップ。
具増しオーダーなのでバラエティー豊かです。でも、さすがに海苔は要らないかな?(笑)

【全体】
かなり普通の味噌だけどそんなに悪い気がしないのは、言い方は悪いけど過度の期待がなかったことと
まずまずのコスパで安定感のある内容であったことからでしょうか。
メニュー幅が広いので家族層には良いでしょうね。実際、メチャクチャ客入ってましたし。
狙い通りの旅先一杯を堪能できて良かったです。ごちそう様でした。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾ラーメン 850円」@赤城高原SA(下り)の写真SAでも台湾ラーメンかぁ~。一昔前なら考えられない。
最近のSAは施設だけでなくフードも本当に進化が凄いですね~。
とは思いますが、肝心なのは内容。
流行に乗じていてもその内容が陳腐だとしょうがない。

「台湾ラーメン」
なぜか先週食べた台湾混ぜそばの方が高い。(混ぜそば900円)
先週食べた台湾混ぜそばはなかなか良かったので期待したんですが・・・


【スープ】
ベースはシャバい鶏ガラ醤油に魚介エキスを足したような業務用感溢れるスープ。(笑)
特に取ってつけたような魚介エキスのような味成分が、「スープ・麺・具」の調和を壊している。
そして決定的なのが塩梅。かなりしょっぱい。とても飲み進むことはできない塩分加減。
各メニューのパーツを複合してしまったがために、出来上がった一杯がとてもしょっぱかったパターン。
辛さはまずまずに効いているが、とにかく塩梅が滅茶苦茶なためスパイス感を感じる前に舌が萎える。

【麺】
中細の縮れ麺。おそらく他のオーソドックスメニューと同じもの。
きっつい塩味のスープと全くパワーバランスが取れていません。

【具】
ミンチ、もやし、ニラといったシンプルなもの。さすがに鮮度感も感じられない内容。
ミンチ玉は内部がヒンヤリとしていて崩すとスープを冷ます効果をもたらします。(笑)

【全体】
台湾混ぜそばの好印象に比べるとかなり残念な内容。とにかく味加減がぐちゃぐちゃなんだよな~・・・
しょっぱすぎ、ベーススープが美味しくない、麺や具との一体感がない、など
ツッコミを入れたらキリがないくらい。SAの内容であろうとこれは許されないです。
あまりディスレビューはしないスタイルの私ですが、これは流石にないですわ。改善希望です。
こういったメニューに当たってしまうと「やっぱSAって・・・」ってなってしまうのが残念です。
台湾まぜそばは意外に巧く組み立てられてるんだからもう少し何とかなりそうな気もするんだけど・・・

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「台湾混ぜそば 900円」@赤城高原SA(下り)の写真谷川岳までドライブ行楽。
その間を見てこのSAのフードコートにて
こんなメニューを試してみたいと思います。
何気に楽しみにしてましたよ(笑)

「台湾混ぜそば」
いやいや、SAでも台湾混ぜそばかーい!!
あまりハードルは上げずに冷静に判断してみたいと思います。


【麺】
モチ系の中太麺。現代のSAはこういった麺をも楽しめるようになったのか・・・ いいなぁ~。。。
若干ボソッとはしているものの、茹で加減もなかなか良くてSAで頂くメニューとしては侮れないレベル。

ちなみに追い飯は最初から配膳されています。専門店では丼ブーメラン式が常識だけど、
SAだからそりゃこういう方式になるよね。納得。全然オッケーです。
隣席の同じものを食べていた方は最後に混ぜないで、具をそれぞれ少しずつ組み合わせてライスに盛って
その都度食べてみる「ひつまぶし」的な食べ方で楽しんでいました。なるほど。そういうのもあるのか!
むしろライス先配膳は台湾混ぜそばの新しい楽しみ方を示唆する面白いものなのかもしれない。
まあ、個人的にはやはりラストの残ったミンチを飯で〆るのが最高なんですけどね(笑)

【タレ&具】
タレはしょっぱすぎない醤油味に魚介っぽいエキス。さすがに業務味ですが嫌われない塩梅。
辛シビも既成感が漂いますがそれなりに効いていて一般客にはパンチを与えそうな感じです。

ミンチ、ネギ、ニンニク、魚粉、刻み海苔、卵黄。  定石の内容です。
ミンチの味加減が平凡以下の業務的な内容なのが残念極まりないけど概ね想像内の内容。
効きすぎないニラやニンニクが逆に良い方向に転がっている感じもします。
不満と言えばネギや海苔の少ないところかな。風味の良いもみ海苔とかが乗っていたらもっと良かった。

【全体】
この内容をSAで食べられるなら全然文句が出ない。ラーメンフリークには浸透しているだろうが
一般人にはまだ浸透しきっていないかもしれない台湾混ぜそばを、分かりやすく楽しめるように
作ってある印象。しっかりとある程度の辛シビ感もあるし、「追い飯」という+α要素もきちんと
伝えられてるし、SAで出される内容としてはかなり満足度があると思いました。

来週は伊香保温泉に旅行するので、このSAでもう1つ気になった台湾汁そばを試してみたいと思います。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件