なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

うなぎラーメン

男性 - 大阪府 (1975年生まれ)

京都、大阪、兵庫、和歌山を中心としてレポートします。実家が東京で、出張でよく愛知に行くため、東名阪のラーメンを広く浅くレポートしますよ!

平均点 82.785点
最終レビュー日 2014年12月14日
470 362 0 843
レビュー 店舗 スキ いいね

「鶏麺しょうゆ (730円) (+味玉)」@らーめん 桐麺 本店の写真2014/12/13 11時30分頃 初訪問
鶏麺しょうゆ (730円) (+味玉)

ラーメン人生JETさんで店長を務められていた方が独立して今月オープンしたお店。鶏麺しょうゆをオーダー。他に塩と味噌があるようです。

【スープ】
鶏白湯ベースの醤油で、出身のラーメン人生JETさんの看板メニュー、鶏煮込みそばを彷彿とさせるシルキーでトロッとしたスープ感です。こちらは粘度が少し低いのと、醤油ダレが効いているところが大きな違いでしょうか。個人的には醤油ダレが効いている分、こっちの方が好みの味。

【麺】
中太平打ち麺。うどんのようなクッシリした食感の麺は、やはり鶏煮込みそばチックでうまし!

【具】
チャーシュー、追加の味玉、メンマ、ねぎ

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らーめん (750円) (+味玉)」@影武者の写真2014年12月6日 12時頃 初訪問

今年5月にオープンして以来、ラーメンマニアの方々の間で散々話題になってたお店をようやく訪問。Junk Storyさんや麺と心7さんで修行された方が独立したお店のようです。お店の中には、各種ブランドの醤油や、塩のラベルが貼ってあります。これらをブレンドしてタレを作ってるみたいで、すごいこだわりを感じ期待が高まります。

【スープ】
一口飲んだらびっくりするうまさ。鶏のコクと魚介の深み、香味油のこってり感に、独特の塩ダレで、すごいバランスの取れた完成度です。魚介と塩ダレがキラリと光ってますねぇ〜。

【麺】
やや細いストレート麺。中程度の加水でしっかりとした噛み応えの麺ですねぇ。ミネヤ食品さんの麺。

【具】
レアチャーシュー、メンマ、追加の味玉、糸唐辛子、ねぎ、水菜
赤く見えるレア感のロース肉のチャーシューはプリンプリン!しかも2枚も入っていてお得感があります。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「だしが命の塩らーめん (780円)」@だしが命の塩らーめん ぎょぎょぎょ 本町店の写真2014/11/20 18時10分頃 初訪問

本町駅から南に5分程のエリアに今年開店したこのお店。Webサイトやメニュー表などに資本系っぽさを感じますが、本当のところはよくわかりません。しかし、メニューの内容のオリジナリティの高さや調理の手間のかかり具合等、ハイエンド個人店のこだわりを感じます。

初訪問ということで店名を冠したこのメニューを頼むしかありませんね(汗)。他にも、エビを使った油そば等、面白いメニューが多いようです。

【スープ】
鶏と魚介を半々位で感じる、たしかにダシが奥深いスープです。上品ではありますが、コクと油でしっかり飲み応えもあります。

【麺】
やや細なストレート麺で透明がかっています。麺全体にとてもハリのある表面ツルツル麺。ツルツル具合がすごいです。噛んでみても中の方までしっかり歯ごたえがあり、ややハードチューンな良麺です。

【具】
マグロのほほ肉の炙り、チャーシュー、ベビーコーン、エンドウ、ワカメ、空芯菜、ねぎ
普通の炙りチャーシューかと思って食べたらマグロでした!面白いですね〜。ベビーコーンなど、植物系トッピングもユニーク。

【サブメニュー】
唐揚げセット:ボール上の唐揚げ。唐揚げ自体の味ではなく、甘いタレで味合わせる感じです。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「壱丸らーめん(濃) (780円)」@いちまるらーめんの写真2014/9/27 12時頃 初訪問

野田阪神駅前に昨年開業したお店。土曜日ということもあって5人程度の待ちでした。

【スープ】
かなりクリーミーでポタージュチックなところもある純度の高い鶏白湯!最初に一口スープだけを飲むと、味が強すぎる?!と感じましたが、麺を食べながらだと丁度いい位の味になりますねぇ〜。調理の時にフライパンで溶かした何かを加えていましたが、ラードのようです。

【麺】
やや太目の丸麺は、中加水らしく、外はムチムチ中はややクッシリとした食感で味もいいですね〜。全粒粉入り。スープが濃いのでこれくらいのインパクトでバランスが取れていていいんじゃないでしょうか!

【具】
チャーシュー、ねぎ、メンマ
プルプルのチャーシューがいいですねぇ〜。メンマはオーソドックスな感じ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
このレビューは移転前のものです。

「蟹塩そば (730円) (モチモチ麺) (+味付け玉子)」@麺屋 裕の写真2014/9/15 14時頃 初訪問

手打ち麺を売りにしているようで、ラーメンの場合は「モチモチ麺」か「コシコシ卵麺」から選べるとのことなので、「モチモチ麺」にしました。「モチモチ麺」は小麦と塩とかん水だけから、「コシコシ卵麺」はさらに全卵を加えて作っているとのこと。つけ麺も独自の2種類の麺から選べるということで、すごいこだわりようですね〜。

【スープ】
蟹をウリにした名物ラーメンとのことでどんなのだろう?と期待が高まります。チャーシューの上から茶色いたれがかかっていますが、これが蟹の塩ダレのようです。具の下には、油が少し多めですが清湯の鶏スープが潜んでいます。塩分、出汁の深みともいい感じのスープに蟹のタレがからんで面白いですね〜。

【麺】
写真では全く見えませんが、中太でややちぢれています。少し柔らかめですが確かにもちもちした麺でおいしいです。

【具】
若筍、チャーシュー、味付け玉子、ねぎ、糸唐辛子
細長い若筍は柔らかく、しっかり味付けをしてるようでこれだけで美味しいですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チョイ盛り (770円)」@一風堂 SHIROMARU-BASE 梅田店の写真2014/8/14 19時10分頃 初訪問

梅田の一風堂のセカンドブランドが、一風堂の上の階にあります。濃厚な豚骨一風堂は和な雰囲気の内装ですが、こちらは洋風でシックな感じ。ベースは濃厚豚骨一本で、オーダー票に麺の硬さ、スープの濃さを書いて渡すシステム。一蘭的であります!スープは「特濃」、麺は「カタメ」でお願いしました1

【スープ】
一風堂の白丸を濃厚にしたということのようです。濃厚と言っても、無鉄砲とかそういう感じではなく、ベースはあくまでも一風堂を少し濃くした感じ。そこに背脂を載せてこってりな感じになっています。

【麺】
丸細麺ストレート、これは一風堂と同じですかね〜。いわゆる博多の豚骨ラーメンて感じです。

【具】
味付け玉子、キクラゲ、チャーシュー、ねぎ、のり

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「特製 鶏そば (1,000円)」@らぁ麺 やまぐちの写真2014/8/12 12時20分頃 初訪問

昨年のTRY新人大賞に輝いたお店。高田馬場から早稲田通りをまあまあ歩いたところにあります。相当な並びを覚悟していましたが、7人の待ちでした。

【スープ】
鶏ベースの奥深い出汁の清湯ですが、油と醤油ダレがなかなか主張していますねぇ〜。バランス良くまとまっていました。

【麺】
平打ちのやや細めの麺は、棣鄂製のもの。棣鄂さん、関東にも進出してるんですね〜。チュルチュルスベスベなんですが、食感はしっかり弾力があり、スープとも良く絡んでgood!、さすが棣鄂さんですねぇ。

【具】
チャーシュー、鶏肉、メンマ、味玉、ねぎ、かいわれ
チャーシューも鶏肉もとても肉質のいいものですねぇ。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「WITCH'S RED (800円)」@世界一暇なラーメン屋の写真2014/6/28 13時30分頃 初訪問

人類みな麺類、くそオヤジ最後のひとふりに続く系列3点目として今年初めに、中之島のダイビルに出来たお店にようやく初訪問。いわゆるオシャレ系オフィスビルの2階にあり、とてもオシャレな雰囲気ですね〜。メニューもシャレてます。6種類のラーメン(+まぜそば?)があり、それぞれなんかよくわからん名前がついてます。そのなかでも、メニュー表の1番左上にあるこれにしました。

器デカっ!なんか目の錯覚で、ラーメン自体がちょっとしか入っていないように見えますが、結構普通の量です(汗)。どうでもいいけど、器に印刷されている英語のスペルが間違ってますね…

【スープ】
「甘さ」と「醤油」がツートップな印象のスープですね〜。見た目で分かる通りしっかりオイリーです。

【麺】
中太ちぢれ麺で、全粒粉入り。全体的にはプリプリしているんですけど、中の方はクッチリした印象で面白い麺ですね。店に製麺機が置いてあるので、自家製麺のようです。

【具】
チャーシュー、メンマ、かいわれ、追加の味付玉子

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏濃厚ラーメン (900円)」@ラーメン まぜそば えにしの写真2014/5/31 13時20分頃 初訪問
鶏濃厚ラーメン (900円)

淡路島の行列店はなふくを休業してから1年以上たった今週月曜日、瀬口店主が満を持して灘駅前で再スタート。京都のお店で修行された方との2名での体制です。
開店1週間も経ってないですがどこから聞きつけたのか10人以上の行列が。。

行列で並んでる最中に縦が短い横長のメニューを渡され、しばらく待った後で注文を聞かれる方式です。鶏こくラーメンというのはこってりしたやつで、この鶏濃厚ラーメンはそれをさらに濃厚にしたものとのことで、これを注文しました(汗) 他にも汁なし担々麺もあり、なかなか個性的な少数のメニューで勝負とのことみたいですね。

店内は意外と広く、カウンターもやたら広々としています!

【スープ】
写真の右上をご覧頂くと分かる通り、スープが濃厚すぎて麺がスープに浸っていません(汗)。一口啜ると、鶏の旨味が凝縮されたような味にびっくり!どろどろクリーミーで鶏のコクが詰まったスープは麺屋 極鶏さんに近いですかねぇ〜。

最後は100円でシメ飯を注文してスープに投入で満足でした〜。

【麺】
中太ちぢれ麺は、表面ムチムチな感じのもっちり麺で、しっかり麺とからんでまいう〜。

【具】
チャーシュー、ねぎ、玉ねぎ

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「特製やっとこ らー麺 (980円)」@麺屋やっとこ 三田店の写真2014/5/30 13時40分頃 初訪問

三田に用事があったのでラーメン屋を検索したところ、慶応の前に新しい味噌ラーメン屋が出来ているということで行ってきました。食券を渡すと、ニンニクとしょうがを入れるか聞かれたので、よろしく!と回答。言わずと知れたラーメン二郎 三田本店の向かいに、新たなニンニク店出現というわけですな(汗)。

【スープ】
とてもクリーミーで濃厚な豚骨スープに、甘めの味噌味がほんのり来てます。花田 池袋店さん的な攻撃的な感じではなくて、味もスープ感も慶応らしくスマートな範囲に留めていておいしく食べられました。チャーシューの上にのった辛いやつがなかなか効いてます。

【麺】
中太ちぢれ麺。こちらは奇をてらわずプリプリシコシコのオーソドックスタイプ。

【具】
チャーシュー、味玉、トマト、のり、ねぎ、ニンニク、しょうが、もやし
トマトが面白いですねぇ〜。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件