なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ゴブリン

男性 - 神奈川県

復帰してみました

平均点 77.254点
最終レビュー日 2019年10月14日
272 215 0 302
レビュー 店舗 スキ いいね

「麻婆麺と半チャーハン 700 円」@中華料理 美山飯店の写真13日13時半頃訪問。
この日は定食でも食べようかと自宅近くのコチラにふらっと訪問。
メニュー見て豚肉とゴーヤ炒め定食を注文…お兄さんが戻ってきてマサカの売り切れ(T_T)
突然の事なので、その下にあった掲題の品をお願いし待つ事8分程で提供となりました。
まずは混ぜないようにスープからいってみますと、麻婆の流出はすでにしていてヤヤ甘めのピリ辛。恐らくラーメンのスープを使ってると思うけど、麻婆の主張がメインで塩気も丁度良く美味しいです。
麺はよく見かけるちぢれ中細麺。このスープにはあってるなと言う印象。
具材は、麻婆のみで粗めの挽肉と豆腐、ニラと言った構成。挽肉が多めに入ってるのは嬉しいところかな。
チャーハンは茶碗一杯強位の量で味付けは控えめ、箸休めに刻またくあんがあるのは重くなった口の中をリセットするのに助かります。
サクッと完食し、杏仁豆腐も食べてサッパリと昼食は終了。
わざわざ来る程じゃないかも知れない店かも知れないけど、ココは家から近いから重宝してます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「長浜ラーメン 700円」@博多長浜屋台やまちゃん 銀座店の写真7日、13時過ぎ訪問。
タンメンを食べた後は先程前を通って気になったコチラに突撃、ランチのピークタイムは過ぎてるだろうに店内はほぼ満席、店員さんに相席なら直ぐに案内できると言われたので了承し、連食なので一番シンプルな掲題の品を券売機で購入し店員さんに渡すとライスか替玉が無料でつくと言われて反射的に替玉をお願いします。何と貧乏性なんでしょう(笑)
麺の固さはカタでお願いし待つ事5分程で提供となり、スープからいってみますとさらりとしたスープで油分もそれなりにあるミディアムボディー、塩分も丁度良い具合です。
麺は白いストレート細麺でカタでもそれなりに固めで、麺量はこの手のヤツでは標準か。
具材はチャーシューと青ネギのみのシンプルな構成で、チャーシュー2枚でネギも多めなのは個人的に嬉しいところです。
卓上には、胡椒、紅生姜、辛子高菜、すりゴマ、ラーメンダレとひと通り揃っており、途中で紅生姜、高菜、ゴマを投入すると鉄板の旨さに。
サクッと食べ終わり替玉を今度は湯気通しでお願いすると自分史上一番の固さでして、ほぼ生の小麦感でブキムギィな歯応えで個人的にはツボにハマりまくりです。
食べてる時も常に満席状態をキープしていて、働いてる人達に人気あるんだなぁ〜と思いながら完食。
銀座と言う立地を考えれば今時ラーメン一杯700円と言うのは頑張ってると思います。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「タンメン 800円」@銀座たんめんの写真7日13時前訪問。
この日は、増税前に購入した眼鏡を受け取りに銀座へ、ついでに昼飯も済まそうと検索して出てきたコチラに初訪問。
麺類はタンメンのみと、漫画美味し○ぼにこんな店登場したなぁ〜と興味が湧いたもので。
朝から口に入れたのは、水とプロテインのみだし、大盛にするつもりで入店がマサカの先客ゼロ…とっさに並に変更と防衛本能が働き店員さんに食券を渡しまして、着席して3分程での提供。早い早すぎる!炒めた音すらないのはスープが、すでにできてるんでしょうか?
少々拍子抜けしながらスープからいってみますと豚ベースのスープと思われ出汁感、塩気共に十分なスープで悪くありません。
具材は細かく切られた豚バラと白菜のみ、先人のレポではモヤシも入れられているらしいが今回は確認できず。個人的にはもう少し肉っ気が欲しいところ。
麺は九州ラーメンに使われそうな白い中細ストレート、茹で加減は結構固め。アッサリスープには、こう言うのもありかなぁ〜と思わせる。
途中でコショウ投入しいただくと、やはりタンメンには鉄板の相性で、更に自家製ラー油を入れると随分と印象変わりますね。
サクッと完食し退店、店の滞在時間10分あったかと言う早さです。
お腹はマダマダ余裕あるから、久しぶりの連食を決めました。
なお、餃子は夜からの提供の様です。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン+つけ麺 900円」@ラーメン二郎 めじろ台店の写真1日、11時半前訪問。
消費税増税初日、日課のジムでのトレーニングを終え、この日は用事なしと言う事で半年ぶりにコチラのつけ麺食べたく訪問となりました。
開店15分前に到着しポールとはいかないが3番目ゲットで大人しく開店待ち、ほぼ定時にオープンし食券購入と券売機わ見るとブタは販売なし…コチラのお昼はブタ増しできない事が多々あるのが個人的には悲しい所。
なお、値段は据え置きの様です。
8分程でコールとなり、ヤサイ、ニンニク、アブラをお願いし提供となりました。
見た目、ブタが小ぶりになり厚め、黒アブラは大ぶりと、見た目が変わった気がしますがタマタマなのか仕様変更なのか気になる所ではあります。
いつもの様にヤサイから食べますが、キャベツモヤシ8対2位でシャキシャキとしたヤサイです。
麺はやや細めの平打麺、水でキッチリしめられて歯応えグミグミで小麦の風味もある相変わらず好きなタイプで、麺量は十二分です。
つけ汁は、ハチミツ由来の甘みと酢の酸味のバランスが相変わらず美味いと思えるライトなつけ汁です。
ブタは、赤身のタイプと脂身の混ざったタイプと異なるブタ、どちらも食べればホロリと噛み切れ味付けは控えめでも豚な旨味は残っていて増せないのが、尚更悔やまれます。
黒アブラが大ぶりで箸で普通に掴めるのでアブラヤサイ麺一緒に口に入れれば、口の中はパラダイス。
そして、あっさりと完食。
やはり、コチラはつけ麺が一番個人的には好きかなぁ〜

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば W盛り 850円」@油そば 伊太郎の写真30日、11時半頃訪問。
この日は川崎では珍しい油そば推しのコチラに初訪問です。
回転直後と言う事もありお客は俺一人、とりあえず初めてなので普通の油そばを注文し8分程で提供となりました。
見た感じW盛りとは思えないこじんまりとした印象ですが、麺を混ぜずにいただくと中太位の微ウェーブの全粒粉の麺で小麦の風味も感じるモッチリとした麺で好みのタイプ。
麺箱に菅野製麺とあるのでソチラの麺なのでしょう。
次に下に溜まってるタレをよく混ぜて頂いてみると結構甘めの味付けで、イメージとしては焼鳥丼の麺バージョンといった印象ですが油っぽさはありません。
歳をとる毎に甘いのが苦手なってきてるので、四分の一も食べずに早々に卓上の酢、ラー油で味変を試みますと、それ程甘さは気にならなくなったかな。
具材は炙り鶏に豆苗、メンマ、刻みノリ、糸唐辛子で、炙り鶏は珍しい気もするが特に印象は残らず。
豆苗が薬味代わりなのかも知れないけど、この味付けには弱い印象、やはり白ネギ欲しいかも…
食べ終わると〆スープを丼に注いでくれるサービスがあり、コチラはかなりサッパリとしたスープで食後をさっぱり〆られるのは嬉しいサービスです(個人的には洗い物増えるけど食べてる時に欲しかったけど)
お会計済まして帰るときに、愛想の良さそうな店主さんが塩ラーメンもオススメですよ〜と声かけてもらいましたから、次回頂いてみようかと思い今日のランチは終了となりました。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小まぜ麺+ブタ増し 1000円」@麺でる 川崎店808ismの写真24日14時頃訪問。
我が幸区に麺でるが進出したと言う事をコチラで知ったのだが、ようやくの訪問。
しかし、駅からは距離がありナカナカ行き辛い場所ですねぇ〜ちなみに、俺はスクーターでの訪問なので問題はないのですが…
さて、券売機の前に小は250g大500gとありますが、個人的には350gとか量をもう少しきざんで欲しかった、流石に500gはキツイので掲題の品をポチリ。
カウンターに座り待つ事10分弱でコールタイムとなりカラメ以外全部とお願いして、提供されたのが写真の品。
デカイ丼で食べやすそうなのが好印象。
まずは味のないヤサイを効果不明な血糖値対策の為に三口程頂きますが、モヤシ、キャベツの比率は9対1程で臭味は特に感じません。
次にブタを一切れいただきますが、コチラは秀逸。ロースみたいな部位でシットリと適度な噛みごたえ、味付けも丁度良い具合で上質なローストポークを食べてる気分、デフォで2枚増しで4枚とブタ重視の自分には増し必須。
お次に麺を下から引っ張り出しいただくと、平打ではなく断面正方形の太麺でゴワワシの固め仕様。しっかりタレと絡まってるのもあるのか小麦の風味は弱めです。
一通りのパーツを堪能したので、全体をよく混ぜていただくと、化調?ミリン?由来か気持ち甘さを感じるタイプでタレ多め、塩気は丁度良くナカナカ食べやすいですが、辛アゲの辛味がそれなりに感じるので辛いのが苦手な方は注意が必要かと…個人的には全く問題なし。
ガツガツを食べ進めて完食、時折感じるニンニクや玉ねぎのお陰で飽きることなく、またブタのボリュームも結構あるので量的にも十分です。
最初、cpが微妙だと思えましたが満足いく昼飯になりました。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小豚入り 850円」@ラーメン二郎 越谷店の写真16日12時過ぎ訪問。
この日は祝日、どこの人気店も行列は必至ですが、オープンしてからなかなかタイミングが合わなかったコチラにようやく初訪問。
外待ち発生してましたが、ここまで来たからには並びますとも!
待ち開始から20分程で着席とナカナカ回転は良さそうです。
コールはヤサイ、ニンニク、アブラをお願いし提供となりました。
スープは非乳化で豚感控えめながら出汁感は十分でカエシで食べさせるタイプ。
個人的には上野毛店に似ていると…
麺は平打で最近の直系では細目が散見される中なかなか太めなモノ、麺肌がツルッとした感じは珍しく、茹で加減は気持ち固めでオーションの風味もしっかり感じられ美味い麺で量は350グラムとあり量は十二分。
ヤサイはキャベツ2割位のマシたから量は結構あり、麺と共に食べればウマウマです。
ブタはやや固めで赤身と脂身がハッキリ分かれてる腕肉、固いとは言っても肉々しい感じで嫌な固さではなく、むしろ好みで出しがらブタでもなく十分美味いです。
ライトな二郎で非常に食べやすく、かつボリューム満点。
自宅から遠いけども、また訪問したいですね。
お隣りさんの大豚かなり苦戦してる様に見えたが、最後は完食できたのだろうか?…気になる所です。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨ラーメン+高菜  750円」@釜炊きとんこつ がっきの写真9日、13時頃訪問。
台風一過の午後、ラーメンでも食べにどこか行こうかと駅に向かうも改札に大行列…
こうなると地元で済まそうと思案し、以前から気になってたコチラを訪問しました。
台風の影響で臨休の店も多い中、営業していて一安心。
掲題の品を券売機で購入し、麺の固さ、サービスライスの有無を聞かれたので、バリカタとライスお願いし数分で提供。
ラーメンの写真を撮り終えた後にライスも提供されました(サービスライスの存在忘れてた)
まずは、スープからいってみますと、ほんのりトロミを感じられる濃度で臭味も感じれず塩分も丁度いい感じ、美味いですね。
麺は定番の細麺でバリカタなので適度な噛みごたえもあります。
具材は、海苔、キクラゲ、チャーシュー、万能ねぎと言った構成で特にコレ!と言った程ではないけど、海苔三枚、万能ねぎも量が多くて嬉しいですね。
卓上の味変アイテムは、ゴマ、胡椒、紅生姜、酢、ラー油、おろしニンニクがあり、ゴマ、紅生姜と有料トッピングの高菜を半分程投入で箸がすすみます。
まだ、お腹に余裕があるので替玉を今度は粉落としでお願いしますと、ほぼ生の小麦の食感が個人的には好きでして残りの高菜を投入するもちょっと塩気が強くて残念ですが完食完食しまして高菜が個人的にはアレでしたがCPも高く、ラーメンも美味かったです。
地元ですので飲んだ帰りにでも寄ってみようかしら?
尚、営業時間、定休日が変更したようなので変えておきます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば特盛 1200円」@中華そば 竹千代の写真3日11時頃訪問。
BMしておいたコチラにようやく訪問してみました。
オープン直後と言うのもあり店内は誰もいないですが、店内は流石にキレイですね。
掲題の品を券売機で購入し5分ちょっとで提供となりました。
いつもは、あっさりいきたい時は蕎麦にしてしまうので、久しぶりの中華そばにテンション上がります(笑)
まずは、スープからいってみますと、うんちくではチャーシューの煮汁とドンコ、昆布から出汁をとっているらしいですが、カエシ、出汁がどれも出しゃばらずに非常にまとまった印象で塩分もちょうどいい感じで美味しいですね。
チャーシューからの油の流出もあるのかもしれませんが、油はそれなりにあるもののクドさは感じません。
麺は熟成させたという細麺で、やや柔らかい茹で加減ですが、このスープにはマッチしてると思いますし、特盛なので量も十分です。
具材は、薄くスライスされたバラチャーシューにメンマ、九条ネギで、チャーシューは脂身の多いモノだが甘く感じる脂で味付けは薄めコチラもこのスープにマッチしています。
メンマは、コリコリ感の強めな物で歯応えのアクセントにはなるがやや味付け濃い目で個人的にはメンマの風味がもう少し欲しいかな?
九条ネギは白ネギに比べれば風味は柔らかいので、スープの風味も壊さないし量もそれなりにあるので薬味として十分仕事してます。
途中でホワイトペッパーをガリガリと投入しいい感じのアクセントであっさりと完食。
久しぶりの中華そばでしたが満足、満腹になりました。
地元からなら乗り換えなしで行けるのもありがたい、また来たいと思える店でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「小豚+つけ味冷や汁なし+甘い脂 990円」@ラーメン二郎 中山駅前店の写真26日11半頃訪問。
間空けずに再びコチラに訪問となりました。
目的は掲題の品狙いですが、前回のヤツとの違いが気になる所。
平日だし待ちはそんなにないと思いきや、まさかの外待ち発生…まぁ、回転早く思ったよりまたなかったですが。
 
さて、コールタイムはニンニク少し、ヤサイでお願いし提供となりましたが、見た目は前回と一緒ですね。
ヤサイを少し片付けて麺をいってみますと、結構酢が効いてますね。
前回が冷やし蕎麦の印象ならコチラは冷やし中華をイメージした感じかな?
3分の1程食べて脂を投入してみると、コッテリジャンク感アップで二郎っぽさも出ますね。

麺はいつもの標準より細目の麺でキッチリ冷やしてあるのでグミっとした噛みごたえです。
豚は味の染み込みはそこまででもないが、タレに付けて食べればいい感じです。

最後まで飽きる事なくアッサリ完食。
来年の夏もやって欲しいメニューですね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 9件