なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ゴブリン

男性 - 神奈川県

復帰してみました

平均点 77.126点
最終レビュー日 2019年8月18日
262 207 0 281
レビュー 店舗 スキ いいね

「混ぜ麺とワンタン 700円」@中華料理 美山飯店の写真12日12時頃訪問。
世間は夏休みボチボチ夏休みに入る店もチラホラありながら、コチラに家族で訪問。

餃子とビールを食べた後に、メニュー見るかぎりイメージがわかないコチラを注文。
提供まで8分程、ぱっと見茶色いタレが底にあるが何味なのか…とりあえず、良くかき混ぜてみると、随分とねっとりしてきました。
とりあえず、一口食べてみるとピーナッツペーストに醤油ダレを足した味で、初めて食べる味ですがコレは好きな味です。
具材はひき肉にクラッシュピーナッツ、小ねぎと言ったところで、ピーナッツのアクセントが良いです。
麺は、ありがちな中細の中華麺で濃い目のタレをガッチリ持ち上げてくれます。

付属についてるのはワンタンスープ、漬物で口の中をリセットするのに助かります。
ワンタンは普通に美味しい〜
杏仁豆腐も付いてたけど、コチラは子供に上げました。

700円と言う値段から考えてもコスパ、質共に十分な印象。
コチラのお店はハズレがない印象で、近所にあるので助かります。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「ピザソバ 800円」@ajito ismの写真21日11時前訪問、開店待ち0
麺ちゃんからの移転オープン情報をゲットしましたので、早速の訪問となりました。コチラのお店は11時オープンと今日の私の都合にちょうどいい事が決め手なんですがw
さて、店に11時10分前くらいに着くと、待ち人は誰もいませんでしたが10分程度なら携帯でもいじっていればスグですから店前で待つことにしましたが、57分頃に開店となりましたが時間前の開店って嬉しいですねぇ~
さて、掲題の品をオーダーして待つこと5分ほどで提供となりまして、まずは混ぜずに下から麺をいただいてみるとトマトの味が効いているタレで醤油っぽさが皆無の今までに食べたこと無いまぜそばですねぇ。
麺は太麺ストレートでゆで加減は固めでゴワワシっとした食感でパスタというよりもJ系インスパイアみたいな食感でチョイ意外でしたが、コレはコレで合いますねぇ~
具材はサラミにトマト、オニオン、ピーマン、クレソン、チーズとピザっぽい布陣でオニオンとピーマンの食感と味わいが薬味として機能してますね。
全体を混ぜていただいてみるとチーズの味わいがまず来て、その後にタレの味わいがじわじわとキますねぇ~時折、感じる無料トッピングのアンチョビの塩っ気もいいアクセントです。これならオリーブもトッピングしても良かったなぁ。
途中で、カイエンペッパーとニンニクを投入し完食となりましたが、まさにイタリアンでもない独創的なまぜそばに満足させて頂きました。
次回は、ラーメンっぽいヤツいただこうかな?
ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「日本の野菜たっぷりちゃんぽん 690円」@長崎チャンポン リンガーハット 川崎駅西口店の写真ラーメン行脚その109
1日11時半頃訪問、先客5
この日はラゾーナで映画鑑賞の予定でしたので近場で食事をすまそうと訪問してみました。
お得そうなランチメニューもありましたが、今回は野菜を食べたくなり掲題の品をチョイスし待つこと待つこと5分ほどでの提供となりまして、早速スープを一口いただいてみますと豚骨ベースのスープに魚介の風味も効いてましてナカナカのウマいですねぇ~
麺はチャンポン用の麺なのでしょう太めのストレートでモチっとした食感で、スープと煮込んでいるお陰で相性もいいですね。
具材は、豚肉、キャベツ、モヤシ、さつま揚げなどなど種類豊富で野菜たっぷりと謳うだけあり具沢山でモヤシではなくキャベツが多いのは嬉しいところです。
途中で、チャンポン用のドレッシングをレンゲの上でちょと野菜にかけてみましたが、どちらとも個人的には微妙な感じでして、結局胡椒のみで味変をして完食、完飲となりましたが久しぶりにリンガーハットで頂きましたが、お手軽にチャンポンをいただくにはやっぱいいですねぇ~
ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「四川風冷麺 750円」@中華料理 美山飯店の写真地元ラーメン行脚その88
27日14時半頃訪問、先客4
この日は久しぶりの自宅近くの中華料理店で気になった掲題の品を食べに訪問してみました。
さて待つこと10分程度で提供となりまして、見た目棒々鶏の冷やし中華でしてイメージしていた
モノとは違いますが、確か棒々鶏も四川料理だったんだよなぁ~と納得していただきます。
タレはゴマダレでほんのり辛味を加えたもので胡麻の旨味が主体の味付けでまったりとしたモノです。
麺は汎用的中華麺っぽい中細縮れ麺で適度なコシがありマズマズな印象、麺量は普通かな。
具材は意外に豪華で棒々鶏にカニカマ、きゅうり、トマト、レタスの千切りといった布陣で
きゅうり、レタスの千切りはシャクシャクと変化をつけてくれ、トマトは口をサッパリ
させてくれますし、棒々鶏も結構もられてましてボリューム感がいいですね。
でも、カニカマは微妙かもw
途中で、ラー油で辛味を追加し完食となりました。
ゴマダレ冷やし中華とは思いませんでしたが、それなりに満足なものでした。
ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「豚冷やし ニンニクアブラ 850円」@千里眼の写真7日12時頃訪問、外待ち9
今日は、久しぶりの東北沢です。
去年、食べそびれた冷やし中華狙いで久しぶりの訪問となります。
到着した時間から諦めていましたが、やはり行列ができていまして
漫画でも読みながらノンビリ待つ事30分程でしょうか?
漸く着席となり、コールタイムはニンニク、アブラでお願いしました。
先ずは、追加分のブタが別皿で提供されましてワンタイミング遅れて
やってきた丼を見てみると、おぉJ系とは思えない綺麗なビジュアルです。
最初は、混ぜずに下から麺を引きずり出して頂いてみますと、開花楼製の
極太麺は冷やされている分ゴワゴワっとしたストロングな歯ごたえで
下手するとアゴが疲れそうな気がしますw
タレはゴマベースのタレですが、意外に大人しいゴマダレなのが意外でして
食べやすいモノのインパクトとパンチに欠ける印象です。
具材は、鶏チャーにプチトマト、ヤサイは大根、人参、水菜、紫キャベツと
と言ったところでしょうか?
鶏チャーは冷やされているもののマズマズ旨いです、追加のブタは暖かく
別皿で出されたのも納得で、バラロールタイプのブタは味の染込み具合も
良くホロホロっとした食感で冷やし中華との相性もナカナカいいです。
次に、全体を混ぜていただいてみると、正にサラダ感覚の汁なしで
途中酢をチョイと足して頂いてみると何ともサッパリしていて
食が進みますが、更に一味を投入してみるとコレもいいですね。
そんなこんなで完食となりましたが、久しぶりに訪問しましたが
スタッフも随分増えたようで、相変わらずの人気店なんですね。
ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「赤辛中華そば 850円」@赤備の写真地元ラーメン行脚その60
20日1時頃訪問、先客10名程
この日は久しぶりの家族でのラー食となりましてカミサンが豚鶏、上の子は普通の中華そば、
で私はお高いコチラをチョイスしまして初の2Fへと案内されます。
以外に広く感じる2Fでチャッカリビールも頼んで待つこと8分程で
提供となり、子供のラーメンを小さい茶碗に移してやってから
早速、スープをいただきますと
最初に動物系の旨味と甘みがやってきて辛味があとからやってくる構成でして
スープの粘度はかなり高めでドロドロなスープです。
辛みは結構感じるので辛いのが苦手な方は気をつけた方が無難なスープですね。
麺は豚鶏よりは太く、中華そばと共通の麺で茹で加減は普通ですが
ドロドロスープには全く存在感がなくつけ麺の太麺で食べてみたいと思わせます。
具材は、ホグシチャーシュウとモヤシ、キャベツ、揉みのり、玉ねぎのミジン、
辛味ペースト、ナルト、万能ネギといった布陣で、チャーシュウは味付けが薄く
スープとともに食べるタイプか?柔らかく旨く、キャベツとモヤシは
食感の変化を与えてくれて良い具合です。
そんなこんなで完食完飲となりまして、さすが玉グループですねスープは
とても旨かったですが、麺は太いほうがスープとの
バランスは良いと思うんだけどなぁ~
ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「台湾冷麺 750円」@海味館の写真地元ラーメン行脚その42
2日12時頃訪問、先客多数
この日は、嫁と上の子がお出かけなり1歳になる息子を連れての訪問です。
まあ、実際には息子は自宅で離乳食を食べさせたので私一人の食事ですが
なるべく広くてベビーカーでも良さそうなコチラを選択。
安くボリューミーなセットメニューにしようかと思いましたが
掲題の品が目に入りOKという事なのでそちらをチョイスしまして
約10分程で提供となりまして見た目ひき肉が珍しい冷やし中華という
様相ですが果たして・・・
早速、混ぜて一口いただきますと、中細の中華麺はシッカリとしたコシがあり
ナカナカの存在感が光りますねぇ~
タレは、非常に薄っすーいゴマダレでして甘み、酸味が、まあ適度にバランス
とれてますかね、そんな感じです。
具材はヤハリひき肉が目立ちまして、カラメに味付けられているようで
それなりなアクセントになってるんですけどもう少し辛味があった方が
良いような気もします。
その他の具材は、ワカメ、千切りハム、錦糸卵、に千切りキュウリ
やはりこの手の料理にキュウリは鉄板ですね、個人的には。
そんなこんなで完食となりましたが、まあマズマズといった感想でしょうか?
ごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ホルモンラーメン チゲ 600円」@串焼き BAR 豚兵衛の写真16日午前11時40分頃訪問、先客1
この日は以前から気にはなっていながら行かなかったコチラにやっと訪問です。
何となく辛いモノが食べたくなってきまして掲題の品を注文〜小ライスがサービスでついてくるらしいのでソチラもお願いしまして5分程で提供となりまして
早速、スープを一口…甘く、スッパク、そして辛いですね〜チゲと言われればそうかも知れないですがキムチの素を溶いたような味わいでして苦手なタイプではあります。
麺は中太、細と表現に困る太さの麺ですが固めに茹でられた噛ごたえがナイスです。麺量は少なめですがサービスでついているライスのおかげで不足感はありません。
具材は豚ホルモンにニラ、キャベツで結構入ってるホルモンも臭みもなく脂の甘味もありウマウマです。ニラやキャベツの相性もヤハリ抜群で旨いですね〜
そんなこんなで完食完飲しましたが、甘酸っぱいスープが残念ですが次回は味噌でもいってみようかと思わせるモノではありました。
ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナチャーシュウ 980円」@南国飯苑の写真地元ラーメン行脚その23
14日午後12時頃訪問、先客1
実に久しぶりの訪問、コチラのお店、いわゆる街の中華料理店なんですが自家製麺を使った麺類が評判のお店でして、その中でも人気メニューのスタミナにチャーシューもいっちゃいましょう。
やはり、昼時ということもありゾロゾロとお客さんがやってきましてほぼ満席にヤハリ麺類をオーダーしている人が多いですね。
10分程で提供されまして、結構大きい丼にたっぷりとスープがそそがれてますね。
メニューにはスープの蘊蓄があり豚の頭と魚のアラがベースになっているようでして、早速一口…
おぉ、結構辛いですね〜辛いのが苦手な人はダメかもしれません。
味わいは恐らく化調も使ってるでしょうが意外にも豚骨やアラなどの強い主張はないものの旨味たっぷりで良いです。
自家製の中太ストレートの麺は低加水なのかやや最初はモソッとした固め仕上げですが、スープを吸っていくとモチッとした具合に変わっていきましてナカナカ具合良いですが、スープがシャバシャバなので持ち上げは悪いです。
具材は、ブタコマ、玉ねぎ、ニラ、ニンニクスライス、人参がキッチリ炒められていています。
トッピングのチャーシューは豚バラロールで厚さ3ミリ程のが4枚、味付けは薄いモノの豚本来の味がスープともあいます。
具材、麺量、スープ共にボリュームがかなりあり、固形物は何とか完食しまして大満足です。
他にも麺類のメニューがあるので、また伺わせていただきますとも!
ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば 半ライス、スープ付き 800円」@見聞録の写真7日午後12時半頃訪問、先客10名程
先週、教習所の普通二輪を無事卒業したので免許申請する前に訪問しました〜
自家製食べるらー油を使ってるとの事で気になり掲題の品を注文。
地元の人気店なのでしょうか?結構、お客さんがきますねぇ〜
10分程で提供されまして見た目ネギやら卵黄やらで色鮮やかですねぇ〜
まずは、混ぜずに麺だけ食べますと、気持ち細い中太チヂレ麺といえば良いのでしょうか?
そんな感じの麺でして茹で加減はプリっとしていて具合が良いです。
一気に混ぜまして食べてみますと、らー油自体の味わいなんでしょうか?結構、ジャンクな味付けでして表現に困りますが旨いですねぇ〜ただ、麺自体がこの味付けには負けてるとは思いますが…
具材はモヤシ、ネギ、刻み海苔、イカの姿揚げ、自家製らー油といった所でしょうか。
自家製らー油自体に、フライドオニオンやツナみたいな物体などイロイロ使われてるみたいですし辛味も結構ありますね。
コンビニ等でよくみかけるおつまみのイカの姿揚げも砕いてはいっていてナカナカ個性的な具材ですが悪くはないです。
一緒についてるスープは魚介と豚骨を使ったサッパリしたスープでして口直しに良い役割になってますし、麺を食べ終わった器に注いでスープ割りと良い具合です。
半ライスもついているのでボリューム的にも悪くはなく完食完飲しました。
こういうジャンクな味わいは好みが別れそうですが個人的には好みですね、ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件