なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Mr.モーリ(ツエスト)

男性 - 栃木県 (1964年生まれ)

 栃木県に住む、3度のTV出演経験がある“なりきり世良公則”として有名なMr.モーリです。 46歳ながら、173cm、67kg、B:105cm、W:75cm、H:90cm、体脂肪率:15%、背筋力247kgのRock'n' Roller極真空手サラリーマンです。 ラーメン屋では、塩メニューが無い以外は、ほとんど塩ラーメンしか食べません。 醤油ラーメンの、冷めた時のスープの醤油臭さが嫌いだか

平均点 76.658点
最終レビュー日 2015年8月23日
79 50 0 40
レビュー 店舗 スキ いいね

無化調との事で、無化調特有な出汁感不足や塩気、醤油の尖りがあるのでは?と懸念していたが、いやいや驚く程の旨味感たっぷりで醤油独特の臭みもない素晴らしいスープ。
惜しむらくは麺か…。

私の意見としては、佐野らーめんに見られる手打ち平打ち麺ではなく、今、蛤らーめんで多数のレビュー、高得点を挙げている某店の様に、ストレート丸麺で、高級感溢れる斬新ならーめんが出せれば、一躍有名店に躍り出る可能性のあるスープだと思う。

佐野らーめんが苦手な私がまた食べたいと思った。ご馳走様でした。

期待したい。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「和だし醤油ラーメン(大盛)」@吉田商店の写真僕のラーメンの原点、僕のこの世で一番好きなラーメン、「食いしん坊 万才」の塩ラーメンを超えるラーメンを探す旅は、終わりが見えません。

「食いしん坊 万才」から「吉田商店」に屋号が変わって早4年8ヶ月。オープン時に食べただけの醤油を久しぶり食べたが、美味しいのは美味しい。でも普通に美味しいだけ。
それは、僕の嫌いな椎茸の出汁が入ってるからとか、塩じゃないからでもなく、今日、ハッキリわかったのだが、やっぱり、『麺』なんだと思う。
食いしん坊時代の、あの店内の製麺機から生み出されていた、黄色い自家製麺が最高に、美味かったから。まだまだ開拓の余地はあれども、色々と名店にも行ったが、あれ程まで美味しい麺には出会っていない。たぶん…吉田店主様がまた、あの自家製麺を作ってくれない限り、この思いが晴れる事なく、一生を終えるんだろうなぁ。

僕も今年で51歳。あの麺が…あの塩ラーメンがもう一度食べたい…。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件
このレビューは移転前のものです。

「特製山賊麺(大盛)」@上州山賊麺 大大坊の写真本日は高崎ワシントンホテルで会議。

なので、駅周辺で評価の高い店を検索したら、ここ。

12時前ですが並びはしませんが結構混んでて、期待。

塩系はないみたいなので、鶏魚介醤油の看板メニューを。
見てたまげたのは、スープの少なさ。
それに、綺麗に開いた三つ葉ちゃん。
支那チクは、私の大好きな穂先っちょで、good!
チャーシューも美味しい!!

だけど、濃いめのスープなのにコクが今市。
麺もあまり主張せず。
ん〜、接客はいい感じなんだけど、ね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば+半チャーハンセット」@王記厨房 イオン佐野新都市店の写真特筆すべき点はありませんが、値段が値段なのでそれなりです。

 逆に、チャーハンの方が美味しいかったかな?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 650円(大盛り同料金)+チャーシュー 250円 +味」@らーめんはるか86の写真 先日、定休日に行ってしまい、やっとこ到着。

 カウンターに座り、まず目に入ったのが、茹で鍋。
 大きく浅い鉄鍋にギリギリまでお湯を張って茹でている。
 少し濁ってきたらすぐに流して交換している徹底ぶり。 
 昨今のほとんどのラーメン屋が「振りザル」と呼ばれる、一人前の麺だけを入れて鍋の縁に掛けてその狭い中で箸でほぐしてタイマーで計って揚げてそのまま湯きりしていき、ほとんどそのまま濁ったお湯で茹でているので、忙しい時などは、麺がヌルヌルぬめっていて、せっかくの麺が不味くなってしまうのが現状だが、ここは、人数分の麺を一気に入れて麺を泳がして箸を満遍なく入れて感覚で茹でて、平ザルにて一人前ずつ、職人芸で上げていく。さすが、これぞ麺職人!
 元・手打ち蕎麦うどん職人としては、非常に感心しました。

 肝心の味ですが、普通の醤油なので、僕の好みの味ではありませんが、昔の中華そば好きの方々ならば、大変美味しくいただけるスープだと思います。
 麺はというと、さすがに茹で方上げ方に拘っているだけあり、凄く美味しい自家製麺だと思います。食感もよく、味も良いです。
 チャーシューがこれまた美味しく、トッピングする必要がなかったくらいのボリューム。それで大盛サービスでこのお値段には、脱帽ですね。
 穂先支那チクも使って、大変贅沢なラーメンでありながらこのCP。
 お客が多いのにも納得でした。

 麺への拘りに興奮して、久しぶりの長文になってしまった・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「・鶏がら醤油らーめん(細麺・大盛)・・・・・¥790」@越後秘蔵麺 無尽蔵 はにゅう家の写真 会社近くにあるイオンの中のラーメン屋へ。

 レストラン街の中からこのお店を見つけて。
 悩みに悩んで、表題メニューを細麺で。

 しっかり鶏の風味も旨みも出てるし、和だしもほどよい。
 麺はイマイチだったんで残念だけど、太麺にすればよかったかな?
 
 チャーシュー、支那チク、味玉は美味しい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

 大変な事後報告になってしまいますが・・・。

 リニューアルにガッカリしたが、もしやもしやと・・・醤油の方を食べてみた。

 魚介のみの和風らーめんって、苦手で嫌いなのだが、ここの和風出汁は美味しい。

 でも・・・やっぱり麺が・・・。とほほ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 6件

「中華そば(中)・・・・・770円」@もちもちの木 白岡店の写真2010/10/15

 もう、何年も前から先輩に、「白岡のもちもちの木を食っていないのに、ラーメン語るんじゃねぇ。」と言われていたんだけど、白岡に行く用はないし、食べる機会など皆無だなぁ・・・と思って記憶の中から消し去っていたお店。
 今回たまたま、埼玉の羽生に転勤になって、加須に住む部下に、ここの話をされて思い出し、行ってみた。

 僕のラーメン探しの旅は『塩』なので、僕のあまり好きではない醤油しかないこの店は不安だったけど話に聞いた通りだった。

 まず、おしゃれで綺麗なお店。少し店内が暗すぎだけど。
 届いたラーメンは、茶褐色で店内の暗さで、あまり美味しそうなビジュアルではない。
 葱、チャーシュー、穂先支那チク、のシンプルな具材。

 いつものように麺を混ぜ混ぜしてスープを一口・・・・あっちー!!!
 噂通りにほんとに熱い!そして麺まで熱い。
 魚介の効いたスープにストレートの細身の麺はバランスばっちり。
 僕の嫌いな醤油ラーメンの独特の醤油臭さはない。兎に角、美味い。
 穂先支那チクは言うまでもなく美味く、見た目貧弱なチューシューは美味しいけど、ちょっとしょっぱく味付けし過ぎかな?でも美味しいからいいけど。
 僕は余程の事がないかぎり、スープはどんぶりを持って飲み干すので、この熱々のラーメンの仕組みがわかった。
 たぶんだけど、「土鍋ラーメン」なのだと思う。このどんぶりが特殊な土鍋の造りになっていて、このまま火にかけているのだと思う。
 というのは、どんぶりを持ってスープを飲み干した時に指がどんぶりの底の丸い部分に触ったとき、そこだけが異常に熱くなっていた。

 総合的には、遠くまで来た甲斐あっての、極旨醤油ラーメンでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件