なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ぬこ@横浜

男性 - 神奈川県

週1,2食くらいのスローペースでレビューしていきます。

平均点 72.417点
最終レビュー日 2019年8月22日
3,288 2,315 7 8,763
レビュー 店舗 スキ いいね

「鶏白湯+京都餃子・ニンニクあり」@京都中華そば 天天有 大井町店の写真【要約】細麺に絡む粘度のある鶏白湯スープと葱を楽しむ一杯。
【入店状況】2018-06-22 1706入店。先客2名。後続1名。
【注文】鶏白湯(690円)+京都餃子(280円)。天天有ブラックも気になったが、先ずはスタンダードなメニューから試してみる。
【待ち時間】4分。先客が少ない事もあり、さほど待たされず配膳された。
【麺】細麺。配膳が早かったのは麺の細さもあったか。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】とろみのある鶏白湯スープ。その粘度のためか麺への絡みも良い。塩気が強すぎず飲みやすいのは嬉しい。どう味の変化を加えるべきか迷っているうちに、スープは飲み干してしまった。
【具】薄切りチャーシュー、メンマ、もやし、青葱。チャーシューは麺の具よりもライスをつけて、そのおかずにする方が良いかも。メンマは細切りで味付けは薄め。コリッとした食感は良い。具の主役は青葱。スープと青葱の相性はとても良い。後で知ったが、葱増し指定もできたようだ。
【感想】この系列は初めて食べてみた。強いインパクトの一杯というわけではないが癖になる味というのはありそうだ。また、この店の場合、単品よりもセットものを楽しむのが良いのかもしれない。
【備考】京都餃子はやや小さめのものが5個。こちらは普通というところ。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「香味らぁめん」@RAMEN TOMIRAI 横浜伊勢佐木町店の写真【要約】あっさりといいつつ、旨みたっぷりで結構ヘビーな鶏白湯ラーメン。
【入店状況】2018-06-03 0538入店。先客2名。早朝、伊勢佐木モールを歩いていたら、6時前だったので営業していたのが目に入ったので、入店してみることにする。
【注文】香味らぁめん(700円)。
【待ち時間】6分。
【麺】中太麺。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】軽いとろみのある鶏白湯スープ。あっさりスープと説明には書いてあったが、とろみのあるスープは結構こってりという印象もある。ただ、脂は控えめなので、この店としては相対的にあっさりということなのかも。味付けの強さは適度。中盤から卓上のおろし生姜を加えてみるが、あまり変化は感じない。
【具】チャーシュー、メンマ、水菜、ルッコラ、フライドオニオン。チャーシューは軽く炙ったバラ肉チャーシュー。程よく脂が乗っており美味い。メンマは味付け強めの極太メンマ。柔らかく美味い。フライドオニオンは後半から風味を増す効果か。
【感想】あっさりといいつつ、旨味はしっかり楽しめる一杯。ただ量は普通にあるので、早朝から食べるには少々重いかも。久々にこちらへ行ってみたが、担々麺も鶏白湯も好みだったので、次回は豚魚を試してみよう。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏白湯麺」@超濃厚鶏白湯ラーメン専門店 自家製麺 鶏ふじの写真【要約】ほどほどに濃厚なスープと麺の組み合わせを楽しむ一杯。
【入店状況】2018-04-02 1842入店。先客2名、後続3名。
【注文】鶏白湯麺(750円)。好みの指定は特になし。
【待ち時間】4分。あまり待たされず配膳された。
【麺】中太の平麺。家系にも使われていそうなタイプの麺だ。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】軽い粘度のある鶏白湯。店名には「超濃厚」とあるが、実際飲んでみると、それほどどろっとしたスープではなく、また塩気も強すぎず飲みやすい。濃ければ良いというものではなく、この程度で抑えるバランスも大事か。途中、卓上の青唐辛子を加えてみたが、思ったよりも効果が見えない。こういうスープだとオブラートされて辛味の効果が感じづらいのかもしれない。今回はニンニクは加えなかったが、このスープだとクラッシュニンニクを入れるとそれに負けそうではある。
【具】チャーシュー、穂先メンマ、岩海苔、揚げ葱、葱。チャーシューはピンク色の低温調理タイプ。少し甘みのある味付け。穂先メンマはあまり印象にない。岩海苔、揚げ葱が別々の変化を与える。こうした薬味の軽い違和感というのは惹きにも繋がる。
【感想】ほどほどに濃いスープと麺だけでも楽しめる一杯。ただ、少し派手さに欠ける感はあるが、場所的に飲んだ後の〆としてはありなのかも。〆向けにチャーシューなし、少しボリュームを抑えてワンコインくらいのメニューがあると嬉しいかも。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「横浜タンメン・玉葱抜き」@横浜タンメン 桜木町店の写真【要約】太麺と鶏白湯で楽しむ、アレンジタンメン。
【入店状況】2018-03-13 1923入店。先客6名、後続3名。
【注文】横浜タンメン(730円)。玉葱が入っていそうだったので玉葱抜きで注文する。抜き注文に応じてくれるのは嬉しいところ。
【待ち時間】8分。先客2名の調理待ちがあったため、少し待たされた。
【麺】太い縮れ麺。なかなか食べ応えのある麺だ。茹で加減は少し固め。麺の量は普通程度。
【スープ】白濁した鶏白湯。とろみはなくタンメンのスープとしてあまり違和感はない。最初は僅かに塩気を強く感じたが、飲み進めていくと気にならなくなってくる。後半、刻み生姜をスープに加え、また卓上の粗挽き胡椒を振り入れてスパイシーに味を変えてみる。やはりタンメンには胡椒がよく合う。
【具】肉野菜炒め、蒲鉾、刻み生姜。具材は豚肉、キャベツ、もやし、ニラ、人参、細切り木耳など。豚肉の量はやや少なめ。野菜の量は十分。蒲鉾がタンメンに入るのは珍しい気がした。
【感想】タンメンを日の出らーめん風にアレンジしたという一杯。力強い麺は野毛系タンメンとはまた違った良さがある。一点残念だったのは、未だに餃子が発売されていないこと。この店は(今のところ)タンメンと唐揚げの組み合わせを推しているようだが、やはりタンギョウでも食べてみたい。この一杯は気にいったので、次回はサンマーメンを試したい

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 3件

「ラーメン並+白もつ煮込み飯」@麺場 ちゃっちゃかの写真【要約】見た目は家系だけど、中身はしっかり鶏白湯という一杯。
【入店状況】2017-12-17 1246入店。先客7名、後続3名。
【注文】ラーメン並(700円)+白もつ煮込み飯(280円)。ラーメンの指定は全て普通。
【待ち時間】着席まで3分。着席から配膳まで6分。少し変わった形の丼が運ばれてくる。
【麺】太目の平麺。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。サイドメニューの白もつ煮込み飯を合わせると量的には十分。
【スープ】ライトな家系のような見た目の鶏白湯スープ。塩気は程々。やはり豚骨醤油と比べると軽めに感じる。中盤ににんにく、終盤に豆板醤を加えて、家系のような味の変化を楽しめる。
【具】チャーシュー、うずら卵、ほうれん草、海苔、葱少々。具の布陣も家系を思わせるもの。チャーシューば薄くスライスされた大判のもの。うずら卵が乗っているのじゃ壱系ぽさを思わせる。ほうれん草の量は程々。海苔はしっかりしたもの。スープに浸した海苔をご飯に包んで食べる。
【感想】久々に行ってみたが、家系スタイルの鶏白湯ラーメンというコンセプトはやはり面白い。またしばらくしたら食べに行きたい。
【備考】白もつ煮込み飯はもつ煮込みを白飯に乗せたもの。こちらもまずまず。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「鶏魚介特製らーめん」@つけ麺や 武双 グランツリー武蔵小杉店の写真【要約】豚魚系ほどのしつこさは感じない、鶏白湯+魚介系の一杯。
【入店状況】2017-07-20 1238入店。先客12名、後続数名。ランチタイムの最初の波が捌けたのか、思いのほか客数は多くなかった。
【注文】鶏魚介特製らーめん(1050円)。無料で麺量の選択が可能だが今回は並(200g)を選択。
【待ち時間】6分。太麺ということは知っていたので、時間がかかると覚悟していたが、それほど待たされることはなかった。
【麺】太平麺。
【スープ】鶏白湯をベースに魚介を加えたものだろうか。いわば鶏白湯版豚魚(?)というもの。スープには軽い粘度があり濃厚な雰囲気を出している。魚介もほどほどに強いが、豚魚系よりは飽きずに飲みやすい印象。
【具】チャーシュー、味玉、メンマ、かいわれ、海苔、葱、糸唐辛子。チャーシューは薄めにスライスされた縦長のもの。軽く炙ってあり香ばしい。味付けは控えめ。スープの味が強いのでこのくらいの味の強さが適度か。味玉の味付けは中庸。メンマは柔らか目。
【感想】いわゆる、またおま系な豚魚っぽさもあるが、こういう系統はたまには良いものだ。力強いタイプの麺なので、この麺を使った他の一杯も試してみたくなる。値段はやや高めには感じたが、味自体は悪くない。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「剛」@こくまろ鶏らーめん 久久の写真【要約】がっつり版鶏白湯という感じの一杯。
【入店状況】2017-07-08 1952入店。先客1名、後続4名。
【注文】剛(780円)。
【待ち時間】6分。先客の調理待ちがなかったので、
【麺】太めの平麺。このタイプの麺だとは思わなかったので少し意表をつかれた。茹で加減は普通。二郎系を意識したメニューなのかと思っていたが麺の量は普通程度であった。
【スープ】鶏白湯スープ。味付けはやや強め。油を浮かせていることもあって、ややオイリーな印象。後半、辛味噌を加えてピリ辛風に変化させてみる。またフライドガーリックの働きで徐々にニンニク風味が溶け込んでくる変化も楽しめる。
【具】角切りチャーシュー、もやし、青梗菜、フライドガーリック。角切りチャーシューは脂も乗って味付けも強め。これをご飯に乗せたチャーシュー丼も美味そうだ。青梗菜が乗るというのは想定外だった。もやしと合わせて強めの味付けを中和する役割か。青梗菜ともやしの量はほどほど。
【感想】二郎系的なメニューではないが、ここの店のベースの一杯をがっつり濃い目の味付けで味わうという一杯か。これ自体は悪くななかったが、コンセプトが少し半端な印象を受けた。この麺であっさりしたバージョンの一杯も試したい。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「正油らーめん」@怪鳥系ラーメン鳥虜 -TORIKO-の写真【要約】濃厚だが飲みやすい鶏白湯スープを楽しむ一杯。
【入店状況】2016-10-07 1936入店。先客1名。後続なし。
【注文】正油ラーメン(780円)。
【待ち時間】5分。先客の調理待ちがなかったためか、さほど待たされずに配膳された。
【麺】太めの縮れ麺。縮れ麺なのはスープの絡みを良くするためなのか。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】醤油味の鶏白湯スープ。軽い粘度のある濃厚そうなスープだが、見えるが飲んでみると飲み口は軽く、比較的すいすい飲める。途中で、卓上の柚子胡椒を加え特有の辛味による変化を楽しむ。今回は追加しなかったが、豆板醤を加えても良さそうだ。
【具】鶏チャーシュー、ほうれん草、海苔、葱。具の構成は家系ぽさも感じる。鶏チャーシューは臭みもなく美味い。ほうれん草の量は程々。海苔は家系で使うような大判のもの。このスープに浸して家系のようにライスと食べるのも良さそうだ。
【感想】濃厚そうな外見と飲みやすさのギャップが面白い一杯。家系ぽい見た目は横浜らしくもある。港南の麺場 ちゃっちゃかと似たコンセプトなのかも。このスープなら塩味バージョンもなかなか良さそうだ。次はお腹をもっと減らして、ライス付きで食べてみたい。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚鶏白湯らーめん」@博多鶏炊き濃厚らーめん ひのとり 東京東陽町本店の写真【要約】濃厚ながらしつこさのない鶏白湯スープを楽しむ一杯。
【入店状況】2016-07-14 1153入店。先客3名、後続4名。
【注文】濃厚鶏白湯らーめん(780円)。
【待ち時間】5分。さほど待たされず配膳された。
【麺】太目の縮れ麺。この麺ならこの濃厚なスープや味噌にも合いそうだ。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】とろみのある鶏白湯スープ。鶏の味をこれでもかと含んだ味わいでどんどん飲みたくなる。最初はやや塩加減が強めかとも思ったが、食べ進めていくうちに気にならなくなった。後半、卓上の摺り胡麻とブラックペッパーを投入してみたが、このスープの場合は敢えて味を変えなくても良かったか。
【具】鶏チャーシュー、麩、キャベツ、水菜、海苔、葱。鶏チャーシューは脂身のないあっさりしたもの。麩は彩り役。キャベツはそれほど多くはないが、このスープに良く合っている具。水菜はやや存在感が薄い。
【感想】品名どおり鶏白湯のスープを主役に据え、麺や具をスープに合わせたという印象の一杯。濃厚ではあるがしつこさはないので、ランチでも夜の〆にも使えそうな一杯だった。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「にんにくらあめん」@中華料理 我流の写真【要約】鶏白湯とニンニク風味の肉野菜炒めを組み合わせたタンメン。
【入店状況】2016-04-16 1218入店。先客3名、後続1名。
【注文】にんにくらあめん(650円)。
【待ち時間】6分。先客2名1組の調理の後に配膳された。
【麺】中程度の太さの麺。少しもそっとした食感の麺。足が早そうに思えたが、終盤までだれずに食べることができた。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】鶏ベースの白湯スープ。具の肉野菜炒めとも良く合う。スライスニンニクの風味も加わり、後をひく味になっている。これはなかなか当たりのスープだと思えた。
【具】豚肉、キャベツ、人参、ニラ、木耳、ニンニクスライス、ゴマ。ニンニクスライスをたっぷり加えて炒めてある。ニンニクは食べている途中でスープの底に沈み、スープにもニンニクの風味を移してくれる。豚肉の量はほどほど。具材のメインはキャベツ。キャベツ好きな自分にとっては嬉しい。
【感想】注文したときには、普通のラーメンにニンニクが乗ったものを想像していたので、配膳されたときにはちょっとびっくりしたが、いい意味で予想を裏切られた一杯だった。値段が高くないのも嬉しいところ。なお、このメニューとは別にタンメンもあるので、それとの比較もありかも。あと、自分以外の客がみなサンマーメンを注文していたので、サンマーメンも売りの一つなのかもしれない。
【備考】ランチサービスなのか、餃子が2個ついてきた。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件