なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ぬこ@横浜

男性 - 神奈川県

週1,2食くらいのスローペースでラーメンレビューしています。

平均点 72.426点
最終レビュー日 2019年10月21日
3,316 2,340 7 8,895
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃口醤油らーめん・全部のせ」@らーめん 名嘉商店の写真【要約】南国で食べるマイルドなブラックラーメン。
【入店状況】2016-06-25 1215入店。先客10名ほど。少し外で待たされた。
【注文】濃口醤油らーめん・全部のせ(950円)。
【待ち時間】着席まで1分。着席から配膳まで4分。13時までに戻る必要があったのであまり待たされないのは助かる。
【麺】細ストレート麺。綺麗に畳まれた麺が仕事の丁寧さを伺わせる。しこしこした食感でスープの持ち上げも良い。茹で加減は普通。麺の量も普通程度。
【スープ】真っ黒な見た目が特徴の醤油スープ。名前のとおり濃口の醤油を前面に出している。ベースは魚介系か。見た目ほど塩気はきつくなくむしろマイルドな飲み口。醤油の風味を存分に楽しめる。後半、卓上の粗挽きブラックペッパーを振ってスパイシーに味を変えてみたが、この醤油と胡椒も良く合う。きちんと完飲できるスープだった。
【具】チャーシュー3枚、味玉、メンマ、海苔、青葱、白葱。チャーシューはしっとりした食感のもの。適度な強さの味付けで醤油スープと良く合う。味玉の味付けは程々の強さ。メンマは太めのもの。柔らかく戻してある。
【感想】見た目とは裏腹にマイルドな味わいの醤油ラーメン。沖縄では珍しいタイプのラーメンだと思うが、店内の様子ではしっかり地元にも受け入れられているようだ。ここに来たのはハッカーズチャンプルーカンファレンス( http://hackers-champloo.org/2016/program.html )の会場から近いというのが理由だったが、しっかり美味い醤油ラーメンを食べることができ、沖縄の良い思い出になった。

投稿(更新) | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「沖縄そば」@お食事処 三笠食堂の写真【要約】朝から食べられるあっさり沖縄そば。
【入店状況】2016-06-25 0822入店。先客4名、後続2名。
【注文】沖縄そば(550円)。
【待ち時間】7分。
【麺】太めの平麺。ここの麺は柔らかめの食感で、ちょっともそっとしている。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】あっさり塩スープ。ここも鰹味を感じるものだが、出汁よりもやや塩気先行という印象。食べ終えた後に少し喉が渇く感じがある。
【具】角煮スライス、蒲鉾、紅生姜、葱。角煮は2枚。スパムは入っていない。代わりに蒲鉾が2枚入り。紅生姜は丼中央に乗せられている。
【感想】あっさりした一杯なので、朝食として食べてもそれほど抵抗感はない。個人的にはもう少し塩気が抑えめなほうが好みだが、この塩気も暑い沖縄の夏向きなのかもしれない。昨晩食べた一銀食堂の同種の一杯と同値段ではあるが、味付けや具の充実ぷりからは、一銀食堂に軍配が上がるか。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「名護そば」@一銀食堂の写真【要約】550円と思えぬ充実した具の沖縄そば。
【入店状況】2016-06-24 1953入店。先客6名、後続4名。
【注文】名護そば(550円)。
【待ち時間】5分。さほど待たされず配膳された。
【麺】太めの平麺。かん水を使っていないタイプの麺なのか饂飩ぽさを感じる。つるっと食べられる麺。茹で加減は普通。麺の量は普通程度。
【スープ】あっさりした塩スープ。ベースは鰹系の魚介出汁と動物系出汁を使ったものか。塩加減は程よい。後半、コーレーグスを加えることで優しい味から、一気に島唐辛子固有の爽やかな辛味に変化する。この辛味もまた心地良い。
【具】角煮スライス、スパム、蒲鉾、葱。紅生姜は別皿で提供されている。この値段としては具は充実している印象。角煮の味と塩スープが良く合う。スパム自体は個人的にはそれほど合うとは思えないが、これも沖縄そばらしい具だ。紅生姜を終盤に投入して、さっぱりと〆る。
【感想】普段、沖縄の人が食べている「沖縄そば」を食べたいと思ったので、街の食堂で食べてみたのだが、これが550円というのは凄い。沖縄そばがこうなら、今風のラーメンというのは価格帯的にも日常食でない御馳走にあたるものになるのだろう。日常食として食べられる沖縄そばの力を体感できた。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件