なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.805点
最終レビュー日 2019年10月14日
2,424 1,284 3 7,316
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌つけ麺」@らーめん 黒兵衛の写真商品名は味噌だが、敢えて担々麺のカテゴリに含める。確かに味噌もしっかり入り、ゲンコツベースのスープにジャンクな熟成感を吹き込むが、その支配者は間違いなく自家製の麻辣感、最初から最後まで麻辣が味覚を魅了し続ける。
味噌の風味も元気だ。にんにく、生姜、揚げ葱など、香味鮮烈な素材を贅沢に使用、胡麻の甘さも立っており、辣一辺倒の展開を全力で防いでくれる。
中太麺は、恐らくいつもの奴だろう。コシがほど良く残る、素朴な香りが颯爽と鼻先へと抜ける。目立ちたがり屋さんではないため、スープの個性を余さず預かってくれる品質は大変頼もしい。量はつけ麺的には若干少なめだ。
具が寂しいので、スタッフズなどで補完するのが良いだろう。接客は投げやりかと思いきや丁寧な場合もあり翻弄されるが、まあ昔からそういうお店だ。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 4件

「しょうゆ味玉ラーメン+切り落しチャーシュー(玉ねぎ、背脂)」@喜多方食堂 麺や玄の写真どうした事か。何と言うか、味に厚みが無い。豚がらに元気がない事が要因か。熱々のスープからは、魚介の風味が仄かに感じられるが、換気扇から輩出(≠排出)される焼きあご(トビウオ)の贅沢な香りは何処へ行った。
とは言え、背脂によるドーピングが機能し、口当たりに適度な迫力が醸されているのは流石だ。醤油だれに余り依存しない設計のため、今日の主役は背脂。
スランプはスープだけにして欲しいものだが、麺がだまになっている部分が多く、実に食べにくい仕上がりだったのも残念だ。もっちり縮れ平太麺の部分は最高、だご汁の具風な部分は当然イマイチ。麺は、出来れば啜りたい。
恐らく自主的に席を譲ったためだろう、チャーシューが一枚多めだ。ありがたいが、切り落し含め硬めで味の染みも微妙。どうしちゃったの、今朝は。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 6件

「ラーメン+味玉」@ホープ軒 千駄ヶ谷本店の写真臭っさ。このスープの臭さ、休日朝7時に提供される品物としては少々ご挨拶が過ぎる印象も否めないが、不思議とテンションは青天井。背脂もダイナミック、ワイルドに湯面を賑わす。荒ぶる豚の息吹、情熱的にして超タフ。
箸を手にする前に、幾度蓮華の往来を楽しんだ事か。葱の投入を失念する程に愛おしい。我に返り、葱とニンニク、黒胡椒を大量投入し更にコンディションを整える。最高だ、今日はもう誰とも会わない、いや、妻が家にいるか。
まあ良い、この茹で加減ベストな太麺の煌めきを見よ。眩い東日、建設中の新国立競技場をバックに臭いラーメンを貪り食う。当然、もやしも超旨い。
自宅からチャリで13km、20インチの折り畳みなのでそこそこ時間も掛かったが、疲労が吹き飛ぶ完璧な背脂豚骨醤油。いやあ、最高の朝食を堪能した。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 10件

「中華そば(並)+味玉」@大勝軒next 上野店の写真何がnextなのかは全く分からないが、東池袋大勝軒に期待する2大要素、もちもちの太麺と切れの良い魚介が効いた豚骨スープが余す事なく楽しめる。
スープは油が繋ぎになって成立しているため、豚骨、鶏がら、香味野菜と言ったベースは基い、鰹や鯖、煮干と言った各自食材の元気さは左程感じられないが、一体感は十分に醸されている。油に絡んだ強めの塩味が少々残念だ。
太麺は店で打っている訳ではなさそうだが、喉越しが良く、香りの膨らみに優れているため、スープが多少乱暴な設計でもお構いなしで受け止めてくれる。量も多めで、これぞ大勝軒と言った風体。食べ飽きる未来が見えない。
具材の輝きは全体的に鈍いが、そもそも東池袋大勝軒とは安価な素材を油と調味料で補いつつ、物量で魅了する暖簾だった。この味はある意味、忠実だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩そば+味玉」@中華そば 和渦 TOKYOの写真讃岐うどんのような、しなやかさと腰があるストレート中麺。香りは爽やか、その膨らみは際限がない。小麦の朴訥な甘さをダイレクトに楽しめる、穏かだが芯の通った風味の充実。麺に塩だけでも料理として成立しそうな品質だ。
そして、スープ。食材の元気を総動員、丸鶏とがらの柔らかな旨味を出すため、丁寧に、じっくりと。貝や魚介も使っているように思えるが、あくまで鶏の風味を味覚嗅覚へ紳士的かつ確実にお届けするための支援役に過ぎない。
ラーメン故に、癖になる要素も肝要だ。油を恐れず、しかしながら綺麗な油を適切に使う。静かな迫力を余さず満喫しよう。チャーシュー、葱、メンマ、柚子皮、どのタレントもこの一杯には必須、特製が売れているのも納得だ。
板前然とした味の設計、その真骨頂は味玉だ。余りに濃厚、余りに美味しい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉中華そば」@金澤濃厚豚骨ラーメン 神仙 品達品川店の写真販売する品物には、名前と完成品の一致が不可欠だ。「濃厚豚骨」「福岡出身の店主」など口上は立派だが、このコクがないドロスープ、豚骨なのに鶏油頼みの口当たり、もう少し店舗の名称に忠実な商品を提供してくれまいか。
豚骨についての解説が壁面を席巻しているが、拳骨、背がら、豚頭の豚さんトリオよりも、鶏もみじが主役のスープ。もみじは確かに鶏がら、但し書きにも記載があり偽りではないが、豚さん主体を予見している客は大怪我必至だ。
そして何より塩辛い。このコラーゲン質を超越する塩味。ど豚骨との紹介も見受けられるが、福岡のど豚骨とは別物。細麺ゆえに絡みは大変劇的だ。
品達が高いのは承知の上だが、この品物に900円先払いは敗北感以外何も残らない。味だけなら50点だが、壁面の案内文を先に読んだのは失敗だった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌タンメン」@濃厚タンメン かめしげの写真これだった、これがベストだった。私的琴線を禿しく揺さぶる味の設計。
味を支配するのは、亀戸が誇る老舗、佐野味噌謹製の味噌だねだ。赤味噌特有の深い風味と熟成感が、塩味と鬩ぎ合う。発酵食品ならではの旨味の強さ。そこに唐辛子、ニンニク、生姜などの香味が参戦、ジャンク感を醸成する。
スープは「あっさり」を採用しているが、味噌に寄り切られない懐深さがある。そこに炒め野菜の旨味が封じられた油が余さず馴染み渾然一体を果たす事で、食欲刺激の圧力は抗い難いものにある。生姜は、別皿でいただこう。
縮れ平太麺は張りのある食感で腰もあり、何より喉越しの滑らかさが素晴らしい。スープが絡み過ぎない麺の選定から、味の設計力とセンスが垣間見える。大量の野菜は品目豊富、麺と頬張り食感と味の協奏を楽しもう。ああ、旨い。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 3件

「しょうゆ味玉ラーメン(薬味ネギ、メンマ多め)」@超ごってり麺 ごっつ 亀戸本店の写真店の命綱は背脂一本、ゲンコツスープではなく、脂だ。とにかく甘く重厚な背脂を食わす。脂に負けないよう、醤油だれは当然だが強め。それゆえに豚がらの風味も尖りを得て、舌先に刺さりやすくなり分かりやすい味が席巻する。
強引なバランスだ。しかし、脂少な目は少々味気ないのも事実、脂は減らすべきではないだろう。清涼感を得るために薬味葱を増したが、ここにも脂が纏わり付くため、結果脂をもりもり食べるシナリオが加速、メンマも同様だ。
太麺は甘い香りが強い中、もちもちとした腰が楽しめる。低加水麺のため、食後、徐々に胃の中で膨らむため要注意だ。中盛、大盛無料に加え、ライスも無料と炭水化物の大盤振る舞い。摂取した糖質と油分は、一体どう処理しよう。
黒胡椒とニンニクを多めに投じれば、更に味の悪劣化が加速。オススメだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「味玉中華そば」@舎鈴 御茶ノ水ソラシティ店の写真豚や鶏の動物だしをベースに、鰹や鯖などの魚介だしをブレンドしたダブルスープ。あっさりとした口当たりながらも、複雑な旨味とコクが楽しめる。
香味芳醇な醤油だれが、食欲の琴線へ優しくアクセス。動かす蓮華に散らされた葱を浮かべれば、若干残る素材の癖も簡単に排除が可能だ。しかしそれ以上に、高温の煮干油。この風味が全ての主役、舎鈴歴でも珍しい仕上がりだ。
ストレート太麺は爽やかな甘い香りが主役だが、もちもちとした腰が楽しめる歯応えも魅力だ。啜り易い長さ、汁跳ねしにくい絶妙なフォルム。思い切り啜り込めば、巻き上げる飛沫からスープの風味も一緒に鼻先へ抜けて行く。
セントラルキッチンのため、どの店でも比較的安定している事も魅力の一翼。価格の安さや店構えの清潔感も、老若男女を問わぬ繫盛の要因だろう。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「味付玉子しおらーめん」@らーめん風来居 神田秋葉原店の写真これわ意外、見た目に完全に騙された。口当たりは、まさかのあっさり。実にスムースだ。洗練されながらもどこかほっこりする、懐古感のあるスープ。
しかしながら、コクと呼ぶべきか、円やかな豚骨に香味野菜などの甘みが入る事で、奥深い風味の渦が完成を果たす。塩だれは角がなく、ベーススープに幅のある起伏を加え、白湯ならではの力強い旨味を可能な限り引き立てている。
舌先で踊るスープを、甘さず受け止める縮れ中細麺。加藤製麺の製品に近い、香りの膨らみが柔らかく、歯応えよりも芯の粘りを追求した仕上がりだ。
チャーシューはトロ肉のロース、絶妙なスライスで肉感やジューシーさが共存し大変美味しい。首尾一貫、仕事の実直さと穏やかさが伝わる逸品だった。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件