なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO@とんこつ月間

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.821点
最終レビュー日 2019年6月16日
2,326 1,242 3 6,606
レビュー 店舗 スキ いいね

「こーちゃん+味玉」@博多とんこつラーメン 貴太郎の写真ゲンコツ特有の力強いスープ。豚骨ならではの癖は、あまり隠そうとは考えていないようだ。お陰様で、旨味は濃厚にしてタフ、ラーメン TAIZOのような滑らかでどっしりとした味が楽しめる。まさか、歌舞伎町の外れでこの品質。
ストレート極細麺の粘り腰と、芳醇かつ爽やかな小麦の香りを楽しむと、十分塩味が足りているにも関わらず、少々たれを足したくなった。福岡や博多でも、博多らーめん ShinShin 天神本店の系統くらいだろうか、この細さは。
時間を掛けて煮込む事で、コラーゲン質を乳化させて、油に依存しない味を作る。立地的に飲酒後の客を対象としているように思えるが、ランチ時でもこの品質、夜は一体どうなるのやら。福岡市内でも十分人気店になり得る味だ。
具の選定と調理にも手抜かりがなく、博多の矜持に溢れた一杯を堪能した。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉豚骨ラーメン」@博多屋台ラーメン一幸舎 東京キッテグランシェ店の写真泡脂のタフな豚骨がウリの博多一幸舎ではなく、誰もが食べ易い「博多屋台ラーメン一幸舎」。故にメニューは専用の屋台風。ゲンコツを贅沢に煮込んだ白濁スープは、あっさり感の中に力強く贅沢な旨味が詰まっている。
驚くべきはストレート細麺の品質で、素朴だが芳醇な香りの抜けが良く、博多ラーメンらしい粘り腰に魅せられた。絡むスープ、捗るシナジー。
この麺だからこそ、スープに逞しさは不要だ。最初は少し物足りない印象だが、徐々に顔を覗かせる野趣。少々調味が薄手だったため、たれボトルで調整を図ろう。胡麻は擂らずにそのまま放り込む。後は無心で頬張るのみだ。
味玉やチャーシュー、海苔などの品質も高く彩り華やかながら、最初から最後まで麺とスープの一体感が器の主役であり続ける。飲酒後に食べたいなあ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「博多ラーメン+味付玉子」@博多ラーメン 長浜や 青物横丁店の写真先ず白濁した湯面に惹き込まれる事、間違いなし。スープは最もコストが掛かるため、少なめに抑える店も少なくない中、この大盤振る舞いは流石だ。
野趣が仄かに残る豚骨スープ。短時間ながらも、しっかりと圧を掛けて炊き込んまれた印象だ。あっさりとした口当たりでスーパーカップ的な浅さは、ある種長浜ラーメンの王道的な仕上がりで、軽快なリズムで食事が進む。
ストレート極細麺のザクザクとした歯応えは、軽快さを一層加速させる最高のパートナー。硬麺こそが、この麺とスープのシナジーを最大限に発揮する。実にチープだ。ネギを絡めて、海苔と一緒に。大胆に啜り込む楽しさ。
替玉ももちろん硬麺。ゆっくり食べようと思っていたのに。縮まる器と顔の距離。どっしり濃厚豚骨も良いが、このお手軽感こそ長浜ラーメンの醍醐味だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューめん+味つけ玉子」@赤のれんの写真味玉が何と150円、値上がり幅のエグさに驚くものの、固茹で濃い味は今どき激レア、我慢が効かず発注する。窯焼きのような焼き目と、歯応え硬めな肉質のチャーシュー。対するメンマの柔らかさ。具の質には一切の隙がない。
微乳化した豚骨スープは、野趣や独特の癖が殆ど感じられない。故に大人しめな印象だが、じっくり煮込んだ豚の旨味は申し分なく、濃いめの醤油だれと白い調味料との絶妙なバランスは、老舗ならではのリカバーだろうか。
やや平たいストレート細麺は、粘り腰と滑らかな喉越しが独特にして魅力的。束の張力でスープを強制的に摑み揚げる。水位の減衰が激しいため、替玉には不向き。やはりトラディショナルな博多ラーメンは、大盛やセット物だ。
もっと豚臭かった記憶もあるが、変わらず完成度の高い博多ラーメンだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「天然とんこつラーメン+青ねぎ」@一蘭 アトレ上野 山下口店の写真【オーダー】味の濃さ基本、こってり度基本、にんにく1/2片、青ねぎ、チャーシュー有、秘伝のたれ1/4(目分量)、麺かため

久々に一蘭マイレージで青ねぎを追加。爽やかで甘味もあり、只でさえ旨味贅沢な豚骨の重奏感を強調してくれる。ぶ厚く逞しい濃厚なスープだが、味の離れの良さに覚える儚さが、自然と次のひと口を後押しし無心に陥ってしまう。
ストレート細麺の粘り腰と香り高さ、これがなければ一蘭は完成しない。絡みが良く、両者の相乗効果は勝手にMAX、シナジーが箸の動きを加速させる。
秘伝のたれが馴染む事で、スープのコクは更に深化する。辛さを求めて多めにするのも悪くないが、この風味の膨らみは絶品、少なめもお勧めだ。

投稿(更新) | コメント (7) | このお店へのレビュー: 4件

「白龍らーめん+味玉子」@龍吟軒の写真価格が安い中、この豪勢なトッピングの盛り付けには脱帽させられる。チャーシューはジューシー、キクラゲやもやしなど、その陣容は実に賑やかだ。
しかし、肝心の豚骨スープはブタが大変シャイで、強めのラードが牽引するデザインとなっている。こってり感主導は余り面白くないため、醤油だれや辛子高菜、辛もやしで味変を試みるも、旨味の貧相さが解消される事はない。
ストレート細麺も小麦の息吹は居眠りの最中で、自己主張は殆どない。幸い油の影響でスープは良く絡むが、具と共に頬張ると麺もスープも共倒れしてしまう。もっと白い調味料を多用して、立体感を醸しても良いのではないか。
豚骨ラーメンを楽しみにして行くと物足りないが、替玉やライスが無料なため、ボリューム感とバラエティを狙うならば大変魅力的な暖簾だろう。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「長浜ラーメン」@長浜らーめん 呑龍の写真長浜ラーメンは元祖、ナンバーワン、一心亭と三つの流れがあると思っているが、この一杯は紛いなき元祖の系譜。あっさりの中に野趣を封じ、豚骨独特の癖すらも旨味の一部に充てる奇跡のバランス。油膜層もやや厚めだ。
そして、味がブレるのもこの店の醍醐味で、この日はスープが取り敢えず薄手。しかし心配はいらない、醤油だれや辛子高菜、ニンニク、胡麻を駆使して味を整えれば、天の岩戸が解放され、豚臭い宴は予定通り開催される。
ストレートの細麺は束の力でスープを大胆に摑み上げるため、替玉狙いの際は少々スープ不足に陥るかも知れない。複数人数で訪問すれば分かる事だが、量も結構適当でマチマチ。福岡の屋台でも、もう少し配慮があるものだが。
とは言え、通いたくなる求心力に溢れた暖簾。特に、夜は魅力的だ。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 4件

「特製辛みそらーめん+煮玉子」@長浜ナンバーワン 東京大岡山店の写真タフで濃厚、ゲンコツの醍醐味が甘さず集約されたスープ。ナンバーワンならではの、どっしりとした力強さが楽しめる。豚の臭みや癖と言った、頼もしい野趣の魅力。長浜屋系のあっさりも良いが、やっぱり好きだ、ナンバーワン。
博多ネギの横に鎮座する赤い奴が辛味噌で、これを全体に溶かし込む事でコクが劇的に膨らみ、旨さが跳ね上がる。長浜店のスタッフが一番のオススメと教えてくれたこの味は、ここ東京でも損なわれる事なく再現されている。
そんな力のあるスープを受け止めるのは、小麦の甘さが詰まったようなストレート細麺だ。とにかく香りが芳醇で、硬麺指定による歯切れ良さに箸の動きが加速する。粘り腰も残るため、スープとの親和性が高い点も特徴だ。
フレッシュでダイナミック、薫る長浜の風は、東京でも止まる事を知らない。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「特製豚白湯らーめん」@ろく月の写真久々に訪問したが、この豚骨スープは絶品だ。スムースな口当たりであっさりしながらも、風味はふくよかで、タフな濃厚さも兼ね添える。下世話さと上品さの真ん中を貫く魅惑の味、豚の旨味がギュッと詰まったような贅沢さ。
憶測だが、豚の臭みや癖を丹念に排他するため、一番だしを捨てているのかも知れない。ストレート細麺は、全粒粉特有の香りで鼻先を賑わせる。スープとのシナジーは至って隙がなく、具と共に頬張っても主役は常に麺とスープだ。
今回は特製を選択、盛り付けが実に綺麗だ。たったの200円でチャーシューが増え、味玉、ヤングコーン、アスパラ、オクラが載る。何と言うお値打ち感。
スープ量が多めなため、替玉時に物足りなさを覚える事もない。敢えて豚骨ではなく「豚白湯」を名乗る看板への矜持は、品物に全て集約されていた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「特製博多とんこつらぅめん」@らぅめんの善栄の写真特製のおトク感、実にハンパない。特筆すべきはワンタンで、みっちり餡の中に、脂が十分に落とされた粗挽肉の旨味がこれでもかと詰まっている。鼻先へ抜ける生姜の香り、しかしながらスープとの親和性には一切の隙がない。
白濁した豚骨スープ。見れば直ちに、どっしりとした濃厚な旨味への期待が膨らむ。コラーゲン質を乳化させながらも、豚特有の癖や臭みを丁寧に排他した品質。ニンニクの香りが強めだが、臭み取りに多用しているのだろう。
ストレート細麺は浅草開化楼製、小麦の密度が高く、甘さがダイレクトに鼻先へ抜けて行く。束の張力がスープを大胆に摑み上げ、箸が止まらない。
丁寧な品物だけに、仕込みに相当な手間と時間、集中力を費やしている事は疑う余地がない。営業時間はかなり長め。店主の体力が心配でならない。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件