なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.797点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,429 1,286 3 7,331
レビュー 店舗 スキ いいね

「汁なし+カレー粉(麺少なめアブラヤサイニンニク)」@ラーメン二郎 亀戸店の写真たまに登場するトッピングのカレー粉。GABANか何処かの製品と思われるが、100円でこの大盤振る舞いは流石だ。Show me your way, J.BOY。増した固形アブラとカレー粉が融合を遂げれば、垂涎と食欲の抑制は余りに難しい。
正直チープな味なのだが、そもそも汁なしは、濃縮されたような煮豚の旨味が、甘辛くキレのある醤油と味醂系の合わせ調味料に余さず転移した醤油だれが味の主役。そこに背脂で円やかなコクを醸し、太麺に絡めるメニューだ。
個の力が強いため、チープのひと言では済まない魅惑の逸品に仕上がっているだけの話で、根本的にシンプルな組み立て、カレー粉が合わない理由はない。
小麦の爆発的な甘みが広がる太麺は、こんな味付けの前でも動じない。卵黄の存在感すら吹き飛ばすダイナミズムは、ニンニクを絡めて加速させよう。

投稿(更新) | コメント (5) | このお店へのレビュー: 30件

「油そば+味玉」@中華そば ムタヒロ 錦糸町店の写真要約すると、縮れ太麺に煮干油と醤油だれを満遍なく絡めて、ガツガツ頬張り続けるメニュー。特別なお作法は不要、味変アイテムも使い放題。個人的には欠かせないのはマヨネーズだが、カレーパウダーも間違いなく合いそうだ。
食べ始めは、麺の逞しい食感と追随する小麦の甘い香りが輝きを放つが、都度掻き混ぜて一体化を促進する事で、次第に醤油だれと煮干油が味の主体に躍り出る。チャーシューの量が多いため、一緒に頬張るのもオススメだ。
並盛だと、麺量は茹で前200g。大盛は300g。ボリューム感への不安は一切ないが、煮干と麺の主張が禿しく、三つ葉や玉葱などの具材が目立たない。海苔はラーメン同様のバラ海苔の方が合うと思うのだが、コストの問題だろうか。
味変が鍵を握るメニューのため、シナリオを考えながら食べ進めたい。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

「濃厚担々まぜそば+味玉+辛い白髪ネギ」@麺処 いし川の写真前回食べたのは1年半前、そこから更にブラッシュアップが図られた一杯。唐辛子系の辛さ、痺れ、濃厚な醤のような熟成感、そして胡麻の甘さなど、全てが渾然一体となる味の坩堝(るつぼ)。当然、辛い白髪ネギも抜群に合う。
それが、下世話な仕上がりにならない点も流石だ。油そば特有のどうしようもないジャンク感を顕しながらも、品の良さと和やかさも醸されている。
張りのある歯応えと、腰の確かさに滲む素朴な甘さ。そして、滑らかな喉越し。麻辣なたれがこの太麺へ存分に絡み、複雑な刺激の抜けに箸の動きが加速する。辣油を適度に混ぜ込む事で、味に円やかさが生まれるから不思議だ。
通常これだけ明確な味が主軸を担うと、それ一本槍に陥りがちだが、メンマや葱、もやし等の具も「ここにいるよ」と呟く逸品。大盛にすれば良かったな。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 7件

「油そば(大盛)+半熟玉子」@東京麺珍亭本舗 鶴巻町店の写真やや捻れた、太麺のモチモチ感。その捻れが歯応えにバラエティを招き、都度異なる食感を楽しめる秘訣になっている。只、旨い麺を適切な味付けで噛み締め続ける。ダイレクトに鼻先へ抜ける小麦の甘さ。加速度的に捗る咀嚼。
POPで酢と辣油を掛ける事が推奨されている理由は。これは魔法か、辛味が増えて、醤油だれと油によるコクが増す。絶妙な相性だ。胡麻は擂らず、敢えて蓋を外してダイレクトに麺上。ブチブチ噛み潰す事で食感が大きく変わる。
機は熟した中盤戦、温泉玉子を崩して麺に絡めれば、中毒性ある濃厚な黄身の甘みが、箸の動きを更に加速させる事だろう。贅沢な口当たりの円やかさ。
麺が旨い事で成立するメニューが看板ながら、とにかく常連客がやたらと多い印象だ。そう、この味は確信犯的な悪い味、癖になったら最期だろう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン+汁なし(麺少なめアブラマシマシヤサイニンニク)」@ラーメン二郎 亀戸店の写真今日こそ昼は天龍でタンメンと思っていたが、店内から漏れる呼び声(幻聴)に導かれて入店を果たす。Show me your way, J.BOY。二郎二連荘は完全に予定外だが、昨日に続いて空席があるけん仕方あるまい。さて、食うばい。
「アブラ多めより多め(マシマシでOKと後ほどご教示いただく)」と分かり難いオーダーにも笑顔で対応いただいた結果、アブラかと思ったらブタの切れ端みたいな部分が混ざっており、テンションは青天井。柔らかくて超旨い。
麺は腰が残り粘りも楽しめる上、小麦の芳醇な香りが爽やかに鼻先に抜ける、生命力の高さを感じるクオリティだ。これに醤油だれとアブラが絡み、ニンニクやフライドオニオンを纏わせ頬張り続ける。スープオフ、タフでヘルシー。
なお、麺が多いと思ったら、汁なしの方がラーメンより多めとの話だ。納得。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 30件

「油そば(ニンニク少し、ほか全部普通)」@らーめん忍者の写真麺。傍若無人に麺が主役を演じる一杯。やや硬めで、腰には確かな歯応え。しかしながら逞しいまでは至らぬ絶妙な茹で加減で、顎の疲弊は心配無用だ。
硬め、即ち腕白なため、汁跳ねには少々警戒が求められるが、モヤシや解し豚と共に頬張るには最適な食感だ。ヤサイマシを避けたためバランスは最適、脂やマヨネーズを増せば、ヤサイマシでも味の均衡が確保できそうだ。
醤油だれは、塩味よりも若干酸味が目立つが、背脂と完璧に融合を遂げ、その甘みやチーズとのハーモニーで麺との調和は申し分ない。そもそも麺が全てを受け止めてくれるタフな品質なため、細かい事は気にせず貪り食うべきか。
豚は柔らかく旨い。卵黄は丁重に扱い、終盤での味変シーンに投入する。ニンニクは必須だ、これがないと、少々味気ない印象に終始するかも知れない。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば(大)+スペシャルトッピングA(ねぎゴマ+半熟たまご)」@油そば 東京油組総本店 飯田橋組の写真いつの間にか出現していた新店、昼間のコアタイムはなかなかの繫盛ぶり。店のサジェストへ素直に従い、一番合うと断言されるスペシャルトッピングAを追加。大盛やW盛も同一料金の模様ゆえ、240gの大盛りを選択した。
配膳、直ちに「美味しい食べ方」に従い辣油を注入、「辛味」を名乗る辣油の元みたいなのもガッツリ投入、無心にムラなく良く混ぜる。玉葱も沢山入れてヘルシー化に拍車を掛ければ、後は貪り食うだけの時間が到来だ。
モチモチの太麺は適度な腰が歯応え良く、絡む具材、特に2種の葱と玉葱のシャキシャキ感が大変癖になる。油と葱の相性は良いに決まっているし、麺の余熱で繊維が崩れ始めれば、素材由来の甘みが食欲を加速させる。
なお、支払いは940円。1,000円以下ながら、高いなと感じてしまった。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし担々麺」@中国ラーメン揚州商人 飯田橋ラムラ店の写真予想はしていたが、コレは旨い。選べる麺は基本の中太麺(揚州麺)でお願いしたところ、バランスの良さが余さず楽しめる展開が待っていた。
花椒が効いた胡麻だれが油分と乳化し、遠慮知らずに麺と絡む。挽肉にも麻辣な味付けが為されており、早い段階で丹念に全体を混ぜて一体化を図るのが良さそうだ。卓上には自家製辣油や酢もあり、好みの味を探すのも面白い。
麺を中心に、全ての味が渾然一体となるのは時間の問題。そして、麺が旨いからこそ全てを受け止め、味が何かに偏る事態に陥らない。華僑系の中華料理の体裁を保ちながらも、それを一切押し付けてこない柔軟さが感じられる。
麺のもちもち食感、喉越しの良さ。具とたれの甘み、辛味、刺激。全てが高い次元で一体化した逸品。穴あきレンゲで具を余さず食べられるのも嬉しい。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン汁なし(麺少なめ、ヤサイ少しニンニクアブラ)」@ラーメン二郎 亀戸店の写真二郎には、テーマを持って訪問する事を提案したい。Show me your way, J.BOY。何を食べ何を夢見よう。この日のテーマは「麺の実力を堪能する」。
という事で、茹で加減良く食感瑞々しいヤサイを敢えて減らす判断を下したため、本当にヤサイが少ない。お陰様で、配膳の瞬間から太麺の重量感と迫力を楽しめる。喉越しの良さ、香りの濃厚さ、芳醇な甘みと腰の粘り。
ヤサイ少なめの成果は、水っぽさ排除にも影響が大きい。空席ありの平日昼間、店主の湯切りは丁寧そのもの。麺に絡む醤油だれの塩味甘味、どっしりとした豚背脂、オニオンチップとニンニク。卓上の黒胡椒も適宜加える。
終盤で崩した玉子の黄身は大変濃厚で、最高の味変オプションとして機能した。なお、この日の豚の柔らかさは文字通り神懸り的、不満要素は一切無い。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 30件

「油潑(ユーポー)麺」@亀戸刀削麺の写真相変わらず華僑だらけのアウェー感が半端ない店内、聞くところによるとこのメニュー、不動の人気TOP3から外れる事がない模様だ。食欲を搔立てるのは、厨房奥より充満してくる香りと油の跳ねる音。配膳が大変待ち遠しい。
にんにくと辣油が熱されたたれが、刀削麺に遠慮なく絡む。もちもちとした食感は餃子の皮を厚手にしたような印象で、良い意味で変哲のない味と香りで、却(かえ)って調味の妙を感じ易い。滑らかな喉越しも大変魅力的だ。
卓上の辣油を追加すれば、コクが引き立ち箸の動きは加速の一途、独特の中華風味に香菜が適度に絡み、散らせたナッツの歯応えが食感に変化を招く。
食感と甘みが活きた茹で野菜も潤沢、麺と一緒に頬張れば旨くない訳がない。ジャンクな逸品だが案外量が控えめなため、肉夹馍のセットも魅力的だ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 4件