なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.794点
最終レビュー日 2019年10月23日
2,431 1,286 3 7,348
レビュー 店舗 スキ いいね

「煮たまごラーメン」@よかろうもんの写真南の夏疾風に乗り、ShakeTree付近まで到達する近所迷惑な豚骨臭。店への距離が詰まるほどに、そのタフでワイルドなダイナミズムに血沸き肉踊る思いだ。33度あるんだから扉くらい閉めて欲しいが、予想外にエアコンは盤石。
シンプルに煮玉子らーめん硬麺を選択、配膳は敏速この上ない。これか、この匂いが換気扇もしくは戸扉から輩出(≠排出)されていたのか。ソリッドでクール、とても臭い。蓮華を数回泳がせれば、魅了の魔法に蝕まれる事必至。
濃厚で蛮性溢れる豚の旨味が躍動し、これでもかと重量感のある旨味で味覚嗅覚を支配。これぞド豚骨の真骨頂、絶好調じゃないの。普段は使わない激辛高菜を放り込んでも、あれ?ちょっと辛いな程度に押さえ込む。凄いね今日。
ストレート細麺を頬張ると、スープをそのまま食べてるような錯覚に陥った。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 15件

「ラーメン」@博多ラーメン しばらく 西新店の写真久々に訪問した暖簾、変わらぬ歓待に胸を撫で下ろす。一瞥したメニュー表は、結構ハードな値上がりが確認出来たが、その分クオリティは守られており、質の良い品物の提供に軸足を置いた経営方針が伺える。正しい姿だ。
豊かに膨らむふくよかな豚の旨味。抜ける香りに若干の野趣を残しながらも、ツンと来るような癖は一切ない。円やかに味覚を包み込み、厚みのあるコクで食べ手の頬を緩ませる。じっくり煮込んだ、博多豚骨の醍醐味は申し分ない。
やや縮れた細麺は、張りと腰のバランスが良く、弾けるように香りが抜けた後、じっくりと甘みが広がって行く。個性的で、古くからのしばらくファンからは賛否が分かれる麺だが、絡むスープとの渾然一体感は特筆に価する。
気になるメニューも登場しており、折を見て食べてみたいなあ。超遠いけど。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 26件

「ラーメン+味玉」@博多元気一番!! 春吉1丁目1-1店の写真濃厚でクリーミー。複数部位の豚骨を時間を掛けて炊き込み、特に豚足と豚頭の存在を強く感じる中、見た目こそ元々のお父さん店である元気一杯に近いが、味は寧ろ一幸舎に近い仕上がりだ。豚のどっしりとした旨味は十分だが。
元気一杯はもっと野趣があったものだが、権利売却で提携も解消した今、高菜の味を含めて全く別の店になってしまったようだ。但し、元気一杯のような御笠川の東岸に対抗可能な接客のタフさは全くなく、居心地は大変良好。
ストレート細麺は粘り腰が光る小麦の芳醇さを前面に漂わせる品質で、絡みまくるスープに全く負けない。キクラゲとの食感差は絶妙、増量も視野に入る。
総じて、元気一杯のようなある意味クールな面倒臭さは皆無ながら、最早別物と考えるのが適切だろう。食後喉が渇きまくるので、水分の準備は必須だ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(ネギ盛り)」@元祖ラーメン 長浜家の写真店に入った瞬間、余りの豹変ぶりに戸惑いすら覚えてしまった。本当に、ここは旧家2なのか。男臭さは相変わらぬ中、ホスピタリティに富んだサービスレベルの高い事。面倒なオーダーにもにこやかに対応。思わず二度見した看板。
スープは豚骨、荒々しくも臭さはなく、油にも余り依存しない。テキトーに炊いて水で薄めたりとか、多分ここへ移転後は行っていないのだろう。総じてチープな味なのだが、躍動感の高さと醤油だれとのシナジー、流石は元祖系。
ストレート細麺は腰の粘る硬麺で。葱盛りにすると、湯面は葱グリーンで鮮やかに染まる。離れの良いスープに風味豊かな麺の甘さ、そして青葱独特の甘みが繋ぐ三重奏は、長浜の風そのものだ。超塩っぱく薄い豚肉も欠かせない。
長浜市場から博多川端へのモデルチェンジは完全に成功、再訪は必至だ。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン+煮玉子」@博多天神 お茶の水店の写真何と素晴らしいクオリティ。白濁の豚骨スープは豚頭を高圧で炊き上げた澱みのない逸品。厨房には使い込まれた巨大な圧力鍋が鎮座しており、どうだ、ワシのこさえたスープは旨かろうもん?と満席の店内に微笑を湛えている。
癖のないスープだが、このままでは少々味にぼやけがあるのも事実。卓上のたれボトルを数ショット適当に放り込み、マイベストコンディションへと昇華させる。辛子高菜や紅生姜は使わない。圧力鍋さん、このままいただきます。
ストレート細麺は硬麺で。小気味良く響くザクザク食感、駆け抜ける小麦の香りは実に素直で懐深く、スープを全力で絡め渾然一体の舞台を盛り上げる。
ネギは青ネギ。福岡(店は東京にしかないが)のラーメンには、このネギが最も似合う。味の濃い完熟煮玉子は最高のご馳走、気がつけば無我夢中だ。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 4件

「特製ラーメン+味玉子」@豚骨らーめん 福の軒 秋葉原店の写真充実の白濁、拳骨を中心とした豚骨を丁寧に煮込んで完成させたスープには、余り野趣や臭みは感じない。そう、秋葉原の駅前に、豚臭さは余り必要ない。
この日は配膳時の湯温が高過ぎたため、味が感じ難くスープの魅力が半減されていたが、適温に至ればコク深さや重層的な旨味に舌鼓を打つ時間の到来だ。塩味や油に依存せず、豚の旨味と例の調味料で勝負する実直さが眩しい。
ストレート細麺を硬麺で注文。必然だ。歯切れ良さに従い、素直な甘い香りがダイレクトに鼻先へと抜けて行く。無遠慮に絡むスープの香りが前に出たかと思えば、次のひと口で再び小麦が捲土重来、互いが互いを高め合う。
脇を固めるネギとキクラゲ。チャーシューのような華やかさはないが、豚骨ラーメンには欠かせない存在。トッピングで追加するのも良さそうだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「豚骨味玉」@らーめん・つけめん こてんぱんの写真ストレート中細麺が、一層美味しくなったような気がする。ザクザクと歯切れ良い食感の硬麺、瞬時にして鼻先へ香りが駆け抜ける感覚。その甘み爽やかにして、霧散する漂いは潔く、絡むスープの風味を従え渾然一体を演出する。
癖がなく、野趣も排他された口当たり良い豚骨スープは、背脂とマー油(焦がしニンニク油)で重厚さや香ばしさを付与し、味の深さを演出している。
このスープも逸品で、他メニューとの併用前提のためだろうか、左程タフには寄せていないが、丁寧に手間暇を惜しまない仕込みへの情熱が溢れている。
替玉しなくても物量は十分、特にランチ時は味玉かライスが無料なため、ボリュームアップの面でも隙がない。渾然一体感の高い一杯が、他のメニューでも常に期待出来る。引き出しが多さに起因する、高い味の設計力の賜物だ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 24件

「チャーシューめん(源流)+味玉」@麺徳の写真豚拳骨を中心とした豚骨スープは、以前「赤のれん」を名乗っていた頃とは趣きが異なる印象だ。「源流」はこってりスープの模様だが、野趣やオイル感は余りなく、豚骨らしい野太さと滑らかな口当たりが光る仕上がりだ。
硬麺指定のストレート細麺は、粘り腰が楽しめる品質ながら、何故か余りスープが絡まない。と言うか、スープを弾く。湯切りが難しい麺なのだろうか。
この一体感のなさが足を引っ張り、ひと口めの旨さを超越する瞬間は訪れない。スープは他にも「豚吉」と言うあっさり風味も用意している模様だが、濃厚寄りのスープと合わない麺が、あっさりと適合するとは考えにくい。
胡麻を擂らずに多めに振り掛け、全体的にぼやけた味の一統を図る。チャーシューは肩ロースで肉感に優れ、メンマも柔らかく旨い。具の出来は良好だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 4件

「由丸らーめん」@由○ 品川港南店の写真博多ラーメンの醍醐味は、二つの要素に集約される。まずは、長時間じっくり煮込んだ豚骨スープ。店内外の掲示には「8時間」「16時間」と煮込んだ時間が2パターン掲示されていたが、まあそげん細か事はどうでんよかろうもん。
安定の味こそ、由丸最大の魅力。豚拳骨、背がら、豚頭など複数部位を丁寧に下処理し、時間を掛けて煮込んだ白濁の魔法。この日は旨味が若干緩かったが、白い調味料や液体背油による油膜がカバーし物足りなさは感じない。
第二に、パツパツ歯切れ良い細麺。硬麺ならではの食感と香りの抜け。カスターには胡麻とフライドガーリックが常備、自分好みに風味の補完が可能だ。
海苔やチャーシューがライスと合うため、高菜ごはんのセットなどと共に頬張るのも捨て難いが、男は黙って硬麺替玉。勢い良く啜り込み尽くしたい。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「ちゃーしゅーめん+味玉子」@久留米らーめん 金丸の写真大砲ラーメンなどに代表される王道の久留米ラーメンとは趣きが異なり、八っちゃん系のらーめん 八に近い印象だ。呼び戻し(継ぎ足し製法)を駆使しつつ、豚背脂で乳化を促しながら、どっしりとした迫力を醸し出す。
湯面には背脂が目立つものの、元の豚骨スープがすっきりとした綺麗な仕上がりのため、重さは左程感じない。コク深い口当たり。少々強めの塩味には、九州独特の甘さが若干感じられる。たれに、福岡の醤油を使っているのだろう。
ストレート細麺は硬さ指定が可能だが、久留米ラーメンで硬麺などは邪道、当然普通でお願いする。腰に粘りがあり、スープや背脂の風味に負けない小麦の甘みが印象深い。量もしっかり一人前、替玉もあるが、個人的には不要だ。
肩ロースチャーシューは贅沢な肉の旨味が楽しめる。具に至るまで、丁寧だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件