なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.797点
最終レビュー日 2019年10月20日
2,429 1,286 3 7,334
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌つけ麺」@らーめん 黒兵衛の写真商品名は味噌だが、敢えて担々麺のカテゴリに含める。確かに味噌もしっかり入り、ゲンコツベースのスープにジャンクな熟成感を吹き込むが、その支配者は間違いなく自家製の麻辣感、最初から最後まで麻辣が味覚を魅了し続ける。
味噌の風味も元気だ。にんにく、生姜、揚げ葱など、香味鮮烈な素材を贅沢に使用、胡麻の甘さも立っており、辣一辺倒の展開を全力で防いでくれる。
中太麺は、恐らくいつもの奴だろう。コシがほど良く残る、素朴な香りが颯爽と鼻先へと抜ける。目立ちたがり屋さんではないため、スープの個性を余さず預かってくれる品質は大変頼もしい。量はつけ麺的には若干少なめだ。
具が寂しいので、スタッフズなどで補完するのが良いだろう。接客は投げやりかと思いきや丁寧な場合もあり翻弄されるが、まあ昔からそういうお店だ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「濃厚担々まぜそば+味玉+辛い白髪ネギ」@麺処 いし川の写真前回食べたのは1年半前、そこから更にブラッシュアップが図られた一杯。唐辛子系の辛さ、痺れ、濃厚な醤のような熟成感、そして胡麻の甘さなど、全てが渾然一体となる味の坩堝(るつぼ)。当然、辛い白髪ネギも抜群に合う。
それが、下世話な仕上がりにならない点も流石だ。油そば特有のどうしようもないジャンク感を顕しながらも、品の良さと和やかさも醸されている。
張りのある歯応えと、腰の確かさに滲む素朴な甘さ。そして、滑らかな喉越し。麻辣なたれがこの太麺へ存分に絡み、複雑な刺激の抜けに箸の動きが加速する。辣油を適度に混ぜ込む事で、味に円やかさが生まれるから不思議だ。
通常これだけ明確な味が主軸を担うと、それ一本槍に陥りがちだが、メンマや葱、もやし等の具も「ここにいるよ」と呟く逸品。大盛にすれば良かったな。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 7件

「汁なし担々麺」@中国ラーメン揚州商人 飯田橋ラムラ店の写真予想はしていたが、コレは旨い。選べる麺は基本の中太麺(揚州麺)でお願いしたところ、バランスの良さが余さず楽しめる展開が待っていた。
花椒が効いた胡麻だれが油分と乳化し、遠慮知らずに麺と絡む。挽肉にも麻辣な味付けが為されており、早い段階で丹念に全体を混ぜて一体化を図るのが良さそうだ。卓上には自家製辣油や酢もあり、好みの味を探すのも面白い。
麺を中心に、全ての味が渾然一体となるのは時間の問題。そして、麺が旨いからこそ全てを受け止め、味が何かに偏る事態に陥らない。華僑系の中華料理の体裁を保ちながらも、それを一切押し付けてこない柔軟さが感じられる。
麺のもちもち食感、喉越しの良さ。具とたれの甘み、辛味、刺激。全てが高い次元で一体化した逸品。穴あきレンゲで具を余さず食べられるのも嬉しい。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「汁なし担担麺+味玉」@麺庵ちとせの写真特徴のない落ち着いた風貌、盛り付けの丁寧さが更にそれを顕著化させている。しかし、太麺を引き揚げて全体攪拌に禿めば禿むほど、食欲を加速させる甘味や辛味を従えた香りが、ボリューム感を従えて顕在化して来る。
最初に感じるのは、まったりとした胡麻の甘味だ。しかし、その口当たりの良い円やかさが味覚を席巻するのも束の間、次第に唐辛子や辣油由来の辛味、そして花椒の風味豊かな痺れる刺激が勢力を強める。癖になる味だ。
どっしりとしたこしのある太麺は、もちもちとした歯応えで食べ応えがあり、辛肉味噌やナッツの食感が重なり複雑な食感を実現。担々麺らしく味の強いたれが支配的に思えるが、麺に力があるため麻辣感一辺倒に陥る事はない。
並盛で十分な量だが、プチライスのオプションも捨て難い。さて、どうする。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 7件

「担々麺+味玉」@舎鈴 飯田橋駅前店の写真安定してハイレベルな味を、安価で提供してくれる舎鈴。特に担々麺が食べたかった訳ではないが、寒さを凌ぐには辛さで身体を温めるの精神で。
スープのクオリティはラーメンに於いて重要極まりないが、担々麺は特にその傾向が強く感じられる。いわゆる陳式担々麺ならではの、胡麻のどっしりとした甘い風味は欠かせないが、甘さばかりが前に出るようでは飽きてしまう。
花椒由来の心地良い痺れ、そして唐辛子や辣油由来の辛味、このバランスが実に良い。特に辛さは調味した挽肉からもジワジワと溶け込んで来るため、次第に舌先で感じる景色が変わり、箸の動きを加速してくれる。
太麺の茹で加減も絶妙、こしの粘りと小麦の甘みが連動し、絡むスープとの一体感は時間経過に比例して捗って行く。これ、舎鈴のメニューでは白眉だ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件
90

「担担麺+味玉」@麺庵ちとせの写真担々麺の経験値が乏しいため、余り委細を語るに及ばない点が心苦しくも、ひとつだけ言い切れる事がある、それはこの一杯が格別だと言う事だ。
甘さより痺れ。痺れより辛さ。しかしながら誰もが切れ味良く、香りの離れも実に潔い。だしを丁寧に採っているからこそ、美味しさの下地が盤石だからこそ、この麻辣感による刺激的な起伏に身を委ねる事が出来るのだろう。
唐辛子、辣油、ナッツ。挽肉の力強い旨味。これらがジワジワと馴染み渾然一体が進む中、ストレート中麺を引き揚げる箸の動きも捗って仕方がない。胡麻由来か、適度な粘度があるためスープが麺に大変良く絡む。
鼻先に舞う複雑な漂い。潔い歯切れと粘り腰を兼備した食感の妙。穏やかな調味は自信の顕れ、全体調和に重心を置いた味の魔法は、筆舌が大変難しい。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 7件
85

「赤」@拉麺5510の写真これだけ赤いんだから、思い切り啜ってはいけない。…と分かってはいるが、思わず啜ってしまうのがラーメンの罪深さ。旨いが、必ず咽(むせ)る。
豚と鶏から採られただしは脂に頼る事がなく、そして過分な調味にも頼らない。そんなスープが盤石の基礎を築いた真紅の深淵、その実は挽肉の旨味と唐辛子の辛味が醸す調和と一体感。そのままでも、麺と共に頬張っても。
ストレート中細麺は歯応えに腰が残る理想的な茹で加減で、滑らかな喉越しも兼ね添える。肌白のフォルムに絡む赤が華やかに映え、食欲は加速の一途。麺から爽やかな小麦の風味が隠れる事はないが、過剰な主張もそこにはない。
麺とスープだけでほぼ完成された一杯だけに、脇を固める具は何と組んでも間違いない。私見だが、海苔が纏う磯風で、景観の一変を狙うのがお勧めだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 19件
75

「麻辣麺」@亀戸刀削麺の写真今日も快適に100%中国語と言う環境、何の偶然かまたも空席は僅かに1。初訪ならアウェー感に怯み踵を返しかねないが、どうか安心して欲しい、アットホームな接客と手馴れた豪快な調理に接すれば、不安の払拭は時間の問題だ。
今日はちゃんと注文が通り、お望みの品が配膳される。スープをひと口含めば、早くも魅了される中華の味。胡麻の風味を大胆に醸しながらも、麻辣の名に恥じぬ辛味と痺れが舌先を遠慮なく刺激する。この刺激に会いに来たんだ。
賑やかな具の物量。特に挽肉、スープに旨味が滲み出し、渾然一体感が捗り食事展開に応じて風味の変化が楽しめる。香菜の相性は語るまでもない。
刀削麺は分厚いワンタンの皮が如く滑らかな喉越しで、幅広の太麺ならではの歯応えは独特。やや緩めな部分と硬めな部分の混在は、大変ユニークだ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

「赤鷹担々麺」@東京担々麺 ゴマ哲の写真赤唐辛子の粉末が、これでもかとダイレクトに塗された湯面。蓮華を持つ手に一瞬の躊躇がある中、スープの味を確かめる。ああ、美味しい。少し辛いけど。こんなファーストインプレッションを堪能し、平打太麺を引き揚げる。
辛さに慣れれば、至福の時間の到来だ。挽肉の旨味、胡麻の甘味が席巻し、加速度的に箸の動きが躍動感を得て行く。卓上の花椒を追加し更に刺激を加え食速を後押しすると、ジワジワと蓄積したダメージが顕在化するから面白い。
あれ、痛い、痺れてきた。オオオ…痛い。何だこのチャレンジメニュー。唇が腫れてきた。喉が受け付けない。そして最後は、また胡麻の濃厚な風味に回帰する。辛味一辺倒ではない理由は、麺の香りが高いためだろう。
なお、本気で辛いため、無料ライスを少しいただき、緊急避難の頼みとした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「担々油そば+味玉」@麺処 いし川の写真材料で何が使われているのか、全てが感じられないと美味しいパスタとは言えない…そんな言葉が、鮮明に脳裏に浮かぶ。この一杯、実にパスタ的だ。
主役は当然、もちもちとした腰のある太麺だ。これが、大変旨い。そのため器の中身全てを受け止め、味の一統を担ってくれる。唐辛子、花椒、胡麻の三位が渾然一体となり、否応のない求心力で麺の支援に全力を惜しまない。
具も麺も、全てが担々。麻と辣の絶妙なバランスが迸(ほとばし)る中、辣油を投入すれば辛味で更にたれのコクが引き立ち、箸の動きが止まらない。
魅了される他はない。実に癖になる味、琴線を揺さぶられたら最後、頻訪する客が注文しまくる理由も頷ける。味を尖らせたりはしない、ご近所さんが毎日通える暖簾を目指している(であろう)店主の、面目躍如な完成度だ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 7件