なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO@とんこつ月間

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.801点
最終レビュー日 2019年6月20日
2,329 1,244 3 6,626
レビュー 店舗 スキ いいね

「味噌ラーメン」@けやき 新千歳空港店の写真「札幌味噌ラーメン」のイメージが、そのまま目の前に出てくる喜び。
電灯光を反射し、眩しく煌く豚背脂の膜。濃厚な白味噌ベースの重厚な味付け。ニンニク、生姜、豆板醤などの個性的な風味。豚骨や椎茸の旨味が、遠慮なく味覚嗅覚を席巻する。驚くべきは、その渾然一体ぶりではないか。火の通った野菜も完璧に味の組み立てに取り込まれており、味の委細を語ろうにも筆の立てようがない程だ。
縮れ中麺を咀嚼すれば、芯の通ったコシに続き、儚い断裂感に包まれる。かん水の香りが少々強めだが、個人的には全く気にならない。これ、寧ろ好きな香りだ。この麺に、油を繋ぎにスープが十分に絡まって、箸の動きは一層熱を帯びて行く。
見た目以上に野菜が多く、油量も遠慮がない。普通盛でも十分満腹感が得られそうだ。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油ラーメン」@梅光軒 札幌ら〜めん共和国店の写真旭川発祥の有名店のようだが、ひと口目は「何だ、東京でもあるよねこういう奴」と誤認してしまった。そして、食べ進めるうちに、徐々に底知れぬ個性に魅せられて行く始末。一人で行ったから、誰にもドヤ顔で所見を述べずに済んだのは幸運だ。
その、ひと口目。濃厚な豚骨スープと、キリッとした醤油だれ。自然としたり顔になった所で、強烈な昆布だしの旨味が否応なく押し寄せて、あっさり感すらもが醸し出される。鶏がらや様々な魚介だしもブレンドしているだろうが、中心は不動、重厚な昆布と豚骨だ。
中細縮れ麺を勢い良く啜り込めば、スープの滴を弾け飛ばしながら香りも共に吸い上げられる。かん水の香りが苦手でなければ、こんなに旨い麺もなかなか出会えまい。
モモ肉チャーシューの食べ応えも抜群。温故知新の理(ことわり)溢れる一杯だろう。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌らーめん」@白樺山荘 札幌ラーメン横丁店の写真昔ながらの、誰もが知っている札幌味噌ラーメンのイメージ。それをここまで実直かつ斬新に仕上げてくれる暖簾があるとは、夢にも思わなかった。
味噌スープ。胡麻油とニンニク、生姜が効いた刺激的かつ熟成感のある風味と、気持ち中華料理的とも言える骨太なジャンク感。不思議と白味噌ならではの甘さは殆ど感じないが、重厚感のある味噌だねに仕上がっている印象だ。
円やかな豚骨スープの下地と、薄っすらと膜を張る香味ラード。第一印象のこってり感も素晴らしいが、予想外に角がなく、すっきりとした後味も堪らない。
短めカットの縮れ中麺は、噛むたびに小麦とかん水の香りが鼻先を駆け抜ける。ザクッとした歯切れ良さと、ボリューム満点の豊富な具材。一心不乱に貪り食うのが正解だ。

投稿(更新) | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「味彩塩拉麺+煮玉子」@函館麺厨房あじさい 新千歳空港店の写真空港グルメに過度の期待は禁物だが、北の玄関・新千歳は完全に例外のようだ。
フワリと漂う昆布だしの香り。蓮華でスープをひと掬いした時点で、思わずホッと肩の力が抜けて行く。落ち着いた、それでいて厚みのある旨味は見事なものだ。豚がらや鶏がら、大量の香味野菜。陳腐な表現だが、「あっさりとした優しい味」と言いたくなってしまう。手間暇を掛けて丹念に煮込まれた、透明感溢れるスープの魅力。
ストレート中細麺は少々硬めの茹で上がりで、サクッと歯切れの良い食感と共に、巻き上げられたスープの風味が一気に弾け飛び鼻先を駆け抜ける。この麺、個人的嗜好のど真ん中を、まあ遠慮なく射抜いてくれるものだ。塩煮玉子やメンマは「しっかりとした薄味」で素材の美味しさが存分に活かされた仕上がり。欠点が、まるで見当たらない。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件