なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

Dr.KOTO

男性 - 東京都 (1976年生まれ)

▼カメロンパンは、コモディイイダ亀戸店にて絶賛発売中でしたが、現在販売を停止している模様です。▼コトーじゃなくて、コートーです。えとう区民ですので。▼投稿(≠採点)は単なる備忘録なので、あまり突っ込まないで下さい。▼なお、90点台と80点台の間には、超えられない壁を設けているつもりです。

平均点 75.799点
最終レビュー日 2019年10月18日
2,427 1,286 3 7,329
レビュー 店舗 スキ いいね

「ネギラーメン+味付玉子」@ラーメンショップ 牛久結束店の写真例えばラーメンは490円と、劇的に安価な価格設定。しかし、質と量は価格から想起されるレベルを遥かに上回る。ゲンコツを大量に炊き、旨味が深く煮出されコク深いスープ。この口当たり良さ、鶏がらも使っているのだろうか。
背脂は相当多めだが、質が良いからかしつこさや重さは余り感じない。寧ろ、厚みとコクのドーピングとして機能し、迫力溢れる仕上がりに貢献。だしに力があるからこそ、塩味や調味料による底上げで旨味が厚口になるのだろう。
自家製ストレート中麺のボリューム感。粘り腰と喉越しの良さ、そして香りの膨らみ。胡麻油と調味料で和えられたネギは、電子レンジで10秒ほど加熱してからの盛り付け。スープを冷まさない配慮だろう。当然だが、キマる。
背脂の液状化を防ぐべく、湯温がやや低めで食べやすい点も特徴だろう。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「ネギラーメン+味玉」@ラーメンショップ 境店の写真早朝からほぼ満卓が継続する。この一杯と対峙すれば、その理由は瞬時にして理解出来るはずだ。円やかさと滑らかさ。柔らかさの奥に眠る野趣の躍動感。あっさりとこってりの狭間を突いた、絶妙な豚骨醤油に胸が熱くなる。
スープの起伏を禿しくするため、旨味調味料もたっぷり入っているこの味。背脂が微妙に乳化しどっしりとした感覚もあるが、軽快な口当たりに終始する仕上がりは大変食べ易い。ニンニクを数匙放り込み、胡椒を散らす。
中細麺がスープを適度に絡めるため、常に麺とスープの渾然一体が楽しめる。北関東特有の「生きている麺」、やや柔らかめで腰の粘りが癖になる。
煎で温め、醤油だれ、胡麻油で和えらて調味された、繊維質の食感が余りに魅力的なネギ。酸味と辛味、申し分ないネギ臭さ、当然だが完璧にキマった。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギラーメン」@ラーメンショップ 椿 玉造店の写真食券購入時、質問に対してミスリードを受け、希望と異なるメニューが配膳される波乱に満ちた船出となったが、ネギラーメンの高いクオリティがネガティブな印象を一蹴してくれた。スープと麺、そしてネギが織り成す物語。
塩や胡麻油、多量のチャーシューなどが和えられた、辛味酸味が強めなシャキシャキとしたネギ。スープで熱を得る事で、繊維質の硬さが失われ、食感に一体感が醸されて行く。時間経過に比例し、徐々に顔を覗かせる甘味。
豚骨の旨味は十分、旨味調味料も強めなスープは、湯面を賑わす背脂によりコクが強調され、醤油だれに頼らぬ骨太な味に仕上がっている。腰の粘りと、抜けの良い香り高さが光るストレート中麺。これをネギと共に頬張る贅沢さ。
15時前後でもほぼ満卓。人気の理由は、間違いなく高い品質の賜物だろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「わんたん中華そば+味玉」@中華そば 華丸の写真鶏がふくよかに広がる中、昆布や椎茸などのだしが奥行を醸し出し、醤油だれの凛とした芳醇な香りにより纏まりのある味に仕上がっている。温故知新の極み、懐古的ながらも先進的。調和と渾然一体への情熱に溢れている。
ストレート中細麺を勢い良く頬張れば、その飛沫の舞いから、遠慮知らずに広がる素材の風味に魅せられてしまう。奥ゆかしくも華やかな、凛とした香りの抜けは余りに潔く、箸の忙しなさが加速度的に増して行く。
スープをしっかり掴みあげる麺。主役はスープに譲りながらも、全体一統の役どころは譲らない。贅沢な甘い香り。爽やかな小麦の漂い。滑らかな食感と、詰め込まれた肉の旨味が癖になるワンタン。ここにもスープが大胆に絡む。
長閑な雰囲気に寛ぎながら楽しめる環境も、食事の満足感を高める要因か。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「味噌ラーメン+味付玉子」@ラーメンショップ 牛久結束店の写真超郊外の路面店だが、途切れなく賑わう駐車場。凄まじい人気店だ。
その理由。食べれば直ぐに理解できる。逞しさすら感じる濃厚な豚骨スープに、赤を軸とした深い熟成感のある独自ブレンドの味噌だねが荒々しく融合し、唐辛子、生姜、ニンニクなどの風味を遠慮なく漂わせながら、タフな骨太さを醸し出している。
決め手は、甘く柔らかな背脂だろう。時間経過に比例して一体化が進み、スープの漢気が増して行く。これが遠慮なく、しなやかなストレート中太麺に絡むから堪らない。
主役の片割れである、自家製麺。肌白なビジュアルとは裏腹に、小麦がギュッと詰まったような豊かな風味に舌鼓を打つ。ニンニク、合うだろうなあ。
肉厚なチャーシューは二郎の豚が如くながら、スープと麺の前出るような野暮はない。海苔やワカメが磯の風を運ぶ中、無心で喰らい尽くす一杯。最高だ。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「特濃煮干ソバ(白)」@煮干中華ソバ イチカワの写真「特濃」の表現すらもが過小顕示とも思えるほどに、徹底して旨味の濃度と密度を高めたスープ。特に、店の看板たる煮干の遣い方が尋常なレベルではない。
エグ味が出始める一線と、コクと旨味がピークに達する一線。このギリギリの線を攻め抜かなければ出しようがないであろう極限の煮干だし。失敗したら最後、その日の臨時休業は避けられまい。気負いのない自然体と、満ち溢れた自信。商品に全てが表現されているよ。
煮干のせいで目立たないが、鶏スープも相当濃厚で旨味が凝縮されてるし、硬めな食感の中麺は肌白で清涼感がありながらも、全体を一統(いっとう)させる力強さ。
プロフェッショナルか職人かで言えば、店主は恐らく職人だろう。しかし、突き抜けた職人は、プロフェッショナルの領分を超えた位置に君臨する。「圧巻」のひと言に尽きるね。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「とりそば+味玉」@中華そば 華丸の写真クリアなビジュアルに騙されかけるが、スープをひと口啜ってみれば印象が180度変わる。鶏独特の甘みや風味が、余りにも濃厚で円やかだ。
ここまで旨味を出すためには相当な素材を使っているはずだが、この価格で販売して、しっかり儲けているのか不安で仕方ない。ほんのり浮かぶ油も、当然だが鶏のものだろう。塩だれにも手間を感じるが、鶏スープの旨味を如何にして立体的にするか、それ以外の目的は何も考えていないかのような、一心不乱な味の組み立て。硬めな細麺は確かな食感で、噛む度に鶏の旨味までもが一緒に広がる。確かに、この商品は「鶏そば」としか呼びようがないだろう。
敢えて余計な装飾を避けた命名と外観には、並々ならぬ店主の気概が込められている。蒸し鶏ひとつ取っても異常に丹念。郊外に佇む嚢中之錐、大行列も納得だ。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件