なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

にしやん

男性 - 富山県

豚骨系、味噌系が好みです。いろんなお店を食べ歩いて勉強したいです。

平均点 76.123点
最終レビュー日 2013年6月8日
57 39 0 69
レビュー 店舗 スキ いいね

人に会う約束があって上京。ホテルのそばでラー食することに。日曜のお昼時にお店を探す。
麺屋武蔵武骨をみつけ、食券販売機の列に接続。でもこの日の東京は4月とは思えないほど寒くて、つけ麺という気分ではなかったので考え直してハス向いに在ったこちらのお店へ。
先客5名、後客1名。表題のメニューを注文。麺:固め、背脂:普通、辛さ:なし、でお願いする。
説明文によると鶏がらベースの醤油味とある。店の名前には京めんとあるが、出された丼は博多ラーメンのような極細麺。私は極太麺が好きだがこれはこれで大変よいと思う。トッピングは材木メンマ3本と九条ネギ。チャーシューは超極薄切りだが出来はまぁまぁ。激戦区のようなのでガンバってほしい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

地元に戻って本日2食目のラー食。これは偶然ではなく計画通り。と言うのもこの店の存在に気が付いたのが11月初旬。しかし夜しか営業していないので中々訪問できなかったのだが東京帰りのついでに決行する事にした。飲み屋街の一角にあるので深夜まで営業する店は重宝なのであろう。通りに人通りは少ないが店内には結構お客が居る。6分くらいの入り。メニューを見ると麺類は焼きそばを入れても5品。その代わりコース料理や飲み放題コースもあり宴会に力を入れている感じがする。オーナーか支配人に見える男性は中国語を話し、ウエイトレスや店内の装飾から中国資本の感じを受ける。肝心の五目あんかけラーメンだがスープは醤油ベースで真っ黒。ショッパクはないがコクも無く味はいまいち。第一にあんかけのあの字もない。スープがシャバシャバしている。具材は豊富で、きのこ類だけでも3種類入っており、五目どころか10種類以上あって豪華なのだがいかんせんバランスが悪い。麺は中太で味は悪くないのだがダマになっていて印象が悪い。ギョーザも頼んだが特筆する事もなくそれなりの味であった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ぶっとい麺が食べたくなってこちらを訪問。前回は塩を頂いて結構美味しかったのですが醤油の方が断然旨いとコメントを頂き再度チャレンジです。午後1時近かったので空いています。先客5名、後客2名。食券を買って注文時に「薄味でお願いします。」と付け加えてみる。するとスープを薄める用にポット入りの別のスープが出されました。こんなシステムになっているんですね! 程なくして着丼。まずはス-プを味見します。やはり濃厚な味なので先程の追加スープを投入して味を調整します。トッピングのネギは太目の千切りで最初は辛くて抵抗があったけどスープの中で柔らかくなるにつけ良い感じになっていきます。やはり普通の醤油とは違いますね! 壁に貼られた薀蓄どおりかなり手間隙を掛けているようです。麺も私好みで申し分ないです。そばやうどんもあるようなので今度試してみたいと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

富山県下で6店舗展開しているチェーン店。来店時はちょうどお昼時だったので8割方は埋まっていた。麺の茹で加減やスープの濃さ、ネギの増量/なしが注文できるシステムがGOOD。今回はスープ薄め、ネギ多めでオーダー。
やはりチェーン店だけあって平均点狙いの味だと思う。麺の茹で加減は少しやわらかめであったが気になるほどではない。トッピングはメンマとネギ。チャーシューは煮豚風だがこれも平均点。鶏のから揚げやご飯とのセットメニューも色々有るようだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

病院の食堂なのでラーメンに手間隙はかけられないはずなのだが以外に(失礼だが)いけるのである。塩味の野菜ラーメンもおいしいが、最近食べた醤油味も結構いけると思った。トッピングはシナチクとのりとねぎ、いたってシンプルである。麺は中細のストレート麺であるが及第点。チャーシューは4枚、ちょっと厚みが足りなくて物足りないが値段を考えれば御の字であろう。スープも絶妙で後を引く感じがする。

余談だがカレーライスもおいしい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

麺は太い縮れ麺、モチモチして私の好きなタイプ。ワンタンは大したことなく普通の味。しかしチャーシューは3枚しか乗っていないが厚切りで存在感は抜群。トロトロに柔らかくて大変良かった。チャーシューメンが840円だったのでワンタン入りの方がお値打ちに感じたのだが、ワンタンの味とチャーシューの枚数を比較してみないと何とも言えない様だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

入店直前まで「今日は地獄ラーメンを食べよう。」と思っていたのだが、入り口の看板に「ざるラーメン始めました。」とあるのを見てあっさり心変わりしてざるラーメンを頂くことに。つけ汁はちょっと酸味が利いていてあまり甘くは無い。そばの上に切り海苔が載っています。薬味は長ネギとわさび。味は悪くないが特にほめる言葉も見つからず平均点。ざるラーメンだから当然ざるの上に載っているわけだけど水が切れるスペースが無いのでざるが水に溺れたような状態になってしまいマイナス3点。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

今回はえびそばを注文。てっきり塩味だとばっかり思っていたが醤油味だった。一口飲んでみる。前回のチャンポンと同じ醤油味なのだがこちらの方が色は薄めで味はなんともいえないえびの出汁が出ていて非常においしい。私はどちらかと言うと醤油系が苦手なのだが、正直言っておいしいと思った。今度は塩味系や味噌味系も是非味わってみたい。

ここのお店のお勧めはランチの定食である。中華弁当セットと命名されているが3段重になっていて、1段目はおかず、2段目がサラダとおしんこと本日の一品、3段目がご飯である。値段は850円とちょっと高めであるが、おかずもご飯も量が多くて満足感がある。その他にスープとデザートの杏仁豆腐が付く。おかずは豚肉ロース炒め、鶏唐揚げ、マーボー豆腐、酢豚、レバニラ炒めの5種類から選ぶ事が出来る。平日のみ扱っている。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件
83

街の小さな中華屋さんといった感じだが、狭いながらも本格的なオープンキッチンを構えている。接客のおばちゃんも含めると5人体制。結構忙しく動き回っている。店内にあまりお客がいないのに忙しそうなのは出前の注文が多いためなのか? チャンポンを頼んで待つ事10分弱。勝手に長崎チャンポンを想像していたが実際に出てきたのはまるで広東麺。具の内容も 豚肉、白菜、もやし、たけのこ、マッシュルーム、にんじん、銀杏とまるきり『香龍』のカントンメンと同じ。しかしスープのトロリ具合と中太麺のスープとのなじみ具合はこちらのほうが上。久しぶりにヒットなお店を見つけてうれしくなりました。
まだメニューしか見ていませんが5種類のランチの定食セットもおいしそう。今度是非食べてみたいもんですが、こちらは平日のみで日曜祭日は扱っていないそうですので念のため。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

以前から気になっていた「特大ワンタンメン」を注文する。ワンタンメン大盛りよりも100円増しのこのメニュー。「やまや」にはワンタンメンの他に中華そば、チャーシューメン、シナチクソバなどがあり、それぞれに並と大盛りがあるのだが「特大」があるのはこのワンタンメンのみ。
普段より長めに待った感じがしていよいよ「特大」の登場。確かに器はでかいのだが普通のワンタンメンとどう違うのか? どうやらチャーシューのトッピングがあるだけのようだ。味のほうも「特大」のせいかどうか 麺がゆですぎでいつもの手打ち麺の切れが無い。量も大盛りと変わらずほとんどお値打ち感が無かった。この店では蓮華がでてこないので器ごとスープをいただくのだが、どんぶりが重くて非常に不便であった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件