なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

おうじろう

東京都

Zzz・・・2015・2001号より このHNにしましたwラーメン Love♪でもチャーシューは正直、あまり興味はありません(^^;)点数は味はもちろん接客・価格などお店の色々な要素を含めたものの総合的な印象度として採点していますただ未熟故、採点にブレがあると思われ…(汗)

平均点 78.047点
最終レビュー日 2015年12月25日
2,191 1,565 0 5,616
レビュー 店舗 スキ いいね

「天丸カレーつけ麺」@東京天ぷらつけ麺天丸の写真800円也
2回目の訪問、22時半頃の入店。先客3名。

同行者のリクエストにて、意外にも早めの再訪となりましたw
つけ汁はベースのスープにカレーを混ぜたモノでしょう。粘度の高い甘口カレー。
中太プリモチの麺は前回と同じですが、コレには鰹節が掛かってました。
天ぷらも前回同様な仕上がり、カレー汁に浸ける新し感はありますが・・・
でもやっぱり塩とか天つゆでイイよな(苦笑)
チョイ呑みできるので、何げに利便性のあるお店ですw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「スープカレー台湾ラーメン」@麺ジャラスKの写真850円也
初訪、21時半頃の入店。先客2名、後客2名。入って左の券売機による食券制。
お冷やは券売機横の給水タンクにてセルフ。アイテムは、胡椒・唐揚げ用塩胡椒。

優しめですがエスニックな雰囲気のあるシャバっとカレースープに
ラー油の辛みのタッグ。黄色と赤。そう、聖鬼軍ですねw
辛みは然程でなく全体として個人的には丁度良い塩梅。
挽肉に混じってニンニクチップやオニオンチップが入り、パンチ・・・いや、キック力あり。
細ストレート麺の安定感もスープを引き立てています。
デンジャラスならぬ麺ジャラスは、多くに親しまれる安心の美味しさでした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー味噌つけ」@Miso Noodle Spot 角栄 KAKU-Aの写真870円也 (大盛同料金)
初訪、17時半頃の入店。先客4名、後客3名。入ってすぐの券売機による食券制。
お冷やは店員さんが出してくれて、お替りは高台ポットにて。
アイテムは、黒胡椒・醤油・デスソース。

細かい背脂の浮くドロっと系のつけ汁、味わいはカレーが強い感。
つけ汁の生クリームや麺の粉チーズでマイルドな方向にシフトしていきます。
麺は太ややウェーブ、プリっとコシが強くてイイ感じです。
ニンニクチップは好いアクセント、つけ汁のセロリは舌をリセット・・・どころか強い主張w
魚介昆布なスープ割が美味でしたね~。途中から投入して食べるのもアリかと。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「華麗つけ麺」@古都はピアノマンの写真750円也 (大盛サービス、御飯サービス)
初訪、14時半頃の入店。先客1名。入って右の券売機による食券制。
お冷やは店員さんが出してくれて、お替りは卓上ポットにて。
アイテムは、特製スパイス・ニンニクラー油・タバスコ・粉チーズ・一味・ソース。

ドロリこくまろで甘みを持つファーストタッチから、追ってヒリリと刺激が。
スパイス感は私には適度で食べやすい塩梅。後は卓上アイテムで如何様にも調整可w
具材としては鶏肉とジャガイモ程度でしょうか。
太平打ちの緩ウェーブ麺はコシがあって良い食感のモノ、〆は水道水レベル。
特製スパイスは少量の為か効果?でしたが、タバスコは爽快な辛みがナイスでした。
飯割りされる方は、カレーがちゃんと残る様に麺との絡め具合に気を付けましょうw

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「角煮カレーつけ麺」@天心ラーメン 日暮里店の写真690円也 (太麺選択)
久々に伺ってみると、担々つけ・エビチリつけ・麻婆つけなどなど…
面白そうな新メニューが続々とラインナップされていましたw表題はそのうちの一つ。

カレー感や辛さがあまりなくで、私基準でもちょっと物足りないスパイス性(苦笑)
甘めの味わいで、ちょっとハヤシライスっぽさも感じるようなw
麺は近くのブランド太麺、モチモチで良いですよ。

ごちそうさまでした。新メニューのチャレンジ精神を評価したいですw
カレー好きの方に気になってもらえれば♪あ、角煮は美味しかった記憶がありますよww

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 11件

「カオソーイ」@タイレストラン JIMJUMの写真900円也 (生春巻き、デザート付)
初訪、12時半過ぎの入店。先客1名、後客2名。
注文はコール制。女将さん1人で切盛り。
お冷やは、店中ほどセルフカウンターのポット&グラスにてセルフ。
アイテムは、唐辛子・お酢・ナンプラー・砂糖。

アットホームな雰囲気なタイ料理のお店です。
パクチーの有無・辛さのヒアリングを頂いた後、まず生春巻きを提供してくれました♪

カレーは詳しくないのでアレですが(汗)タイカレーってコトで、グリーンカレー的な味わいがベースですかね。
スパイスの刺激もヒリヒリと。「辛さ普通」でお願いしたけど、なかなか来ますね~w
コチラのは豆乳が使われているとのコトで、その円かさとコクがスープの厚さを作っていて、
またカレースパイスとのアクセントがナイスなマッチングです♪辛さは得意じゃないけど、この塩梅は好いですね~。

麺は細ほぼストレート。中華麺のプリっとしたタイプですが、抵抗感はほぼない仕上がりですね。
まぁ不思議と不満には思いませんし、揚げ麺とのコントラストもつきますのでw

お肉は鶏肉が入っています。パクチーも多めに入っていて嬉しいですね♪高菜も何気にナイスなアイテムですw
終盤レモン片を絞ってみると、酸味というよりレモン風味でのサッパリ感が楽しめますね。

ごちそうさまでした。スパイス&マイルドタイカレーな1杯。
豆乳を使うことによって、より日本人の好みに合うようにしているのかなぁなんて思ったりしました。美味しかったですね~。
鶏塩スープっぽいラーメンもありましたし、トムヤムクンもラーメン可みたいなので、また伺いたいです。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「どっかんカレーまぜそば」@NOODLE STOCK 鶴おかの写真800円也 (期間限定、夜10食)
2回目の訪問、17時半過ぎの入店。先客1名、後客2名。
ホタテ味の「つけそば」目的だったのに、店頭の看板にてアッサリ翻りww

麺は太ややウェーブ、弾力感が豊かでプリモチな食感が好印象ですね。
カレーはドライな風味で、コクよりも爽快さを強調したタイプの味わい。
スパイス感はしっかりしていますが、辛さは然程で個人的には好都合でしたw
局地的にトロけたチーズのマイルドさが変化をつけてくれて良かったですね。

具材は、チャーシュー・穂先メンマ・チーズ・玉ネギ・青ネギ・ナッツ類にフリーズドライの野菜類。
野菜類は、オクラ・ナス・バナナ・プチトマトといった面子でした。プチトマトが美味しかったなぁ♪
最後タレが残ったので、スープ割りをお願いしたら快く受けてくれました。サッパリと〆

ごちそうさまでした。珍しいアイテムを使った、夏らしくてオシャレな1杯でした。
まぁ味わいとしては案外ストレートな感じ。実力店だけにちょっとヒネリを身構えていましたけどw
もう一度チャンスがあれば、今度こそはホタテ味を♪

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「みそカレーつけタンメン (中)」@麺処 まるよし商店の写真980円也
3回目の訪問、12時頃の到着。丁度満席状態、後客続々。注文はコール制。
ご夫婦らしき2人体制。お冷やは奥様が出してくれて、お替りは高台ポットにて。麦茶w
アイテムは、胡椒・七味・お酢・ラー油・揚げ玉。高台にニンニククラッシャー。
場所により若干アイテムの取り揃えが差異。

久々に伺ったせいか、記憶の中のお店のご夫婦の印象と誤差がありましたが、
随分とアットホームで地域密着な雰囲気になった感じがしましたね~。

麺は太ウェーブで、正方形的な断面のスタイル。お蕎麦のような色合いが惹かれますw
〆は水道水レベル。コシは立っていませんが、プルンとした躍動感にムチっとした食感が面白いですね。

つけ汁は粘度の低い口当たり、馴染みあるカレー味が細マッチョにコクを生み出しています。
スパイス感は最初気になりませんでしたが、後から舌にピリピリと表れてきましたね。それでも私でも範囲内の刺激w
味噌は裏方な感じの印象。全体としてカレーにソースを掛けたような味わいを感じたのですが、もしやそれが味噌の働き??

具材は、細切れチャーシュー・豚肉・キャベツ・モヤシ・ニラ・ニンジン・ホウレン草・キクラゲ、といった辺りでしょうか。
アクセントとして端にニンニクチップ、そして真ん中にパインのドライフルーツが添えられ、小技を利かせています。
スパイス感を受けた後のパインの甘ジューシーさ。“酢豚にパインはダメ”派の私ですが、コレは意外にアリww

ごちそうさまでした。味噌カレーをつけ麺で食べられる夏に持って来いの1杯w
チョイとお高めかな~と思いますが、野菜も摂取できますし見た目以上にボリューム感もある印象です。
次回は普通のタンメンあたりを頂いてみたいですね~♪

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「カオソーイガイ」@チャムチャムの写真900円也
初訪、21時頃の入店。7割ほどの入り。
注文はコール制。お店は2人体制。

イケメン店主さんが作る、タイ料理のお店。
1階部分は厨房メインで席数はわずか3つ、食事のメインフロアは2階ですね。
1階は調理する店主さんとコミニュケーションしたい方用かなww
チョイとお酒と、センスあるタイ料理を頂いた後に本命の表題で〆w

ココナッツミルクのマイルド感が印象的に、タイカレーな独特のスパイス感と味わい。
エビ的な風味が脇を支える感じで厚みを出し、ややトロみのある口当たりで心地好い重みが感じられる仕上がりです。
辛さは痛感なくジワリと刺激してくる塩梅、私でも許容内なので安心して頂けるのではないでしょうか。

麺は中細縮れ麺。モコモソっと、なかなか確りとした食感があり。好かったですよ~。
専門店じゃないので汎用的なのかな~、なんて思ってましたがwもしかして近所の製麺所だったり…??w

具材は、鶏肉・モヤシ・紫玉ネギ・パクチー・高菜・揚げ麺・青ネギ。
途中から添えてあるレモンを絞ると、全体の雰囲気がサッパリ変化して楽しめましたよ♪

ごちそうさまでした。イケ麺な1杯ですw
同行者の「トムヤムクンラーメン」も同様で、ココナッツミルクをベースに円かにまとめ、女性受けしそうな印象の仕上がりでした。
タイ料理気分な時はオススメです。特に女性にw

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「かれーまぜそば」@とんこつラーメン 荻の写真750円+「白めし(小)」100円=850円也 (数量限定)
3回目の訪問、20時半頃の入店。先客2名、後客2名。
やっぱりカレーが食べたくなって、短期再訪w
杯数は定かでありませんが、そこそこの時間でも残ってるようですね。

馴染みある味わいのカレーに濃厚豚骨スープを合わせ、ドロっとした塩梅。
良い意味で「カップヌードルカレー」のような味で美味しいですw
というコトで、辛さやスパイス感は穏やかな仕上がりになってます。

麺は中太平打ち気味の微ウェーブ。博多麺とは全く違うタイプですが、弾力性とモゾ感があって良かったですよ~。
具材は、チャーシュー2枚・挽肉・卵黄・チーズ・揚げ玉ネギ・コーン・刻みネギという感じ。

序盤、麺への味の乗りにやや疑問が浮かびましたが、タレが溜まっていた下の部分ではしっかりカレーが主張ありましたね。
逆に濃いくらいwでしたが、コーンの甘味がとっても好い清涼剤になっていました。
卵黄とチーズはマイルド感を演出、揚げ玉ネギは香ばしい風味でナイスですね♪

食べてみると、見た目ほどのジャンク感というかワイルド性は抑え目だったので、ニンニククラッシュは有難いアイテムでしたw
最後は残ったカレーだれにご飯を投入して〆。ハイ、もちろん美味しいです♪

ごちそうさまでした。意外に優等生な1杯でした。
でもこの方が幅広く食べてもらえるでしょうし、パンチを出したければニンニクをどうぞ。2かけくらいw
ビールのオツマミ的な感じでも良いと思います♪

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 3件