なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

おうじろう

東京都

Zzz・・・2015・2001号より このHNにしましたwラーメン Love♪でもチャーシューは正直、あまり興味はありません(^^;)点数は味はもちろん接客・価格などお店の色々な要素を含めたものの総合的な印象度として採点していますただ未熟故、採点にブレがあると思われ…(汗)

平均点 78.047点
最終レビュー日 2015年12月25日
2,191 1,565 0 5,616
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば」@市川ウズマサの写真700円也
初訪、祝日14時前の到着。外待ち7名に接続。注文はコール制。
お冷やはセルフの模様ですが、店員さんが出してくれました。卓上ポットあり。
アイテムは胡椒・一味・お酢・醤油だれ。

濃いめの醤油色ですが、ベースは清湯豚骨でアッサリとした口当たり。
煮干は滋味を強調しジンワリと沁みる魚介感で、どんどん飲みたくなるスープです。
麺は太角ストレート、プリンプリンとしながら歯切れの良い食感は独特で面白いですね。
味もそうですが、視覚的にも美味しい1杯。「つけそば」も頂いてみたいです。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「ツバメ」@松戸中華そば 富田食堂の写真780円+「たまごかけごはん」200円=980円也
3回目の訪問、22時頃の入店。先客4名、後客続々。

背脂とのせめぎ合いから徐々に主張してくる煮干の苦み。
カエシも強めに利いていて、まとまりがありながらもパワーのある良い塩梅です。
麺は太ストレート。予習ではウネリが入っていたモノだったような・・・
とはいえ、コレもムッチリコシがありそんな思いを払拭してくれるレベルで良いですw
最後はTKGにニボアブラスープを掛ける極上の楽しみ♪
インスパイアな1杯も抜かりなく楽しませてくれますね。いやぁ~流石。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 3件

「えび辛子つけそば」@中華そば・つけそば 浜屋 我孫子店の写真800円也
初訪、19時半前の入店。ほぼ満席状態。
入ってすぐの券売機による食券制。お店は2人体制。
お冷やは券売機横の冷水機にてセルフ、お替りは高台ポットにて可。
アイテムは、胡椒・一味・お酢。

我孫子での所用後のラー。モバイルマップの風前の灯なバッテリーで何とか到達(汗)
狙っていた表題メニューに“オススメ”とあれば、迷いナシ!!

麺は太平ストレート、確りと〆られていてヒンヤリ♪弾力感があり好印象ですね~。
つけ汁は粘度の高い仕上がり、濃厚感のある豚魚出汁ながら重々しくはなっていないバランス。旨みも伴っています。
エビ辛子が別皿なのは有難いですね。中盤から投入し、甘⇒辛の味わい変化がナイスでした♪
エビちゃんは期待ほど強くなくフワっとした感じでしたが、とはいえ風味を楽しめました。
最後はスープ割りをお願いしてサッパリと。

ごちそうさまでした。本店の近くまで行ったけど、ホーム近辺にも支店ができたけど、我孫子の浜屋な1杯w
レベルの高いスープにエビ辛子のアクセント力、流石支店展開できるような実力店ですね。
今度は自分の行動圏の「浜屋」さんで、汁なしあたりを頂いてみたいです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干し麺」@麺屋むどうの写真750円也 (数量限定)
初訪、21時半頃の入店。先客4名、後客3名。
入って中ほどの券売機による食券制。店主さん1人で切盛り。
お冷やは、高台ポット&グラスにてセルフ。
アイテムは、胡椒・餃子3点調味料。

表題の限定が残っているか恐る恐る扉を開きましたが、ありました♪ラッキー
“当社比6倍”というニボニボスープ、スープの色合いがとっても魅力的ですね。

煮干好きにとって歓迎な苦みが核となった風味がガツンときますね~♪濃度が故に塩度は高めですが十分許容内です。
見た目のイメージからは意外にも粘度はなくサラサラとした口当たりで、動物系はシットリ優しいサポートです。

麺は細ストレートで、硬めの茹で具合。コリっコリな食感で、経験した中でトップクラスのコリコリ度w楽しいですね。
具材はチャーシュー・メンマ・刻み玉ネギ・青ネギ。

ごちそうさまでした。ニガニボニボな1杯。
期待に応える煮干度でしたね~。しっかり主張の強い二ボなので、動物系がもう少し包み込むような後味になると更に好いかもw
店内の雰囲気も良いので、機会があればデフォのメニューなども頂いてみたくなりました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
88

「豚そば」@麺や 木蓮の写真600円+「替玉」100円=700円也 
初訪、20時頃の入店。先客4名、後客4名でシャッター。
注文はコール制。店主さん1人で切盛り。
お冷やは、カウンター端の給水タンクにてセルフ。
アイテムは胡椒・一味・白ゴマ・餃子3点。高台に数箇所ニンニク・紅生姜・辛子高菜。

豚骨遠征wトレーラーハウスなお店に突撃です。
すぐ横には電車が走っており、通ると振動が伝わってきますね。ワイルドな雰囲気w

スープはサンドベージュな色合いで、表情から濃度感を窺わせてくれます。
トロっと粘度のある口当たりで、髄感もあるよく炊き込まれた濃厚な仕上がりですね~。旨みも口の中に広がっていきます♪
重厚といっていいボディですが旨みが軽快に伝わってくるので、体型ほど重さを意識せずにスイ~っと飲めるんですよね~。

麺は細ストレート。コリ感があるほど硬めの塩梅ではないですが、相性的にも全く問題ない仕上がりです。
具材は、チャーシュー3枚・キクラゲ・青ネギ。チャーシューはペラっとタイプでツナのような食感ですね。

替玉をお願いすると、別皿にカエシとネギが掛かって提供。
特筆は紅生姜。コレは豚骨スープにベストな相性の紅生姜ではないでしょうか!!って、一人はしゃいでみますww
この辛み具合と食感、説明するのは難しいですが…化学反応で甘みが出てきますよ~w

ごちそうさまでした。「とんそば」だそうです、な1杯w
濃厚マイルドな豚骨で、とっても美味しかったですね~。近くに欲しいww
モチロン再食したいですが、このクオリティなら「二ボ豚そば」とかも期待できそうですね。再訪します!

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ワンタン麺」@とら食堂 松戸分店の写真850円也
2回目の訪問、11時前の入店。先客2名、後客続々。
再訪したかったコチラ、運良くまた近辺の所用ができましたw
この日も公表営業時間より早めに開けてくれています♪

クリアなスープにキラキラ油粒が浮く表情。
「醤油」と同じくスッキリとした口当たりに、フンワリと甘みが掠めます。コレがエビホタテですねw
塩ダレはキレがあり、ちょっと塩度の高さを伺わせますが許容内。

麺は中太手打ち麺。活き活きした弾力感・抵抗感、やっぱり好いですねぇ~。

3枚乗っているチャーシューは…んっ、牛??甘くて美味しい~♪ワンタンは5個だったかな、皮がトゥルンな餡ちょびタイプw
他には、メンマ・ナルト・ホウレン草・海苔・ネギ2種。
途中で卓上の刻み玉ネギを投入すると、その清涼感が塩気の尖りを抑えてくれました。

ごちそうさまでした。そよそよエビホタテな1杯でした。
ガツンといった利かせ方ではありませんでしたが、ちょっとしたアクセントになっていて面白かったです。
「塩」というコトで、基本ストレートな味わいです。個人的にはやっぱり「醤油」の方が好きだなぁ~。

投稿 | コメント (14) | このお店へのレビュー: 2件

「中華そば」@とら食堂 松戸分店の写真650円也
初訪、11時前の入店。先客5名、後客2名。注文はコール制。
お冷やは店員さんが出してくれて、お替りは卓上ポットにて。
アイテムは、白&黒胡椒・ラー油・刻み玉ネギ。

以前に一度フラれ、もう訪問はノーチャンスと諦めていましたが近辺の所用に恵まれましたw
開店時間の少し前に窺うと既に営業中。中にはもう食事してるお客さんまで。
早く開けてくれるお店は大好きですww

クリアな醤油色のスープ。ベースはスッキリとした動物系で、カエシの風味とキレが活きています。
キラキラと輝く香味油の旨みが柔らかく全体を包み込んで、ジンワリスッキリ、ホッと癒される味わいですね~。

麺は太手打ち麺。手打ちならではの不揃い感と弾力感が楽しく、美味しい麺ですね~♪
具材は、チャーシュー2枚・メンマ・ホウレン草・ナルト・海苔・刻みネギ。
卓上に玉ネギがあるのは嬉しいですね~!中盤から。もちろん良い薬味感ですが…欲張って入れ過ぎて影響過多になっちゃいました(苦笑)

ごちそうさまでした。流石は本場の分店!な1杯でした~。
広々開放感のある店内や、ガラス越しに麺打ちが観れたりと、食環境も良い感じでしたねぇ~。
エビ・ホタテを使っているという「塩」を頂く機会を是非作りたいっw

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン」@博多長浜らあめん 風来坊の写真500円+「替玉」100円=600円也
初訪、21時頃の入店。先客、家族5名。
注文はコール制。お冷やは店員さんが出してくれて、お替りはカウンター端冷水機にて。
アイテムは、紅生姜・辛し高菜・ラーメンタレ・胡椒2種・白ゴマ・餃子3点調味料。

遠征の本命w住宅地的なトコロにあるんですね~。外観は町のラーメンショップみたいなw
ファミリーで営んでいるらしいですが、厨房には若い男性、息子さんでしょうね。
その奥に母上様、フロアは娘さんというシフト。父上様は不在だったのかな?

スープはぎっしり煮込まれた感のある斑な表情で、濃厚さが窺えますね~。口当たりもそれに違わずザラっと。
匂い的にはあまり出てきませんが、ブタブタ感のあるワイルドな雰囲気を醸し、ほんのり粘度がありチョイとこってりな口当たりです。
カエシは比較的醤油感が強い塩梅ですね。この辺りの味わいが個人的な嗜好とは微妙にズレたかも(苦笑)

麺は極細ほぼストレート。硬めでお願いした仕上がりは確り硬め感はあるものの、パキっと歯切れの良い感じではなかったような。
具材は、チャーシュー・キクラゲ・海苔・青ネギ。チャーシューが何か馴染み深いタイプで好きでしたw
替玉はタレを補填した後、お約束の紅生姜で楽しみました。ニンニクもあるとイイなぁw

ごちそうさまでした。アットホームな雰囲気のブタブタ濃厚な1杯ですw
拙い記憶からイメージがカブったのは「らーめん 由宇松本」。とすると、その先には「博多長浜らーめん 楓神」の影。
濃度は申し分ないですし、なかなか楽しみが持てるお店です。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「琥珀そば」@自家製麺 琥珀の写真770円也
初訪、20時頃の入店。ほぼ満席状態。
注文はコール制。店主さん1人で切盛り。
お冷やはカウンター端のポットとグラスにてセルフ。アイテムは、胡椒・七味。

評価の高い新店、遠征チャンスで伺ってきました。
かなり盛況の様子で、踵を返す団体後客さんも。店主さんも一人で大変そうでした(汗)
ただその後はスッと捌けたので、タイミングの問題だったようですねw

スープは若干微濁していますが透明感のある表情、細かい油粒がキラキラ。
鶏さんベースらしき優しい口当たりに魚介が融合したまとまりのある仕上がり。
スマートながらどっしり落ち着いた味わいでコクが感じられますね~。塩気は尖りなくしっかり利いて出汁を立てています。

麺は細ストレートでツルツルした麺肌。硬めの茹で上がりで、序盤はコリ感が楽しめますね。
コリ感が引いた後は、しなやかな心地好い食感へと移っていきました。

具材は、チャーシュー2枚・メンマ・ハーフ半熟味玉・海苔・水菜・ネギ。
チャーシューは大判、肉の旨みが確り出て美味ですね~。メンマは太タイプ、柚子風味を絡め間接的にスープに清涼感を齎す変化球。
味玉は絶妙の半熟度♪味付けは控えめで、黄身の旨みを堪能するスタイルですね。
ネギは種類や切り方変えたモノが混在し、芸が細かいです。切り立て?と思うような食感良さは特筆モノ!
水菜はネギの存在感の分、ちょっと押され気味の印象ですが、あったら嬉しいアイテムですw

ごちそうさまでした。拘りを感じる1杯でしたね~。
具材一つ一つにまで手を行き届かせているなぁという思わせてくれる仕上がりでした。
他客さんの食べていた「ざる琥珀」の氷がインパクト大で、もうすぐ夏が終わってしまいますが惹かれます♪

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@ラーメン二郎 松戸駅前店の写真650円也 (ヤサイニンニク、麺カタメ)
3回目の訪問、20時頃の入店。先客6名。
入って右の券売機による食券制。お店は2人体制。
お冷やは券売機横の冷水器にてセルフ。アイテムは、カラメボトル・胡椒・一味。

主が変わったコチラにも再訪w
「新橋」の元店主さんとの情報ですが、私の記憶的にその方だったかは思い出せません(汗)
なんか、店主さんは助手さんに敬語を使っていました。この助手さんは何者??w

スープは微乳化系。油層によって最初は表面がコッテリしていますが、次第に馴染んでいくと適度な重みになって機能。
豚出汁の軽快な旨みも感じられ、バランスも良い感じですね~。カネシも程々に利いて、お好みで卓上ボトルを♪
ニンニクはスパイシー効果で、パンチアップ。

麺は極太平打ちのウェーブ。カタメコールも然程の硬さではありませんでしたが、モゾっと粉感は感じられましたw
ヤサイはキャベツ率高め。しっかりめの茹で具合で食感を抑えた仕上がり、食べやすくて悪くないです。
ブタさんは、厚めのチャーシュータイプが2個。

ごちそうさまでした。「新橋」店で頂いたようなモノが出てくるのかなぁ~と思っていましたが、実際は標準的な直系の1杯でしたw
コレなら、アイアム蝶野~時代から「松戸」を親しんでいる方にもそれほど大きな違和感はなく頂けるのではないかと思いました。
今度はまたその「新橋」にも再訪してみないとなぁ。イタチゴッコだなw

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 3件