なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

おうじろう

東京都

Zzz・・・2015・2001号より このHNにしましたwラーメン Love♪でもチャーシューは正直、あまり興味はありません(^^;)点数は味はもちろん接客・価格などお店の色々な要素を含めたものの総合的な印象度として採点していますただ未熟故、採点にブレがあると思われ…(汗)

平均点 78.047点
最終レビュー日 2015年12月25日
2,191 1,565 0 5,616
レビュー 店舗 スキ いいね
81

「塩ラーメン」@米屋の写真700円也
初訪、18時半頃の入店。先客2名。注文はコール制。オヤジさん1人で切盛り。
お冷やはオヤジさんが出してくれて、お替りは店端給水タンクにて。
アイテムは、黒胡椒・一味・七味・お酢・ラー油。

まさかホントにコチラへ来るコトができるとは!
詳細は先人様に任せますが、お店もオヤジさんもとっても個性的なお店です♪
予想外にも、麺の硬さのヒアリングを頂きましたw

チョコチョコと素材の粒子が、スープの高い透明度も気にせずに気ままに泳いでいます。
想像よりスッキリと優しい鶏さん漂う味わいでしたが、その出汁感の内にはグッと濃度を詰めた足腰の強さが感じられます。
塩気は尖りなく出汁感をまとめ上げ、なかなかに正統派なスタイルw仄かに刺激してくる酸味がクセになる隠し味でしょうか。

麺は細ストレート。硬めコールは、デフォよりやや抵抗感の強い仕上がりという感じでしょうか。モソモチとスープに馴染んでいます。
具材は、チャーシュー・メンマ・海苔・刻みネギ。

ごちそうさまでした。関ジャニに放送される前に行けて良かった~、な1杯です。
同行者の白い目をよそに、スリルとファンタジーの“米屋ワールド”を堪能いたしましたw

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

ハングリードラゴン」の後に向かったのはコチラ。面白い店名なのでよく覚えていましたが、食べる機会があるとは思ってませんでした。コチラも駅からテクテクと、そしてグチョグチョと(苦笑)。

途中の華蔵寺公園では何やらイベントもあったようですが、雨で人影が全くありません。折角の休日なのに・・・
天候には勝てませんねぇ。。。夜営業開始まで少し時間をツブし、一番乗りで入店しました。

好きな席に着席。後客さんは1人。メニューをチェックし「細麺」をコールしました。
お冷はまず店員さんが持ってきてくれて、おかわりは卓上ポットにてセルフです。
卓上アイテムは、紅ショウガ・白ゴマ・餃子3点調味料がスタンバイ。

到着。いただきます。
表層にアブラの浮いたスープはほんのりとトロミを感じますが、コチラも長浜系の作りですね。豚出汁はなかなか濃厚で、表層のアブラと手を組んで重厚感を演出している印象です。カエシはそれほど強くありませんが、物足りないという程ではありません。若干ニンニクっぽい風味が感じられました。卓上にニンニクは無いし、元々入っているのかな??

麺は極細ストレート。ノーコールでしたが結構硬めの仕上がり、ボソ感とポキ感が楽しめて好印象です。
具は、チャーシュー・キクラゲ・海苔3枚・青ネギ。
チャーシューはやや厚めの柔らかいタイプでした。海苔はやはりスープと好相性ですね~。
あと、背脂を揚げたようなモノも入っていましたが、個人的には無くていいかなぁと(苦笑)。

替玉をコール。100円。平皿に青ネギが乗った麺を店員さんが持って来てくれて、直接投入してくれます。
お約束の紅ショウガを駆使して。うん、コチラも相性は良いですよ~。
完食。ごちそうさまでした。

ん~、店名からウケ狙いのお店なのかと思いきや、確りと濃厚な豚骨が味わえるお店でした!
替玉100円は好印象ですし、卓上アイテムはもう少し充実すると、印象は更にアップですね~。
群馬豚骨恐るべし(笑)。満足感を抱いて群馬を後にしました。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

一年振りの群馬!!所用のついでなのですが、かなり強引な回り道をしてコチラへ伺いました(汗)。
何時かは、と夢見ていたお店。群馬といえば、私の中では豚骨です(笑)。
生憎の雨、靴がグチョグチョになりながら、駅からテクテクと歩き辿り着きました。

入って正面のテンキー式券売機にて食券をプッシュ。先客さんは全体で10人ほどだったでしょうか、空いている席に着席し、店員さんに食券を渡します。同時に「麺カタメ、こってり」をお願いしました。

お店は3人体制でした。お冷は、おばちゃん店員さんがグラスを持って来てくれて、卓上のポットにてセルフです。お冷は何と烏龍茶でとっても嬉しいですね~!グラスも大きくてナイス。
卓上アイテムは、紅ショウガ・ニンニククラッシャー・ラーメンダレ・黒コショウ・白ゴマとコチラも申し分ナシ。

到着。いただきます。
表層に油泡の浮いたスープ、粘度は然程無くサラっとしたタイプですが豚感は濃厚で文字通り長浜系の仕上がり。クサウマがガツンと暴れているようなイメージを抱いてましたが、落ち着いたクサウマ感と言いますか、豚出汁がドッシリと構えている印象を受けました。濃厚な風味が良いですね~。カエシは抑え目、卓上タレで好みに調整できます。

麺は極細ストレート。カタメで標準的な硬め。ボソ感があり好みの食感、欲を言えばもう少し硬い方が好みですね。
具は、チャーシュー・キクラゲ・海苔・ハーフ半熟玉子・青ネギ。海苔とスープの相性の良さが印象的ですね~。

替玉を「バリカタ」でコール。150円。麺ザルに乗せて差し出される、麺の入った銀のボールを受け取ります。
うん、ポキ感が出てより好みの食感です。私的には「バリカタ」がベターですね。

1玉目でも卓上タレを使いましたが、替玉時にヤケクソ気味で多めに投入したらかなり良い塩梅になりました(笑)。
より豚骨の風味が引き立ちますね~!紅ショウガもスープとしっかり好相性でした。
最後はニンニククラッシャー。コレが効果覿面!豚骨が激しく反応し旨みアップです。クラッシャーは使い回しではなく、お客毎に入れ替えてくれているようなので好印象です。
完食。ごちそうさまでした。

濃厚な豚感を楽しめて美味しかったですね~。
烏龍茶や豊富アイテムと、サービスも光りましたね。接客も良かったです。ツッコミ所は替玉150円だけかな(笑)。
定期的に頂きたい1杯。東京に欲しいなぁ~。

追伸:
コメント欄を見てビックリ!閉店されるようですね。。。伺ったばかりで、しかもそんな様子も全く感じなかったので本当に驚いてますが、その前に伺えたのは私的には幸運でした。
またドコかで再開されるのでしょうか??勝手に期待しております。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

ラーメン紀行、ってワケではなかったのですが、所用にて遠征。新幹線にて高崎駅へ降り立ちました。
事前に、時間・距離等の条件などで篩にかけ、残ったのが「だるま大使 本店」。豚骨好きの私には打って付け!

乗り換えの電車が来るまで、30分以上時間があったので、高崎の街を散策しながら途中でタクシーで向かうという作戦を採ったのですが、これが裏目。。。コチラの方ではタクシーって、あまり途中で止まってくれないんですかね??人生初、タクシーにスルーされました。それも2台(爆)。スルーされるは、タクシー自体少ないは・・・結局、電車で行った方が早かったです。。。東京感覚でいると、痛い目に遭いますね(苦笑)。

前のお客さんの席への案内でやや待ちましたが、程なく入店。混雑時は記入シートに名前や人数を書くシステムのようですね。カウンター席へ案内され着席。コールはもちろん100%豚骨という「だるま」。
特製麺と博多麺が選べ、博多麺をチョイス。硬さは「バリカタ」で。

広い店内、団体さんが多く8割方席が埋まっていました。店員さんも沢山いますね〜。丁寧な印象です。
お冷やは、入り口側カウンター端のタンクとグラスにてセルフ。麦茶です。
卓上には、紅ショウガ・下ろしニンニク・辛子高菜・白ゴマ・コショウ・一味・スープダレと申し分ナシ!

到着。混んでいる為か、やや時間はかかりましたね。いただきます。
ん・・・、キタァーーーーー!!私の中で、織田○二(のモノマネの人?)が叫びました(笑)!豚骨の風味と旨みが満載ですね〜。粘度があり、見た目も「中華蕎麦 とみ田」に通じる、雰囲気のあるスープです。情報通り、濃厚のコッテコテ。こんな豚骨を待ってました!かなり好み、美味しいです!

麺は、極細・ストレートの博多麺。コール通りのバリカタで良い食感です。
具は、チャーシュー2枚・メンマ・味玉・青ネギ。
味玉は、色の付いた完熟タイプ。何と双子玉子でした!偶々??ラッキーな気分(笑)。

替玉をコールし、またも「博多麺・バリカタ」を選択。程なく到着。丼をカウンターに上げ、麺を入れてもらいます。
スープダレを投入すると塩梅が良かったのか、提供時よりカエシの主張が強くなり、よりジャストフィット!コレはスゴイっ!その後、紅ショウガを投入し、楽しみます。

替玉2玉目は「特製麺・硬め」でお願いしてみました。
博多麺より、一回り太いですが細麺の部類ですね。コシがあり良い食感です。比べて食してみると、スープとの絡み・相性など、特製麺の方が良いですね〜。個人的には特製麺がオススメです!
残ったスープにニンニクを投下し、ゴクゴク。
完食。ごちそうさまでした。

正直、あと2玉くらい替え玉したかったですが、腹八分目ということで自重しました。
パンチの効いた豚骨に大満足です!
ただ、濃厚なあまり、毎日は食せないかなぁ(笑)。(私の一番好きな豚骨ラーメンは、毎日でも食せると思ってます)
機会があれば、是非ともまた伺いたいお店です!

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件