なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

おうじろう

東京都

Zzz・・・2015・2001号より このHNにしましたwラーメン Love♪でもチャーシューは正直、あまり興味はありません(^^;)点数は味はもちろん接客・価格などお店の色々な要素を含めたものの総合的な印象度として採点していますただ未熟故、採点にブレがあると思われ…(汗)

平均点 78.047点
最終レビュー日 2015年12月25日
2,191 1,565 0 5,616
レビュー 店舗 スキ いいね
このレビューは移転前のものです。

「特製トマトラーメン」@Ben-Bellaの写真800円也
初訪、13時頃の入店。先客9名。
注文はコール制。ご家族らしき2人体制。
お冷やは入口付近に給水タンク&グラスあるが、卓上に湯呑がありティーポットを提供。プーアール?

名立たるお店犇めいてる地域ですが、昼営業のみのコチラへ。
夜営業しているお店はまた今度というコトでw
トマトが主役なお店ですが、なるほど洋食屋さんのような佇まいですね。

店内が暗かったのであまり表情良く写ってませんが、実際はトマトの赤が映えてるんですよ(苦笑)
スープはサラリアッサリとした口当たりにホールトマトや細かいモノがゴロゴロと。
トマト特有の甘みと爽やかな酸味がとっても好いですね~。胡椒がピリリと強めに全体を引き締めています。

麺は細ウェーブ、これは汎用的なタイプですかね。まぁ相性は悪くないですが、ちょっと凝ったタイプにしたらもっと面白いかなぁ~とw
具材は、トマト・玉ネギ・青ネギ。の他に何か入ってたっけなぁ~?(汗)

ごちそうさまでした。ミネストローネにも似た感じがあって、好みの味わいの1杯でした。
ラーメンとしてだとやや厚み不足は否めませんが、美味しくリコピン摂取できるスープですよ~♪
スープ単品としてもメニューに出してくれないかなぁw

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干ソバ」@煮干中華ソバ イチカワの写真730円+「和え玉」150円=880円也 (白醤油)
2回目の訪問(移転後初)、開店時間直後の到着。店内満席、待ち6名に接続。
入ってすぐの券売機による食券制。ご夫婦らしき2人体制。
お冷やは、カウンター角グラスと高台ポットにてセルフ。
アイテムは、辛みスパイス。

龍ヶ崎から移転再開されたとのコトで、追っかけてきましたw
カエシは3種の選択制。色々楽しめるのが、逆によそ者としては悩ましい(苦笑)

黄金色のクリアなスープにニボ粒がキラリな表情。
バランス系という触れ込みですがなんの、しっかり煮干の主張があってインパクトがありますよ。
鶏ベースらしき動物系が裏方で旨みと重しを取って後味をまとめている辺りが、確かにバランスの良い仕上がりですね。
白醤油のキレと甘みがニボ風味とマッチして、厚みのある味わいとなっています。

麺は細ストレート、ツルコリな食感はもう“鬼に金棒”ですね。
具材は、炙りチャーシュー・メンマ・刻み玉ネギ・ネギ2種。ネギ系の清涼感が上手く機能してナイスです~♪

高台に150円を置き、「和え玉」をコールすると、別皿にて提供されます。
麺に細切れチャーシュー・ネギ・煮干粉が乗り、タレが少し和えられた感じでしょうか。
最初、マゼマゼしてそのまま頂きましたが、コレだけでも通用しますね~w
仄かな味付けなんですが、風味が良くて美味しかったなぁ~。その後、名残惜しみながらスープへwコレもモチロン美味♪

ごちそうさまでした。すでに貫禄さえ窺える、完成度の高い1杯ではないかと思います。
これで2回「白ダレ」で頂きましたが、当然他のタレも味わいたいトコロでございますw
今度は何時行けるかなぁ~w

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 2件

「特濃煮干ソバ」@煮干中華ソバ イチカワの写真760円+「ニボ茶飯」150円=910円也 (白ダレ)
初訪、11時過ぎの到着。シャッター待ち3名に接続、開店時20名程。
入って左の券売機による食券制。ご夫婦?な2人体制。
お冷やは、券売機横セルフカウンターのポット&グラスにてセルフ。
アイテムは、黒胡椒・一味。

思い切って遠征~!!って、案外早く着いたな~。八王子行くのと同じくらいじゃないのw
食券提出時に「白だれで」とお願いしました♪

濃度の高さが窺える薄茶濁のスープは、粘度ある口当たりからまるで煮干を食べているかのようなダイレクトなニボ味がグイっと!!
白醤油ベースの“白ダレ”でよりストレートに表現された風味は、濃厚でありながらエグさや嫌みなニュアンスは感じさせませんねぇ~。
支える鶏白湯も確りしていますが、自身の主張を控え煮干風味を立たせるような優しいマイルド感で後味良くまとめられていました。

麺は細ストレート、もうニボ系ではお馴染みなタイプですね。硬めの茹で上げでポキコリっとした食感はやっぱりナイスですね~w
具材は、チャーシュー・メンマ・刻み玉ネギ。

残ったスープをニボ茶飯へ投入!ご飯に鰹節・煮干粉・あられ・ネギが乗せられたモノです。美味しいのは想像に難くないでしょうw
縁の山葵を使えば、よりお茶漬け感が楽しめます。「純煮干ソバ」「煮干ソバ」のスープだと更に美味しいと見たっ♪

ごちそうさまでした。噂と期待に違わぬニボニボで大満足な1杯でした~!!
残念だった点といえば、美味しさのあまりサクサク箸が進み、食事自体の時間が短かったコトww
もっと食べたかったしもっとスープも飲みたかったなぁ、「和え玉」もすれば良かったなぁ。

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 2件

「スタミナ冷し(大盛)」@スタミナラーメン がむしゃの写真750円也
初訪、13時頃の入店。
オーダーはコール制。
お冷やはカウンター中央
アイテムは、胡椒・一味・餃子3点調味料。

喜元門」の後、ご当地ラーメンのコチラへ。
一度食べてみたかった“スタミナ”ラーメンですw
同行の皆様が「並」をオーダーする中、思わず「大盛」をコール。
美味しくてすぐ無くなっちゃったらヤダなぁと思ってしまってww
麺〆の作業工程がよく見えましたが、かなり力強い〆ですなぁ~!

麺の上にびっしりと餡がかかった出で立ち。グチャグチャとマゼマゼw
キャベツ・ニンジン・カボチャ・ニラ・レバーが入った餡かけは、かなり確りとした固さの仕上げですね。
自然な甘みと、後から追ってくる辛みが麺にバッチリと絡まり、ネットリズルズルと楽しめます。
タレ的な味付けは控えめのようですね。個人的にはもう少し強い方が好みかな。

中太ほぼストレートの麺は、意外に常温的な〆具合でした。餡に絡むと、温かい麺という感じですね。
「冷し」なので、キンキンに〆られているのかなぁと思ってました(汗)
軽いモチモチ感で、リアクションは控えめのタイプですね~。

中盤にお酢を投入してみました。味わいに刺激が欲しいと思っていたトコロに、これはナイスな効果でした!

ごちそうさまでした。初“スタミナ”でしたが、独特で面白かったですね~。
これからの暑い季節に確りとスタミナ補給できましたw機会があれば、またご当地スタミナ麺を頂いてみたいですね。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
85

「鰮煮干」@喜元門の写真730円也 (醤油・直火焼きチャーシュー)
初訪、12時前の入店。
入口すぐの券売機による食券制。
お冷やは券売機横の冷水機とグラスにてセルフ。卓上ポットあり。
アイテムは、胡椒・柚子七味。

友人にお誘い頂いて茨城遠征!
石岡駅にはお迎えにも来てくれたりして恐縮ですw
お店で迷うと大変なので、事前予習で「真空そば」と決めて突撃。
が、幸か不幸か、ホワイトボードに「新商品 鰮煮干」なるモノが!!
ニボちゃんの誘惑には勝てませんでした(苦笑)

カエシの“醤油or塩”、チャーシューの“バラ巻きor炭焼きor直火焼き”は選択制。

表面に油膜が確認できるビジュアル。若干オイリーに感じる場面もありましたが、全体的には問題は無い塩梅。
煮干の風味や旨みがジワジワそして確りと利いて、心地の好い仕上がりですね~。
動物系の細マッチョなサポートにより、クリアな味わいながらコクのある力強いスープとなっています。

中細ほぼストレートの麺は、ややエッジの利いたタイプ。
優しいコリ感と歯切れの好い食感で好印象wスープとの相性も良いですね。

チャーシューは、活き活きとした弾力のある食感で美味しかったです。
メンマはコリコリでナイスw2種のネギは、風味・食感の違いが楽しめて効果大でした。

ごちそうさまでした。いやぁ、味わい深くて美味しかったですね~。
先日の「らーめん天神下 大喜」の「煮干とりそば」と似たタイプでしたが、それがパワーアップしたような印象でした。
強過ぎず弱過ぎず、バランス良い塩梅。良い意味で“万人受け”する1杯ではないでしょうか。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

らぁめんの店 小櫻」の後は、さらに電車で北上しコチラのお店へ。
流石にココまで来るのはかなり遠かったですね(汗)。ちょっとナメてました。
14時になろうかという時間に羽鳥駅に、店舗情報により早仕舞いに当たらないかドキドキしながら向かいました。

到着は、お店の方が「CLOSE」の札をちょうど扉に掛けたタイミングでした・・・「もうお終いですか?」
悲しい表情を浮かべ聞く、扉越しのラヲタを哀れに思ったのでしょう。招き入れてくれました。ありがとうございました!!
店内にはまだ団体2組の計6人さんがいらっしゃいました。促された席に着席し、上記メニューをコールしました。

お冷やは、入り口付近の冷水機とグラスにてセルフです。卓上アイテムはコショウと餃子3点調味料。
お店は2人体制、店主さんと奥様でしょうか??カワカッコイイ雰囲気にポワ~ン(笑)。
ゆったりとした空間のあるお店、辺りの雰囲気も相まってノホホンと和やかな気持ちになれますね。
厨房に目をやると、手間隙かけているのが分かるオペレーション。ロック??店主さんの湯切りは見モノです!

到着したラーメンは、クリア系の綺麗なスープ。口に入れると、若干のラグタイムがありジンワリと鶏の風味と旨みが広がってきます。穏やかながらも力強さが感じられ、コクもあるスープですね~。カエシも過不足の無い好い塩梅。
スッキリ穏やかで飲みやすいですが、秘めたパワーが備わっている印象です。

麺は細麺ストレート。コリコリとした硬めの食感が心地好く、好みですね~。
バランス的には主張が若干強めかなぁとも思いましたが、問題になるレベルではないです。

具は、細切り鶏肉・青梗菜・海苔・刻みネギ。
鶏肉や青梗菜にはあまり味付けはないように思えますが、それがとても効果的に働いてくれます。
スープに慣れてきた舌をリセットしてくれて、また初心なスープの美味しさを得られる感覚でした。
完食。ごちそうさまでした。

いやぁ、美味しかったですね~!「静」のスープを追求した1杯、そんな印象を持ちました。
これは他のメニューにも興味マシマシです。遠いですけど、また絶対に伺いたいですね。
ポカポカ陽気の中、とても気持ち良く帰路につくことができました。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

ようやく実行できた「茨城ぶらり電車遠征」。ポカポカ陽気で天気も味方してくれました。
開店時間を少し過ぎて到着、店外10名の列に接続しました。漂ってくるエビちゃんの香りが堪りませんねぇ~!
その後店員さんの案内にて入店し、促された席に着席。上記メニューをコールしました。

お冷は、お店中ほどの冷水機とグラスにてセルフです。卓上アイテムは一味がスタンバイ。
到着までは壁に貼られたメニューを見て過ごしました。各メニューの内容などが説明してあって分かりやすいですね。
初訪なので店名を冠したメニューをチョイスしましたが、他のメニューにもかなり惹かれます(苦笑)。

到着したラーメンは、黒色醤油スープ。チャーシューの煮汁を使用しているとの事で、味わいもそれが主役。
見た目のイメージほどの塩度は感じませんが、見た目のイメージ通りにコクがあり、柔らかな甘みがありますね。
全体的にはすっきりスマートな仕上がり、スゥーっと口から喉に入っていき、飲みやすいスープです。

麺は中細ストレート。仕上がりはやや硬めの感じで、ボクボクとした食感が好かったですね~。

具は、チャーシュー2枚・メンマ・ナルト・味玉・刻みネギ。それと「えびまこ」なる粉末が少量。
この「えびまこ」がスープに溶けていきますが…鈍舌であまり変化を感じず(汗)。エビを強く意識し過ぎたかな??
味玉はトロンと半熟の仕上げにスープと絶妙なマッチング!!デフォで丸々1個入っているのに納得の逸品でした。
完食。ごちそうさまでした。

個人的にも好みな味わいで美味しかったです。ただ折角の独特の味わいなのに、「末廣ラーメン本舗 高田馬場分店」「新福菜館 本店」と似たタイプを比較的最近頂いたのは誤算だったかな。新鮮さが薄れちゃいました(苦笑)。
よりエビがガツンとしていそうな他のメニューも合いそうなので、ぜひ再訪したいと思います。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

遠征帰りの翌日。スタミナを補給する必要を感じ(笑)、コチラまでバイクを飛ばしました。
道中は至極順調、1時間ちょいで到着です。ん、案外近いですなぁ~!!なんと、4ヶ月振りの直系です。

入ってすぐの券売機にて食券をプッシュプッシュ。ポツポツと空席もある状態、着席し高台に食券を置きました。
お冷やは、お店中程の冷水機とグラスにてセルフです。卓上にはコショウと一味がスタンバイです。お店は3人体制。
お店は新店らしい明るく綺麗な感じ、広い空間で気分もゆったりとできますね。

コールタイム。「ニンニクは入れますか?」に「ヤサイ、ニンニクで・・・」とお願いしました。
到着したラーメンは、「ほどほど」の山。しかし、裾野に見える乳化度の高そうなスープ色に思わず口元が緩みます。

飲んでもニンマリ、程好くトロミのあるスープは豚感を確りと感じるマイルドな味わい、旨みも感じます。
そこにカネシのキレが加わってきますが、それほど攻撃的な感じではなく、バランス感のある印象です。
どちらかというと、攻撃的なカネシの利きの方が好みな私ですが、それでも不満のない塩梅でした。
ニンニクは、ツンと鼻に衝く匂いと、強い辛味が出てしまいました。コレについてはちょっと残念な出来でしたね。

麺は太麺平打ちのストレート。やや柔めの仕上がりですが、モチモチ感がありイイ感じです。
ヤサイは、キャベツ率4割くらいの高比率。確りと湯通ししながら食感も十分で好印象ですね。
ブタは、厚いチャーチュー状のモノ3個に解し状のモノまで入っていました。私的には「豚入りラーメン」でした(笑)。
うずらの玉子はスープにしばらく浸した後、頂きました。好い箸休めですね。
完食。ごちそうさまでした。

事前に得ていた情報からイメージしていたモノを、良い意味で裏切ってくれた1杯でした。
美味しかったですね~、久々の直系を十分に堪能できました。ニンニクが唯一のマイナス点かな~。
「守谷」もクリア、さぁいよいよ直系未訪店があと1つとなりました。おそらく近日中に制覇達成できる予定です!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件