なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

おうじろう

東京都

Zzz・・・2015・2001号より このHNにしましたwラーメン Love♪でもチャーシューは正直、あまり興味はありません(^^;)点数は味はもちろん接客・価格などお店の色々な要素を含めたものの総合的な印象度として採点していますただ未熟故、採点にブレがあると思われ…(汗)

平均点 78.047点
最終レビュー日 2015年12月25日
2,191 1,565 0 5,616
レビュー 店舗 スキ いいね

「仙台っ子らーめん」@ラーメン堂 仙台っ子 仙台駅前名掛丁店の写真630円也
初訪、15時頃の入店。6割ほどの入り。
注文はコール制。お冷やは店員さんが出してくれて、お替りは卓上ポットにて。
アイテムは、下しニンニク・豆板醤・胡椒・餃子3点調味料。

帰りの新幹線の時間までに、若干の余裕が♪
スーッと抜け出して付近のラー屋を検索、土地の名の入るお店なら言うコト無しですw
ライスがサービスとの案内を頂きましたが、昼食直後だった為、有難く辞退しました。

サラリとしたスープは、シットリとした動物系の口当たり。後味は案外サッパリとしています。
乱暴に言えば、家系の“味薄め・油少なめ”コールの1杯という感じでしょうかw
家系慣れしている私にとってはちょっとスリムな印象を持ってしまいますが、コレはコレで飲みやすいスープなんだと思います。

麺は中太ウェーブ、尺が短めだったのはやはり家系に似ていますが、プリ感が強めのモチモチ感でした。
具材は、チャーシュー・ホウレン草・海苔・刻みネギとコレまた家系チック。ホウレン草は水分多めの仕様でしたね。
早めに卓上のニンニクと豆板醤を投入。うん、パンチを補えますね~♪

ごちそうさまでした。“仙台っ子はライトめがお好き?”な1杯でした。
お店は中途半端な時間ながらそれなりに盛況でしたし、私のような外様は“味濃いめ・油多め”で挑めば解決できそうですw
仙台遠征は、「二郎」を含む3軒と想像以上の成果を上げるコトができました~♪

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@長浜屋台ラーメン 一心亭 国分町分店の写真650円+「替玉」100円=750円也
初訪、26時頃の入店。8割ほどの入り。注文はコール制。
お冷やは店員さんが出してくれて、お替りは卓上ポットにて。
アイテムは、紅生姜・下しニンニク・辛子高菜・ラーメンダレ・餃子ダレ
白ゴマ・胡椒・一味・マー油・カレー粉。入口付近のセルフカウンターにはお新香などが。

宴やら何やらが終わった後の〆ラーw事前に別の豚骨店はチェックしていたんですが、
近くにDB未登録(当時)のコチラを発見。何やら聞覚えのある屋号wというコトで突入。

綺麗な白濁乳化の表情ですね~。ほんのりトロミのクリーミー系豚骨の円やかさ、ホワッと仄かな甘みが独特な味わいです。
濃度は高いのでワイルドさが出てもおかしくないんですが、匂いを含めてそれが出てないですね。
どうもその部分がポッカリと空いちゃってる感じが物足りなさも覚えたりしますが、まぁ一般的には食べやすいのかなw

麺は極細ストレート。コール時に硬さのヒアリングをしてくれるので、“かため”でお願いしました。モココリっとした硬質な食感でナイス♪
具材は、チャーシュー2枚と青ネギ。シンプルな面子ですが、青ネギが多めなので個人的には無問題w

替玉は、店員さんが直接お皿から丼へ。お約束の紅生姜とニンニクで変化を楽しみます。
折角なので最後にカレー粉を。円やかスープにカレーの風味とスパイス感、コレはアリじゃないですかぁ~w

ごちそうさまでした。北の地で頂いた、南の暖簾の1杯。
HPからは暖簾分けの意味合いがどの程度なのかな?って感じですが、それでも“長浜ラーメン”として恥ずかしくない仕上がりでした。
この1杯がどこまでの再現度かを確かめるべく、やっぱり本場で食べてみたいなぁ~♪

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン」@ラーメン二郎 仙台店の写真650円也 (ニンニク)
初訪、16時半過ぎの到着。シャッター待ち13名に接続、開店時待ち40名ほど。
入って右の券売機による食券制。お店は3人体制。アイテムは、胡椒・一味・カラメボトル。
お冷やは券売機横の冷水機にてセルフ。お替りは卓上ポット有り。

「二郎全店制覇」へ狙い撃ちを覚悟していましたが、所用で仙台チャンスが生まれました♪
所用が故、拘束時間の合間を縫うように。断念も視野に入れざるおえない状況でしたが・・・
2ロット目を確保し一安心。この後の宴を考え“ニンニク”のみのコールでしたが、この盛りですよw

サンドベージュな表情で、トロっとした高乳化スープ!昼と夜とでは少し表情が違うのかもですが、なるほど“西二郎”出身に納得w
この重厚なスープとカネシがぶつかり合い。カネシはキレを出しスープは尖りを抑える、インパクトのあるマッチングです。
旨み感が、豚さん的な感じより課長さん的な主張が先行してるかな~という印象を持ちましたが…まぁ“二郎”ですしねw
ニンニクでのパンチアップ効果も含めて、自分の趣向に合うタイプの仕上がりでしたよ~♪

麺が極太平打ちのウェーブ。気持~ち柔らかめの茹で上がり、コレが大きなモチモチ感を演出するんですよね~。やっぱり美味しい二郎麺!
ヤサイはキャベツ率3割ほど、丁度良い茹で具合です。ブタさんは2個と、エンドカット状の解れタイプが1つがオマケのようにw

ごちそうさまでした。再度“二郎直系全店制覇”達成の1杯でした。
この後の所用が詰まっていたので、ちょっと忙しない気分での食事だったのが心残りですが、お味にはとっても満足できましたよ。
何時しかまたコチラで頂くチャンスがあれば、あの高乳化スープを心置きなくじっくり堪能したいです♪

投稿 | コメント (22) | このお店へのレビュー: 1件