なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

おうじろう

東京都

Zzz・・・2015・2001号より このHNにしましたwラーメン Love♪でもチャーシューは正直、あまり興味はありません(^^;)点数は味はもちろん接客・価格などお店の色々な要素を含めたものの総合的な印象度として採点していますただ未熟故、採点にブレがあると思われ…(汗)

平均点 78.047点
最終レビュー日 2015年12月25日
2,191 1,565 0 5,616
レビュー 店舗 スキ いいね
79

「ラーメン」@イマイ帝国の写真700円也 (ニンニク)
初訪、21時頃の入店。先客なし、後客2名。
お冷やは券売機横の冷水機にて。アイテムは黒胡椒・一味・カラメボトル。

この日は事情により野菜マシ・豚マシができないとの断りが券売機に告知。
ややトロっと乳化一歩手前な感じの油による粘度感ですが、
濃度は確りで系列店同様の旨みのある豚スープです。ニンニクでスパイシーパンチ。
太ウネリの麺もゴツムチとしてイイ感じです。
J系で野菜マシ不可は印象ダウンですが、量はそれなりにあったのでまぁイイでしょw
この「並」は量的威圧感はなく女性向けですかね~?

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「つけめん」@つけめん さなだの写真800円+「キズ有り味玉」10円=810円也
初訪、12時前の入店。8割ほどの入り、その後外待ち発生。
入って右の券売機による食券制。アイテムは黒胡椒・一味・グレープフルーツ酢。

王道豚魚!共に濃厚な動物系と魚介系を巧くグラデーションさせる仕上がり。
基本出身店を踏襲するスタイルですが、粘度抑えめは時代に合わせた塩梅でしょうか。
丁度良い重量感ですね。
太ややウェーブの麺はムチムチな食感でイイですね~。チャーシューも美味♪
スープ割りは“柚子or鰹”で柚子を選択。目の前でつけ汁に柚子皮を削ってくれます。
この立地、流行も終わりを告げた豚魚系でも行列形成。流石です。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らぁ麺」@井之上屋の写真730円也
初訪、12時前の入店。先客5名、後客2名。入ってすぐの券売機による食券制。
お冷やは店中ほどの冷水機にてセルフ。アイテムは胡椒。

クリア系な表情から、ふっくらとした口当たりのスープ。
魚系もふんわり風味が広がり、塩角は全く感じない塩梅。
細ストレート麺は滑らかな麺肌からは意外にもゴツゴツした凝縮性のある食感。
水菜の主張はバランス的にちょっと強かったかな??
全体として丸みが印象的な仕上がり、実力店の風格を感じました。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン麺」@白河手打中華そば 法隆の写真840円也
初訪、11時半頃の入店。先客4名、後客3名。入って左の券売機による食券制。
お冷やは卓上ポット&グラスにてセルフ。アイテムは胡椒2種・一味。

一口目で「これこれ!」と思わず口から溢れましたw
透き通ったスープはキレのある醤油にアッサリながらコクのある動物系のベース。
白河系の流れを着実に汲んでいる味わいですね~。
手打ちの太平ビロビロ麺は、然程強い食感はないですが啜り口がとても楽しいです。
ワンタンは餡チョビタイプで皮はトロ~ンと柔らか。
やはりこういう手打ち麺のお店が近所に欲しいなぁw

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
85

「小らーめん」@麺屋 桐龍の写真680円也 (野菜にんにくたまねぎ)
2回目の訪問。19時半過ぎの到着時、外待ち6名。入って左の券売機による食券制。
お冷やは店端の冷水機にてセルフ。アイテムは胡椒・一味・カラメボトル・お酢。

トロリと乳化した肉々しい濃厚ブタスープ、マイルドな旨みを返しがカッチリ引き立て。
ニンニク不要とも思える美味しさ。とはいえ、混ぜれば例のパンチがやっぱり嬉しいw
極太平ウェーブの麺は硬めの茹で具合、ゴワっとしながらモチ感も楽しめます。
ブタさんも柔らかでイイですね~。
野菜はシャッキリめの加減、盛りも気前が良いですね。玉ネギは期間限定。
オープン当初と比べ進化した感じがしました。「つけ麺」「まぜそば」も頂きたいっ♪

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「ら~めん☆王子リッチ」@らーめん☆王子の写真850円也 (ヤサイ、ニンニク、玉ネギ、カラメ、魚粉)
初訪、先客4名、後客1名。入って左の券売機による食券制。
アイテムは胡椒・一味・餃子3点調味料。

ガッチリ茶濁して濃度の高い豚スープで、その濃度由来のマイルドな口当たり。
少しカエシに尖りがあってもアリですが、バランス良く出汁の旨みを引き立てていました。
麺は“☆王子リッチ”用の極太平ウネリ。ムチっとしてコシもあります、ナイス♪
ニンニクはしっかりパンチアップしてくれますし、玉ネギや魚粉も嬉しいアクセントです。
豚さんは、厚めのチャーシューがリッチにw柔らかでしたよ~。
豚さんはそんなに沢山要らないんだけどwこの一杯、結構好みの仕上がりでした♪

親近感の湧くお店ですねwwこれからどんどん頑張って頂きたい屋号です。
そしてまた一つ節目を迎えまして、私はこれからまた新たな気持ちで出発いたしますw

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@一ノ割大勝軒の写真700円也
初訪、11時半過ぎの入店。先客7名、後客5名。
注文はコール制。ご夫婦らしき2人体制。
お冷やは奥様が出してくれて、お替りは高台ポットでセルフ可だが数少なめ。
アイテムは、胡椒・餃子3点調味料。

気になっていた永福系に狙い撃ちw
お馴染みの巨大な丼で提供、麺が綺麗に整えられていますね。

濃いめの醤油色。サラッとしたスープは確りと煮干が利いていますが、苦み系を抑えめにして風味の良さを活かす味わい。
ニボ度は高めながら永福系の品性を保つ塩梅という感じでしょうか、なかなか嬉しい仕上がりですねw
動物系は裏方ながら軽快な旨みもあり、フォロー感良好。カエシはキレのある醤油風味で、全体を引き締めています。

麺は細ほぼストレート。ニュルモチな食感は特筆は無いですが、お馴染みのコンビでイイ感じですね~。
具材は、チャーシュー・メンマ・ナルト・海苔・刻みネギ・柚子片。
ネギは少量でしたが、好いアクセントに感じました。ネギ増し100円もアリだな♪
モチロンボリュームがありますので、終盤は胡椒やお酢で変化を楽しみながら。

ごちそうさまでした。しみじみニボニボの1杯。
しっかり煮干にクッキリ醤油、後味サッパリでスイスイ飲んでしまうスープでした。
やっぱり好いですね~永福系♪また色々なトコロで食べてみたいです~。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん」@らーめん かねかつの写真700円也
初訪、20時半頃の入店。先客なし、後客4名。
注文はコール制。店主さん1人で切盛り。
お冷やは、卓上ポット&グラスにてセルフ。アイテムは無し!

アパートな建物の1階部分に連なっているお店の中の一角。
何やら隠れ家的な雰囲気が漂うお店です。注文を待つ店主さんの前で長考。
やがて「季節のらーめん」をコールも売切れとのコトで表題に。

とてもクリアながら、やや濃いめの色合いの清湯醤油スープ。
出身店「ラーメン大至」のが“普通のラーメンの最高峰”ならば、コチラは洗練系と言いましょうか。
スッキリしながら後味でコクを感じさせるような出汁感、上湯チックな雰囲気を醸していますね。
そこに香り・キレ・香ばしさに富んだ醤油風味が合わさっています。軽快ながら足腰のしっかりした仕上がりですね~。

麺は中細ウェーブ、麺肌に粒が確認できます。柔らかな弾力感のあるスタイル。
このスープにこの麺は面白い組み合わせですね。相性的にはどうなんでしょう??私個人としては結論が出せませんww
具材は、豚&鶏チャーシュー・タケノコ・白髪ネギ・カイワレ。

ごちそうさまでした。「季節のらーめん」売切れで、逆に気が楽になった1杯ですw
醤油ラーメンでも、「大至」とはまた少し違ったスタイルでこのクオリティ。楽しみなお店ですね。
松茸食べたいので、すぐに再訪しちゃおっかなぁ~♪

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件
73

「ラーメン小」@麺や豚髭の写真700円也 (麺かため、野菜チョイ増し・ニンニク増し)
初訪、19時過ぎの到着。外待ち7名に接続、19時半過ぎの実食。
入ってすぐの券売機による食券制。店主さん1人で切盛り。
お冷やは、券売機横の冷水機にてセルフ。アイテムは、胡椒・一味・お酢。

直系も頂きたいトコロなのですが、せっせと未訪インスパ店巡りw
POP指南通り、食券提出時に「麺かため」申請。メインのコールタイムは中盤です。
“野菜増し”コールに一警告入った為、“チョイ増し”に落ち着きました(苦笑)

スープは茶濁め、ややシットリ感がありますが粘度はなく豚出汁感はライト系寄り。
カエシは中庸で、好みとしてはカラメがベターだったかなw
Jとしてはパワーがありませんが、飲みやすいという意味では悪くありません。ニンニクのパンチアップは有難いですね。

麺は太丸ウェーブ。硬めコールに応えるような硬質感はありませんでしたが、ツルモッチリとして悪くなかったです。
野菜はキャベツ率2割ほど。浅め茹ででシャッキリとしているので、山に嵩高が出てますね。
量的には“増し”でもイケたでしょうが、苦しくなく頂けた“チョイ増し”で丁度良かったと思いますw
ブタさんは暑めのチャーシュータイプが1枚です。

ごちそうさまでした。私の食事時、女性率5割を超えていた1杯です。しかも大体“チョイ増し”食べてるしww
女性にも受け入れられる仕上がりだと思うので、この状況にも納得です。
相対的なCPはチョイと微妙かな~と思いましたが、この近辺では重宝しているJ系なのではないでしょうか。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏白湯らーめん」@麺屋時茂の写真680円也
初訪、20時半過ぎの入店。ほぼ満席状態。
店前の券売機による食券制。お冷やは、卓上ポット&グラスにてセルフ。
アイテムは、下しニンニク・黒胡椒・餃子3点調味料。

買おうと思っていた「時茂ラーメン」は売切れボタンで表題に。
しかしどうやら“時茂=特製”だったようで、私的には結果オーライでした♪
しかもこのビジュアルって、私にとっては充分特製ですよww

スープは半濁な感じですかね~、トロミがあって濃度の高さが窺える口当たりです。
円やかな鶏白湯というよりはグッと力強い出汁感で、カエシの香ばしい醤油風味がキリっと立たせる役割をになっています。
ただ大量の玉ネギと白ゴマが常時スープの介添えをし、鶏出汁の味わいになかなか集中できなかった私(苦笑)

麺は中細ややウェーブ。スタンダードなスタイルですが、ウェーブ部の主張はなかなか強く楽しい仕上がりでした。
具材は、チャーシュー2枚・鶏チャーシュー2枚・青菜・玉ネギ・カイワレ。

ごちそうさまでした。2人きりになれなかった1杯ですw
ん~、個人的な好みからしても、ゴマは少ない方がヨカッタかな~。
ただ、お店の接客はとっても丁寧で好印象でした。機会があったら、また再訪したいですね。“ゴマ少なめ”でw

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件