なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

おうじろう

東京都

Zzz・・・2015・2001号より このHNにしましたwラーメン Love♪でもチャーシューは正直、あまり興味はありません(^^;)点数は味はもちろん接客・価格などお店の色々な要素を含めたものの総合的な印象度として採点していますただ未熟故、採点にブレがあると思われ…(汗)

平均点 78.047点
最終レビュー日 2015年12月25日
2,191 1,565 0 5,616
レビュー 店舗 スキ いいね

「めんきちラーメン」@ラーメン めんきちの写真620円也
初訪、25時過ぎの入店。先客5名。注文はコール制。
お冷やは入口付近の冷水機にてセルフ。アイテムは黒胡椒・一味・餃子3点調味料。

スッキリとした口当たりの出汁感に、カエシも抑えめの塩梅の優しいスープ。
細縮れ麺のツルシコな感じが、一番印象に残りましたかねw
「ラーメン」も存在する中で、屋号を冠した1杯ですが非常にシンプルだなぁと。
土地柄を考えるともしかして、「ラーメン」が富山ブラックなモノだったり??
そんな推測も確かめる機会がないのが悔やまれます(苦笑)

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件

「ブラックらーめん」@麺家いろは CiC店の写真750円也
初訪、17時頃の入店。先客1名。後客4名。
注文はコール制。お冷やは店員さんが出してくれて、お替りは卓上ポットにて。
アイテムは、黒胡椒・ラー油・餃子タレ・“Qちゃん”w

帰りの特急電車まで、時間に余裕があり訪問できました。
全国展開を仕掛けるお店で、店構えも資本的な雰囲気ですね。
「白海老塩」なども気になりましたが、「大喜」と比較をしたくて表題をコールです。

ショッパさを排除、黒い醤油タレのコクを強調した仕上がり。このコクが「富山ブラック」だと言っているようにさえ思えます。
黒くてショッパそうだけどショッパくない感じは、京都「新福菜館」に似た雰囲気もありますが、ベースのフォロー感は控えめかな。
粗挽きの胡椒もほとんど掛かってないので攻撃性はなし。中盤から卓上胡椒駆使でパンチアップさせました。

麺は中細微ウェーブ、モコモチっとした食感で悪くないですね~。
具材は、チャーシュー2枚・メンマ・海苔・刻みネギ。

ごちそうさまでした。ビジュアルは一緒でも、「大喜」とは全く性格の違う味わいでした。
ショッパさが富山ブラックの特徴と思っている自分にとっては、正直物足りなかったですね(苦笑)
でも面白いコトに、前々日に駅前支店の「大喜」を食べていた同行者は「全然、コッチの方が旨い!」と。
ラヲタと一般人の温度差を激しく感じた1杯でしたww

投稿 | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば」@駅前ラーメン ひげ 屋台店の写真600円也
初訪、23時半頃の入店。4割ほどの入り。
注文はコール制。アイテムは、胡椒・一味・塩・天かすw

古き良き雰囲気のある屋台形態のお店です。
写真が…ほぼ明りの無いテーブルに座ってしまったので(汗)
これでも数枚撮った中で、一番綺麗なんです(爆)
ホントに“闇鍋”状態での食事ww

鶏がらベースらしき出汁に、柔らかな醤油の風味を合わせた仕上がり。
非常にスッキリとした口当たりは、〆の1杯に丁度良い塩梅。
出汁感に芯は窺えながら厚みを感じさせずサラッと頂けるのは、意外に計算なのでは?と思える心地好さです。

麺は中太縮れ、控えめながらもモチモチ感があって悪くないですね~。
こういうスープに胡椒の相性は言うまでもありませんが、面白かったのは天かす!お蕎麦チックになりますww

ごちそうさまでした。夜な夜な薄暗いテントで食べる1杯w
なんか楽しくなっちゃいますね~♪東京にもこういうトコロがあると良いなぁなんて。
〆の1杯に「富山ブラック」はキツイでしょうから、コチラでサッパリと〆るのは如何でしょうか。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干ラーメン」@ラーメン一心 本店の写真650円也
初訪、21時頃の入店。先客2名。
注文はコール制。お冷やは、卓上ポット&グラスにてセルフ。
アイテムは、胡椒・“自家製キャベツキムチ”w

多種のメニューが揃えられてあり、何がウリなのか把握できず(苦笑)
結局、「煮干」の文字に惹き込まれちゃいますw
ラーメン到着まで、キャベツキムチをツマミながら待てるのがイイですね♪

魚粉と油粒の浮く表情は、クリアで淡い醤油色。非常にサッパリとした口当たりです。
煮干しの利きも優しい感じで、最近食べているクセになる煮干風味とは違いますね。最初は節系主体かと思ったほど。
全体としてどれだけ優しい仕上がりがというと、途中でキャベツキムチを挟むと、スープの味わいをしばらく感じなくなるくらいww

麺は中細微ウェーブ。ややモソっとした食感がありますが、特筆まではいかないかな~。
具材は、チャーシュー2枚・キクラゲ・海苔・刻みネギ。

ごちそうさまでした。地域のギャップを感じた1杯でしたw
まぁただ、物足りなく感じたのも煮干のガツン度だけではないような。ベースのフォロー感ももう少しあった方が良かったですかね。
後で気が付いた、白湯ベースというコチラの“富山ブラック”。コレにしとけば良かったかなぁ。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「魚介黒醤油ラーメン」@らぁめん次元の写真700円也
初訪、21時半頃の入店。先客1名。注文はコール制。
お冷やは店員さんが出してくれて、お替りは卓上ポットにて。
アイテムは、黒胡椒・一味・餃子3点調味料。

毎年恒例となっている感のある所用の為、遠征♪
電車の乗り継ぎの待ち時間を利用してのラー活ですw
正味30分もない“持ち時間”なので、改札からお店までダッシュ(汗)
お店は、やや飲み屋さん的な雰囲気も持ち合わせる感じ。
新たに登場したらしき表題は“イワシ・カツオの魚粉がタップリ”とのコト。
ご当地“ブラック”のアレンジ版でしょうかね~。

うん、やはり“ブラック”なビジュアルw方向性は間違いなくそうなんですけれど・・・
西町大喜 西町本店」等で経験した、ブラックイメージの“ショッパスッパイ”感じがあまり無い印象でした。
代わりに、醤油のコクが目立つ味わいになっています。
魚介は単純に魚粉を加えただけでしょうが、風味はしっかり主張。和的なニュアンスが出ています。
多量に入っているので、常にザラ感があります。苦手な方は注意が必要かな。

細ややウェーブの麺は汎用的なタイプ。ただ、納得できる食感はあり、悪くはないですよ。
具材は、チャーシュー・メンマ・刻みネギ。ネギが多いのは嬉しいですね♪

最後、丼の底に溜まっていた黒胡椒を発見して、初めて胡椒の利きが弱かったことに気がつきました。
ブラックには、この胡椒のパンチは必要ですよね~。完成後に、上から掛けておいて欲しかったなぁ(苦笑)

ごちそうさまでした。駅前という場所柄なのか??無難にまとめたような印象の1杯でした。
魚粉による中和作用を考えても、ココのデフォは“ショッパスッパ”な味わいではないような気がします。
「ブラック」としては、ショッパスッパ感の物足りなさがちょっと残念でしたね~。
だって、“それが~、あな~た~の~、良いト・コ・ロ♪”なんですからw

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「みそらーめん」@支那そば おもだかやの写真850円也 (太麺)
2回目の訪問、20時頃の入店。

今年もコチラに伺ってきましたw
記憶が蘇る、おじちゃんおばちゃん老夫婦の顔ぶれが和みますw
“細麺or太麺”は、太麺を選択。
これまた記憶が蘇る、すり鉢型の大きな丼で到着です。

淡色系味噌の味わいですが、グッと主張する感じではありませんね。
出汁スープの中に、馴染ませるような仕上がりになっています。
出汁感はスッキリスマートな塩梅で、まとまりある印象は持てますね。

麺は中太平打ち気味、やや縮れたタイプです。
食感などに然程印象は残りませんが、まぁ悪くはありません。

野菜は茹でモヤシが中心の構成。量は意外と入ってますw

ごちそうさまでした。前回と同じ様な印象ですが、コチラも普通に美味しく頂ける1杯でした。
全体的に特筆は無いですが、多くの方がスッと馴染めるようなタイプではないでしょうか。
また、来年も来るかもしれませんww

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

「富山ブラックラーメン (並)」@喜八の写真680円+「ライス」150円=830円也
初訪、夜営業開始直後の入店。先客2名、後客1名。
注文はコール制。お店は2人体制。
お冷やは店員さんが出してくれて、おかわりは卓上ポットにて。
アイテムは、胡椒・七味・ブラックラーメン用黒胡椒。

西町大喜 西町本店」後です。ブラック連食なんてイイのでしょうか…
店員さんは、お冷やが無くなるとすすんで注いでくれたり好印象でした。

コチラは初めは黒胡椒はかかっておらず、自己調整する仕組みですね。

「大喜」よりショッパさを抑えた仕上げとのコトですが、基本は醤油ダレの立った“ショッパスッパ”スープです。
この状況なので、比較論としての感想になってしまいますが、醤油ダレ?のコクが薄いように感じました。
その分、ショッパさが目立って気になってしまうような印象。

麺は中細平打ち気味のウェーブで、コレは「大喜」とハッキリした違いですね。
ボソ感のありそうな表情でしたが、コチラも粘りゴシのある食感でした。イイですよ~。

ペラチャーシュー・メンマ・粗刻みネギも「大喜」と同じ構成。
ご飯はやっぱりイイですね~。ライスを食べてスープを一口、ん~合う合うw

ごちそうさまでした。比較では前食に軍配が挙がりますが、この日のコンディション的なブレもあったのかな??
コチラも美味しかったですよ~、ご当地ラーメンを確り堪能できると思います。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 小(並)」@西町大喜 西町本店の写真700円+「生玉子」50円=750円也
初訪、16時頃の入店。先客1名。
注文はコール制。
お冷やは入口付近の冷水機とグラスでセルフ。
アイテムはありませんw

ようやく本場ブラックを頂ける機会を画策できました!
どうせなら、やはり本店に突撃ですよね。
しかし、老舗ならではの外観というか・・・
一瞬、入店を躊躇いそうになる門構えですww

トッピング生玉子は「スイマセン入れ忘れちゃいました。。。」というコトで、かわいいクマチャン別皿での提供。
通常は元々入れてある体制。変化を感じたい私としては、どちらかと言えば好都合でしたw

言わずと知れた醤油ダレの利いたショッパいスープ。私の感覚では“スッパショッパ”スープという感じw
軽い酸味が先行して主張し、その後ジワジワとショッパさが増してくる印象ですね~。
醤油ダレのコクによって、飲むに耐え得るスープに仕上がっているようwでも、ショッパ旨いですなぁ~ww

中太ほぼストレートの麺は、黒く染められてそそられる色合いです。
ネットリと粘りゴシのある食感は好印象でした。このスープに圧倒されないように頑張っていますw

チャーシューはペラタイプですが、なかなか柔らかでした。粗刻みネギは、スープを中和する感じでナイスアイテム。
パラパラとかかっている黒胡椒は良い香り、刺激的なスープに一層キレを増してくれていますね。
途中から投入した生玉子で、少しマイルドに。ただ、まだスープのショッパさは圧倒的です(苦笑)

ごちそうさまでした。ショッパいですが、美味しい!こういう振り切れているラーメンは好きですね~w
気が付けば、スープもほぼ完飲ですよ(爆)また機会があれば、寄りたくなる1杯でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

遠出先の夕食。ひょんな事からラーメンになり、私的にはラッキーです(笑)。
先客は3人でしたが、夕食時もあってか家族単位で続々と来店し、退店時には満席近い状態になっていました。
団体での訪問で、お座敷席へ陣取ります。メニューをチェック、かなり種類が豊富で選択に悩みましたね。

結構広い店内ですが、お店は2人体制でした。おじちゃんおばちゃんの夫婦という感じ。
お冷やを持ってきてくれたおばちゃんに「炒め野菜たっぷり」とあった上記メニューをコール。
卓上には、コショウ・一味・餃子3点調味料がスタンバイ。お冷やのおかわりは、卓上ポットにてセルフです。

到着したラーメンは、内側にギザギザこそありませんが「すり鉢」のような丼、なかなかの大きさです。
スープは、コチラのメインメニュー「支那そば」と同じモノでしょう。鶏がらベースのスッキリと優しい味わいで、穏やかな旨みもあります。カエシも過不足を感じない分量で丁度好いですね。
ドコにでもありそうな構成の醤油スープですが、単純に美味しいと思える仕上がりになっています。

麺は細縮れ麺。コレも特筆は無い感じですが、プリっとしたタイプでこのスープとの相性は好いと思います。
具は、チャーシュー2枚・炒め野菜・メンマ・ワカメ・茎ワカメ・ナルト・刻みネギ。
炒め野菜は、モヤシとキャベツでシャキっとした食感。J系と比較しなければ、なかなかの量ですかね。
完食。ごちそうさまでした。

うん、特別ココだ!というような点はありませんが、普通に美味しく頂ける1杯でした。
ファミリー率が多かった客層も非常に納得できる味わいです。
値段がやや高いかなと思いましたが、ボリュームは結構あったのでその点で若干差し引きかなぁ。
まぁ、女性やお子さんにはあの量はツライかもしれませんけどね(苦笑)。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 2件

近辺にて友人と合流。チョイとお酒を嗜んだ後、友人からラーコールが。
その日すでに、3食ラーを頂いていた私ですが、もちろんOKアンサー(爆)。近くにあったコチラに突入です。

先客はナシで、好きな席に着席。しかし、後から〆ラーに来た団体さんで一気にお店が賑わいました。
人の事は言えませんが、大分飲まれていたようで・・・かなり騒いでいてチト煩かったですね(苦笑)。
お店は2人体制で、ご夫婦のようでした。メニューをチェックし、上記メニューをコールしました。

お冷はまず奥さんが出してくれて、おかわりは高台ポットにてセルフです。卓上アイテムは、コショウ・ラー油・醤油。

到着。実は富山ブラック!!という淡い願いも空しく、茶色いオーソドックスな醤油ラーメンでした(笑)。いただきます。
ほぉ~、クリア系の豚骨ベース、昆布がやや強めに主張している印象、コクがありますね~。どことなく「喜多方」チックな感じがします。カエシは塩角が無く、醤油の風味が利いた仕上がりです。

麺は中太縮れ麺。ボソ感のあるタイプですが、やや粉っぽくネチっとした食感で、もう少し茹で時間があった方が良いんじゃないかな~、と思いました。
具は、チャーシュー・メンマ・刻みネギ。若干寂しげな感がありますね(苦笑)。
完食。ごちそうさまでした。

うん、シンプルな味わいで安心して頂ける1杯だと思います。
ちょっとCP的に、具材などを見ても納得できるような感じではなかったのでこの評価にさせていただきます。
しかし、遅くまで営業していたので、お座敷の団体さんのように、〆ラーには重宝するお店ではないでしょうか。

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 1件