なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:40頃訪問。先客4-5名後客無し。店内は小ぢんまりとしており、厨房を囲むカウンターと2人掛けの小さなテーブル席2つが設けられている。程好く清潔にされているが、カウンターの奥行きの狭さがちょっと気になった。男性2名による切り盛りで、接客は良好。

興味を惹かれた本メニューを選択。暫く待って配膳された。

スープは、濃厚鶏白湯らしい色合いに白濁。程々のトロみが感じられる。
飲んでみると、鶏のコクと旨みは濃厚。それでいながら過度の重さやクセ、雑味は抑えられており、丁寧な仕事ぶりが容易に窺われる。如何にもコラーゲンリッチという印象で、少し時間が経つと表層に幕が張る程だ。
帆立の粉末等も加えられているようだが、あくまでも主役は鶏。正攻法的な味わいが実に良いと思う。
塩分濃度は適度。過度のトガりは抑えられながらも最後まで飽きの来ないキレとヒキを生み出している。
途中、カウンター上の黒胡椒を振りかけると、味を引き締め、非常に良い味変になってくれた。

麺は、真っ白いストレート中細麺。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。ツルツル&シコシコ食感が心地良く、咀嚼と喉越しを十分に楽しむ事が出来る。クオリティ的に特筆すべきものは無いが、スープとの相性は申し分無し。
量は130gとの事で、自分にはこれ一杯で程好い満腹度だった。

具として、本メニューには、中央に辛味付きの肉味噌玉が鎮座。食べていると、徐々にスープに溶け込んで行くが、中々の辛味を有しており、味変効果は非常に大。最後に全部溶かし込んだところ、全く別物の味わいに変化した。面白いが、濃厚な鶏の出汁感を楽しみたいのであれば、このアイテムは無い方がベターだろう。
チャーシューは、やや小ぶりだがしっかりとした厚みのロース肉が1枚。炙りが入っており、端部は赤茶色の仕上がり。食べてみると、適度な歯応え、弾力性を有するジューシーな肉だが、ちょっと市販品チックなニュアンスも。
メンマは、強めのグニグニ&サクサク食感。ちょっと筋っぽさが気になる部分もあったが、適度な味付けで良い箸休め。
他に、少量のアオサと適量の刻み青・白葱が浮遊しており、良い役割を果たしている。

丁寧に作り上げられた上質の鶏白湯スープは文句無しの旨さだが、それ以外の点では、詰めの甘さも見受けられるというのが正直なところ。他メニューを選択すべきだったのかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。