なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2017年10月19日の大崎裕史の今日の一杯

東京都渋谷区恵比寿

すずらん15周年記念 恵比寿3周年記念
魚翅湯麺(フカヒレの姿煮汁そば)限定10食 2950円
という情報と共に
『中華そばすずらんは、今年度をもちまして幕を閉じることとなりました。15年にもおよぶご愛顧誠にありがとうございました。』
なんていう情報も公式Twitterが流すもんだから今日行く予定を変更し、「すずらん」(恵比寿)にヒアリングを兼ねて行ってきた。
注文したのは魚翅湯麺(フカヒレの姿煮汁そば)と麻辣羊排麺(ラム肉の唐辛子煮込みそば)を。ラーメンランチの支払い金額記録更新してしまった。(前の記録もすずらん)
聞いてきた話では「年内もしくは3月までに「すずらん」を閉める。その後に何をやるかは未定。ラーメン専門店はたぶんやらない。」とのこと。何かのきっかけで「辞める」もしくは「閉める」と衝動的に思って書き込んでしまったのだろう。その後のことはまだ考えていないようだった。ところで、一番安いメニューがねぎそばで1750円、トップメニューはチャーシューメンで2150円に変わっていた。以前あった基本メニューの中華麺はすでにない。かなり高級路線になっているが、さらに上を目指すかも知れない。

フカヒレの方だが確かに「高級麺」の味。麻辣羊肉麺の方は太麵、ひもかわ麺、ワンタンのような麺の3種類が入って、辛くて痺れてちょっと味も濃いめでおいしい。二人前くらい入っていて、隣に知り合いがいたので少し手伝ってもらった。

お店データ

中華麺酒房 中華そば すずらん

東京都渋谷区恵比寿1-7-12 久保ビル1階(恵比寿)

渋谷より移転。中華麺(中華そば)と清浄麺(つけそば)から選択。中華麺は生姜の効いた澄んだ醤油スープ。つけそばは様々な麺がある。

大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。