なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年10月17日の大崎裕史の今日の一杯

神奈川県横浜市港北区新横浜

10月17日オープンの逆輸入ラーメン第5弾。「マルチカルチャーの街 トロントで愛されるカナディアン鶏白湯」が日本初上陸。
看板が「麺や颯」となっているが、これは店名ではなくマークなんだとか。そんな使い方があるのか?(^^;
メニューは3種類
RYUS鶏白湯ラーメン900
西京味噌薫る鶏白湯味噌ラーメン950
カリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン980
2種類を試食。まずは「RYUS鶏白湯ラーメン」。トロントは豚骨が多いのであえて鶏とベジで勝負しているとのこと。鶏と野菜を長時間煮込んだトロッとしたスープ。魚介も加えているようで日本でよく食べる鶏白湯系とはやはりちょっと違う。油が多く、ちょっと甘め。途中からメイプルバターを加えるとさらに甘味が増す。麺は全粒粉を使用したもので個性的。三河屋製麺に頼んでいるとか。(カナダでは三河屋製麺ではないが近いモノを作ってもらったようだ。)
具は低温調理の鶏チャーシュー、炙り豚バラ、ルッコラ、メンマ、白キクラゲ、胡麻、レモンゼスト。メンマのうまさが印象的。器の割に麺の量が多い気がした。先にスープを多めに飲んでしまったせいか、スープが少なくなり、麺とスープが絡みにくくなった。
次に「カリフラワーポタージュのベジ味噌ラーメン」。ベジタリアン向けらしいが普通においしく食べられる。スープのベースはカリフラワーとジャガイモなどのベジポタ。そこに和出汁と豆乳を加えたモノ。麺は平打ちの太め。細かく刻んだスパイシーな椎茸を少しずつ混ぜて食べるといい。

お店データ

RYUS NOODLE BAR

神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館(新横浜)
大崎裕史

(株)ラーメンデータバンク取締役会長。日本ラーメン協会発起人の一人。東京ラーメンショー実行委員長。1959年、ラーメンの地、会津生まれ。広告代理店勤務時代の1995年にラーメン情報サイト「東京のラーメン屋さん」を開設。2005年に株式会社ラーメンデータバンクを設立。2011年に取締役会長に就任。「自称日本一ラーメンを食べた男」(2015年12月末現在約23,000杯実食)として雑誌やテレビに多数出演。著書に「無敵のラーメン論」(講談社新書)「日本ラーメン秘史」(日本経済新聞出版社)がある。