なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2018年4月23日の今日の一杯

東京都中野区中野

本場中国の四川まで訪れ食べ歩き研究し1000杯以上の試作を作るほどの担々麺マニアの店主さんが、クラウドファンディングで開業資金を募り、蔵前に1号店をオープンしたのが2016年8月10日。それから約1年8ヶ月の時を経て中野に4/13、2号店をオープン。場所はJR中野駅と西武新宿線新井薬師前駅の中間あたり。西東京人には大変ありがたい。

メニューは蔵前店同様、基本の「汁なし担々麺」と麺量を減らし野菜を多めにしチアシードが入った「レディース汁なし担々麺」とそのトッピングのみ。「汁なし担々麺」(800円)とライス(100円)をいただいた。「汁なし担々麺」は注文時に辛さと痺れが大中小の3段階から選べ、どちらも中でお願いした。

肉味噌に水菜、芽菜、干しエビがのっており、レンゲと箸で混ぜていただく。花椒の香りクリーミーな胡麻のテイスト。痺れも辛さも程よい感じ。卓上の黒酢のコクのある酸味もよくあう、ノーマルのお酢もフルーティーなテイストが加わり美味しかった。もちもちした太麺が旨い。麺をあっという間に平らげ、残った肉味噌と「ライス」とまぜて完食。ライスもうまいがなにより麺がうまかったので次は大盛をいただきたい。

それにしても「阿吽」を発端として昨今の「汁なし担々麺」の完成度はすごいものがある。増えているのもうなずける。

お店データ

タンタンタイガー 中野店

東京都中野区新井1-23-22(中野)