なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

近くで仕事がありあまり時間がなかったので
車を止めて最初に見つけたラーメン屋に入りました。

店名や看板からはあまり期待はなかったですが
いい意味で裏切られました。

いわゆる街中華の醤油系とチャーハンかな
なんて思ってたら店前に写真があり
全く違うラーメンの様子。

券売機で中華肉そばを見ると
チャーシュー麺の注記があったのでオーダー。

ほどなくして現れたのは「中華そば」の
勝手なイメージからは程遠い上品な丼に
透き通ったスープの一杯でした。

盛り付けはチャーシュー4枚ぐるりと並べた真ん中に
白髪ネギがちょこんとのっており、あとはメンマ。
色味が弱くちょっと寂しいなという印象でした。

まずはスープを一すすり。
うん、ウマイ。スープはウマイ。塩?
塩味の中にも柔らかな甘味を感じました。
細かいことは良くわかりません。
後を引く味でした。

麺を行こうとチャーシューを
少しだけずらそうと思ったら、
箸が当たっただけでホロホロっと肉が崩れました。
先に口にして見るとなんとも柔らかい。
スープの油の熱でバラの油が溶けたのでしょうか、
最初4枚は少ないなと思ったんですが
油が多いので最後の方で少しだけ
しつこく感じて来てしまいました。
自分にはちょうどよい枚数だったかも。

麺は細いストレートでスープとのマッチは良い。
コシがあり食いごたえがある。
油がほどよくついてくるので
最後の最後まで熱々でいただけました。

個人的にですが塩系のラーメンは中盤から
少々飽きてくるのと、盛り付けの印象で
点数は若干辛くなってしまいましたが
店の外観に惑わされず一度食べて見ては?

何はともあれごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。