なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「富士チャーシュー麺 黒醤油(ヤサイ・アブラ増し)」@優勝軒 熊谷総本店の写真仕事で付近を通りかかり、何の下調べもせず入店。
外の看板に「富士ラーメン」とあり
「富士」とはなんぞや? と思ったのですが
メニューを見て納得。こう言うことですか。

かなり空腹だったので久々の山登り。

さて、着丼した印象は
インスパイア系にしてはライトな見た目です。
トレーには空の器とタレがセットになっています。
これに崩して食べてよいということでしょうか。

タレはモヤシにかけて味見してみたが
結構甘かったのでその後使いませんでした。

まずアブラかなと思って
一口目にレンゲで掬って口に入れた物体は
何と、まんまニンニクだった、、、
黒醤油スープでどす黒くなっていて分からなかった、、、

いきなりカウンター喰らった感じです、、、

うーん、確かにアブラ増しはコールしたが、
透明な脂の層がハンパない、、、
混ぜる前のドレッシングの如く。
アブラってこっちのアブラなのか、、、

オッサンなもんで、
この大量の透明なアブラは
胃のなかでどんな感じになるのだろうか、、、
などと考えてしまった、、、

すこし凹んだ。

スープは塩気がとても強いが
コクのある醤油味でモヤシとは合います。
普通に旨いと感じました。

ただ、チャーシュー麺にしたのが失敗でした。
スープとほぼ同じ味の塩気の強いチャーシューで、
最初はモヤシや麺と合うなと思ったが
半分も食べないうちにしょっぱすぎてキツくなってきた。

このスープのタレに漬けてんのかな?
ってな塩気の強さでした。
スープを持ってきちゃってるのかは、もはや分かりません。

スープもチャーシューも同じ味に感じるので
麺やモヤシを一緒に食べても塩気が強すぎてしまう。

量的には普通盛りで半分以上モヤシなんで
普通に食べられましたが、
このチャーシューの塩気がキツかった、、、
この手のスープにはもっと淡白な味の方が
良いかなと感じました。

見た目のボリュームに反して
完食後はなんだか腹八分目な感じでした。
やはりモヤシが大量なせいでしょうか、、、

熊谷にはたまに来ますので次の機会がありましたら
黒醤油のデフォラーメン食べてみたいと思います。
駐車場が広いのはよいですね。

何はともあれごちそうさまでした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。