なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

14:30頃訪問。この時間でも席は半分位が埋まっており中々の人気ぶり。店内は小ぢんまりとしており、厨房に対面するカウンターと幾つかのテーブル席が設けられている。テラス席もあったりして小洒落た雰囲気。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男性1名女性2名による切り盛りで、接客は良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳。なお、ライスとスープがバー方式で無料サービスとなっている。

スープは、黒胡麻の色目が強く出ている。粘度は若干感じられる程度。
飲んでみると、辛さはさほど強くなく多くの人に受け入れられそうなレベルだが、良質の鋭い刺激が実に心地良い。
黒胡麻は十分に濃厚だが、押し迫るような主張は無く、見た目からの予想よりはスッキリとした味わいだ。
問題なのはベースのスープが弱いようで、コク、味の厚みという点で物足りなさを覚える。さらに、具の炒め風味、強めに効かされたニンニクが結構前面に出て来る事で、纏まり感に欠ける味わいとなってしまっている気がする。塩分濃度は担々麺として適度に高めというところだが、終盤は完全に飽きが来てしまった。

麺は、軽い縮れを有する中細麺。加水率は高め。
食べてみると、柔らかいという事は無いのだが、コシ、歯応えという面での主張は弱い。ただ、個人的に、担々麺の麺はスープを持ち上げることが最大の役割だと思うし、その意味では十分に役割を果たしていると思う。
量は割と少なめだが、ライスが食べ放題なので特に問題は無い。

具として、中央には挽肉、ローストされたクラッシュナッツ、細かく刻まれた葱が盛られる。挽肉の量は少なめだが、ナッツの風味と食感が非常に良い役割を果たしてくれる。
細長くカットされた炒め玉葱がスープに沈んでいるのが珍しい。中々の存在感を放っている。

なお、サービスのスープは、摺り胡麻入りの鶏スープ。薄っぺらい味で旨いものでは無かった。

全体のバランス、味わい深さという点で物足りなさが残るというのが正直なところ。ベースとなるスープが弱いようなので、こちらでは麺類以外を食べた方が良いのかもしれない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。