なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

13:30頃訪問。先客1名後客5-6名。店は割と奥行きのある間取りとなっており、カウンター席のみが設けられている。キッチリと清潔にされており居心地の良い空間だ。男性1名女性2名による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。暫く待って配膳された。

麺は、うねりを有する平打ち中太麺。
食べてみると、割と固めの仕上がりで、非常にしっかりとしたコシと歯応えを有している。小麦を押し固めたような質感で、ツルツル&ムッチリとした質感を楽しむ事が出来る。良い麺だと思うし、つけ汁との相性も申し分無いが、個人的には、もう少し弾力性の感じられる麺の方がベターという気もする。
量は250gとの事で、十分な満腹感が得られた。

つけ汁は、醤油の色目が割と強めに出ている清湯。表層を程々の量の液体油が覆う。
麺をつけて食べてみると、鶏の出汁感が前面で力強く主張。鶏油の果たしている役割も大きく、分厚い旨みを存分に堪能する事が出来る。現代的な味わいと言えるだろう。魚介系の主張は特に無いが、これで正解だと思う。
一方、醤油ダレの立ち方は強めで僅かな酸味も感得される。つけ汁のみを飲むとショッパく出汁感がスポイルされ気味だが、麺をつけて食べる分には丁度良い塩梅で、鶏の旨みが強調されて絶妙。この辺り、精緻な計算が感じられる。

具は、概ね麺側に盛り付けられる。
チャーシューは、低温調理による薄いロース肉が2枚。かなりレア度の高い仕上がりだが、文句無しの旨さ。
味玉は、黄身ゼリー状の仕上がり。濃厚な味わいで非常に美味。
メンマは太めのものが2本。軽めの食感が心地良く、程好い味付けが施されている。良い箸休め。
メンマの上にはナルトが添えられる。
つけ汁には、緑色の映える刻み葱がやや多めに浮遊している。

全体にわたり隙の無い作り込み具合が光るつけ麺。上質にして濃厚な鶏の出汁感を大いに楽しむ事が出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。