なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

開店時間11:30の少し前に到着。先待ち無し後客7名。店内は奥に向かって細長い間取りで、L字型カウンターのみが設けられている。程好く清潔にされており居心地の良い空間だ。男性1人による切り盛りで、接客は非常に良好。

本メニューを選択。少し待って配膳された。

スープは丹念に乳化されており、黄金色の煌きが美しい。ナチュラルなトロみが感じられる。
飲んでみると、鶏のコクと旨みが前面で主張。濃厚でありながら、余計なクセや雑味の無い上質の出汁感が素晴らしい。あくまでも「鶏」を主役としたまろやかな味わいを存分に堪能する事が出来る。
塩分濃度はジャストと言えるだろう。過度のトガりは抑えながらもキッチリと味を引き締め、何ら不足の無いキレとヒキがもたらされている。レンゲが止まらず、結局、完飲してしまった。
途中、カウンター上のアイテムで色々と味変してみたが、中でも自家製という生七味が秀逸。

麺は、ほぼストレートの中細麺。加水率低めのもの。
食べてみると、茹で加減は丁度良く、適度なコシと歯応えを有している。小麦の密度感を伴うツルツル&シコシコ食感が実に心地良く、咀嚼と喉越しを存分に楽しむ事が出来る。スープとの相性も申し分無し。
量はやや少なめ。若干の物足りなさが残った。

具として、チャーシューは2枚。1枚はロース肉で、端部を切り出した厚みがあるスライス。固い肉だが、パサつきは無く悪くない。もう1枚は低温調理による小さなバラ肉スライス。トロトロに柔らかく非常に美味。
なお、チャーシュー2枚には雲丹ソースがかけられているが、個人的には余計な趣向に感じられた。
メンマは色が濃く平べったいもの。柔らかめの食感が心地良く、しっかりめの丁寧な味付け。非常に良い箸休め。
やや多めの白髪葱は、風味と食感の両面で良いアクセントになっている。
他に、茄子1片、海苔1枚。

丁寧に作り上げられた珠玉の鶏白湯ラーメンを、大いに堪能する事が出来た。店の実力は疑いようも無く、この人気ぶりにも頷けるというものだ。是非、他メニューも食べてみたくなった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。